金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね160 コメント18
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2019年11月  >
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
武蔵野ステークス2019展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~
2019-11-09 02:56:00
テーマ: 重賞展望トーク

JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。

※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!


※推奨穴馬にご注目を!
推奨穴馬はレース毎に京介・グリグリ・オクノが1頭ずつ推奨中


<京成杯AH>
トロワゼトワル 4番人気1着 単勝720円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<セントウルS>
ファンタジスト 7番人気2着 複勝340円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<紫苑S>
フェアリーポルカ 6番人気2着 複勝270円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<小倉2歳S>
マイネルグリット 3番人気1着 単勝620円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<札幌2歳S>
ブラックホール 5番人気1着 単勝2940円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<クイーンS>
カリビアンゴールド 9番人気3着 複勝610円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<エプソムC>
サラキア    7番人気2着 複勝430円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<京都新聞杯>
サトノソロモン 6番人気3着 複勝480円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<大阪杯>
アルアイン 9番人気1着  単勝2220
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<阪神大賞典>
カフジプリンス 6番人気2着  複勝390
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<フラワーC>
ランブリングアレー 5番人気3着  複勝240
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<中山牝馬S>
フロンテアクイーン 5番人気1着  単勝1050
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<弥生賞>
シュヴァルツリーゼ 6番人気2着  複勝600
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<チューリップ賞>
シゲルピンクダイヤ 4番人気2着  複勝290
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<中山記念>
ラッキーライラック 6番人気2着  複勝240

?content_type=blog&content_id=725&type=i(※

<京都牝馬S>
デアレガーロ 9番人気1着  単勝3620
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<東京新聞杯>
レッドオルガ 5番人気2着  複勝240
?content_type=blog&content_id=725&type=i

金子京介・菊池グリグリの重賞回顧トーク・武蔵野S

武蔵野ステークス2019展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~

 

※金曜昼の展望トークです 

 

<菊池> 土曜は東京で武蔵野ステークスが行われる予定ですので、こちらを展望していきましょう。

 

武蔵野ステークス展望

 

2018年武蔵野S回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50811077.html

 

<東京競馬場の天候について>

 

<菊池> 府中市は金曜が晴れ。予報では土曜も問題無さそうです。

 

<京介> ただし、昼過ぎでも最高気温が18℃ぐらいにしか上がらないそうだね。先月に曇りだったり雨が降った日よりも肌寒く感じるほど。もうさすがに長袖の季節だなと感じるよ。

 

<京介> パサパサに乾くし風も少し出るので、だいぶ砂煙が上がる状況になると思う。

 

<東京競馬場の馬場について>

 

<菊池> 先週を振り返って、今のダートコースはどんな馬場状況でしょう。

 

<京介> 乾いてはいても、砂質が軽くて、直線でスピードの落ちが少ない。ラスト1F12秒台半ば、ラスト2F24秒台半ばでまとめられてしまう。こりゃあどう転んでもスピードのある馬が有利でしょう。スタミナ勝負になってほしいタイプが全然間に合っていない。

 

<京介> 今週もパサパサの良馬場ダートだけれども、決して馬力が要る状況ではなくて、むしろ後ろで砂を被りまくる位置の馬が困るだけの状況だと思うよ。好位で立ち回れて、速い上がりに対応できるようなタイプを素直に評価しましょう。

 

<武蔵野ステークスのレース傾向について>

 

▲前走1着の3歳馬

→[3115]、前走が4角3番手以内なら[2010]

差しの好走もあるが先行力と斤量差が武器。

 

▲父がミスタープロスペクター系

過去10年で9連対(6勝)、ベタ買いで単複回収率120%超。

  関西馬に限れば[43329]で回収率アップ!

