金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼101 コメント15
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
京介・菊池グリグリの「週末重賞を検討しよう!~ ラジオNIKKEI賞 ~」
2016/07/01 13:52:00
テーマ: 重賞展望トーク
JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。
※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!

※推奨穴馬が絶好調!
(※推奨穴馬はレース毎に京介・グリグリが1頭ずつ推奨中)

宝塚記念 マリアライト 8番人気1着 単勝2,510円!

?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※2人とも上位評価!)

函館スプリントS ソルヴェイグ 12番人気1着 単勝3,940円!

?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※大外でしたが…汗)

マーメイドS リラヴァティ 6番人気1着 単勝1,080円!

?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※展開読みもバッチリ!)

安田記念 ロゴタイプ 8番人気1着 単勝3,690円!
?content_type=blog&content_id=725&type=i
(※勝つまでは読みきれずとも狙いすました1頭でした!)

?content_type=blog&content_id=725&type=i

アマゾンでのご購入はコチラ
16
年夏競馬号

http://www.amazon.co.jp/dp/4773057467/


新感覚の競馬新聞・『競馬チェック』については、こちらから

 

京介・菊池グリグリの「週末重賞を検討しよう!~ ラジオNIKKEI賞 ~」

 

※木曜夜の展望トークです

 

<菊池> さぁいよいよ福島開催がスタートです!日曜日に行われるラジオNIKKEI賞の展望をしていきましょう。

 

ラジオNIKKEI賞展望

2015年ラジオNIKKEI賞回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50750995.html

 

<天候について>

 

<菊池> 福島市の天気予報を見ると、土・日・月と傘マークが続いていますね。

 

<京介> あやや、どうやら今週は福島が雨に祟られるのか。福島競馬場は屋根付きパドックだし、普段居座る場所が屋内でクーラーが効いてる場所だから、仕事をする分には問題ないんだけどもね。

 

<菊池> ズレ込む可能性もありますが、ひとまず日曜日は雨だと思って考えておきましょうか。問題は雨量ですね。

 

 

<馬場について>

 

<菊池> このラジオNIKKEI賞も開幕週にやるようになって(福島では)4年目ですかね。内を通った馬で決まることが多くなったので、普通に内を通る馬が優位な馬場状況かどうか。

 

<京介> 1800mだから1コーナーまで短いわけだからね。78枠が上手く走るにはもう不可能っぽいムードが漂っているよね。これは是正されてもおかしくないんじゃ、という雰囲気も感じるけど。

 

<菊池> 土曜・日曜と道悪の中で競馬をやることになるとどこまで悪化するか、ちょっと心配ですが。

 

<京介> この開催は毎年エアレーション作業をして、タフな馬場にしつらえてることが多いけども、これに当日雨が重なって水を大量に含むと、もうホント重たくなってしまうからね。さて、どれだけ極端な傾向になるんだか。

 

 

<レース傾向について>

▲前走がダービートライアル 

→[42212]、青葉賞4~9着が[3001]で絶好。

昨年勝ち馬は例外。基本は権利獲り逃し狙い。

▲ハンデ54キロで前走4~9着

→[31010]、前走の手頃な敗戦が今回の恵量を招く。

▲前走が1000万下で1~3番人気 

→[3008]、ブレ幅大きいが1着は全て単勝4桁。

?前走がGⅠ 

→[01215]、2・3着例はいずれも6番人気以下。

?過去に重賞連対歴がある馬 

 →過去10年の3着以内で該当は2着馬2頭だけ。勝つ馬の過半数は後にも先にも活躍しない。

?1番人気 

→[1225]、昨年勝ったのはかなりレアケース。

56キロの1番人気は[0004]

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」のツボ』掲載データより一部)

 

<京介> 斤量を背負う馬、1番人気馬がいつも負けるレースだけど、馬が弱かったり、世間の評価がいつもおかしい、というわけではないんだよね。そういうモノサシ的な評価で高く扱うべき実力馬は、それなりにちゃんと強いのは確かなんだけど、やや力の劣る馬がその有力馬を的に掛けて負かすことが、「他のレースに比べてやりやすい」というのがホントの所だと思う。

 

<菊池> そのあたりに“ハンデ戦”という条件が大きな働きをしていると思います。

 

<京介> だけど1番人気が負け続けたのは、枠が良くない馬、適性が全くない馬と知らずに人気してたからでしょ。最近の1番人気は、トップハンデの馬がなることはほぼない。傾向に寄せた人気になって、3着以内好走の確率はだいぶ高くなってきたよね。それに最近はホント予想上手の人が多いなと実感させられるぐらい、勝ち負けで絡むことも多くなってきた。

 

<菊池> その点はこのレースに限らず、週を追うごとに感じますね。ワイドな(仮)でも話しましたが。

 

