金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね162 コメント19
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2020年8月  >
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
きさらぎ賞2020展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~
2020-02-07 14:13:00
テーマ: 重賞展望トーク

JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。

※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!


※推奨穴馬にご注目を!
推奨穴馬はレース毎に京介・グリグリ・オクノが1頭ずつ推奨中



<フェアリーS>
チェーンオブラブ 7番人気2着 複勝380円
?content_type=blog&content_id=725&type=i


<フェアリーS>
ポレンティア   5番人気3着 複勝330円
?content_type=blog&content_id=725&type=i


<阪神JF>
マルターズディオサ 6番人気2着 複勝670円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<カペラS>
テーオージーニアス 3番人気2着 複勝190円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

シュウジ 7番人気3着 複勝460円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<みやこS>
キングズガード 10番人気2着 複勝610円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<天皇賞・秋>
アエロリット 6番人気3着 複勝270円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

金子京介・菊池グリグリの重賞回顧トーク・きさらぎ賞編 

きさらぎ賞2020展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~

 

※木曜夜の展望トークです 

 

<菊池> 日曜の京都ではきさらぎ賞が行われる予定ですので、こちらを展望していきましょう。

 

きさらぎ賞展望

 

2019年きさらぎ賞回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50813776.html

 

<京都競馬場の天候について>

 

<菊池> 京都は寒そうですが、金土日と雨雪の心配はなさそうですね。

 

<京介> 全国的に夜中は氷点下となるようで、日中も気温が上がりきらない日が続くようだね。京都がここ一番の寒さになるのは、雨とはならずとも、こういう状況でどんよりとした曇り空になるかららしいよ。朝から全然気温が上がらないからだそうで。

 

<京都競馬場の馬場について>

 

<菊池> 芝はBコース使用の2週目です。先週はBコース1週目としてはかつて類を見ないほどの外差し馬場でしたね。

 

<京介> 仮柵を移動させたのに、ラチ沿いが全く通用しないほど荒れている中央開催というのは、久々に見たよね。それでも騎手の側が十分に当日の状況、流れを汲んで、後半外へ持ち出す対応をしていたから、内枠全滅&外枠断然という出目状況ではなかった。

 

<菊池> そしてクラスを問わず時計も掛かっていますね。

 

<京介> 向正面も小倉末期のようにかなり馬場が荒れているし、それでいて上がりも掛かっているから、追走のペースが全然上がらない。後半に力を溜める競馬をするからペースを上げて序盤に脚を使う必要もないしね。

 

<きさらぎ賞のレース傾向について>

 

○前走が阪神1勝クラスで1着

→[1400]、2着多いが連軸としては信頼してOK。

1着例のサトノダイヤモンドは次走以降も活躍。

 

○ディープインパクト産駒 

→[55211]、ノーザンF生産馬なら[4413]

  前走が2000[4113]というタイプにも注目。

 

M.デムーロ&C.ルメール騎乗馬

→2人合算で[3112]、3・5番人気の1着もあり妙味あり。

  着外のうち一頭は不振のキャリア1戦馬。

 

?前走の上がり3ハロンタイムが6位以下

→[10225]、唯一の1着例は前走が朝日杯FS。

前走がGⅠ以外だと[00122]

 

×前走が新馬戦1着

 →17年にかなり久々の勝ち馬が出たものの[10010]

新馬戦のインパクトは、全く無視してOK。

 

?ハーツクライ産駒

→[0004]、出走数少ないが1・3・5・6番人気。

京都外回り重賞ではディープインパクトが圧倒。

 

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」のツボ』掲載データより抜粋)

 

<京介> 昔はクラシックへの登竜門なんて言われていたけれど、最近は2歳戦や直近の共同通信杯にその地位を奪われている印象だね。頭数が揃いにくいしレベル低下も顕著。関西馬の中でもあまり目立たないタイプばかりが集まっている傾向になっている。

 

<京介> 単勝オッズが1倍台になろうが、負ける年は負ける。スローペース確実でマーク戦となるのに、荒れ馬場に脚を取られたり徹底マークを受けて立てるレベルの馬ではなかった…ということが多い。超大穴は難しいにしても、1~3番人気が妙に信用しにくいレースだとイメージしたい。

 

<例年と比較して気になるポイント、展開予想など>

 

<菊池> 8頭立てと寂しい頭数ですが、このレースとしてはよくあることですね。

 

<京介> 今年はいいメンバーなんじゃないかな?重賞2~3着好走馬が4頭、前走1着馬は新馬&未勝利で結構勢い勝ち方した馬が4頭。現段階では拮抗とは言えず重賞好走馬の方が有利に見えるけれど、伸びしろが大きそうで面白いのでは。

 

<菊池> 新馬勝ち直後の3頭が先行して勝っていますが、コルテジアがハナを切るかなという感じがしますね。どうでしょう。

 

<京介> コルテジアかなあ?デイリー杯では逃げて大敗、シンザン記念で譲ってうまく3着に潜り込んだ馬だから、ある程度折り合わせたいと感じるけれども。今逃げ馬不利な状況で、積極策で一発を狙うのなら、実績のない前走1着馬だと思うけどね。

 

<菊池> 1番人気が確実なアルジャンナですが、東スポ杯では後方からの競馬でした。

 

