金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね162 コメント19
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2020年7月  >
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
高松宮記念2020展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~
2020-03-27 18:43:00
テーマ: 重賞展望トーク

JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。

※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!

?content_type=blog&content_id=725&type=i

※推奨穴馬にご注目を!
推奨穴馬はレース毎に京介・グリグリ・オクノが1頭ずつ推奨中


<中山牝馬S>
フェアリーポルカ 3番人気1着 単勝960円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<金鯱賞>
ダイワキャグニー 6番人気3着 複勝320円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<フィリーズレビュー>
エーポス 5番人気1着 単勝1380円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<フェアリーS>
チェーンオブラブ 7番人気2着 複勝380円
?content_type=blog&content_id=725&type=i


<フェアリーS>
ポレンティア   5番人気3着 複勝330円
?content_type=blog&content_id=725&type=i


<阪神JF>
マルターズディオサ 6番人気2着 複勝670円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

金子京介・菊池グリグリの重賞展望トーク・高松宮記念編

高松宮記念2020展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~

※木曜夜の展望トークです 

 

<菊池> 日曜には中京で高松宮記念が行われる予定です。こちらをメインで展望していきましょう。

 

高松宮記念展望

 

2019年高松宮記念回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50815295.html

 

<中京競馬場の天候について>

 

<菊池> 今週末の中京ですが、傘マークが続いていてスッキリしないお天気になりそうですね。

 

<京介> 木曜から金曜までズラッと雨マークが続いているし、土曜の午後からまた雨模様。1週間休ませた甲斐もなく、土→日で相当馬場が悪化しそうだなあ。まあ、だけど高松宮記念は以前も不良馬場で開催することはあったレース。

 

<菊池> 無観客競馬のまま最終週ですが、まずは無事に行われればそれで御の字としましょう…。

 

<京介> ほんとそうだよ。プロ野球は阪神の藤浪選手がコロナウイルス陽性が発覚して、とたんに開幕がさらに延期するんじゃないか、の悲観論が増えてしまった。競馬は関係者が罹患したらすぐに開催中止を決めると言っているほどで、開催が滞りなく続いているとは言えずっと瀬戸際なんだよね。

 

<京介> 自分は昨日たまたま出かける用事が重なったんだけれども、アルコール消毒を1日に5回も行う機会があるとは思わなかった。それにしても、みんな急に手洗いやうがい、かなり多く行うようになったよなあ。

 

<中京競馬場の馬場について>

 

<菊池> 1回中京の最終週です。1月の開催がなかった上に、先週の3日間開催で使用されていません。かなりイレギュラーですね。

 

<京介> そうそう。金曜日に開催されるのは、仕事のスケジュールがだいぶ狂うからかなり大変だったよ。でもこの1週遅れ分があるから、高松宮記念開催までに無観客競馬措置が解除される確率は高いだろうと思っていたんだ。気温も上がっているし、芝もおそらく回復するでしょうと考えていたら…。結局無観客競馬のままだったし、おまけに天候も相当な悪化が見えてきた。

 

<菊池> あとは雨がどの程度降るか…でしょうか。

 

<高松宮記念のレース傾向について>

 

※中京で行われた9回が対象

 

〇前走が阪急杯1~3着かつ今回1~3番人気

[2222]。阪急杯好走でも本番4番人気以下は[00012]

“前走がシルクロードSで今回が1~5番人気”も[3124]

 

◎1~2番人気の5歳馬

→[4211]、上位人気の安定感では5歳が一歩リード!

  6歳は5番人気以内でも[0316]、2着まで。

 

▲2枠&3枠

 →中京の9回で3勝ずつ。中団より前で競馬できる馬なら◎!

