金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼101 コメント15
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
重賞前日予想&厳選注目レース・6月18日(土)
2016/06/18 00:02:00
テーマ: 週末レース展望
JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、
土曜日版・重賞予想&厳選注目レース予想!

?content_type=blog&content_id=725&type=i

アマゾンでのご購入はコチラ
16
年夏競馬号

http://www.amazon.co.jp/dp/4773057467/


新感覚の競馬新聞・『競馬チェック』については、こちらから

☆★☆★☆★【 明日のメインレース予想 】☆★☆★☆★

<金子京介>


【 函館11R・HTB賞 】

◎4.メジェルダ
○3.レンイングランド
▲16.ペイシャオブロー
△11.ワンダフルラッシュ
△7.カレンステイシー

ようやく函館開催が始まります。週中はあいにくの雨模様で、馬場がまだ渋っている状況だという話ですが、
それでも開幕初日の1200mは、過去の傾向からも前有利。
少なくても4コーナーを2列目で通過、5番手以内で通過していないと、勝ち負けには絡めません。
3列目以降から差し馬が吹っ飛んでくるのは、10年に2度ほど2着に食い込めるかどうかの確率です。
他の中距離レースならいざ知らず、電撃6F戦なら前残りを狙うべき。
そしてまた降級馬の扱いも気を付けなければならないのは、準オープンからの降級馬は期待値が低く、
オープンからの2段階降級馬は相手弱化の落差が大きいために一変しやすいということ。
年明けを過ぎて、2月以降の準オープンは、もう強い馬も抜けきっており、重賞で勝負になる馬などほぼいません。
準オープン短距離クラスの中でも、かなりレベルの低い時期なのです。
それに比べれば、3歳馬は2勝するとすぐオープン入りし、将来重賞を勝ち負けするような馬とやり合わなければいけませんし、
一つオープンを勝ってしまったことでしばらく頭打ちになっていた4歳馬は、久々に自身が動きやすい格下馬とやり合うことになります。これがポイント。

中心視したいのは、素質やコース適性からメジェルダ。そして穴は、4歳の2段階降級馬2頭とします。
函館2戦2勝のカレンステイシーは、かなりここに合わせて準備万端のようですが、能力からしてあくまで押さえ。


【 阪神11R・天保山S 】

◎8.ワディ

オープンクラスの実績が豊富で、1kgでも斤量を背負っている馬は、どれも後方から。
そして近走、オープンで真っ当な成績を示した馬が、ポメグラネイトとゴーイングパワーぐらいしかいません。高齢・近走不振な馬ばっかりです。
ここなら、相手が落ち切った準オープンをやっと勝てたワディでも、すぐ通用するでしょう。
馬の資質は確実にあるのですが、若干関西のスピード競馬が苦手な方で、ちょっとでも湿るとスピード性能限界があった馬です。
ダート1400mは十分に守備範囲ですし、明日は晴れて馬場も乾く予報。
1分23秒台で一杯一杯な馬ばかりなので、この馬の方が伸びしろはありそうだという考えです。


【 東京11R・ジューンS 】

◎13.レッドルーファス
○7.ルミナスウォリアー
▲10.エアアンセム

ジューンSがこの東京2000mに変わって過去3年、決着時計は全て2分フラット以下の好タイムで決着しています。また、近走好調の人気馬が強いですね。
一番のポイントは、馬場が硬くなったうえに外差しが決まるようになり、単純な走破力が問われるようになって、外を回るロスやらを考えなくても良いということ。
だからこそ、過去最高値を出した能力を信じて評価すればOKだとなるんです。すなわち、人気馬。
そしてここで一番の不安は、アングライフェンの過去の履歴。準オープンを勝った時はズブズブの馬場状態で、
2分3秒台に届くかという遅い時計・上がり掛かる決着だったのです。
とにかくこの馬は、2分1秒を超すタイムになると非常に安定感を増し、格上げ戦になるとまるで歯が立たないタイプですよね。
飛節の折が変な角度なので、あまり瞬間的にいいスピードが出ないタイプなのです。
なのでアングライフェンは、ここが一番の外し時。推奨したいのは時計勝負大歓迎タイプ同士の馬連。
特にルミナスウォリアーは、1000万を勝った辺りまでは時計の掛かる馬場向きかと思われてたタイプですが、前走の内容が非常に優秀。
持ち時計を大幅に更新したことも素晴らしいです。ここでもすぐ通用する資質はあるはず。


