金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼101 コメント15
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
京介・菊池グリグリの「CBC賞回顧!」
2016/07/05 18:56:00
テーマ: 重賞回顧

JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞回顧。  

週末の重賞展望トークの振り返り、レース分析、次走注目馬を盛り込んだ濃密な回顧対談!
『競馬大予言』で連載中、「金子京介・菊池グリグリの重賞三行回顧」の完全版です。


?content_type=blog&content_id=725&type=i

アマゾンでのご購入はコチラ
16
年夏競馬号

http://www.amazon.co.jp/dp/4773057467/


新感覚の競馬新聞・『競馬チェック』については、こちらから

 京介・菊池グリグリの「CBC賞回顧!」

 

<菊池> 日曜日の中京ではCBC賞が行われました。こちらも回顧していきましょう。

 

CBC賞回顧

 

CBC賞の展望トークはコチラ

https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/68462

 

 

<天候・馬場について>

 

<菊池> 中京は心配した雨はなく、週中の馬場悪化も無事に回復した様相でしたね。

 

<京介> それどころか、土曜日は全国3場の中で唯一の好天だったってんだから。かなり良い環境での競馬だったようだね。

 

<菊池> 土曜日にいきなりから芝1200mの3歳上500万下で1分7秒7という時計が出ました。これには参りましたね。

 

<京介> さすがに耳を疑ったわ。おまけに土曜日の中京は、障害も芝もとにかく前残りが頻発。単純に逃げた馬がみんな馬券に絡んだ。中距離では捲った馬も上位に入線してたけど、4角から直線までほとんど同じ隊列ままになる結果が続いたっていうのもポイントだね。とにかく前が止まらなかった。

 

<菊池> そうですね。この時計なら、そりゃ新潟1000m巧者が勝つわ!みたいなレースだったり。

 

<京介> 日曜日にはその前残り傾向が多少は是正されたけど、これは騎手が意識してペースを上げたことによるもので、決着時計が異様に速いのは変わっていない。日曜日の中京10Rでまた行った行ったの決着になって、見ている側としてはかなり不安だったわ。

 

 

<パドックについて>

 

<菊池> 夏のスプリント重賞ですから、パドックの気配は大きな要素です。

 

<京介> 実力上位とみなされていたエイシンブルズアイ、スノードラゴン辺りは、やっぱり夏場初戦なのが影響してるのか、バシッと決まった造りではなかったと思う。でもまあ、G1帰りの馬って毎年こういうもんだし、一番の目標であるスプリンターズSはまだまだ先だから。

 

<菊池> サマースプリントシリーズを戦う上でも、ここで仕上げ過ぎると後半までもたないし。

 

<京介> それに、かと言って実績で落ちる馬の仕上がりがいいかと言うと、モノが下なのもあるしここがピークになることはほぼないしで、見劣りはするよやっぱり。低調なパドックだったなあと言うのが最初の感想だね。中京は栗東から近いのに、あれっ、こんなもんなんだ、という感想を持ったわ。函館スプリントSのような、全馬ボケっとしてるようなムードがあったと思う。

 

<京介> だから、夏場にピークが来て1年の半年は休んでるようなベルカントのようなタイプは、やっぱり「用意できている」分で目が行きやすい感じだね。造りに無駄がないスピードタイプだし。

 

<菊池> 今回は栗東坂路で好タイムを連発していました。

 

<京介> これまでのCBC賞は、時計の掛かる中京・あるいは重馬場でのレースで、斤量重たい馬の差しがちゃんと届くから、こういった難点が表に現れず、「地力の高い馬が結果を残しやすい」レースだと思われていたけど、いきなり馬場が高速化して、スピード競馬にビビッドに反応できないとまずいレースになると、こういう部分を指摘する必要が出てくるって感じじゃないかな。

 

 

<レース展開について>

 

<菊池> ややバラついたスタートでしたね。半数が半馬身程度出遅れていたでしょうか。

 

<京介> 条件上がりの馬や障害戻りの馬でメンバーが構成されてた上に、人気馬も休み明けが多かった。こういうゲート模様になるのも、ちょっと想定はしていたけどね。

 

