金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼101 コメント15
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
京介・菊池グリグリの「ショート展望トーク!~ 函館スプリントステークス ~」
2016/06/17 12:00:00
テーマ: 週末レース展望
JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。
※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!

※推奨穴馬が絶好調!
 安田記念に続き、マーメイドSはリラヴァティが6番人気1着に激走!

?content_type=blog&content_id=725&type=i

アマゾンでのご購入はコチラ
16
年夏競馬号

http://www.amazon.co.jp/dp/4773057467/


新感覚の競馬新聞・『競馬チェック』については、こちらから

 

京介・菊池グリグリの「ショート展望トーク!~ 函館スプリントステークス ~」

 

※木曜夜の展望トークです

 

<菊池> 今週の『ショート展望トーク』は函館で行われる函館スプリントSです。

 

函館スプリントステークス展望

 

<天候・馬場について>

 

<菊池> 今週から函館開催が始まります!

 

<京介> いち早くローカルモードになってしまった東京・阪神とは違って、函館は今週からしばらく3週間ぐらいがアツい。どのレースもフルゲートかそれに近い頭数が埋まっているし、場合によってはのちのオープン馬を輩出する「大事な新馬戦」「大事な1000万下」があったりするからね。

 

<菊池> が、その木曜日に函館で震度6弱の地震が発生、ということで心配ですね。

 

<京介> そうなんだよ、これホント驚いたわ。どうやら局地的なものだったそうで、函館市は震度4もなかったって?その後、悪い続報が入って来ないから安堵はしてるんだけど、まだわからないから…。

 

<菊池> あれが余震、ということもあるので安心できませんよね。雨も降ります。木曜・金曜と。

 

<京介> 週末は曇り空が続いて、どんよりとした天気だそうだね。函館の気候で勘違いしてはいけないのが、本州とは気温が全然違って、6月はまだ肌寒く感じるぐらいだということ。雨降って湿気っていればなおさら。

 

<菊池> 土曜日の傾向をしっかり見ておきましょう。

 

<京介> 函館の開幕週はここ数年高速馬場が続いていたけれど、それはピーカン照りが続いたから。エアレーション作業を施した馬場に水がしみたら、途端にズブズブに緩い馬場になる。どれだけ回復しているのかがポイントになるね。

 

 

<レース傾向について>

 

○1~3枠 

→[75333]、前走が3着以内の馬なら[6317]。内枠有利顕著で、軸も穴も内枠から。

 

〇1~5番人気の牝馬 3着内期待度

→[4237]、昨年はハマらずも好走パターンの王道56キロは[0102]で割引材料。

 

×1~5番人気の牡馬

単勝回収値43%、複勝回収値59%。人気で信頼するなら牝馬。牡馬は人気薄を。

 

×前走が京王杯SC

1~5番人気で[0013]。買うなら人気薄の先行馬。

該当は全て関東馬。関西馬は人気薄の単穴例あり。

 

×前走が東京芝1600m 

→[11214]、昨年3着馬が複勝回収値引き上げたが。

基本的には人気で嫌いたいローテの一つ。

 

 

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」診断』掲載データより抜粋)

 

<京介> 昨年は2連勝で来たティーハーフが追い込み勝ちを決めて、2年前もガルボが出遅れたのに馬群の中を滑り込むように見事に割って出てきた。内が有利と言うのが十分知れ渡ってる条件だから、先行馬の圧が掛かり過ぎるし、直線で馬が内に殺到しすぎる。

 

<菊池> 結果的に差し有利になりつつあると。

 

<京介> 過去10年のスパンで見るとそりゃ先行馬同士の決着が続いているけど、このレースを6月半ばに引き上げたのが4年前。ここ数年の傾向に注意するならば、まあまあ差し追込みが来ているんだよね。

 

<菊池> 昨年はアンバルブライベンがいたこともあって、序盤から流れて極端な差し・追い込み決着でしたね。

 

<京介> そしてもう一つ、昨年のティーハーフがちょっと軽めの調整で来れたことで途切れたけど、レースを6月に移動した2012年から3年間は、直前に函館Wで速い追い切りタイムを記録して、追い切り指数が高かった馬がそのまま勝ち負けしたんだよね。

 

<菊池> 昨年はティーハーフにしては、攻めた方といった感じだったと思います。ただ、やはり滞在調整で既に函館の環境に慣れている馬の方が安心感はありますね。

 

<京介> 早くから函館入りして体を慣らし、現地で体調をピークに合わせるよう入念に準備した馬と、別の場所で調整して1本2本軽めで臨んだ馬との仕上がりの差が激しかったってことだ。このレースに関しては、放牧→栗東や美浦で数本→函館入りが上手く行かないから、放牧帰りが字面通りには通用しない。人気コケがやたら起こるのは、これが結構大きなポイントになっているんじゃないかと思うんだよ。

