金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼101 コメント15
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
京介・菊池グリグリの「ユニコーンステークス回顧!」
お礼1
2016/06/21 13:14:00
テーマ: 重賞回顧
JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞回顧。  
週末の重賞展望トークの振り返り、レース分析、次走注目馬を盛り込んだ濃密な回顧対談!
『競馬大予言』で連載中、「金子京介・菊池グリグリの重賞三行回顧」の完全版です。

?content_type=blog&content_id=725&type=i

アマゾンでのご購入はコチラ
16
年夏競馬号

http://www.amazon.co.jp/dp/4773057467/


新感覚の競馬新聞・『競馬チェック』については、こちらから

京介・菊池グリグリの「ユニコーンステークス回顧!」

 

<菊池> お馴染みの3歳ダート重賞、ユニコーンSが終わりました。今回も回顧していきましょう。


?content_type=blog&content_id=725&type=i

(安いけど一点だけ握り締めて観戦しました(笑)


ユニコーンステークス回顧

 

<天候・馬場について>

 

<菊池> 週中には雨があり、土曜日の東京ダートは稍重からスタートしました。

 

<京介> うん。朝一番に確認したところ、まだ乾ききっておらずに馬場がやや黒ずんでいたままだった。実際に速いダートで始まっていたよね。

 

<菊池> 土曜日の午後には良馬場発表に変わりましたが、最終レースのダ1600mは1分36秒6で決着。降級馬が上位だったとは言え、速い時計の出る水準でしたね。

 

<京介> シャドウチェイサーは1000万で頭打ちのようになっていた馬だから、「1000万級」とはすぐには言えないレベルなのに、この馬がハナ併走から押し切って圧勝。それで持ち時計を更新した。そりゃ「馬場が速いだろう」となるでしょ。標準よりも1秒ぐらい速い馬場というのは確かだね。

 

<菊池> 日曜日の10Rが同コースの1000万下。こちらは2階級降級馬が2頭いて、その2頭がワン・ツーですから、オープン特別にも近いと見て良いと思うのですが、そこで1分36秒3という決着時計でした。

 

<京介> 勝ったミュゼスルタンは今回田辺騎手に乗り替わっていて、馬体も少々緩め。前に伝えたことがあるけど、前脚の膝の腫れがあまりに目立つ馬。主戦だった柴田善臣騎手がセイコーライコウに乗りに函館へ遠征していた代打で、勝負気配もあまり感じなかったのに、馬の力だけでダートをこなしてしまったと。

 

<菊池> スムーズに前付けできたのが大きかったですね。

 

<京介> 3着のダイワインパルス(直線でかなりの進路ミス)が一度このレベルの時計を記録したことがあると考えれば、1着馬に準オープンクラスのモノがあったと認めるべきだね。

 

<菊池> 時計も速いしハイレベルな10Rを経てのユニコーンSでした。

 

<京介> それと当日は、朝から昼まで曇っていて、結構風が強かった。9R10Rぐらいににわか雨がサーッと降ってきたぐらいで、やばいやばいと思っていたところなのよ。おそらく馬場の方でも、ダートの表面を軽く湿らせるぐらいには降ったのかな。ま、馬場が一変するほどには遥かに足りないぐらいだったけど。

 

 

<パドックについて>

 

<菊池> ここでは、全体のムードで特筆すべきことがあれば、話しておきましょう。

 

<京介> もともと記録の面で、1000万レベルのものを3歳夏の時点で出している馬がかなり多かったよね。全体の層も分厚いし、500万勝ち直後の馬で推奨馬に挙げた馬は特に素晴らしかった。

 

<菊池> 昨年もそうでしたが、古馬相手の1000万下でも勝ち負けできそうな馬が多かったですね。

 

<京介> だけどそれ以上に、オープンで既に勝ち負けしている馬もしっかりしていて、上昇勢いのある馬に全く負けていない。特にヒヤシンスSを勝ち負けした2頭以下、慎重に見比べたけれども、手先のブレがほとんどなかったし脚運びの勢いが非常に良かったね。

 

<菊池> そうですね。ハイレベルな中でも、上位3頭がいずれも良い仕上がり。

 

<京介> だからそういったムードの中で、ひと叩きしたのにまだ若干余裕があるムードのゴールドドリームは、「レベルの高い仕上がりの馬がこれだけいるのに、この馬はこんな甘めの造りでホントに大丈夫?」という気持ちが大きかったんだよ。

 

<菊池> そういうことでしたか。

 

 

