金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼101 コメント15
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
オクノ・菊池グリグリの「京都新聞杯回顧!」
お礼1
2016/05/12 18:18:00
テーマ: 重賞回顧
JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞回顧。  
週末の重賞展望トークの振り返り、レース分析、次走注目馬を盛り込んだ濃密な回顧対談!
『競馬大予言』で連載中、「金子京介・菊池グリグリの重賞三行回顧」の完全版です。

?content_type=blog&content_id=725&type=i

アマゾンでのご購入はコチラ
16
年春G1佳境号

http://www.amazon.co.jp/dp/4773057262/


新感覚の競馬新聞・『競馬チェック』については、こちらから

 

<菊池> 土曜日の京都では京都新聞杯が行われました、こちらはオクノさんと回顧していきます!

 

京都新聞杯回顧

 

<天候・馬場について>

 

<菊池> 京都は前夜からの雨があり、ダートは稍重でスタート。芝は良馬場でしたが、当日の天気も良かったので良発表で始まりましたね。

<オクノ> 金曜日の雨も、早めに上がってくれたから、当日は大丈夫だろうと思ってたけど、ダートは稍重スタートだったね。京都のダートは少しでも雨が降るとわからなくなるから大変なんですよ。赤木さんもいつも嘆いてるわ(笑)

<菊池> このレースが行われる頃には、雨の影響はなくなっていたと考えてよろしいでしょうか。

<オクノ> メインになるころにはもう普通に時計がでる良馬場だったよね。5Rの芝2000mの未勝利戦で2分0秒6の好時計。最も力関係がはっきり現れる馬場状態だったんじゃないかな。

 

<レース展開について>

 

<菊池> スマートオーディンとエルプシャフトが出遅れた他は、概ね出たスタートでしたね。

<オクノ> スマートオーディンは何となくわざと遅れて出した感はあったよね。戸崎騎手は前走でも手綱を取ってたから、気を使っていたと思う。どうしても前半で掛かってしまうからね。エルプシャフトは経験の無さによるものでしょう。改善できるレベルだから問題ないとおもいます。

<菊池> 前に行こうという馬が6~7頭じわっと出ていく中で、カルムパシオンが積極的にハナに立ちましたね。そして、外から7枠2頭が2~3番手に。

<オクノ> カルムパシオンはダートを勝ち上がってきた馬だけど、テンのスピードはあるからね。控えての上がり勝負でどうにかなる馬ではないから。このいうタイプがいい流れをつくれるのはありがたいけど、何が嫌かっていったら、早めにラップが緩まるのことなんですよ。元気な先行が残りやすい流れになってしまうわけ。

<菊池> 2コーナーまでには隊列も概ね落ち着きました。エルプシャフトが気もなくポツンと最後方を追走する形になったのもあって、馬群は縦長に。

<オクノ> エルプシャフトは横山典騎手らしいといえばそうなるけど、あの出方をしてしまうと、今後のことを考えると動けないよね。ペースが落ちたところで上がっていく手もあったかもしれないけど、目の前がスマートオーディンで、中途半端に動いて張り出してきて不利をうける恐れもあるからね。なにせ戸崎騎手だから(笑)

<菊池> 隊列が決まるのが早かったこと、向こう正面で大きく動く馬もおらず、前半1000mは60.8秒。ここ5年は比較的ハイペースで流れていたレースですが、今年はスローでした。

<菊池> 人気のスマートオーディンを始め、行きたがって仕方ないといった素振りを見せるような馬も見られず。全体的に、折り合ってお行儀よく追走していましたね。

<オクノ> 気性が悪いアグネスフォルテが番手だったから変な流れになるんじゃないかなと思いながら見てたけど、意外にスローになったね。アグネスフォルテも3コーナー手前まではギリギリ折り合ってた。ブラックスピネルがやや消極的だったこともペースに影響を与えたのかも。

<菊池> 3コーナー過ぎから下りを利用して11番アグネスフォルテが先頭に立って直線へ。差し追い込み勢も仕掛けて、4コーナーでは横に大きく広がりました。ペースの割に、手応えの悪い馬が多いという印象がありましたね。

