金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼101 コメント15
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
京介・菊池グリグリの「目黒記念回顧!」
お礼1
2016/06/01 07:30:00
テーマ: 重賞回顧
JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞回顧。  
週末の重賞展望トークの振り返り、レース分析、次走注目馬を盛り込んだ濃密な回顧対談!
『競馬大予言』で連載中、「金子京介・菊池グリグリの重賞三行回顧」の完全版です。

?content_type=blog&content_id=725&type=i

アマゾンでのご購入はコチラ
16
年ダービー号

http://www.amazon.co.jp/dp/4773057343/


新感覚の競馬新聞・『競馬チェック』については、こちらから

 

京介・菊池グリグリの「目黒記念回顧!」

 

<菊池> ダービーの後には今年も目黒記念が行われました。こちらも回顧していきましょう。

 

目黒記念回顧

 

<天候・馬場について>

 

<菊池> 天候、馬場ともにダービーと同じ、絶好のコンディションだったという振り返りでいいでしょうか。

 

<京介> そうです。ただちょっとだけ触れるなら、有力馬がダービーと同じく「中からやや外」をみんな狙ったし、ダービーとここで有力馬に乗った鞍上も、ほとんど同じルートを通っていたように思う。

 

<菊池> ほぼ同じところを通るレースですもんね。

 

<京介> ハンデ戦だから、着差的にはダービーよりももっとシビアな叩き合いになるのが目黒記念の常だけど、やっぱりあのやや外ラインが、日曜日は一番良いルートだったのかもしれない。みんながそのラインを奪おうとしていたから。

 

 

<レース展開について>

 

<菊池> スタンド前発走で、ダービーに続いて大観衆が見守る中だったせいでしょうか、少しゲート入りに手間取りましたね。

 

<京介> スタートは5分順延になったけど、それでも少し余裕がないぐらいの返し馬の入りだったし、もうダービー並みの歓声だったからね。返し馬を見終わった後、馬場側からパドック側に戻りたかったんだけど、人混みがヤバすぎて全然移動できなかったわ。

 

<菊池> 13万人超えでしたし、ダービーが終わって、例えば3万人帰っていたとしても体感的には「まだこんなにいるのかよ」って方に感じますよね。

 

<京介> それと自分は目黒記念の中継録画に失敗しちゃってて、ゲート入りの映像が見当たらなかったんだけど、クリールカイザーが嫌がったの?ちょっとした空白があったみたいね。

 

<菊池> そうですね。その後にマリアライトも少し手間取って。この距離らしくもっさりとしたスタートでした。目立った出遅れは内でリヤンドファミユがいた程度でしょうか。

 

<京介> 一応横並びでは出たんだよね。押し押しで主張する馬もおらず、手探りの1コーナー進入だったね。

 

<菊池> 枠なりにサムソンズプライドがハナに立とうかというところ、外から積極的に先手を奪いに行ったのは、デウスウルトでした。

 

<京介> スランプ中の高齢馬でまともに戦えてもどうか、しかもフルゲートの外枠と不利な条件だしねえ。逆境すぎるからこそ発揮した、騎手の判断というやつだね。

 

<菊池> 1コーナーまでに概ね隊列も決まって2コーナーへ。2番手にサムソンズプライド、そしてタマモベストプレイが外3番手。その内にはネオブラックダイヤがコーナーワークで浮上。

 

<京介> 先頭が本来逃げ馬キャラではないし、ダービーに比べればはるかにゆったり入ったね。

 

<菊池> 人気馬の中ではモンドインテロがその後の5~6番手で、最も前の位置取りでした。その後ろの列に1番人気のマリアライトがいましたね。

 

<京介> ここでもなぜか、内枠のマリアライトが3頭の真ん中で、10番枠のヒットザターゲットがラチ沿いを併走していたんだよね。蛯名騎手はラチ沿いの荒れ方が嫌だったのかな?まあ実質トップハンデがあったからダービーとは違うけれども。