  その他は5枠が2勝、6枠が1勝。近年は内有利。

 

×1枠

→[00117]、2~3枠の好成績とは対照的で、内過ぎは×

本格化前とは言えロードカナロアですら3着だった。

 

460キロ未満

→[00124]、牡牝問わず小柄な馬は苦戦の傾向。

唯一の3着例は14年の1番人気馬。

 

?前走が前年GⅠの日本馬

→[0117]、前年秋からのぶっつけも海外帰りも割引。

馬券圏内は1番人気馬の2・3着のみ。

 

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」のツボ』掲載データより抜粋)

 

<京介> 正直な所、パンパンの良馬場で行われる高速決着と、不良馬場のズブズブ状況で行われる短距離レースだから、馬場状態によって全く違う顔を見せるレースなのは確か。スプリンターズSは残暑シーズンで気温や天候も安定しているため、良馬場だとおおよそ1分7秒中盤から1分8秒前半のゾーンで決まることが多いけど、高松宮記念は馬場が極端になりやすい。究極に速いと1分6秒台にまで行ってしまうし、良馬場でも馬場が荒れた結果1分8秒台後半の決着になることもあった。実際、それぞれで求められた適性は大きく違った。

 

<京介> 過去10年通してみると、当然前走3着以内好走馬が良く走っている。だけども、「内枠しか来ない」だったり「外を回る差し馬しか残れない」など、トラックバイアスの影響が大きくなると、昨年のように前走大敗していて巻き返すかどうかも微妙な馬が、サッと流れに乗って大穴を開けるパターンが生まれる。ある程度フラットだと思えた時にこそ、勢い一番という馬を評価すべきだろうね。

 

<例年と比較して気になるポイント、展開予想など>

 

<菊池> フルゲート18頭が埋まりました。コロナウイルスの影響で、海外遠征をとりやめた馬が出走してきたりもして、かなり豪華かつ多彩な顔ぶれですね。

 

<京介> 確かに。前走好走馬や海外遠征経験のある馬が来てくれただけでなく、別路線で活躍している馬が出向く流れにもなっている。こういうシチュエーションだと「どの馬が強いのか」とわくわくさせられるよね。たまたま出走余地のある番組だったから出てきたような、近走不振続きの馬には絡んでほしくない。

 

<菊池> 出脚が速いのはモズスーパーフレアですね。

 

<京介> 間違いない所でしょう。未だにあの出足の鋭さは健在だというところを、前走示している。なんだか、パッと見たところ、昨年の高松宮記念とほぼ同じような先行馬の並びになりそうだね。昨年いなかった今年の有力馬は、差し馬ばかり。セイウンコウセイ、ナックビーナス、ダノンスマッシュがどれぐらいの位置にいるか。

 

<菊池> 昨年はモズスーパーフレアが逃げたものの、馬券圏内に残ったのは2番手で並んでいたセイウンコウセイでした。

 

<京介> 前走オーシャンSで完封だろうという勝ち方をして出てきたモズスーパーフレアは、中間間隔が短いのに栗東坂路でバリバリやりすぎて、当日はガス欠気味だった。これは音無調教師も反省の弁で述べていたはずかな。昨年よりもそれほど勢いのない履歴に見えるし、中京が得意なセイウンコウセイのことは不気味に思うだろうけど、「昨年よりも出走過程としては理想」だし「慣れてきた」という強調材料があるから、昨年よりも良い粘りを見せると予想しておこう。

 

<京介> そのほか差し馬の履歴は、だいぶ時計の掛かる外伸び状況で強さを発揮した馬が多い。アウィルアウェイやアイラブテーラー、シヴァージはそうだし、モズアスコットもそのジャンルに属するかな?今回やってきた別路線馬で一番怖いのは、初距離とはなるけれどもグランアレグリアでしょう。今年の並びだと、ダノンスマッシュと同じぐらいの位置で先行できるんじゃないか?と思っている。

 

<京介> 繰り返すけれども、当日の雨の状況や、4コーナーや直線で内を開けた方が伸びるのかどうか、むちゃくちゃ時計が速いのかあるいは前が止まるのか、馬場傾向をちゃんと見ておくこと。そのうえで、高松宮記念は直線の坂上で3~5頭横並びになるような混戦にはなりにくい質のレース。馬場がいい感じの境目を通って、うまいこと出し抜けする馬が1頭必ず出てくるから、それを見抜けるかどうか。追い込みに近い位置にいる馬の単勝は買わない。これが大事。

