金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼101 コメント15
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
メインレース前日予想+WIN5対象レース見解・6月12日(日)
2016/06/11 23:30:00
テーマ: 週末レース展望

JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、

メインレース前日予想+WIN5対象レース見解



?content_type=blog&content_id=725&type=i

アマゾンでのご購入はコチラ
16
年ダービー号

http://www.amazon.co.jp/dp/4773057343/


新感覚の競馬新聞・『競馬チェック』については、こちらから
☆★☆★☆★【 重賞前日予想 】☆★☆★☆★

【 阪神11R・マーメイドステークス 】


<金子京介>

◎3.アカネイロ
○7.ヒルノマテーラ
▲13.シュンドルボン
△4.レッドオリヴィア
△8.タガノエトワール

まともな2000m実績馬が少なすぎるということで、かなり荒れるものと思っていますが、注目しているのは5月15日のパールSのレベルが、案外高かったこと。
少頭数でやや煮詰まったメンバー、かつ牝馬限定戦だったのですが、離れた2番手集団のスパートタイミングが早めで、結構体力勝負になりました。
そこで直線バテた馬が寄ってきて、ほとんど追わず5着だったアカネイロの巻き返しに注目しています。
流れがピタリハマったリラヴァティやレッドオリヴィアには少々不満あり。そして4着のヒルノマテーラは、力を出し切ったような内容に見えますが、今回は四位騎手に戻るということで加算。
シュンドルボンは、決して2000mでしっかり走れるタイプだと証明しきれてないのが不安です。おそらく人気にはなると思いますが…。
転厩初戦のタガノエトワールが、案外直前追い切りで良い動きだったことには注意を払いたいです。



<菊池グリグリ>

〇12番リラヴァティ
〇04番レッドオリヴィア
▲01番ココロノアイ

注13番シュンドルボン
△03番アカネイロ
△10番ゴールドテーラー

マーメイドSの大まかなポイントは、以下のとおりです。

○ハンデ53キロ

 →[62421]、関西馬に限れば[60313]。好走馬の多くが該当する手頃な斤量。

○前走が1000万下・1600万下

 →[5・5・4・42]、関西馬に限れば[5・2・4・31]で勝率アップ

×前走がヴィクトリアマイル

 →毎年のように1~2番人気がいて[02422]。前走2~4着は[0003]

×ハンデ55.5キロ以上

1番人気4頭、2番人気3頭を含めて[11215]。格より勢いと恵量が重要。

×父がサンデーサイレンス系以外

昨年サンデーを血統に持たない馬が初勝利も、基本は父系か母父がSS。人気薄で恵量の父サンデー系が狙い目。


プラス材料に一通り該当して、マイナス材料が少ないのがリラヴァティ。
昨年はフルゲートで流れもシビア、外伸び・追い込み台頭の展開でした。
今年の方が状況は良いので、残り目の可能性に期待します。

レッドオリヴィアは52キロですが、臨戦過程やその他のプロフィールは良好。
コーナー4つの2000mの経験は少ないものの、適性の問題はないでしょう。

ハンデ上位馬ではココロノアイに注目。
阪神は重賞勝ちの舞台で、コース成績の良いステイゴールド産駒。
馬場悪化も歓迎なので、天気次第で信頼度もアップします。

以下、シュンドルボンはどう考えても状況が良くなるのですが、
例年の傾向からは危険な人気馬パターンに該当するので押さえまで。

軽ハンデから注目は、前走パールS組のアカネイロ。
前走1000万下1着でステイゴールド産駒のゴールドテーラー。

ナムラアンは中途半端な履歴の割にハンデが重く、
ハピネスダンサーは久々に2000m戻りとは言え、ワンパンチ足りない競馬を続けすぎ。
2頭は思い切って嫌うか、消極的押さえでいかがでしょうか。





【 東京11R・エプソムカップ 】


<金子京介>

◎6.アルバートドック
○7.ロジチャリス
▲12.レコンダイト
注3.マイネルホウオウ
△18.ルージュバック

雨に見舞われることはない、ということなので、ある程度スピード・瞬発力を重視します。
1800mの距離で重賞勝ちがあるアルバートドックを中心視。
松田博資厩舎解散寸前に勝負仕上げをして重賞勝ちした馬で、その反動が長引くかと考えていたのですが、
転厩先の須貝尚介厩舎にて見事に復活したものと見ます。追い切りの動きが抜群でした。
前走のマイラーズカップも、不利がなければ勝ち負けに届いたかという脚色。
もちろん今回も展開不利に見舞われる可能性はありますが、条件が好転する材料が一番多い馬だと考えているので、ここから入ります。
隣枠のロジチャリスも、脚元が固まってきてからの連勝。東京芝コースの安定感、
そしてこの馬で3勝を挙げている福永騎手とのコンビ。荒れ馬場は歓迎ですし、マイネルミラノを目標に乗りやすい隊列になるかと。
この2頭が中心です。