 

<菊池> 前半1000m通過は61.1秒。平均よりややスローくらいの入りだったと見ていいでしょうか。

 

<京介> デウスウルトは展開を率いるというよりも、サムソンズプライドを抑え込む役に回っていたしね。おまけにサムソンズプライドは前走スロー押し切りに成功してる。前の組はみな折り合いたいのに、展開を荒らす理由がなかったしね。

 

<菊池> ただ、そこから殆ど緩まず、このコースのレースらしいスタミナ勝負の展開になりましたね。

 

<京介> 向正面の上り坂に差しかかる前に、馬群が結構縮まったんだよね。その坂を上りつつ、徐々にペースが早まり始めた。だけど一気のスパートではないし、後ろの組は遅れることなく余裕で付いていく。

 

<菊池> 有力馬たちは中団から大きく動かないまま4コーナーへ。マリアライトは大外に出して行きました。

 

<京介> マリアライトはコーナーを回りながら、外に持ち出せる形で回っていたね。坂下からもう仕掛ける目線だ。

 

<菊池> 直線、サムソンズプライドが先頭に代わって立ち、中団からの待機勢を迎え撃つ形に。そこで、まずは好位にいたモンドインテロが先頭に立とうとしますが、勢いはさらに後ろからの差し・追い込み勢。

 

<京介> モンドインテロはいいポジションだったけど、案外弾けなかったな。ジリジリしているうちに、差し馬の脚が間に合ってくる流れだったね。

 

<菊池> 外から迫ってきたマリアライト、その後ろから追ってきたクリプトグラムが捕えて先頭。ただし、内から迫ったヒットザターゲットと併せつつ、マリアライトは差し返そうという構えを見せました。

 

<京介> その1列後ろでは、レコンダイトが内を狙うのをやめて、外のクリプトグラム&マリアライトの真後ろに付けていたんだよね。進路が開くのはこちらの方だと武豊騎手は考えていた、と分かるシーン。

 

<菊池> 最後はハンデ戦らしく、上位が固まってゴール。僅かにクビ差、クリプトグラムが制しました。

 

<京介> 54kgの馬が先に前に出てしまったから、競り合う重たい馬にとってはキツかったろうね。ここから盛り返そうとするマリアライトは素晴らしい根性していたわ。

 

 

<結果を受けて…>

 

<菊池> 勝ち時計は2分30秒6。悪くない部類と見ていいでしょうか。

 

<京介> 今の馬場ならそのぐらいかな。ダービーの決着時計も究極に速かったわけではないし。

 

<菊池> 新興勢力のクリプトグラムが勝ちましたが、2着マリアライト、3着ヒットザターゲットはともにトップハンデ扱いの2頭。強い馬が力を出し切ったレースともとれますか?

 

<京介> そうだね。スローペースになると瞬時に反応できなくて厳しいかと思ったけど、しっかり力を出せた流れだったと思う。クリプトグラムにハンデ加算が追いつかなかっただけでしょう。

 

<菊池> では、上位馬を中心に1頭ずつ振り返りましょう。

 

 

クリプトグラム

 

<菊池> 最終的には3番人気でしたが、展望トークでの推奨バッチリでしたね。

 

?content_type=blog&content_id=725&type=i

 

<京介> 前走はハンデ軽くても強いな、と思ったけど、今回はちょうどピッタリハマったような伸びだった。ここで推奨しておいてよかったわ。

 

<菊池> 当日の状態はいかがでしたか?