<レース展開について>

 

<京介> まずイーグルフェザーが左後脚を落鉄したそうで、蹄鉄打ち替えでしばらく発走が遅れる。この馬は当日、右前脚にかなり適当に裂蹄テープを巻いていたから、最終調整後に不安が出てた感じだね。

 

<菊池> 脚を見ていると、こういうこともありますね。

 

<京介> 返し馬で走らせて対角線上の脚に極端な負担が掛かってしまうということは、走る時に掻く脚に力を込められなかったみたいだね。

 

<菊池> 15番ヒロブレイブが伸び上がるような出遅れ。内ではダノンフェイスもあまり良いスタートではありませんでした。

 

<京介> 今回もゲート入れは非常に速く(50秒程度)、他の馬は横一線でスタートを切れたんだけどね。ヒロブレイブはずっとゲート内で体をくねらせていたし、ダノンフェイスは隣のヤマイチジャスティが煩かったのに釣られてしまったようだね。2番枠のビービーサレンダーも出負けしていたし。

 

<菊池> 人気の3頭はともに好スタート。促して前に行くストロングバローズを見ながら、ゴールドドリームも馬なりで先行できましたね。

 

<京介> ストロングバローズはホント体つきがカチッと決まっていた馬だし、このスタートも納得。それにしても速かった。このままだとホントに逃げてしまうから、そうしたくないルメール騎手は内に切れ込むことはせず、やや真っすぐ進んで内の進路を開けてあげるような形。

 

<菊池> 内の様子を見つつ、でしたね。外国人騎手は、原則的に逃げるのを嫌いますね。

 

<京介> ゴールドドリームの川田騎手は、前回出遅れを喫したことでレースを落とす原因にもなったから、相当気を付けていたそうだね。ただ見た所追っ付けていた様子もなかったし、芝スタートがこの馬には相当合っていたんじゃないか。ダートに進入してから追っ付けてるし。

 

<菊池> 内からマイネルバサラが前に行くと、ストロングバローズは譲って2番手に落ち着きました。ピットボスが4番手でその外にゴールドドリームでした。

 

<京介> 柴田大知騎手は、ビービーサレンダーに譲ってやれば良かったのに…と思う。これは余所行きの競馬になってしまったね。まあ、上がり脚がない馬だと自覚していたから、前付けの意識が高かったのだろうとは思うけど。

 

<菊池> その後ろの列にクインズサターン。さらに後ろの中団やや後ろの外を14番グレンツェントが追走しています。

 

<京介> あとから考えれば、上位の馬はしっかり上がりをまとめているんだから、有力馬と前後するこのぐらいの位置にいないと勝負にはならなかったわけだね。

 

<菊池> 前半600m通過は35.3秒。ハロンごとのラップも含めて、前半1000mまでが10R青梅特別とまったく同じ数字でした。

 

<京介> じゃあこのレベルで言うなら、全体が1000A級から準オープンレベルは優に超えているか、レース展開自体がややスローだとみなせるということかな。

 

<菊池> 早い段階で流れも落ち着き、有力2頭が前で牽制し合う流れ。道中は動きがありませんでしたね。

 

<京介> 有力馬が前で比較的楽に先行しているからそうなるよね。ゴールドドリームが前で構えているのに、その後ろを一杯一杯の手応えで追走していて、先団の外を被せ気味に動くのはまあ、無理だよね。長い直線もあるし、せめて僅差の位置まで追い詰めるのがせいぜい。

 

<菊池> この時点で、荒れても3着だけ、というのは見えつつありましたね。

 

<京介> ダノンフェイスが出遅れたとはいえ、ここで差を詰めることができず、かといって「全体のペースは決して速くない」わけだ。まあ、前で展開して135秒台でまとめた2頭は、並みのオープン馬じゃないってことだね。

 

<菊池> 4コーナーを回る手応えの差は明らかで、2番手から抑えきれない手応えで先頭に並びかける13番ストロングバローズ。そして、これを見ながら仕掛けのタイミングを図る川田騎手の12番ゴールドドリームと、既に手が動いている他馬との差は歴然でした。

 

<京介> 500万を1つ勝つのがやっとの馬と、これから重賞をいくつも勝てるような馬とが体力比べを繰り広げる時に起こる現象だね。片や、このペースは追走で一杯一杯。片や、この程度のペースなら持ったままで行けて、十分に脚も溜まっている…と言う形。

 

<菊池> 坂で仕掛けたゴールドドリームを見ながら仕掛けのタイミングを図るストロングバローズ。坂上は完全に2頭のマッチレースになりました。

 