<京介> 今年もフルゲート、しかも雨の中という難しい設定だけども、安定感を示せるかどうか。

 

<菊池> 極めて難しいでしょう!僕は、今年も荒れる回だと思っています。

 

<京介> それにしても、ラジオNIKKEI賞のレース回顧は、いつも「この後活躍しなさそうな馬を狙え」とめちゃくちゃなことを言ってるよね(笑)。

 

<菊池> それでいいと思うんですよね()。ここだけ恵まれる馬を狙う!レオマイスターとか、ケイアイチョウサンとか、バシっと獲れている年ほどそういう狙い。

 

<京介> 能力のある馬だから、馬力がいい馬だからこそ、持ち味を活かそうと馬群の外へ張り出すように騎手が動いてしまう。関西騎手は特にその傾向。たとえ内枠を引いたとしても、そういう外回し競馬が持ち味である馬は、内枠を活かして乗ってくれない。インベタ・セコ乗りが合うタイプが、ここでそう乗ってこそと言うレース。

 

<菊池> そうですね。“恵まれそう”なグループをまず括って、あとはどの馬が上手くいくか?というサイコロになると思います。枠順や騎手の判断。今年は馬場も考えないといけないので、簡単ではありませんが。

 

<京介> パドックの動きの良さを自分が見て、飛びつくような馬はむしろ評価しない方がいい、と言うのもずっと続いているなあ。これも気を付けたい。本当に体つきが地味な馬だから、ロスなく乗らざるを得ないと騎手が思う馬こそを評価すべき感じだね。

 

<菊池> そうですね。何せ、将来性を感じさせる馬ほど敬遠した方がいいレースだと思うんです。で、将来性を感じる馬がここで(才能があるという)不利を跳ね除けて好走するようなら、先々も評価した方がいいという。過去で言えばロックドゥカンブ、ソングオブウインド、ファイナルフォーム、アンビシャスあたりがそのグループですね。今年はそういう馬がいない年かな?と思っていますが。

 

 

<例年と比較して気になるポイント、展開予想など>

 

<京介> 2番手追走の履歴がある馬が大半?ハッキリ逃げる競馬が続いているのはロードヴァンドール。けどスピード一番というわけでもないようだし、隊列はあくまで枠順次第か。ダート短距離、ファルコンSからやってきた馬が、序盤にどう引っ掻き回すかも影響が出そう。ただ、スローになることはおそらくなさそうだね。

 

<菊池> そう見えますね。どうあれ3コーナーからレースが動くことがほとんどなので、序盤がスローになったからといって差しが台頭できない、とも言い切れないレース。

 

<京介> 展開で注意すべきは、いかにも小回り実績がありそうな先行馬が外枠に入った時。もちろん前日予想としてはもう外すべきなんだけど、不利な状況を覆そうと「無理目の仕掛け」をすることに注意だね。

 

<菊池> ほう。

 

<京介> 昨年のロジチャリス(816番)やブランドベルグ(714番)、一昨年のメドウヒルズ(816番)やハドソンヤード(510番)などが、先行勢を楽にさせまいとイチかバチかで捲って行ったから、直線で前が止まるほどの流れになった。こういう馬がいるから、最後に差し馬が間に合ってくる。

 

<菊池> どうせキレない、という馬が選択しがちなレースでもあります。そういう馬は得てして早めに仕掛けますからね。そのあたりも、基本は3コーナーからレースが動きやすい。昨年はマルターズアポジーが終始ナメられて、アンビシャス以外は先行勢が流れ込んだだけ、という競馬でしたが。

 

<京介> 常に上がり脚安定の記録があるのは、アップクォーク、ゼーヴィント、ナイトオブナイツ。どれもコースを広く使って良いタイプだから、不安は大きいけれども…。枠順も加味して、明らかにコーナーで外を回しそうだなというキャラは事前に評価を下げておこう。

 

<菊池> では、人気順に上位5頭についてお願いします。

 

 

ミライヘノツバサ

 

【 強み 】

<京介> ドリームジャーニー産駒は、ホント中山でかなり活躍した反面、東京でほぼ全てと言っていいぐらいに撃沈。小回りの持続力競馬の方が明らかに向いてる印象だね。現時点では福島コースへの出走数が少なすぎるし、いい馬が出向いていないから評価できないけど、ここまで広いコースが苦手なら、福島はいかにもプラスに働きそう。

 

<菊池> 恐らく合うでしょうね。直線では長く良い脚が続かないでしょうから、小回りで一瞬のキレを活かしたい。ドリームジャーニー産駒は父に似てか、ロングスパートか一瞬脚か、どちらかという印象ですよね。

 

<京介> また今回は、2連勝した内田博幸騎手に再度スイッチ。皐月賞は相手が厳しすぎたから度外視でいいし、休んでここ一本に絞ったローテーションも好感が持てる。先行差し自在で、流れを見て対応できるのも強みだね。