 

<菊池> では、人気が予想される3頭について。

 

ティーハーフ

 

【 強み 】

 

<京介> 昨年勝ち馬でこのコースへの適性は確かにあると思う。極端な戦略をとっているせいか、ここ数戦はどうも運悪くハマらない、あるいは不利のある内容が続いている。けども前走は上がり最速を記録したし、いつでも展開が向けばチャンスが…という状態にはある

 

 

【 弱み 】

 

<京介> 昨年も正直人気し過ぎだと思ったけど、あれだけ展開が向いてやっと勝つ、と言う馬だと思っている。

 

<菊池> 昨年は連勝中でかなり状態が良かったのも大きかったと思います。今年は同じリズムじゃないですから。

 

<京介> 追い切りのトーンがあまり上がってないなあ…。栗東坂路でも函館Wでも正直イマイチだった。

 

★総合評価:+2  (京介 +1 菊池 +1)

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

シュウジ

 

【 強み 】

 

<京介> やっと適距離に戻るね。3歳春シーズンは苦戦が続いたけど、合わない条件で折合も難しくしてたから。ここなら多少見直せるかと。

 

<菊池> 1200mに短縮される上に、速い流れで引っ張ってくれる馬がいるのは大きいですね。

 

【 弱み 】

 

<京介> でも、2歳夏に絶好調だった早熟タイプが、ここまでグダグダになってしまうようだと…。さすがに持ち直すのは難しいかな。特に橋口厩舎から須貝厩舎に移って、なお気性難が深刻になっているからね。よっぽど大変身しないと、ここで突然レース上手になったりしないでしょう。

 

<菊池> そこですね。指数の更新がないという面が痛い、その割に人気というのも厳しいですね。

 

 

★総合評価:+1   (京介 +0 菊池 +1)

 

 

ローレルヴェローチェ

 

【 強み 】

 

<京介> ダートでまあまあスピードを見せていた馬だけど、芝に来て3連勝で一気に重賞で足りるレベルにまで成長。しかもそれが逃げ馬だというんだから、よほどスピードの格が高いことはうかがい知れる。

 

<菊池> アンバルブライベンなき今、どこでも確実にハナに立てるのはこの馬ですね。

 

<京介> 高松宮記念に比べれば、はるかに展開は楽。いい形で調整できて、最初ハナ切るまでがスムーズだったら…でしょう。

 

 

【 弱み 】

 

<京介> 飯田雄三厩舎が絶不調なんだよねえ…。ローレルベローチェは3連勝目までは厩舎のランクが黄色だったのに、この春から全く勝ててないから一気に灰色にまで落ちた。2か月間30連敗中か。

 

<菊池> 高松宮記念の大敗は仕方ないとして、立て直せているかどうかですね。

 

<京介> 中井騎手もまだ今年5年目、函館で騎乗した経験ほとんどないんでしょ。淀短距離S、シルクロードSってラップ的にはかなり凡戦の部類に入るし、マークを一身に受ける立場だと苦しいなあ。

 

<菊池> 人気の牡馬、目標にされる立場で押さえまで、としたいところですが。

 

 

★総合評価:+2  (京介 +0 菊池 +2)

 

~~~~

 

<span  class="tk_mas">菊池</span> では、上記3頭以外の推奨馬を挙げましょうか。

 

(オデュッセウス)

 

<京介> 函館2歳Sで大敗しているけれども、あんな馬場状態・あんなレース展開で先行してバテる馬は絶対にスピードが高いタイプのはず。本当はここ最近の、後方から行って追い込む競馬をしているのは不本意なんじゃないの?とまだ思ってるんだよ。この距離に来て5番手追走とかできてしまう基礎スピードがあるんじゃないかと。

 

<菊池> もっと前でスムーズな競馬ができるはずだと。

 

<京介> それに1週前と直前の調教タイムも良かったね。雨で渋った函館Wで53秒6-12秒6なら及第点以上。いい準備で臨んでるものと思う。

 

<菊池> 早くからここを目標に順調ですね。

 

<京介> ユニコーンSには戸崎騎手が乗ってもいい候補が3頭ぐらいいたのに、めったに来ない函館に向かったというのは、ちゃんとした勝負気配でしょう。

 

( ソルヴェイグ )

 

<菊池> そこそこ人気になりそうですけども。50キロで出られますし、フィリーズレビューのように内枠でキレイに立ち回れればチャンスはあるでしょう。父&母父からも、少し時計の掛かる馬場もこなせるはず。内枠さえ引けば!

 

~~~~

 

 

<span  class="tk_mas">菊池</span> では、こんなところにしておきまして、最終結論はコラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