<オクノ> 3コーナーでカルムパシオンの手ごたえが怪しくなって追っ付け追っ付けになってペースアップ。アグネスフォルテはここで悪いところを出してしまったけど、あれは鞍上が無理に抑えようとしたことが原因でしょう。でも、それらが後続の動くタイミングを後押ししたよね。

<菊池> 1番人気のスマートオーディンは、4コーナーで中団勢をマクって、直線入口ではロイカバード、ブラックスピネルをすぐ交わせる位置。先頭のアグネスフォルテも3馬身弱程度の射程圏まで迫っていましたね。

<オクノ> スマートオーディンの戸崎騎手にとっては、すぐ後方のエルプシャフトだけが怖かったとおもうから、そこを封じ込めた時点で勝利を確信したように思う。

<菊池> 直線は内で粘るアグネスフォルテが大方の予想以上にしぶとい粘りを発揮しましたが、これには、スマートオーディン以外の差し勢の伸びが一息だったこともあるでしょうか。

<オクノ> アグネスフォルテはもう菊池君が言う通り。ペースが落ち着いたことと、比較的折り合いがついたことで、残れる形をつくれた。

<菊池> スマートオーディンは結果的にステッキ4回。着差以上に余裕のある差し切りではありましたか。

<オクノ> 楽勝の部類に入るでしょう。力がある馬が内にいて、それに併せる形が作れれば、もっと伸びたと思う。

<菊池> 2着は粘ったアグネスフォルテ。3着争いはロイカバードとブラックスピネルが併せ馬で最後まで追い比べでしたが、ゴール寸前でロイカバードが先着。

<オクノ> ブラックスピネルもいい位置を追走しながら中の結果。まだ体が出来ないのかも。ロイカバードもキレないね。気性との戦いもあって、思い切った競馬ができないのがつらいところでしょう。

<オクノ> そういえば、菊池君の前日予想でアグネスフォルテにを回していたよね。スマートオーディンだったから、3連単的中の印の打ち方だよ。お見事!

?content_type=blog&content_id=725&type=i


<菊池> いやいや、褒めすぎです。ちょっとハンパだったなぁと反省しています。ユウチェンジに色気を持ってしまったりしていますし。もっと気持ちよく当てたいですね。 

 

<結果を受けて…>

 

<菊池> 2分12秒6。馬場状態も含めて、時計の価値としてはいかがでしょう。

<オクノ> 昨年のように、速い時計がでる馬場ではなかったし、ペースも落ち着いたことを考えると、かなり優秀だと思います。スマートオーディンの上がり3ハロンが33.8秒も悪くないよね。ロイカバードあたりが競ってきてくれてたらもっと速い上りが出ていたと思う。

<菊池> スローの上がり勝負だった割に、好位勢の脚色が渋く、1~4番人気が全て掲示板ということからも、メンバー間の能力格差がけっこう大きかったとは思いました。

<オクノ> 先でも話したけど、力通りの決着になりやすい、至極フラットな馬場状態だったこともあるでしょう。

<菊池> では、上位馬を順に振り返りましょう。

 

スマートオーディン

 

<菊池> 道中の折り合い、距離も克服ということで、この馬としては課題をクリア出来たと言える内容ではあったでしょうか。

<オクノ> 多少行きたがるところがあって、直線でも若干ささるところを見せていたけど、及第点はつけられるんじゃないでしょうか。レース内容自体は。

<菊池> 勝ち切ったのは良かったですが、指数は伸びなさそうですね。戸崎騎手は次への余力を意識しながら勝たせた好騎乗だったとは思いますが。

<オクノ> ここは馬場差補正とペース補正をしっかりしてもらいたいところ。

<菊池> ダービーに向けてはいかがでしょう。個人的には、春はこの重賞連勝でしっかり稼げた!という感じで、ダービーへの上積みはどうかな?と思いますが。

<オクノ> うん。気になるのは蹄。もともと蹄が欠損していて、今回はエクイロックスを塗布。だいぶ蹄が悪くなってきているのかもしれない。

<菊池> 直前情報にはくれぐれも気を付けましょう。

 