<菊池グリグリ>


【 東京11R・ジューンS 】

◎12番アングライフェン
〇07番ルミナスウォリアー
注13番レッドルーファス
△10番エアアンセム

03番エーシンマックス、02番ケイアイチョウサン、01番マイネオーラム

4歳馬及び降級馬がアングライフェンただ1頭。
夏競馬らしい番組にしても、ずいぶんとメンバーの揃わない一戦になりました。

そのアングライフェンは重賞挑戦のこの2走も着順ほどは負けておらず、
引き続き好調は維持出来ている様子。ルメール騎手を確保して大崩れは考えにくいでしょう。

相手選びは、クラス再編成前の末期のカオスな状況で好走した馬よりも、
それ以前に元気だった馬を選びたいと思います。
東京コース実績のあるルミナスウォリアーは、前走で勝ち上がってから
間隔を開けての昇級初戦。コース回収率の高いメイショウサムソン産駒。
人気も手頃なようなので、相手はこの馬に絞って馬券を検討したいと思います。

注・△へは3連複を。それ以外は3連単で3着の穴、という程度に見て、馬券を組む予定です。


【 函館11R・HTB杯 】

◎01番マジックシャトル
〇05番カービングパス
▲04番メジェルダ
10番ツクバジャパン
△03番レンイングランド
△02番レヴァンタール

マジックシャトルは距離・コースともに得意で、
滞在調整で穴をあける清水久厩舎の注目パターンに該当。
開幕週で絶好の最内枠を生かせれば一発の可能性も十分。

好位差しで上手く立ち回れそうなのがカービングパス。
スタートは上手いので、上手く流れに乗れれば。

メジェルダはマークがきつくなりそうな分を斤量差で凌げるかどうか。

以下、10番ツクバジャパンは函館・芝1200mともに大得意。
復調してきた今なら、ここでも上位進出の可能性は十分で。
レンイングランドは降級・好枠で。
レヴァンタールはコース注目種牡馬のファルブラヴ産駒で内枠。
スムーズに流れに乗れれば、シレっと流れ込む可能性も。



☆★☆★☆★【 厳選・注目レース予想 】☆★☆★☆★


<金子京介>

【 阪神12R・3歳以上500万下 】

◎4.ショパン

ショパンは前走、プリンシパルSのパドックで拝見しましたが、かなり良い馬になっていたと思いました。
内枠有利の高速決着だったので、休み明け+OPへの格上げ初戦+追い込み馬の距離延長+東京2000mの外枠と言うのは条件が厳しすぎ。
おまけに当日はデムーロ騎手が復帰直後で騎乗ぶりが悪かった日。あんな悪い条件でよくぞ1番人気させたものだと思います。
しかし距離を縮めた今回は、すべての条件が好転します。川田騎手も直前の追い切りに騎乗。しかもそこで準オープン馬相手に先着してるそうですね。
有力な降級馬も多いため、5頭ほどが能力・人気拮抗と見られているようなら、単勝で行きたい場面です。



<菊池グリグリ>


【 函館08R・3歳以上500万下 】

◎05番ミンナノプリンセス
〇15番トウショウピスト
☆08番イワヌガハナ

△10番ジェットコルサ
△03番ムーンフライト、02番イーグルアモン

トウショウピストの力が抜けているのは当たり前ですが、
先を考えるとここで好き放題にぶっぱなすわけには行きません。
そうなると、開幕週&渋った馬場ですから、差し損ねる可能性もあるでしょう。

ミンナノプリンセスは洋芝歓迎のクチですんなり先行できればしぶといタイプ。
スタートも上手く道悪もOK、内枠を引けたここは勝負でしょう。

穴はイワヌガハナ。
洋芝のファルブラヴという単純なネタもありますが、個人的に注目しているのは、
函館でテン指数1・2位の馬に騎乗した際の、横山和夫騎手の好走率及び回収率。
人気薄の騎乗が主な彼ですが、09年以降で当該データかつ厩舎指数がプラスならば
複勝率44.8%、単回214.1%、複回133.8%と好成績を収めています。
道悪での騎乗も得意なので、この馬が上位に食い込んでくれるシーンに期待します。

ジェットコルサやイーグルアモンは押さえというかついでというか。
配当面でスケベが好きな方は、ムーンフライトあたりに期待してみるのも手かもしれません。


【 函館10R・駒ケ岳特別 】

◎01番クロイツェル

須貝厩舎は滞在巧者で、函館・札幌ではひときわ堅調。
明日も多数の面白い馬がスタンバイしていますが、中でも注目は、
芝2600mで期待値の高い1枠を引いたクロイツェル。
岩田騎手とのタッグでは、これまでだと過剰人気も多くて
回収率はイマイチでしたが、昨今の人気ならば配当妙味も確保できそうで。


コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