 

▲前走、上がり3F1位で勝利

→[51215]、直線の長い東京ダートらしい傾向。

  今回1番人気だと [3112]、軸として機能。

 

?ゴールドアリュール産駒

 →平均4.4番人気で[1109]。昨年1番人気馬が久々に勝利。

父サンデーサイレンス系自体が2連対(1勝)。

 

?1~5人気の4歳馬

3歳・5歳の間に挟まれ[11110]、謎の苦戦が続く。

3複フォメの1・2頭目欄を3&5歳固めると◎。

 

?前走が芝だった馬

→[0029]で連対資格なし。3着は前走が左回り重賞。

前走右回りや16001800m以外は即消し。

 

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」のツボ』掲載データより抜粋)

 

<京介> 年ごとのレベルに結構差があるよね。みやこSの方に高レベルの馬が流れて、実績通りのG3並みのメンバーしか集まらないという年もあるにはある。だけども逆に、この直後チャンピオンズカップでも、年明けのフェブラリーSでも勝負になる馬を輩出するような年もある。そのG1勝ちできる資質の馬が、ここでちょいコケするのが困るところ。「さきざきG1レベルを狙える良い馬」よりも、当日ちょうど良い馬を狙うべきレース。

 

<京介> 1~3番人気の括りだと他の重賞よりだいぶ人気コケしやすいレース。安全策でうまく運べないためか、人気馬がとんでもないコケ方するパターンが多いよね。本来は重賞レベルで通用する東京ダートコース適性/実績があるのに、近走一息で妙に評価が落ちている馬が飛び込むことが多い。前走1、2着好走馬が過剰にもてはやされやすい背景もあるんでしょう。

 

<例年と比較して気になるポイント、展開予想など>

 

<菊池> フルゲート16頭が埋まりました。上下差はありそうですが、なかなか良いメンバーですかね。

 

<京介> いい勝ち方で連勝しているエアアルマスが人気の中心となりそうだけれども、実績面ではサンライズノヴァが断然上。成長が見込めるデュープロセスに、久々ダート戻りのグルーヴィットも当然要注意。結構悩ましいメンバーが揃っているね。

 

<菊池> 徹底先行タイプのドリームキラリがいるので、この馬が恐らくハナですね。

 

<京介> この馬以外ははっきりした逃げ馬がいないね。先行脚質の馬も少ない。マジカルスペル、グルーヴィットが競り合いに行けるかどうか、ぐらいじゃないかな。

 

<菊池> 注目を集めるエアアルマスがどのあたりでレースを進めるか。

 

<京介> エアアルマスはエニフSで妙にズブい所を見せたし、その点を太秦Sでだいぶ意識しながら早めに動くフォローをした。まあ圧勝だったけれども。だけど、馬群に入れてスパッと捌けるタイプではなさそうだから、かなり強気と思える4コーナーの動きをしそうだね。

 

<京介> 逃げるドリームキラリを、エアアルマスと1~2頭程が早くから追い詰めて、直線でまたもうひと悶着あって変わる展開かもしれないなあ。今回は追い込み馬が飛び込んできてもよさそうだけど。

 

<菊池> では、人気が予想される上位3頭についてお願いします。

 

( グルーヴィット )

 

【 強み 】

 

<京介> 初ダートというわけではなくて、若い頃にダート戦を2戦2勝でこなしている。馬体は本当に見映え良いタイプで、前走もパドックでの足捌きはキレキレだったなあ。

 

<菊池> 調教に前向きでいつも仕上がりが安定して良い状態で出走してきますよね。

 

【 弱み 】

 

<京介> 芝重賞を勝ってしまっているだけに、当日は手先のバネ、繋の角度はちゃんと注目したい。以前ダートをこなしていた時よりも柔らかくなってしまっているかも。JBCスプリントのミスターメロディが、そういう柔らか味を獲得していた分、久々のダートに対応できず負けた感じだったし。

 

<菊池> 単純に前走も芝ですからね。根岸Sの頃にでもなればピントが合ってくるんじゃないかと思うので、ここを使ってさらにもう一度くらい使ってからでしょうか。しばらくはダートを使って欲しいところ。