<京介> 東スポ杯は逃げ馬がそこそこいいペースで行ったから、隊列はバラけたけれども、今回のメンバーと今の馬場で飛ばす馬がいるかなあ?この頭数だと、後方になるとはいえ馬群一団で4コーナーを回ることになると思うんだよね。

 

<京介> 性能的に並の馬が直線手前から3F脚を使うのがやっとだったりするなら、4Fほど長く良い脚を使える馬がいればダントツに有利。隊列や流れの隙を突くというより、横綱競馬で馬場の外をぶん回して差し勝つ馬がいると思うんだよね。

 

<菊池> では、人気が予想される上位3頭についてお願いします。

 

( サトノゴールド )

 

【 強み 】

 

<京介> 札幌2歳Sは相当な出遅れだったし、追走もかなり苦労したけれど、最後に良い伸びを見せての2着浮上。スタミナは確かにあるし、今の馬場なら向いていそうなタイプではある。

 

<菊池> 今の京都の馬場は間違いなくこの馬向きですね。小倉で勝っている馬を見ても、やはり父のイメージどおり、ゴールドシップ産駒は重い芝が合う様子です。

 

【 弱み 】

 

<京介> 馬体を見ても後肢の捌きが硬くて、全体になまくら。上がりの速い京都芝なら絶対に不要な形だった。この状況でも追走に苦労しそうで怪しいと思う。

 

<京介> 札幌2歳Sって、なんだかんだで次走好走馬がほとんど出なかったし、レベル的に大丈夫か?というのもある。

 

<菊池> 当初は共同通信杯から使い出す予定だったそうですね。予定変更がどう響くか?追い切りを見ていると、気持ち重く映りますね。

 

★総合評価:+3 (京介 +1 菊池 +2)

 

 

( グランレイ )

 

【 強み 】

 

<京介> 朝日杯3着は内容や展開がどうであれ、単純な走破力としても評価できるものだった。決して後方からだけのタイプではないだろうけれど、

 

<菊池> 大味な競馬で展開がかなり味方したのは確かですが、今回も外差し有利の状況というのはこの馬にプラスでしょうね。池添騎手自ら跨がった最終追い切りも良い内容でした。

 

<菊池> 1800mの新馬戦は逃げて3着、1400m戦の2走目は好位で溜めて差す競馬に対応したように学習能力は高そうですね。

 

【 弱み 】

 

<京介> 現段階の完成度はやっぱりまだ劣っていて、馬体も相当薄い。前走の反動なくしっかり成長してきたのならいいけど、当日は確認しないと。また、前走はかなり速いペースで引っ張るラップだったけれど、スローで溜めて自分で動き出して競り合う流れでどうかと。

 

<菊池> 超人気薄の立場から自身もレースに参加する競馬になってどうか?という点は気になるポイントです。前走→今走のオッズ差も含めて、あまり自信を持って買うタイミングではないので。

 

★総合評価:+4 (京介 +2 菊池 +2)

 

( アルジャンナ )

 

【 強み 】

 

<京介> 東スポ2歳Sのパフォーマンスが本当に高かったし、馬体も結構高いレベルにある馬だと思った。追い切りもしっかり動いていた。勝ち馬が強すぎただけと考えたいけれども。

 

<菊池> 単純に良い馬ですね。コントレイルが強すぎて霞みましたが、この馬も新馬勝ち直後のレースで3着(ラインベック)は4馬身ちぎっているわけで。

 

<菊池> ディープインパクト・ノーザンF・池江泰寿厩舎と、字面は完全にきさらぎ賞向き。一番勝ちそうなレースにすら見えますね。

 

【 弱み 】

 

<京介> 遅いペースで待つ競馬になると、急に掛かる可能性やら大丈夫かな?と思うところ。それと大して馬体重がなくパワーがいいわけじゃないのにストロークが本格的だから、荒れ馬場でパフォーマンスダウンはあると思う。それでも勝てるかな?という感じで。

 

<菊池> 賞金加算は命題ですが、重賞2着が1回あるのでココは2着でもOK。“教える”が優先になりそうなのがどうか。個人的には十中八九勝つと思っていますが。

 

★総合評価:+8 (京介 +3 菊池 +5)

 

~~~~

 

<菊池> では、穴馬を挙げましょうか。

 

 

( ギベルディ )

 

<京介> オルフェーヴル産駒の500kg超え巨体馬。中型体型の馬が多い中で、数字の上でもパワーは満点。逃げ馬がノーマークにされがちな状況だと思うけど、武豊騎手の逃げなら対応できるのではないか。小島茂之厩舎の馬だけど、今回は栗東滞在しているようだし、古馬OP馬に楽々先着。かなりやる気があるっぽいんだよね。

 

 

( なし )

 

<菊池> ノーザンF生産のディープインパクト産駒が2頭いて、少頭数なので馬券圏内の好走はあるかもしれませんが、今回のオッズだと推奨とまでは…。

 

~~~~

 

※展望トーク時点での印

 

<京介>

◎アルジャンナ

○ギベルティ

▲ストーンリッジ

△グランレイ

 

<菊池> 

◎アルジャンナ

△サトノゴールド

△グランレイ

△ギベルティ

 

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論は前日版コラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!

 

 

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
TOP