<菊池> まずはスタートを決めたベルカントが行きます。これについていったのが同じく好スタートのラヴァーズポイントでした。

 

<京介> どちらもスピードが勝ったタイプ、ここ数戦の競馬なりのスタートだったと思う。

 

<菊池> ラインスピリットが押してもついていけなかったですが、3番手以下も、内から包まれたくないエイシンブルズアイや、メイショウライナー。外からはシンデレラボーイも前へ。2番手以下の隊列はすんなり決まらず、3コーナーへ入っていきました。

 

<京介> そう。最初前に行った2頭の真後ろの「列」が決まらなかったんだよね。ベルカントはもうちょっと抑えたいと引っ張る。シンデレラボーイは後ろの様子を窺いながら捲り切るかどうか煮え切らない態度。2列目外のベルルミエールも、外から内に絞ってくる。しかもテン争いのラップは、この馬場もあってやっぱり速い。半端に半馬身遅れていた馬が、3コーナーに差しかかる所で引かざるを得なかった格好。ワキノブレイブとメイショウライナーは、ここで後退する際のリズムが良くなかったね。

 

<菊池> レッドファルクスは中団でその直後にスノードラゴン。比較的固まった馬群で4コーナーへ。

 

<京介> 実はレッドファルクスは道中でM.デムーロ騎手が追っ付け通し。あれ、進出の手応えが良くないのかな?と思う程だったんだけども。スノードラゴンは最初出遅れた割にコーナー回りはまだ落ち着いている。大野騎手は腹を括って脚を溜めているね。3コーナーでは追っ付けてるレッドファルクスから1馬身半後ろにいて、4コーナー出口では内を回ってレッドファルクスの真横に並んでいるんだから、ここまではロスなく運べているんだ。

 

<菊池> 前半の600m通過は33秒7。どうでしょう。この週の馬場状態を考えると、このメンバー、というかベルカントとしてはゆったりしたペースでしたよね。

 

<京介> これは中京のコース特性もあるよ。前半3Fは半分ぐらいコーナーカーブを含んでいるし、比較的早く長い直線に差しかかるから、中山などと違ってテンの3F33秒台前半とかは出しにくい。ベルカントのようにテンに急いだほうが好成績を挙げるタイプだとしても、そうさせにくいコースだと思ってる。だから本質的に、ベルカントは今回のように楽に行ってても、中京芝1200mとは相性が悪いわけだね。

 

<菊池> 直線入口では早々に仕掛けてベルカント突き離しに掛かりますが、ややフォームがチグハグという印象を受けました。このあたりは、やはり左回りが得意ではないのか、そして乗り替りの影響もあるのか、個人的には両方だと思うのですが。

 

<京介> ほんの僅かに外に膨れて、内に持ち直しながら手前を替えたシーンだね。ロスは最小限に抑えているけど、確かに菊池くんの指摘の通りじゃないかな。

 

<菊池> 2番手追走のラヴァーズポイントは軽量50キロもあって、離されずについていきます。対照的にシンデレラボーイは早々に苦しくなり、案外前の位置で追走できたサドンストームが3番手に浮上。

 

<京介> ルメール騎手は序盤からかなり良い判断ができていたと思う。サドンストームでテンに押さずこの位置っていうのは、相当に工夫してるわ。ただ、ここから詰められないのが腰の甘い馬の宿命と言う感じ。

 

<菊池> 残り200m地点ではまだ前が遠いレッドファルクスでしたが、坂にかけて一気にエンジンが掛かり外から猛追。最後は前を一気に捕らえて、ゴール前で交わして見せました。

 

<京介> これはデムーロ騎手の真骨頂が出たと思うよ。前残り馬場でコースロスある競馬をしているのに、馬のリズム優先で乗って、外から強引にブチ抜く。馬が中京コースのリズムに合っていることももちろん否定しないけど、加速の乗せ方が見事だったね。

 

<菊池> 序盤から内で渋滞気味だった2~3列目がまるで勢いに乗せられなかったですね。このレースに限らず、でもありますが。

 