 

★総合評価:+3 (京介 +3 菊池 +0)

 

( サンライズノヴァ )

 

【 強み 】

 

<京介> いや驚いたなあ。いっときは1年近く経つか、というほどのスランプが続いたのに、立ち直ったねえ。吉原寛人騎手の手腕もあるけれど、左回りのマイル戦は本当に得意。ここでも自分のリズムで回れれば。

 

<菊池> そうですね。舞台はほぼベストと判断して良いでしょう。元々差しがきく土壌さえあれば高確率で上がり上位の末脚を繰り出せるタイプですね。

 

【 弱み 】

 

<京介> 戸崎騎手が先のJBCで落馬骨折。これは結構痛い。東京ダートコースの騎乗経験が30鞍にも満たない森泰斗騎手で、戸崎騎手の替わりが務まるものなのか…。もちろん59kgも不安材料。

 

<菊池> 何より斤量でしょうね。このレースといえば、3歳時にノンコノユメが58キロで勝って驚かされましたが、そこそこ骨っぽい相手がいてこの斤量で良い勝負をするのは楽じゃないですね。

 

★総合評価:+3 (京介 +2 菊池 +1)

 

( エアアルマス )

 

【 強み 】

 

<京介> ダートはここまで3戦3勝。前走の太秦Sは勝ち方も良かったし、速い馬場への対応力も見せた。ここも勢いで。

 

<菊池> 1400mでの連勝はともかく、1800mの前走でも余裕のある手応えで完勝。負かしたヴェンジェンスは展開がハマったとは言えみやこSを勝っていますから一定以上のレベルの補償もあると。個人的には東京マイルは合うだろうと見ています。

 

【 弱み 】

 

<京介> 若干勝負所でモタつく面があるので、スピード持久力で押し通すようなタイプだと、直線が長くて上がり速い東京コースが良いとは言いにくい。早めに仕掛けて粘る形だと、キレにキレるタイプに対して、かみ合ってしまいそうなんだよなあ。池添学厩舎が、オープンはやたら勝つまとまりタイプを輩出しすぎで、重賞を勝ちきれるタフな馬を全然出せていない、重賞の勝ち運がなさすぎるのも気がかり。

 

<菊池> ダートに転戦してから未だに一度も揉まれる競馬をしていないのは気になりますね。外をスムーズなら良いのですが…。

 

★総合評価:+5 (京介 +2 菊池 +3)

 

~~~~

 

<菊池> では、穴馬を挙げましょうか。

 

 

( マジカルスペル )

 

<京介> 540kg近い巨体筋肉質なのにピッチ走法というタイプで、昔は2100mを走っていたぐらいの馬。1400mは短すぎ。今回は一つオープンを叩いて、同じ騎手で重賞に臨むという形。

 

<京介> そもそもグリーンチャンネルCは、逃げ馬がかなりハイラップで飛ばした縦長隊列で、馬場の質も中団にいた騎手の仕掛け判断も、いろいろと何か変なレースだったね。人気で変な負け方をした馬たちは、何かしら巻き返しがあると思うよ。デュープロセス然り。

 

( カフジテイク )

 

<菊池> 長期休養明けを2回叩いて、陣営としても前走である程度は手応えを掴んだんじゃないでしょうか。59キロ→57.5キロで今回は56キロ。ここが前哨戦という馬もいると思いますが、この馬に関してはここである程度勝負だろうという臨戦過程にも好感が持てます。実際に東京も得意で。

 

~~~~

 

※展望トーク時点での印

 

<京介>

◎グルーヴィット

○マジカルスペル

▲デュープロセス

△タイムフライヤー

△エアアルマス

△カフジテイク

 

<菊池> 

◎カフジテイク

○エアアルマス

☆デュープロセス

△スウィングビート

△ドリームキラリ

 

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論は前日版コラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!

 

 

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
TOP