金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね161 コメント19
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2020年2月  >
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
東京新聞杯2020展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~
2020-02-07 12:54:00
テーマ: 重賞展望トーク

JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。

※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!


※推奨穴馬にご注目を!
推奨穴馬はレース毎に京介・グリグリ・オクノが1頭ずつ推奨中



<フェアリーS>
チェーンオブラブ 7番人気2着 複勝380円
?content_type=blog&content_id=725&type=i


<フェアリーS>
ポレンティア   5番人気3着 複勝330円
?content_type=blog&content_id=725&type=i


<阪神JF>
マルターズディオサ 6番人気2着 複勝670円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<カペラS>
テーオージーニアス 3番人気2着 複勝190円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

シュウジ 7番人気3着 複勝460円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<みやこS>
キングズガード 10番人気2着 複勝610円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<天皇賞・秋>
アエロリット 6番人気3着 複勝270円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

金子京介・菊池グリグリの重賞展望トーク・東京新聞杯編 

東京新聞杯2020展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~

 

※木曜夜の展望トークです 

 

<菊池> 日曜には東京新聞杯が行われる予定です。こちらをメインで展望していきましょう。

 

東京新聞杯展望

 

2019年東京新聞杯回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50813772.html

 

<東京競馬場の天候について>

 

<菊池> 雨や雪の心配はなさそうですが、日曜の最高気温が7ですから冷え込みがキツそうですね。

 

<京介> 今週末はとにかく夜中の気温が下がる。ずっと明け方は氷点下になるそうだね。金曜日が相当寒くなるそうだけれど、日曜日も気温が下がるのか。晴れるらしいけども、突風には注意したい。

 

<東京競馬場の馬場について>

 

<菊池> 2週目の東京芝ですが、平年並みと言いますか、いつものDコースという感じですね。レース質次第では差しが届くこともありますが、原則的には内。内+速い上がりに対応できるかどうか、と言ったところでしょうか。

 

<京介> 勝ち負けしていたのは、確かに逃げ馬か2番手辺り。高いポジションをとった方が有利なのは明らか。だけど、やはり直線は長いと感じる。逃げ馬が残ったレースの相手あるいは3着馬が追い込み馬、ということが結構多かった。

 

<京介> カーブの角度が鋭角ではないので、外からどんどん押し上げやすい。馬群の内にいる強みがあまりなさそうだったね。

 

<東京新聞杯のレース傾向について>

 

○1~4枠(前走が0.6秒以上の敗戦除く)

[97329]、前走が1着か0.5秒以内の敗戦かつ内枠が中心。

  馬番1016[12453]、外枠不利の傾向強い。

 

▲前走がGⅠ

[41019]、前走が0.5秒以内の敗戦なら[4006]

前走から500m以上短縮だと[3001]。短縮が◎。

 

▲前走が重賞以外で1着

→[32012]、前走1着からの連勝はこのパターンのみ。

京都金杯からの重賞連勝は期待薄。

 

?前走が上がり2位以内で3着以内

 →[14118]、平均4.6番人気で6.6着、不安定かつ妙味も薄い。

上記かつ今回1~2番人気でも[1106]。軸には?

 

?前走が芝18002000

→前走5着以内が11頭いて[01118]。上位人気でも軽視。

前走が芝1200[0005]も消せる。

 

?短期免許取得の外国人J騎乗馬

→3番人気以内が5回あるものの[01113]

馬券内2頭は角居勝彦厩舎、池江泰寿厩舎。

 

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」のツボ』掲載データより抜粋)

 

<京介> 一昨年の勝馬がリスグラシュー、昨年の勝馬がインディチャンプ。どちらも冬場のG3レベルに収まらず、将来の飛躍を大いに感じさせる勝ちっぷりだったね。ローテーションが空いても力を出し切れる風潮が出てきて、有力馬の路線選択が前哨戦に限らなくなってきてくると、こういった東京新聞杯辺りでも将来的に伸びてくるような馬が出てくるようになった。こういう変遷は意識しておきたいね。

 

<京介> 近走不振続きの馬が、この場面で激走する例はなかなか少なくなってきた。メンバーレベルが相当下がらないと、展開崩れの逆転例はないし、ちょっと当日少し良く見せた程度で予兆扱いしない、まだ早いと切る判断を徹底することが大事。