<京介> このレース運びで馬が伸びるんだったら、道中不利を受ける可能性もないし、レース展開もあまり深く考えなくてもいい。M.デムーロ騎手が無敵だった時の騎乗ぶりがようやく戻ってきたね。

 

<京介> ちなみに、デムーロ騎手に比べて明らかにレース運びが慎重で、手応えも良かったはずのスノードラゴンは、レッドファルクスを外に弾くように捌くのではなく内を見た。だけど肝心なところで壁に塞がれて、外に切り替えざるを得なくなってる。最後はいい脚で盛り返してるけども、一番肝心な場所で力を発揮できなかったね。

 

<菊池> よく踏ん張ったベルカントでしたが、ラヴァーズポイントにも交わされて最後は3着。

 

<京介> 5kg差あるから、この着差だったら完全に勝ってる内容なんだけどね。ハンデキャッパーの判断が確かだったわ。ちなみに、2列目内の絶好ポジションで運んでいたエイシンブルズアイは、どうも反発力すら見せず、ジリジリと下がってしまったね。

 

 

<結果を受けて…>

 

<菊池> 勝ち時計は1分7秒2。もっと速い時計が出る可能性も感じさせる馬場でしたが、ペースの影響もあってか、春のレコード更新までには至りませんでした。

 

<京介> いや実際の所、春の開催よりも速い馬場だったのかな?という疑問もあるけどね。あれは人工的にしつらえたフシもあるし…まだ開幕週で芝も立ってて、踏みこなれていないから。だからまあ、よっぽど速いとしてもこのぐらいでしょう。

 

<菊池> 土日の傾向から外から差すのは苦しいかと見えたので、レッドファルクスの勝ちっぷりは目を引きましたね。

 

<京介> そうそう。自分も推奨はしたけれど、ずーっと「一雨降ってくれ!」と願っていたんだもの。せめて決着時計が178ぐらいじゃないと勝負にならないと思っていた。この時計に対応できたのは正直、うれしい誤算になる。馬の適性も出来もいいのは分かっていたとしても、あの高速馬場・断然前有利馬場では自信をなくすよね。

 

<菊池> 馬連までは堅い決着が続いていたCBC賞ですが、今回は荒れましたね。

 

<京介> それも状況が変わったことで、いろいろ浮き上がるポイントがあったと思うよ。それは後程詳しく。

 

<菊池> では、上位馬を中心に1頭ずつ振り返りましょう。

 

レッドファルクス

 

<菊池> 結果的には3番人気でしたが、穴馬への推奨、お見事でした!

?content_type=blog&content_id=725&type=i

<京介> いやこれは良く人気した方だったんじゃないかなあ。関東版の専門紙6紙では、レッドファルクスってほぼ重い印はなかったはず。本紙が◎○▲を打ったところはなかったようだね。だからこれは当日までに、何か重たい情報があったんじゃないか、とは思うんだけどね。関西の方でどの有力馬もまずい出来だと判断した人が、この馬の一変可能性に期待したんじゃないかと。

 

<菊池> 当日の仕上がりはどうだったのでしょう。

 

<京介> この馬は葦毛なのもあるけど、筋肉総量が多いダート馬ではないし、張り艶抜群には絶対見せない方。だけど脚運びが非常にスムーズだったね。繋も柔らかいし後肢の蹴りがしっかりしていた。厩舎の調整が見事だったね。馬が上向いてきたタイミングで、いい形で相手が微妙な重賞に挑戦できたのが良かったと思う。

 

<菊池> ダートOP勝ちからのローテで、高速馬場の芝重賞と勝つというのは凄いですね。スリープレスナイトのような履歴での勝利でした。

 

<京介> 1000万や準オープンならともかく、重賞で芝替わり勝ちを収めるのは凄い。スリープレスナイトの前年度にはサンアディユがアイビスSD勝ちを決めたことがあるけど、あの馬もG1連対にまで到達したよね。だからこの例に則れば、かなり価値のある勝利じゃないかと思うわ。

 

<菊池> この後は、サマースプリントシリーズの重賞で2勝目を目指すことになりそうですが、左回りの重賞がない、というのが気になりますね。

 