ルージュバックは東京芝1800mの外枠は、重馬場で内側が悪くなるなら良かったのですが、スピード必要な馬場だと距離ロスが大きい懸念が。
それならば、距離短縮歓迎のレコンダイト、そして前走のパドックや追い切りの動きを見る限り復調気配にある、マイネルホウオウをピックアップします。


<菊池グリグリ>

◎06番アルバートドック
▲07番ロジチャリス
▲18番ルージュバック
☆05番ヒストリカル

△16番フルーキー
△08番エキストラエンド
△13番マイネルミラノ

エプソムCのポイントは以下のとおりです。

〇1番人気の4歳馬

→[3221]、人気馬安定で比較的堅く収まる傾向。例年は安田記念に賞金不足で出られず…が◎。

〇前走がマイラーズCで一桁着順 

 →[3213]、単複ともに回収値140%超。都大路S組も好成績で前走京都組が良い。

〇ディープインパクト産駒 

→[3215]、4歳馬に限定すれば[2201]で安定。中盤緩む流れで瞬発力を発揮。

×前走がヴィクトリアマイル

→[0006]、目標でもなく半端なデキで。牝馬自体が[0009]と低調。

×社台RH&サンデーR所有馬

→[00111][0109]。表彰台に上がるのは個人馬主が多い。

×藤沢和雄厩舎所属馬

1番人気馬での3着があるだけで[0016]。池江厩舎[1301]とは対照的な数字。

傾向から、ピッタリなのはアルバートドック。
転厩3戦目で状態良化も見込めるので、不安は鞍上だけでしょう。
他に信頼できる人気馬もいないと考えるので、その点は配当妙味で目をつぶりたいと思います。

相手は序列をつけるのが難しいと思っています。

ロジチャリスは国枝厩舎らしく、じっくり仕上げてようやく本格化。
ここも好勝負になっていいでしょう。パワー型の先行馬で、今の状況にも合いそうです。

ルージュバックは大外枠を引いてしまいましたが、1Fの距離延長はプラス。
マイルで負けて1800mに替わって巻き返すのはマンカフェ産駒のお馴染みパターン。
スムーズに先行して、直線は外めを通れれば、上位争いも可能でしょう。

穴はヒストリカル。
どうも噛み合わず、乗り替りもしてくれませんが、今回は久々に得意の1800m。
今の馬場も合いそうで、馬場悪化歓迎のクチ。雨が降ればさらに評価を上げたいと思います。

以下、フルーキーは安定感こそあるものの決め手はここに入るとそこまで?
その割に人気なので、できれば4・5着に収まってほしいという押さえ。

エキストラエンドは、土曜日のように内を通ってもOKという状況が続けば上位進出も。

マイネルミラノは1800m得意でマークが薄れると粘り込む逃げ馬。
そこまで人気にならないなら押さえておいても損はないでしょう。


☆★☆★☆★【 WIN5対象レースの見解 】☆★☆★☆★

【 WIN1 東京09R・小金井特別 】



<金子京介>

◎エイシンバランサー
○ロンドンタウン
△ウェイトアンドシー
△カネノイロ
△ダウトレス

唯一の降級馬、エイシンバランサーの独壇場を食い止めるのが、3歳馬のロンドンタウンぐらいしかいないのではないか。
そういうメンバーだと思います。カネノイロも良い馬なのですが、若干格が下。
ウェイトアンドシー、ダウトレスは展開が向くかどうか。有力降級馬や3歳馬も少なく、
ほとんど5月の1000万下とメンバーが変わらない所がポイントでしょう。
好位で競馬を作れるエイシンバランサーの優位は、おそらく変わらないかと。



<菊池グリグリ>

◎16番エイシンバランサー

〇02番ロンドンタウン
▲11番カネノイロ
注14番ダウトレス

ここ2走が優秀なエイシンバランサーが降級、外枠ではそう簡単に紛れないでしょう。
相手は、前走で2着のダウトレスがいますが、土曜日のダートは大外一気が苦しかったので
間に挟まるなら3歳馬という考え。
中団差しのロンドンタウンか、カネノイロの前残りか。
それとも普通に、ダウトレスが届くのか、の3択と考えます。
WIN5は1点でいきたいところ。


【 WIN2 阪神10R・箕面特別 】

<金子京介>

◎エルフィンコープ
○センターピース
▲スマートアヴァロン

ここはさすがに、4歳降級馬かあるいは3歳馬での決着になろうかと思います。
スピードが勝ったタイプで、1200mが限界かと思えるエルフィンスコープの巻き返しに期待。
ポテンシャルは高いと感じる馬ですし、2勝クラスで頭打ちになるようには見えませんでした。
センターピース、スマートアヴァロンは力通りの評価で。