 

<例年と比較して気になるポイント、展開予想など>

 

<菊池> フルゲート16頭が埋まりました。この重賞としてはまずまず良いメンバーですね。

 

<京介> 重賞で好走した馬が多く出走しているし、確かに実績面での不足はほとんどない。ただスランプ続きの高齢馬がちょっと多いかな。ダート路線ほどじゃないけれど。

 

<菊池> 逃げ候補はモルフェオルフェでしょうか。江田照男騎手に手が戻るので特攻逃げの予感。他はキャンベルジュニアあたりが番手候補という感じはしますが、中団以下で競馬してきたタイプも多いですね。

 

<京介> モルフェオルフェぐらいしか突っ張って主張するタイプはいないし、キャンベルジュニアが前に行くぐらいか。ヴァンドギャルドもある程度先行できるかもしれないけれど、これは近走後方追走だった馬が、思い出したようにポンと先行できる場面かもしれないね。だけど、スローになるのは間違いないのでは。

 

<菊池> ひとまずこのレースに感しては枠順を見ないうちにあまり予想を進めたくないというのも正直なところです。

 

<京介> そうだね。東京芝マイル戦にしては、上がり3F最速を記録したからといって好走を約束できるレースではない、という傾向がある。ある程度ポジションをとるために有利な内枠の馬ばかりが最近は勝っていて黄色5枠より外の枠は厳しいし、隊列読みがだいぶ重要なレース。

 

<菊池> では、人気が予想される上位馬5頭についてお願いします。

 

( レイエンダ )

 

【 強み 】

 

<京介> エプソムCは見事な競馬だったし、富士Sもなかなかの内容だった。重賞で足りる実力はある馬だし、コケるときもそこまで実力足らずで負けた感じではないんだよね。

 

<菊池> 上がり3F32秒台を2回記録していて勝ち鞍もあるので、スローの決め手比べになりそうな今回、軽視はしにくいですね。

 

【 弱み 】

 

<京介> 追走のリズムを作るのが下手というか、かなり揉まれ弱いしいつも騎手と戦っているイメージがあるわ。ずっとルメール騎手が乗っていた馬で、2走前はスミヨン騎手での好走があったけれども、日本人騎手だと全然合わない難しい馬なんじゃないかと思っている。脚元も悪いしね…。

 

<菊池> ルメール騎手がレッドヴェイロンという時点でノーザンFの中での序列が見えてしまったのが何とも…ですね。全兄レイデオロもルメール騎手優先でローテを組んでいたところがあったりした馬。この血統で唯一、日本人騎手での1勝を挙げたのが丸山元気騎手という点だけが心のより所でしょうか。

 

★総合評価:+1 (京介 +0 菊池 +1)

 

 

( サトノアーサー )

 

【 強み 】

 

<京介> エプソムCの時は雨が降った馬場だけれども、本来は軽い芝の方がいいタイプのはず。鉄砲仕上げは全く問題ない。立ち回りも上手で、どんなレースでも見せ場は作る馬。

 

<菊池> 菊花賞とダービー以外は全て1~3番人気(ほぼ1~2番人気)と、ずっと資質評価が高く、今回は本来この馬をこのオッズで買える?というタイミングになりそうですね。

 

【 弱み 】

 

<京介> 個人的に田辺裕信騎手の信用度が著しく低下しているんだけれども、馬キャラも怪しいんだよね。馬自身がそもそも馬込からスパッと出るタイプでもないし、上がり最速を連発するような馬でもない。意外となまくらなところがある。果たしてうまいレース運びができるのかどうか…。

 

<菊池> 積極策があると良いんですけどね。ちなみに田辺騎手と言えば毎年、1回中山で活躍して、この東京で少し落ちる、というパターンが多いですが、今年はそもそも中山で3つしか勝てなかったですからね…。

 

★総合評価:+4 (京介 +2 菊池 +2)

 

 

( プリモシーン )

 

【 強み 】

 

<京介> 決して安定感のある馬ではないけれども、ヴィクトリアマイル2着の内容が非常に良い。まともな仕上がりで出てこれれば、だね。

 