<京介> ルメール騎手も盛り返しそうな格好はしてるんだけど、ゴールドドリームは一歩ごとの推進力がストロングバローズとは違ったなあ。大トビで脚力ある馬にこういう並び方されて内で狭いというのはキツイ。

 

<菊池> 人気のもう1頭、グレンツェントは道中で動かなかったことも含めて、仕掛け遅れになった形でしたかね。内で粘り込みを図るピットボスを捕まえるのが精一杯でした。

 

<京介> 着差をつけられた理由には、乗り替わりでの情報不足が影響したのではないかと思うけどね。T.ベリー騎手も道中のレース運びは決して悪くない。この馬がノンコノユメじゃなかっただけで。

 

 

<結果を受けて…>

 

<菊池> 勝ち時計は1分35秒8。前半1000mまでが青梅特別とまったく同じラップながら、決着時計が0.5秒速いということは、単純に上がりで上回ったということですね。

 

<京介> その通りだね。もうちょっと道中のペースが速くても、上位の2頭はそれなりに上がりをまとめられた感じがするなあ。

 

<菊池> 3着のグレンツェント以下が1分36秒3なので、上位2頭は既に古馬相手の重賞でもやれそうですね。

 

<京介> そういう計算になるよね。ヒヤシンスSで勝ち負けしてから、およそ4か月経っているのに、成長が止まらずまだ2頭とも進化しているのは喜ばしいことだわ。

 

<菊池> 今年も3歳ダート路線は、それなりにハイレベルと言えるでしょうか。

 

<京介> いや、実はまだそうは思ってなくてね…。ヒヤシンスSがハイレベルで、ヒヤシンスS>伏竜S>青竜Sの構図が2月以降全然崩れてない、ということでしょう。

 

<菊池> 全体のレベルを高いというのは、どうか?ということですか。

 

<京介> 500万下から強力な馬がどんどん供給されるような年ではないと考えるべきか、あるいは早い時期に序列のトップにいた馬がどれも能力低下していない、と考えるべきか。この2択だと思ってる。後者なら確かに良いんだけどもね。

 

<菊池> では、上位馬を振り返りましょう。

 

ゴールドドリーム

 

<菊池> 1番人気パドック診断は、やや辛口でしたね。


 

?content_type=blog&content_id=725&type=i 

 

<京介> いや他の馬もホントに良く見えたからさあ…。結果からすると、まだ目標を先に見越していて、それで根詰めて仕上げてないということだったんでしょう。今年に関しては、オープンクラスの経験や鍛錬がモノを言ったってことでしょう。

 

<菊池> そういうことですね。

 

<京介> 自分も日曜日コラムではヒヤシンスS組が強いと思い直してゴールドドリームにしたんだけど、当日の気配の悪さを見て「これは不安的中か?」と思ってしまったんだよ。パドック周回は内目をとぼとぼ歩いて、腰の甘さもあったし。

 

<菊池> 僕は◎でしたが、スタートを決めてすんなり先行していたのには驚きました。

 

<京介> それは確かに。この若い時期なら出遅れぐらいあって当然、道中の挽回をいかにうまくするか、が焦点だとばっかり思っていた。

 

<菊池> この後はJDDでしょうか。ローテはさておき、体型から見て大井2000mはいかがでしょうか。

 

<京介> 体型は大丈夫でしょう。かなりの腰高体型ではあるけど後肢も長いし、前捌きが硬くならない大トビ。飛節の角度も適度。地力の高さである程度フォローはできるはず。あくまで相手の適性次第、当日の馬場適性次第かな。

 

<菊池> 今回はいくらかゆとりのある状態で勝てたことも大きいですね。

 

<京介> ただ、スタート地点ダートで出遅れたりしないか?は気を付けたいところ。昨年のノンコノユメは、621日→78日と中20日もなかったんだよね。これで勝ち切ったノンコノユメは偉いわ。だけど今年は、619日→713日で、昨年よりも1週間猶予がある。今年はチャレンジしやすい日程だというのもポイントだね。

 

<菊池> 南関の低レベルが叫ばれていますが、中央馬のローテが楽、ということからも堅く絞って当てるレースになりそうですね。

 

 

ストロングバローズ

 

<菊池> 伏竜S以来でした。今回の仕上がりはいかがでしたか?