 

<京介> 馬体重よりもカチッとまとまったタイプだったね。キンカメ×サンデーでムチムチしたタイプ?脚長かな?と思ったけど、前傾がかなり付いた姿勢の馬で、腰が甘くて大きく歩くタイプだった。楽に広く動ける、という意味でいい状態。

 

<菊池> この馬の将来性はいかがでしょう。

 

<京介> 目黒記念を狙う上で有利なローテーションだったし、キングトップガンのように格上挑戦の影響でハンデ加算が追いつかないタイミングだった。これより次は、もう斤量で他馬より有利ではなくなる。少なからず、腰回りがもっとしっかりしないと厳しいと思うし、硬くまとまるとダメなら、もう上り目はないかも。

 

 

マリアライト

 

<菊池> 牝馬で56キロ(58キロ扱い)でしたが、負けて強しの競馬でしたね。

 

<京介> 横綱競馬をしに行って、直線に向く手前から仕掛けておいて、最後のゴール前までまだ伸びている。これが440kg割る牝馬なんだから、スタミナはやはり素晴らしいね。

 

<菊池> 格どおり、しっかり走ったというところでした。

 

<京介> 個人的には不利な条件だと思っていたから、やはり評価は高くなる。

 

<菊池> 次走は目標の宝塚記念です。見通しはいかがでしょう。

 

<京介> 日経賞のようなヌルいレースを経てきたから心配したけど、これでいい叩きになったと思う。ポジティブに考えたい。出来れば雨降って欲しいね。

 

ヒットザターゲット

 

<菊池> 有馬記念以来でした。状態はいかがでしたか?

 

<京介> スッキリ見せていい張り艶だったね。この馬の仕上がり加減としてはかなり良い方だったと思う。あの背中が弛むような馬体のラインはどうにも気になるけど…。

 

<菊池> 昨年の勝ち馬が今年も好走。8歳ですがしぶとい馬ですね。

 

<京介> マリアライトの内を掬って立ち回れるんだから、走る気は衰えてない。G2ならまだ勝ち負けを演じられると思う。ただ、牝馬が上位人気するようなメンバーではあったからそこは注意。

 

その他

 

<菊池> 個人的には上位評価をした馬が4・5着でした。

 

<京介> ハンデ戦だからねえ。一つ噛み合えば逆転できる差だったと思う。間違いない部分に注目出来ていたけど、運がなかったとするしかないか。

 

<菊池> まぁちょっとハンデ設定も辛いかな?と思っていたところが、その通りになった印象もあります。

 

<京介> ただ、モンドインテロの56kg、レコンダイトが55kgで結局力が足らず。クリプトグラムに並ぶぐらいの結果が出ないと、ハンデキャッパーに予想で負けたとなってしまうね。

 

<菊池> タッチングスピーチが6着でした。この馬の敗因はどのあたりにあったのでしょう?

 

<京介> スタート直後から後方、向正面はスローテンポなのに追っ付け通しだった。相当反応が悪いなこの馬は。ここで仕上げてない、というのがあったとしても、追走に前向きではなかった。人気馬にしては、評価が高過ぎたきらいもあるね。

 

<菊池> そうですね。好走する時の走りが目を引きますからね。ちょっと過剰人気でしたね。

 

 

<教訓まとめ>

 

大阪-ハンブルグCは2400mになってから、上位に好走した馬が目黒記念でほぼ毎年必ず馬券になっている。いい前哨戦になるレースとして覚えておきたい。

 

・有馬記念、日経賞に出走し、天皇賞春に向かわなかった馬は、ここで馬体がまだ甘めでも地力が非常に高い。人気でもハンデ不利でも評価すべき。

 

 

<次走巻き返し警戒馬>

 

<京介>

 

・スーパームーン

 

…若干微妙な蹄鉄を装着していたのも気になった。直線、レコンダイトと接触して、無理せず引っ張った。しっかり追えば上位5頭と絡んで、タッチングスピーチよりも先着できたはず。2500mの重賞に何度も挑戦しているが、この距離はどうも長い。

 

<菊池> 

 

・マリアライト

 

…スタミナ勝負では牡馬相手にもヒケを取らない。宝塚記念でも上位に食い込むシーンに期待している。

 

 

~~~

 

<菊池> では、今回の回顧はここまでです。今週末は安田記念と鳴尾記念を京介さんと展望していきます。

 

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