金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼101 コメント15
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
京介・菊池グリグリの「ショート展望トーク!~ 目黒記念 ~」
2016/05/27 07:30:00
テーマ: 重賞展望トーク
JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。
※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!

※推奨穴馬が絶好調!
 ヴィクトリアマイルでは、京介推奨のストレイトガールが7番人気1着に激走!
(先週は両重賞とも荒れませんでしたが、今週はアリますよ!)

?content_type=blog&content_id=725&type=i

アマゾンでのご購入はコチラ
16
年ダービー号

http://www.amazon.co.jp/dp/4773057343/


新感覚の競馬新聞・『競馬チェック』については、こちらから

 京介・菊池グリグリの「ショート展望トーク!~ 目黒記念 ~」

※木曜夜の展望トークです

 

<菊池> 今週の『ショート展望トーク』はダービーの後に東京で行われる目黒記念です。

 

目黒記念展望

 

<天候・馬場について>

 

<菊池> 金曜日に雨が降る可能性がありそうですが、土日の好天で馬場は乾くでしょうね。

 

<京介> 月曜日の雨が前倒しにならなければ…。でも気温が高ければ、曇っているぐらいで徐々に乾いていくはず。土曜日に晴れなら日曜日は良馬場でやれるはずだよ。


?content_type=blog&content_id=725&type=i

 

<菊池> 馬場の傾向は、ダービー展望を参照してもらいましょうか。

 

<京介> 馬場が当日ボロボロだった場合は、ダービーよりもさらに追い込み有利の結果になるんだけど、絶好の馬場状態で行われれば、ほぼ問題ないと思っていいでしょう。

 

<レース傾向について>

 

○前走メトロポリタンS1着の4~5歳馬

→[1112]、該当馬がいれば軸候補として検討。

 

○母父がサンデーサイレンス

→[42212]、ベタ買いでも単勝回収値116%。

  父サンデー系の主流種牡馬はイマイチ。

 

×前走の上がり3Fタイムが2位

 →[00119]、1位の「33115」とは対照的。

1番人気2頭、2番人気2頭も大敗。

 

×馬体重が480キロ未満

→[05254]、勝ち切るには馬格が重要なレース。1~5番人気で[04014]

 

×前走もGⅡに出走していた馬

→[01022]、GⅠに駒を進めなかった時点で何かある

唯一の2着例は前年同舞台のアル共1着馬。

 

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」診断』掲載データより抜粋)

 

<京介> ダービーが内枠・1枠有利であることに対して、目黒記念はぼんやり内有利という感じ。強い馬がハッキリしていてある程度バラけるダービーと違い、ハンデ戦で直線半ばでもまだ馬群が密集しているから、内側で馬体の衝突や不利がチラホラ起こるのも影響しているか。

 

<菊池> うーん、ダービー後の最終レースに組まれるようになって昨年でちょうど10年だったんですが、1枠の複勝率は一歩抜けていますけどね。2位の4枠が複勝率21.%に対して、1枠が31.6%ですから。

 

<京介> いやその複勝率は、昨年が極端な123枠決着だったことでグッと引き上げられたはず。昨年のかなり珍しい決着を除くと、ほぼ35着ばかりという感じになるよ。

 

<菊池> なるほど、そこは確かにそうですね。

 

<京介> それと渋った馬場なら先行馬有利で、パンパンの良馬場なら上がり最速か2位を記録できる差し馬有利と、傾向が一変する。たまに強い競馬で押し切る先行馬は出てくるけど、もし晴れると分かっているのなら、期待値としては追い込み馬に振った方が有利なレースではある。

 

<菊池> アルゼンチン共和国杯もそうですが、原則的には前残りしやすいレースではありませんよね。

 

<京介> そして馬体重の傾向を菊池くんが指摘してるけど、2400m以上に脚長である強みが活きる。大型馬、大トビで速い上がりを記録できる候補なら、この条件は本当に有利。

 

<菊池> 速い上がりを使えるデカ馬を選びましょう。

 

<京介> 同時に、展開を待つばかりのタイプではダメだというのも最近のポイントになりつつある。ダービーを行う絶好の馬場状態でやるレースだから、最近は明らかにスピード寄りになってきているよね。昨年の2297なんて、トラックバイアスが強かったとしてもホント大した記録だわ。

 

<菊池> 道悪に振れる年もありますが、今年は良馬場で考えてスピードタイプも気にしましょう。なお、そういった年ほど内枠が生きますからそこも注意しておきましょう。

 

<京介> それとダービーと目黒記念の騎手の関連は、あまり考えなくていい。昔はダービー直後でドタバタした流れで目黒記念に臨んだりしてたけど、富嶽賞を挟むのがJRAの好判断。これがポイントになったと思う。昨年はミルコ・デムーロ騎手が両方来たし、2年前の蛯名騎手はイスラボニータで負けても、うっぷんを晴らすようにマイネルメダリストで勝てた。

 

<菊池> そうでしたね。微妙な訂正をしておくと、なんと今年は富嶽賞が土曜日に。そして薫風Sが富嶽賞の代わりを務めることになりました。

 

<京介> 何それ()。まぁ、いいんだけど、むしろダービーで全力投球した騎手は、11Rで全然来ないことを問題にした方がいいぐらいで、ここで一息つけばリセットできそうな感じだからね。

 