 

<菊池> では、人気が予想される上位馬5頭についてお願いします。

 

( ダイアトニック )

 

【 強み 】

 

<京介> 阪急杯は、直線入口でマイスタイルが意外と邪魔してくれて、進路を切り替えた時に起こった斜行。運が悪かったとも言える。安田隆行厩舎所属、しっかり追いきりで動くロードカナロア産駒。坂の不安はあまりないと言える。

 

<菊池> 1200mは初となりますが、スプリンターズSより高松宮記念の方が1200m初が対応しやすく、勝ち馬も出た例がありますね。

 

【 弱み 】

 

<京介> 馬群の内にいると、案外惰性に上手く乗れないのかな?オープンクラスに上がると妙に競り合いで蛇行したり、最後差されたりと詰めが甘いね。正直な所、本格化一歩手前という感じがする。

 

<菊池> 追い切りでしっかり走る馬なので、前走時でもそれなりに仕上がっていましたし、期待されるほど上積みはないと思います。

 

★総合評価:+3 (京介 +1 菊池 +2)

 

 

( モズアスコット )

 

【 強み 】

 

<京介> 唐突の路線変更で出走となったけれども、そもそもは安田記念を勝った馬でもあり、芝のスピード勝負で不安ということはない。むしろダートを勝ったのがたまたまというぐらいの扱いでいいはず。前走は強かったけれどね。それにしても、勢いがあるときのフランケル産駒は本当に強烈だな。

 

<菊池> 根岸SもフェブラリーSも文句なしに強かったですし、過去には阪急杯での好走もあり中京なら1200mに対応できても驚けませんね。高速馬場よりは雨の方が対応しやすくなりそう。

 

【 弱み 】

 

<京介> フランケル産駒で芝の1200mの集計をするとそこそこ走っているんだけれども、これらはみな細身で小ぶりの牝馬ばかり。ダートをこなすようなフランケル産駒の牡馬に、そもそもこの距離で食らいつけるバッチリした適性があるかというと?

 

<菊池> さすがに前走を狙って獲った後で、海外遠征を取りやめての出走。今年のメンバーだとフェブラリーSからのローテでは足りないのでは?

 

<京介> あと、これまで雨にたたられることが全くなかった馬で、これまで良馬場の競馬ばかりやっていた。4走前のスワンSは稍重だったけれども、馬場の良いルートを通れたしそもそも当日は晴れていて回復傾向にあった。雨の中の競馬でどんなものか、というところだね。脚質的にもおそらく後ろになるかな…。

 

★総合評価:+1 (京介 +1 菊池 +0)

 

( ダノンスマッシュ )

 

【 強み 】

 

<京介> オーシャンSは完勝だったね。仕上がりもタワーオブロンドンよりこちらの方が良かったと思う。いい状態で高松宮記念に臨むことができるのは間違いない。あとは地力で押し切れるかどうか。立ち回り的に安定している強みはある。

 

<菊池> 立ち回りの巧さを活かせた前走はお見事。昨年の高松宮記念は内でないと好走できないレースで、7枠13番から4着に来たのは立派でしたね。

 

【 弱み 】

 

<京介> 回顧でも触れたけれども、前走時の中山は本当にロードカナロア産駒天国と言えるぐらい、血統的に偏った馬場状態だった。あと、スタートが平凡になってきたのも気がかり、といったね。馬柱としては表に出ないけれど、位置取りが昨年より下がるかも。

 

<菊池> こちらも休み明けからバッチリ整う馬なので、上積みはまずないでしょうね。タワーオブロンドンに逆転される可能性が高いと思います。

 

★総合評価:+4 (京介 +2 菊池 +2)

 

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

( グランアレグリア )

 

【 強み 】

 

<京介> 阪神Cの走破時計は119秒台前半。桜花賞を勝った時も、132秒台での走破で圧勝。スピード持久力は非常に高いし、距離をこなす強みはあると思う。とにかく鉄砲が強い馬。