 

<京介> これはさすが堀厩舎と思ったよ。正直こっちが勝つ、と言う仕上がりの差だったと思うんだけどなあ。

 

<菊池> レース巧者ですよね。ただ、東京だとキレ負けしてしまう、という解釈でいいでしょうか。ちょっと大雑把ですが。

 

<京介> そこは何ともなあ。決して着差が大きくついたわけでもないし、ゴールドドリームがいなければ…の履歴でしょう。確かに圧勝しているのは上がりが掛かった競馬の時ばかりだけども、今後東京コースでバッサリ外す根拠は、あまりないと思ってるよ。堀厩舎の馬づくりは東京ダートで絶対コケない形しているからね、手先の強さやら腰の決まり具合とか。

 

<菊池> 大井の2000mなら逆転は可能でしょうか?

 

<京介> ホントこれはわからない。一騎打ちだとゴールドドリームに分がありそうだけど、3つどもえだったら馬場次第で出し抜けがあるんじゃないかと。直前まで悩ませる要素はあると思うんだよ。

 

 

グレンツェント

 

<菊池> 上がり最速の35.7秒で追い込みましたが、前が遠すぎましたね。

 

<京介> 昨年のノンコノユメと比較すると、レースラップも今年の方が緩いし、案外ノンコノユメほどのトップスピード持続力がなかった感じかな。だけどペースが遅すぎたってわけでもないから、現時点では上位2頭に対して差があると考えた方が妥当だね。

 

<菊池> この馬も大井なら逆転の目があるでしょうか?

 

<京介> 決して序盤の追走スピードが速い馬ではないから、距離が延びるのはプラスと捉えると思うし、マークも外れる。ただ、ストロングバローズの方が中距離以上では常に上かなあ。前がかなりやり合わないとね。

 

 

その他

 

<菊池> ピットボスは4着。良い馬ですが、この舞台だと限界でしたかね。レパードSの方が合いそうに思います。

 

<京介> いや、舞台が悪かったわけじゃないと思う。今年は相手が悪かったよ。2~5月のオープン勝ち馬から順調さを欠く馬が何頭も出て混戦ムードになる、と言う流れにならないと。

 

<菊池> 次走以降も楽しみな馬は多いですよね。何頭も挙げられそうな。

 

<京介> そうそう。今年はオープン勝ちした馬からなかなか脱落馬が出ない年だよね。一度オープンで足りた馬がその後高レベル戦で毎回力を発揮し、レースの流れを引き締まったものにしてる。だから今回のユニコーンSは上位2頭には敵わないな、と言う格好になったけれども、136秒台で走れた馬がこれだけいたのは凄いことだった、と考えたい。

 

 

<教訓まとめ>

 

・今年の3歳ダート路線は、先に(ダートの)オープンで勝ち負けした馬が、順繰りに次のオープン戦で勝ち負けするという流れが常に続いた年。ヒヤシンスS上位馬が順調さを欠かずに能力ピラミッドの頂点をキープし続けて500万下勝ち馬を常に退けていた。昨年とはムードが違ったため、青竜Sの結果がユニコーンSに直結しなかった、ということ。

 

・今年のようにユニコーンSからJDDへ向かう間隔が適度に延びて(今年は中24日)、およそ3週間以上の猶予があるのなら、ユニコーンSJDD狙いの有力馬が集まりやすい。

 

逆に昨年のようなレース間隔なら、クロスクリーガーがユニコーンSを避けたようにメンバーが割れる。オープン3着以下、あるいは500万下勝ち直後の馬が通用するのは、メンバーがもっと割れている時。

 

・どういうレースぶりであろうが、前走接戦勝ちは疲労が残るためか期待値が下がり、前走圧勝の方が好調キープしやすい。イーグルフェザーに脚元の難が出たのは残念だが、タフすぎるレースは反動が出やすいと覚えるべき。

 

 

<次走巻き返し警戒馬>

 

<京介>

・ダノンフェイス

…筋肉量が豊富で速い上がりを出せない消耗戦向きのキャラ。背中が反る体型で、あまり東京マイル向きでもなかったかも…。そしてここ2戦はレース内容に情状酌量の余地が大きい。この舞台では力を示しづらかっただけで、短距離でごり押しの競馬なら。

 

<菊池>

・ノーモアゲーム

…出脚の悪さは気掛かりだが、新潟ダ1200mや秋の東京ダ13001400mで展開が向けば面白そう。或いは、来年のこの時期の降級後。どこかで大穴を演出しそうな追い込み馬。

  

~~~ 

<菊池> では、今回はここまでです。続いて、函館スプリントSも回顧していきましょう。



コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