<菊池> ダービーで手を抜いて乗る人なんていませんからね。どんな人気薄に乗っていたとしても、かなりの緊張感があるレース。終えてから力が抜けるのは当たり前ですよね。で、目黒記念までにはリセットされると。レース間隔もありますし。

 

<京介> そうそう。

 

<菊池> あれ?そう考えると、富嶽賞…じゃなくて、薫風Sは、とにかくダービーに乗っていない騎手をちゃんと買おう、ということになってきますね。

 

<京介> そういう戦略もありでしょう。

 

<菊池> では、人気が予想される3頭について。

 

モンドインテロ

 

【 強み 】

 

<京介> 細身なのが気になるけど、いいステップで勝って臨むディープインパクト産駒。どうしても人気にはなるね。ダイヤモンドSを度外視すればほぼ履歴に傷はない。


<菊池> ローテーションも良く、中間はノーザンF天栄に放牧。馬格も何とかクリア。傾向的にはドンピシャですね。

 

 

【 弱み 】

 

<京介> 56kgはどうだろう。しょうもない相手ばかりのオープンを一つ勝っただけなのに…。

 

<菊池> ハンデは見込まれた印象がありますね。

 

<京介> 490kg台だったこともある馬だけど、最近は絞って良くなってる傾向で、細身になってきてるのは気がかりだね。それほど足の長い馬でもなかったし、ピントがずれてる印象もある。

 

 

★総合評価:+5 (京介 +2 菊池 +3)

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

タッチングスピーチ

 

【 強み 】

 

<京介> え、人気になるの?それは結構驚きだわ。

 

<菊池> 今年のメンバーだと相対比較で人気になるという感じですね。

 

<京介> ヌーヴォレコルトとハナ差に迫った能力は十分ここで足りていいし、スタミナ適性はあると思う。ジリジリ脚を使ってゴール前でもまだ伸びる性質は、ここの条件に合ってる方でしょう。

 

<菊池> 戦ってきた相手が明らかに上ですし。前走G1どころか、前走重賞という馬すら少ないメンバーなので。

 

<京介> シンハライトと性質が似ているタイプだし、一気に大外を回すよりは、馬群の中でちょっと詰まりながら運んだ方がいい。そういう競馬をエリ女でやったルメール騎手も大歓迎。

 

 

【 弱み 】

 

<京介> G2を一つ勝っただけで55kgか…。うーんどうだろう。450kg台の馬体もどうか。2着までなら可能性あるけど。

 

<菊池> そこですね。牝馬の好走例が少ないのは、そもそも人気になるような馬が出てきていないというのがありますし。

 

<京介> うーん、出走数が少ないとはいえ、牝馬はね。常識的には悩むなあ。

 

 

★総合評価:+5 (京介 +2 菊池 +3)

 

 

マリアライト

 

 

【 強み 】

 

<京介> この馬が人気か!よっぽど牡馬がいないんだね。何だか今年のメンバー、ダービーで人気する馬に乗る騎手とこことで有力馬が連動してるな。

 

<菊池> そうですね。まずもって、前走が天皇賞(春)という馬が出てきてくれませんでしたから。

 

<京介> この馬は準オープンとは言え、牡馬相手に2500mを圧勝するスタミナを示してる。有馬記念、日経賞で掲示板連続入線は、距離適性の上では問題ない。

 

<菊池> 実績面からは十分ですね。

 

 

【 弱み 】

 

<京介> 心配なのは時計の面かな。元々のタイプ的にも、重馬場になった方がいいんだよね。スピード勝負は基本的に難あり。

 

<菊池> 昨年のような時計の速い決着だと嫌ですね。

 

<京介> エリザベス女王杯でも馬体重は低い方で、小柄なスタミナタイプ。シンハライトのように、根性が図抜けてるならいいけど、周りも小柄で非力な馬ばかりだったオークスとは違い、500kgを超す牡馬が周りにうようよいるんでしょ。

 

<菊池> そうですね、牝馬である上に馬格もないというのは大きな不安です。しかも56キロ。(牡馬の58キロ扱い)

 

<京介> シンハライトは接触した相手がデンコウアンジュぐらいだから押しのけられたけど、体幹が段違いの巨体馬が相手だとどうかな。内枠じゃかなり不安があるね。

 

 

★総合評価:+5 (京介 +2 菊池 +3)

 

~~~~

 

<菊池> では、上記3頭以外の推奨馬を挙げましょうか。

 

クリプトグラム

 

<京介> まあ人気にはなると思うけど…。大阪―ハンブルグCの縦長展開がかなり良いスタミナ条件に思えたから、ここから勝ち負けする馬が出るんじゃないかと。マドリードカフェやレコンダイトにも注目してるけどね。

 

<菊池> ほうほう。

 

<京介> 前走、藤原英昭厩舎が2段格上挑戦で勝たせた馬。やっぱり厩舎としても期待は高いんじゃないかな。

 

 

レコンダイト

 

<菊池> 昨年の2着馬でハンデは当時の据え置きとなりました。速い上がりが求められないこの舞台は合っている部類のはずですし、前走の敗戦で人気が落ちるなら、というところでしょうか。

 

<京介> この馬は前走よりも内に入って激走、外の枠になると負けるという履歴を繰り返してきてたんだよね。本質的に2000mの方がベターで、ロングスパートが効く相手に外枠引いて大回りすると厳しいけど、内で脚を溜められれば大丈夫。枠順が気になるね。

 

 

~~~~

 

 

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論はコラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!

 

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