 

<菊池> 気性的に燃えすぎるくらいなのでスプリント戦でも問題ないでしょうね。鉄砲に関しては同意です。

 

【 弱み 】

 

<京介> NHKマイルCの負け方は、馬群に包まれたうえで他の人気馬と一緒に伸びようとして、変になった。控える競馬は良くない。とっとと抜け出したい。何なら外枠の方がいいかも。

 

<菊池> これまでルメール騎手を乗せるためにローテをねじ曲げたりしてきた馬が、乗り替わり。勝負強い池添騎手だとしても、この一発勝負はキツイでしょう。

 

<京介> 父ディープに母父タピット…。手先がしっかりしてて硬い馬。雨降って馬場が緩むと、パフォーマンスを落としそうなタイプだよね。

 

★総合評価:+3 (京介 +2 菊池 +1)

 

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

( タワーオブロンドン )

 

【 強み 】

 

<京介> オーシャンSは58kgで最内枠。案の定ダノンスマッシュに前に入られて、仕掛けも後手を踏んだ。予想はついていたけれど、良く3着を守ったなという感じ。このレースをいい感じで負けて、本番で巻き返すのは、いつものG1勝ち馬の好走パターンでもある。

 

<菊池> 前走は休み明け仕様というか、ガス抜きのようなレースだったと思います。追い切りからも。使いつつ良くなる大型馬ですし、上積みは大きいでしょう。

 

【 弱み 】

 

<京介> タワーオブロンドンも、グランアレグリアと一緒で、履歴を見直してもレコード頻発の状況で強いタイプ。ずっと蹄に不安があるし、時計の掛かる馬場になると案外苦手を見せそうで。それとルメール騎手じゃないのも不安は感じる。ただ、差し馬では最有力だけれども。

 

<菊池> 雨がどうか?という部分はありますね。乗り替わりも合うか微妙な印象で…。乗り替わりじゃなければ、あまり不安要素はなかった気がしますが。

 

<菊池> ただ、中京の福永騎手は他場と比べたら信頼度が高いと思います。ちょっと矛盾しますけどね。馬と手が合うかは微妙な印象ですが、中京での福永騎手は一段上に見ている、とでも言いましょうか。

 

★総合評価:+5 (京介 +2 菊池 +3)

 

~~~~

 

<菊池> では、穴馬をお願いします。

 

( シヴァージ )

 

<京介> うーん、馬場が読めないけれども悪化する方に振ってみようかな。高松宮記念はここ最近アドマイヤムーン産駒が連勝したり、ミスターメロディやタワーオブロンドンのような完全な外国産血統の方が、短距離路線においては勢いがある。ロードカナロア産駒はイマイチ抜きんでる短距離馬が出てこないし、マイルの方が走るしね。

 

<京介> シヴァージは芝の履歴が若く、馬自身に勢いがあると思う。追い切りも本当に良く動いていた。前走は追い込みだったけれども、あの馬場悪化の場面で後ろに回ったのは、1回小倉リーディングを獲得した藤岡佑介騎手の好判断によるものと思う。本当はもうちょっと前行くスピードがある、あるいは活力のある若い外国産馬ということで、推奨してみたい。

 

( モズスーパーフレア )

 

<菊池> 雨が降るのがどうか?というのはありますが、天気予報がハズレて大した悪化がなければこの馬をメイチで買いたいですね。前走は外差しに有利過ぎる馬場の中、あわやの粘りでした。そして今年は1週、間が空いているので雨がなければ内の復活に注意したいところです。この馬は不当に人気を落としすぎのはず。

 

~~~~

 

※展望トーク時点での印

 

<京介>

◎タワーオブロンドン

○セイウンコウセイ

▲モズスーパーフレア

▲シヴァージ

△アウィルアウェイ

△モズアスコット

 

<菊池> 

タワーオブロンドン

▲モズスーパーフレア

△セイウンコウセイ

△ダノンスマッシュ

△ダイアトニック

 

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論は前日版コラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!

 

 

 

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
TOP