 

 

【 弱み 】

<京介> 現時点で勝ち星は2200m2鞍のみ。500万下勝ちは超スローを押し切ったもので、なかなか指数が伸びにくい勝ち方だった。単純に、この距離で短距離馬も混じるメンバーだけに、追走スピードで遥かに見劣りしないか…そこがまず壁だね。もう1kgぐらい減らしてほしかったなあ。

 

<菊池> そうですね。今年は軽ハンデメンバーが弱いこともあってか、ハンデどうなの?という馬が結構多いと感じます。この馬もやや設定は辛めに感じる1頭。

 

<京介> このレースはそこまで脚元を気にしなくてもいい条件なんだけど、ソエ焼きしていた馬だから。G1出走後の経過悪化があったりしたら困るし、これは当日の情報待ち。

 

★総合評価:+2  (京介 +1 菊池 +1)

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

 

ジョルジュサンク

 

【 強み 】

<京介> 腹目がボテッとしてて、いかにもスタミナがある馬だし、ここ数戦の履歴からほぼ仕上がってる。オープン以上で敗れたのは全て上がり勝負・時計勝負。今回は条件がいくらか好転するものと思う。

 

 

【 弱み 】

<京介> 500kgを超す大トビ先行馬で、これだけ大きいとラジオNIKKEI賞とは相性が悪い。小回りを器用に押し切る競馬はどうかな?今回はいわゆる展開に圧を掛ける「捲り役」として使われるだけになりそう。

 

<菊池> 皐月賞でも序盤はモタモタしましたよね。登り坂スタートだと出脚で劣るでしょう。ブラックスピネルありきで設定されたであろうハンデがつきました。これはどう考えても見込まれ過ぎ。

 

★総合評価: (京介 +0 菊池 +0)

 

 

ゼーヴィント

 

【 強み 】

<京介> 実はディープインパクト産駒って、他のサンデー系統よりも福島の芝1800m2000mは優秀。これは結構驚いた。

 

僕ですら結構前から言ってますけども()

 

<京介> もちろん開催によっては外差し一辺倒になることもあるし、条件戦では人気馬になる比率が高いからかもしれないけど、七夕賞や福島牝馬S、それと福島民報杯・福島テレビオープンか。この辺りで「弾けるディープ産駒」のイメージで下げてはいけない、という気づきはあったね。

 

<菊池> 中山成績の悪さから連動して良いイメージが持たれにくいんでしょう。他場に比べて過剰人気しないというのも大きいはずです。

 

<京介> 木村哲也厩舎が戸崎騎手を乗せて高額条件で勝負する機会って全くなかったから、これはシルクの意向か。過去に戸崎騎手が乗った経験があるのはいいね。

 

<菊池> ダービートライアル負け組で手頃なハンデ。戸崎騎手に乗り替るのも大きな強調材料です。

 

 

【 弱み 】

<京介> 前走のプリンシパルSって、かなりの好タイム決着だったのに、次走好走馬が全然出てない。負担の大きいレースだったのかな?履歴からも、連勝が止まった所で休んでいるし、反動や仕上がりが気になる所。

 

<菊池> これまでの履歴だと器用さに欠ける面があり、出遅れ癖も気になります。経験値的には微妙なところ。

 

<京介> 未勝利のものとはいえ、1800mの持ち時計がメチャメチャ遅い。プリンシパルSも速いラップを刻まれると後ろに回っていた。本質的にそんなにスピードがいいタイプではないし、上がり最速を連続して出す馬だから、後方から外を回すシナリオがありそうで、それはこの条件には合わないから。

 

★総合評価:+5(京介 +2 菊池 +3)

 

 

アーバンキッド

 

【 強み 】 

<京介> 馬体は素晴らしく良い馬だよ。重賞を連戦しつつ体のキレが増すごとに、溜めて直線勝負という方向じゃなく、どんどん前付け押し切りを目指す競馬にシフトしてきたのは、この馬の性質なんでしょう。飛節の形が悪くてあまり切れ味が出ないからね。それはこの条件には合いそう。

 

<菊池> コース形態は違えど同じ1800mの毎日杯で連対していて、その毎日杯が小器用なレースだったこと。アーリントンCも僅差で好走していたことは評価したいと思います。ただ、そういう馬は苦戦するレースなんですよね。

 

<京介> 斉藤誠厩舎がこのレースでストーミーシーと一緒に厩舎2頭出ししているけど、それぞれ戦略にメリハリをつけて臨みそうだから、相手や展開に関わらず徹底先行してくれそうなのはいいね。

 

 

【 弱み 】 

<京介> 一番の弱みは騎手。福永騎手はそもそもCBC賞が得意で、このラジオNIKKEI賞にはほとんど来ない。以前から福島が苦手で、ざっと過去の履歴を見ても後ろに控えすぎということが多い。前に行けと言う指示を受けてるのに、3列目追走から外を回しそうだわ。