<京介> そうなんだよね。この馬は若い時期から右回りを苦手にしていて、ほぼ出走は皆無に近いし、2走前のコーラルSもちょっと直線でぎこちない格好はしていた。充実一途の勢いで克服してくれないかと思うけど…。でも、やっぱりこの馬はますます、今回こそ狙うべきだったと言えそうだね。

 

<菊池> ちなみに、M.デムーロ騎手は久々の重賞勝利となりました。春先はポンポン勝っていただけに、長いトンネルだったように感じられますね。

 

<京介> 最近は断然人気の1倍台連敗記録まで作っちゃっているようだし、早く悪いムードを払しょくしてほしい所だけどね。でもこれは、復調が明らかなようにも感じるんだよ。今週は土日ともに1番人気じゃない馬でのメインレース制覇。まずまずの馬に乗って5勝。おまけに外差しがほぼ不可能?に思える馬場状態で、レッドファルクスのような差しを決める。これこそデムーロ騎手の反則技と言う感じがするわ。

 

 

ラヴァーズポイント

 

<菊池> 何といってもハンデが大きかったと思いますが、速い時計の出る軽い馬場も合っていたでしょう。

 

<京介> それにメンバーもイマイチな重賞だった、と言うのを指摘したいね。ゲートの通り、大半がモサッとゲートを出るような馬ばかりで、テンに争う馬が少なかった。これまでの履歴があって、CBC賞にスピードタイプがあまり登場しなかったんでしょう。

 

<菊池> この後は北九州記念でしょうか。ここも良馬場で好枠なら侮れない1頭ではないかと思うのですが。

 

<京介> いや~、でも自分はこれは連続好走しにくいタイプの激走だと思うよ。ベルカントが押し通せなかったように、事実上ややスローの高速馬場だし、他の短距離ハンデ戦はほぼ確実に消耗戦になるでしょ。速いラップに耐えられる性質の馬とも思っていないし、次のハンデ戦は多分52kgだわ。それと脚の形があまり良くないんだよね…。

 

 

ベルカント

 

<菊池> 今回は、海外帰りの一戦で乗り替り、実績の乏しい左回り。ハンデはやや軽めに収まった印象もありましたが、厳しい条件は揃っていましたね。

 

<京介> 中京がそもそも苦手、と言うのはこれでハッキリした感じだね。

 

<菊池> それでも、前が止まらない馬場が幸いして、格好はつけてくれました。

 

<京介> でもこのハンデはやっぱり楽だよ。この3着があって、次の北九州記念を55.5kgで出られるなら相当有利だと思う。

 

<菊池> 次は北九州記念かアイビスサマーダッシュか。いずれにせよ、ハンデがどうなるか?気になりますね。

 

<京介> さすがに昨年の実績分もあって、アイビスサマーダッシュは56kgかそれ以上でしょ。スプリンターズS出走まで見込んで、北九州記念に今回と同じハンデで出る、というのが有利なローテーションじゃないかと思う。どうかな。

 

 

その他

 

<菊池> 1番人気のエイシンブルズアイは9着と大敗しました。

 

<京介> お腹周りがコロンとしていたよね。この馬は冬場の間もずっと使い詰めだったのに、中山のオーシャンSでパフォーマンスが上がった。使い詰め+輸送アリと条件は悪かった方だと思うんだけど、タフに使い込んでいい馬に性質が変わっているのかな、と思うよ。いいバランスをしていても、皮膚が厚かったなどあるかもしれない。ただ、今回のバテ方は、夏場が全くダメと言う可能性も考慮しておきたいところ。

 

<菊池> そうですね。冬場が良かっただけに。

 

<京介> だけどG1帰りの馬がかなり有利というのは、あくまで「時計が掛かる体力勝負」となった時でしょう。ハンデが軽い実績下位の馬では、体力が足らず全然勝負にならないという状況じゃないと、G1帰りは鉄板ローテーションではなくなる。

 

<菊池> ですね。時計勝負になったら軽ハンデの強みが効いてきます。

 