<菊池グリグリ>

◎08番スマートアヴァロン
▲03番エルフィンコーブ
▲01番ウォリアーズソウル

エルフィンコーブの距離短縮は間違いなく良いはずで、
スムーズに先手を奪えば、斤量差を活かして粘り込む可能性も十分。

指数的にはスマートアヴァロンがさすがに上で、距離短縮もプラス。
関東馬のウォリアーズソウルも意外と侮れず。


【 WIN3 東京10R・多摩川ステークス  】

<金子京介>

◎アンタラジー
○ヤングマンパワー
▲メドウヒルズ
注マカハ
△ヘイジームーン
△ホッコーアムール

アンタラジーは馬体だけなら優にオープン級ですし、すぐにこのクラスは突破できる器。
しかし一番の心配は、直前の雨予報ですね。現在のところ、日曜日の夜中から雨のようで、避けられそうな感じですが…。
一応良馬場の確率の方が高いと見て中心にします。
注意すべきは復活気配が見込めるメドウヒルズ。前走は明らかなハイラップを2番手で追いかけ、差し馬優勢の展開を寸前まで踏ん張りました。
アンタラジーが優位な先行決着なら、流れに乗って押し通す可能性もあります。


<菊池グリグリ>

◎11番アンタラジー
〇08番ヤングマンパワー
△01番ベルキャニオン

過去3年で単勝4桁配当が2回と波乱傾向が強いレースですが、
斤量を背負う馬が強いことと、過去3年以上に今年は上位2頭の指数が高く出ました。
基本はアンタラジーかヤングマンパワーが上位と考えます。
逆転があるとすれば、素質面でヒケを取らないベルキャニオンの復活劇。


【 WIN4 阪神11R・マーメイドステークス 】

<金子京介>

◎3.アカネイロ
○7.ヒルノマテーラ
▲13.シュンドルボン
△4.レッドオリヴィア
△8.タガノエトワール


<菊池グリグリ>

〇12番リラヴァティ
〇04番レッドオリヴィア
▲01番ココロノアイ


【 WIN5 東京11R・エプソムカップ  】

<金子京介>

◎6.アルバートドック
○7.ロジチャリス


<菊池グリグリ>

◎06番アルバートドック
▲07番ロジチャリス
▲18番ルージュバック


☆★☆★☆★【 その他・注目レースの見解 】☆★☆★☆★


<金子京介>

【 阪神9R・三田特別 】

◎ジュンヴァルカン
○ヤマカツライデン
▲ステイザコース

ここはジュンヴァルカンからでしょう。
2走前のアザレア賞では、のちに青葉賞を圧勝するヴァンキッシュランと接戦。
そして前走あずさ賞では後続に0.4秒差をつける圧勝。そのどちらも、例年の青葉賞で楽に勝ち負けなる、2分25秒台走破と言う優秀な内容。
500kgを超す恵まれた体格を、存分に生かせています。展開と馬場には注意を払いたいところですが、まず勝てるものと思っています。
ヤマカツライデンは、ダートでは芽が出なかったものの、芝の長距離戦に登場してから一変。
逃げていながらもとぼけず集中した走りをキープできる強みがあるようで、前走もなかなかの内容でした。相手筆頭候補。
ステイザコースは、馬体が480kg台に乗ってきて急に動きが変わってきたようで、胎内川特別もなかなかの勝ちっぷりでした。
勝つまではないと思いますが、この馬にも注意しておきましょう。



<菊池グリグリ>


【 東京01R・3歳未勝利 】

☆02番セデュイール

指数上位はプエルトプリンセサとダズリングベリーで、もう1~2頭を探すレースという印象。
土曜の傾向から、ダートは前が残れる馬場傾向だったので、
初ブリンカーでこの乗り替りならいかにも逃げるだろう、というセデュイールの一発には警戒したいですね。
初出走のラピッドライズもゲートを決めれば一発あるかも。


【 東京06R・2歳新馬 】

★12番ワインアンドダイン

牝馬限定戦で、調教も血統も目立つ馬がいないのならマイネルを、という考え。
情報系指数もそれなりに出ているので、好勝負になる可能性も十分。


コメント(2)

コメント一覧

競馬チェック! - 2016/06/18 18:48:58

りんごもち様

返信が遅くなり失礼しました。
レジまぐの「よくある質問」にはこのようにあります。

> 月額制のメルマガ・ブログは、講読解除をしない限り継続になります。
>お申し込みのタイミングでその月の購読料が差し引かれ、月末最終日は翌月分の決済が行われます。

5/31分の引き落としは、6月購読分という扱いのようです。
よろしくお願い申し上げます。

りんごもち - 2016/06/12 17:19:38

競馬のレジまぐ、の問い合わ先が分からず、こちらへご連絡させて頂きます。
5月初旬から登録して利用しておりますが、先月の引き落としが2度(5/5・5/31) ガード決済であったのですが………他の予想は購入しておりません。
どのように対応すればよろしいでしょうか?
よろしくお願いいたします。

ページの先頭へ