 

<菊池> そうそう()。CBC賞でこそ乗って欲しかったんですよね。G1帰りで格上ですが、油断して安全策を取ろうとしたりすると上手くいかないレースなので、どこまでリスクを負った競馬をしてくれるか。

 

★総合評価:(京介 +3 菊池 +2)

 

 

ブラックスピネル

 

【 強み 】

<京介> 関西騎手+関西厩舎の組み合わせだけども、武豊騎手は福島苦手な様子が一切ないし、音無厩舎は関西の割にメチャメチャ福島コースが得意。ブラボーデイジーにドモナラズ、それに昨年のアンビシャスら福島重賞勝ちも多い。福島のオープン級のレースで1番人気になった馬は、昨年七夕賞でレコンダイト(当日絶不調デムーロ騎手)がコケるまで複勝率100%だったのも凄い。調教傾向が合っているんだろうと思う。

 

<菊池> 福島芝1800m~2000mにおける関西馬の厩舎別成績の上位15厩舎(過去5年)が以下のとおりです。

?content_type=blog&content_id=725&type=i

 

<菊池> やはり、坂路追い切りの厩舎が優勢ですね。


<京介> ブラックスピネルは1800mが明らかに良いタイプだし、地力が高いのも明らか。武豊騎手との相性も良さそう。斤量込みでも、おそらくはIDMが一番手となるのかな。


<菊池> 昨秋から指数の更新が全くなかったので、頭打ちの現状で前走は嫌ったんですが、してやられました。ここに来て、大きく指数を更新した点は素直に評価しないといけないかと思います。

 

【 弱み 】

<京介> 履歴の分析やコース適性はともかくとして、的に掛けられる立場で57kgということ。タフな体力勝負を強いられるのはまず間違いなさそう。そしておそらくは斤量負担が不利になるかも、な重馬場。それでも勝つ馬かどうか?という読みだけだね。

 

<菊池> 白百合S勝ちの3勝馬という点は08年2着のノットアローンと同じで、ハンデ設定も同じ57キロですね。克服できないこともないでしょうけど、勝ちきるまではどうか?という感じです。履歴から福島芝1800m替りが良いか?は疑問。

 

★総合評価:+5 (京介 +3 菊池 +2)

 

 

~~~~

<span  class="tk_mas">菊池</span> では、穴馬を挙げましょうか。

 

( ストーミーシー )

 

<京介> 今年は難しいなあ。いい形で福島・中山の1800mを勝ち上がった履歴のある馬がいないし、関東馬でばっと飛びつける小回りキャラがいない。こういう時は距離延長組かな?カシノピカチュウのように、重賞で連対した実力があるのに、中距離履歴が皆無だったから厳密さを求める人たちから避けられるという、人気薄パターン。

 

<菊池> 確かに履歴には共通項がありますね。

 

<京介> この馬は履歴の通り、大崩れしたのが前走のNHKマイルCの時だけ。格上げでマイルへの距離延長を克服したわけだから、強敵相手に食らい付ける良い気性があるし、芝の1200mを使ってたことが間違いだったとわかった。ここで夏の短距離路線へ向かったりせず、ラジオNIKKEI賞を選んだということは、厩舎も間延びした距離への適性の方が高いんじゃないかと踏んでるわけだ。

 

<菊池> そこまではどうでしょう。微妙な気もしますが。使えるから使う、というニュアンスの方が強いんじゃないかな。

 

<京介> メンバー中一番の大型馬で、馬群の外を回しがちな大トビの差し脚質だけど、スピード面での不安が全くない。これまでの履歴を比較すると、レースで足りた格すら、実はかなり高い方であってもおかしくない。大雨でズブズブになって、外差し有効な馬場になることを望みます!

 

 

( アップクォーク )

 

<菊池> 前走が18キロも馬体を増やしながら単勝1.8倍の1番人気だったので、もしかすると良い馬過ぎるのかな?という嫌いはあるのですが。とりあえず馬場悪化はこなせそうなタイプで、連勝中ながら53キロの軽ハンデ。ひとつ上の半兄ストレンジクォークは昨年狙ってもうひとつの競馬でしたが、兄がそうだったようにこの馬も、この時期に良くなってくるタイプなのでしょう。リベンジしたいですね。

 

~~~~

 

※展望トーク時点での印

 

<京介>

◎ブラックスピネル

▲ゼーヴィント

▲ストーミーシー

▲アーバンキッド

△カープストリーマー

 

<菊池> 

〇ゼーヴィント

〇アップクォーク

△ブラックスピネル

☆ダイワドレッサー

☆ミエノドリーマー

 

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論は前日版コラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!

 

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