<京介> 時計の速い馬場に変わったことで、いろいろ信じて良いものが悪い材料に切り替わった背景があったと思う。レースを終えてみればわかることが多いけど、CBC賞的に求められる資質が変わったことで、過去になぞっていた好走パターンが全部裏切られる格好になったよね。

 

<菊池> 週中に予想していた馬場と、土曜日の競馬が始まってから見た状況があまりにも違ったので、その時点で予想を大きく変えないといけなかったのですが、思い切った対応ができませんでした。この点は反省材料です。

 

<京介> いやでも、自分もレッドファルクス以外にだれを選ぶべきなの?が全く想定できなかったのは事実なんだよね。速い馬場に対応できる高い資質が馬にあった、デムーロ騎手がなぜか唐突に復調したと言う運があっただけで。サドンストームのルメール騎手も良くやってくれたけど、時計の速い馬場でちょっと気後れするのは知ってた。けど2着に奇妙な馬が割って入るところに、自分も想像力が追いつかなかったよ。これは今回しっかり回顧しておくことで追いつくようにしよう。

 

<菊池> まずは何といっても馬場ですね。

 

<京介> 中京競馬場の馬場がここまで速くなったのは、中京コースを改装後に枯れた芝などの細かい老廃物が馬場内に溜まって、それが年々蓄積していったことで、馬場が硬くなるよう進行するのが早まったという馬場造園課の分析らしいんだよ。で、今回はエアレーション作業をすると同時に、その老廃物をなるべく取り除く作業もしたらしい。だけど結果的には、春の開催に引き続いてスピードが出過ぎる馬場になっている。その作業の効果が甘かったのか、あるいは路盤に対しての原因分析が間違っていたんじゃないかとも思う。

 

<菊池> コジトモさん(小島友実さん)の取材記事にありましたね。

 

<京介> だから実際の所、今年の春から急に中京が高速馬場になったのは、いわゆる馬場が抱える病気みたいなものでしょうってこと。全国でも一番時計が掛かるのが中京の芝だったけど、これからの中京開催は速い馬場想定で予想をした方が良い、ってことになるね。

 

<菊池> コース改修から5年目で路盤そのものが固まったことも大きいでしょうし、今後もエアレーションが入っても、速めの想定をした方が良いってことですね。

 

<京介> そしてCBC賞の特性として、「ややスローから平均ペースの短距離」と言う性質は変わってない。消耗戦ラップで好走するような馬の評価は下げるべき。実際、芝の1400m以上で好走できるタイプが今年も好走した。連対した2頭は、5月にその好走があったように、「この春に好調キープ」していた。それに坂路ではなくコース調教馬だったのもポイントになりそう。

 

<京介> スピード馬場になったことで、実績はまだ足りないけども、この春に調子を上げてきた馬・鋭い上がりを使える馬に向く条件に変わったんじゃないかと思うんだよ。

 

<教訓まとめ>

 

高速馬場になっても、1400m以上の距離で好走がある馬に有利な状況は変わらなさそう。ハンデ有利で4~6月に好走がある馬はなお注意。

 

・ベルカントが押し通せないのが中京芝1200m栗東坂路の好調教馬を過信しないこと。むしろコース調教馬が有利か?

 

G1実績どころか、重賞勝ちがあるだけでもハンデ不利になる可能性が高い。下級条件からの格上挑戦の馬には今後注意。

 

 

<次走巻き返し警戒馬>

 

<京介>

 

・サドンストーム

…どんな条件であれ、勝ち馬と僅差で掲示板内に好走した時はちゃんと集中しており、連続好走が期待できるタイプ。体調は良好。今回前に行って、最後になお差を詰めた競馬ぶりは、次走に活きるはず。

 

<菊池> 

 

・ベルルミエール

…外枠で、内に先行馬が多数。好位につけられたものの終始外を回らされ、馬場状況を考えれば厳しい競馬を強いられた。離れた5着だが復調気配は感じられたので、北九州記念ではヒモ穴で警戒したい1頭。

 

~~~

 

<菊池> では、今回の回顧はここまでです。今週末は七夕賞とプロキオンSを京介さんと展望していきます。

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