<菊池> 中京記念では4コーナーで既に勝負圏内の5番手にいました。一時期に比べてスタートも改善しています。

 

【 弱み 】

 

<京介> 馬体重変動が激しくなってから大崩れしていて、調子が戻っていたとてしっかり勝ち切るほどの破壊力はない馬。しかも今回は牝馬で56kg、牡馬なら58kg換算。

 

<菊池> 1分31秒台の関屋記念勝ち、超レコードのヴィクトリアマイル2着から、やはり高速馬場巧者ですね。昨秋の不振から立ち直っているか?も微妙なところ。

 

★総合評価:+2 (京介 +1 菊池 +1)

 

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

 

( ヴァンドギャルド )

 

【 強み 】

 

<菊池> 夏を休みに充てて一気に良化。やっと軌道に乗ってきましたね。前走は、極端に内が有利だったジャパンC当日の馬場で、真ん中を通ってきて完勝。重馬場で記録面は目立ちませんでしたが、強い内容だったと思います。

 

<京介> だいぶ腰つきが確りしている馬で、生涯2戦目の東スポ2歳S3着もなかなか良い競馬だった。東京コース自体がそもそも向いていると思う。福永騎手なら2列目をすぐ確保しに動くと思う。

 

【 弱み 】

 

<京介> 渋った馬場での2連勝だったのが気がかりだよね。週末はずっと好天で、寒いとはいえ結構時計の速い決着になると思う。1分31秒台の決着が見える状況だったとして、そういう馬場でも対応できるキャラなのかは微妙なところだね。相対的に良い馬がいなければ。

 

<菊池> 極端に時計が速くなって対応できるか?という点は確かに少し気掛かりですね。

 

★総合評価:+7 (京介 +3 菊池 +4)

 

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

( レッドヴェイロン )

 

【 強み 】

 

<京介> 2走前の紅葉Sは、1分32秒0で勝った馬。かなり馬体が充実していて、筋力もあって身のこなしが本当に良い。兄姉みんな東京コースを走っているのをずっと指摘しているけれど、この馬もNHKマイルCで好走しているし、大崩れしそうな要素が少ないと思う。

 

<菊池> ルメール騎手を確保して早くから本気度の高い一戦でしょう。今週の坂路では、やけに速い時計を出したなと思ったら自己ベストを大幅に更新。

 

【 弱み 】

 

<京介> 中間の調整過程はちょっと気にしておきたい。あと、思ったより後ろからレース運びする馬のようで、仕掛け大丈夫かな、と思うぐらいか。ちょっと勝ち運がない血統のようなので…。

 

<菊池> 確かに、好走するけど2~3着が多いというのもエリモピクシー産駒の特徴ですね。1着固定みたいな馬券は避けた方が良いかも。

 

★総合評価:+7 (京介 +4 菊池 +3)

 

~~~~

 

<菊池> では、穴馬を挙げましょうか。

 

( モルフェオルフェ )

 

<京介> 近走好調キープしているかどうかが結構大事なレースなので、今年は直線でしっかり反応できる馬が少ないんじゃないか、と思う。モルフェオルフェは単騎逃げがほぼ間違いない状況で、2番手も鈍足スランプ馬のキャンベルジュニアぐらいでしょ。適性が合わないとは思うけど、展開自体はだいぶ楽に行けるはず。馬場もいいしね。

 

( ケイアイノーテック )

 

<菊池> 相手が大幅に楽になったチャレンジCは内回り2000mであまり良い条件ではなかったですが、0.3秒差。G3レベルなら十分にやれるところを見せてくれました。賞金別定で斤量設定は楽じゃないのですが、枠順次第では面白いのでは?

 

~~~~

 

※展望トーク時点での印

 

<京介>

◎レッドヴェイロン

○ヴァンドギャルド

▲モルフェオルフェ

△ケイデンスコール

△サトノアーサー

 

 

<菊池> 

◎ヴァンドギャルド

○レッドヴェイロン

☆ケイアイノーテック

△サトノアーサー

△プリモシーン

△モルフェオルフェ

 

 

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論は前日版コラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!

 

 

 

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
TOP