アグネスフォルテ


<菊池> いかにも松山弘平騎手らしい、2着の拾い方でしたね。 

<オクノ> 松山騎手は、こういう馬で穴をあけるよね。そこを読んでた菊池君はエラいわ~。

<菊池> 褒め過ぎです()。京都芝・スローだとハービンジャー産駒はパフォーマンスを上げますね。鞍上の早仕掛け戦法も、このレースにぴったりで、うまくいった形だと思います。

<オクノ> スローというのもあったし、昨年のように、路面が硬くならなかったのも良かったんだと思う。流れも向いたしね。

<菊池> ダービーに出るには賞金的に厳しいでしょうから、このあとは1600万下出走か、3歳オープン出走になると思います。そうなると、どうでしょう?人気になる割に、今回示したことが次につながるかと言うと微妙な印象です。

<オクノ> もう少し気性が成長してくれないとね。まだまだ危なっかしいところはありますよ。

 

ロイカバード

 

<菊池> 道中はほぼ完璧な競馬だったんじゃないでしょうか?

<オクノ> ゲートを含め悪い競馬はしてないんだけどねぇ。

<菊池> それでこの結果ですし。きさらぎ賞である程度分かっていたことではありますが、性能限界と見るべきでしょうか。ただ、まだまだ可能性を感じさせる血統馬ですし、今後の成長に期待したいと思います。

<オクノ> 悪い馬ではないことは間違いない。馬主の品格が馬の質を決めるってわけじゃないだろうけど…。ノーザンファームとしては、この馬をダービーに出走させられない裏事情があるのかもしれないね。とはいえ、上顧客様だから、期待を持たせないといけない…。まぁこれ以上はゴシップになるから…(汗)。

<菊池> そういうのはやめときましょ()

 

~~ その他 ~~

 

<菊池> ブラックスピネルは成長が乏しいですね。物差し馬として、春の役目を終えることとなりそうで。POGの観点で言えば、コツコツ稼いで良い馬だったとは思いますが。

<オクノ> だいぶ動けるようにはなってきたみたいだけど、この血統だから。母系はいいけどね。やっぱり地味。重賞にいくと地力で完全に見劣るよね。

<菊池> エルプシャフトはかなり大味な競馬で0.4秒差4着。この馬はデビューも遅かったですし、今後は成長待ちですかね。自己条件からの再出発なので、500万下・1000万下は時間もかからず突破していけると思います。

<オクノ> あとは距離かな。マイル~2000mぐらいなら、いつでも好走できる馬じゃないでしょうか。次走は500万条件でガンガンの1番人気で1番人気信頼度S判定になって、取りこぼさないことを祈ります(笑)。

 

<教訓まとめ>

 

2勝馬の取捨がほぼ全て、というレース。ここを目標に逆算して使ってきたローテの馬が基本的には上位候補となる。


重賞王道路線を歩んできた馬は春先の指数更新に注目すべし!

 (今回で言うとブラックスピネルは足踏みが続いていて伸びしろに疑問があった)


・今年はフラットな馬場で有力馬が地力を発揮しやすかったが、内有利が発生しやすいレース。馬場傾向に要注目。


この時期になると脚元に変調が出てくる馬が現れる。

 新たにできた骨瘤やソエ腫れ、蹄の欠損などは、今回走ろうとも次走で反動が出やすくなるので経過を追いたい。

 

 

<次走巻き返し警戒馬>

 

<菊池>

・ゼンノタヂカラオ

…キレ負けで勝ち味に遅いタイプだけにレース質が合わなすぎた。次節の阪神、それ以降の夏競馬では適条件も多いはず。

 

<奥野>

・スワーヴアーサー

 まだ気難しいところが残る。キレ負け。直線で一頭になってしまって気を抜いたような走り。それでも好位から競馬ができるようになったのは大きい。使うごとに立ち回りも上手くなっている。

  

~~~

 

<菊池> 今週末は重賞が二つなので、ともに京介さんとの展望&回顧になります。



コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