金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね159 コメント18
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2019年10月  >
10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
京都大賞典2019展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~
2019-10-04 14:23:00
テーマ: 重賞展望トーク

JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。

※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!

グリグリがいっぱい書いています!『競馬大予言・19年秋競馬トライアル号』が発売中!

?content_type=blog&content_id=725&type=i


※推奨穴馬にご注目を!
推奨穴馬はレース毎に京介・グリグリ・オクノが1頭ずつ推奨中


<京成杯AH>
トロワゼトワル 4番人気1着 単勝720円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<セントウルS>
ファンタジスト 7番人気2着 複勝340円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<紫苑S>
フェアリーポルカ 6番人気2着 複勝270円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<小倉2歳S>
マイネルグリット 3番人気1着 単勝620円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<札幌2歳S>
ブラックホール 5番人気1着 単勝2940円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<クイーンS>
カリビアンゴールド 9番人気3着 複勝610円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<エプソムC>
サラキア    7番人気2着 複勝430円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<京都新聞杯>
サトノソロモン 6番人気3着 複勝480円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<大阪杯>
アルアイン 9番人気1着  単勝2220
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<阪神大賞典>
カフジプリンス 6番人気2着  複勝390
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<フラワーC>
ランブリングアレー 5番人気3着  複勝240
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<中山牝馬S>
フロンテアクイーン 5番人気1着  単勝1050
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<弥生賞>
シュヴァルツリーゼ 6番人気2着  複勝600
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<チューリップ賞>
シゲルピンクダイヤ 4番人気2着  複勝290
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<中山記念>
ラッキーライラック 6番人気2着  複勝240

?content_type=blog&content_id=725&type=i(※

<京都牝馬S>
デアレガーロ 9番人気1着  単勝3620
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<東京新聞杯>
レッドオルガ 5番人気2着  複勝240
?content_type=blog&content_id=725&type=i

金子京介・菊池グリグリの重賞展望トーク・京都大賞典編 

京都大賞典2019展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~

 

※木曜夜の展望トークです 

 

<菊池> 日曜は京都大賞典が行われます。こっちの方が馬券的に面白そうなのでメインで展望していきましょう。

 

京都大賞典展望

 

2018年京都大賞典回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50809997.html

 

<京都競馬場の天候について>

 

<菊池> 秋の連続開催、開幕週を迎える京都ですが、今週はお天気の心配もなさそうですね。

 

<京介> カラッと晴れるはずなのに、東京とは違って京都はやや涼しいみたいだね。少し風も出るようで。京都は典型的な秋晴れでうらやましい。

 

<京都競馬場の馬場について>

 

<菊池> 夏場をじっくりと養生にあてて、絶好の馬場状態で始まる開催ですね。内を通った馬が上位を固めたり、内枠ばかりというケースもあるレース。

 

<京介> この開催から洋芝と野芝混合の馬場になるんだけれども、その分重たいのかと問われると、全然その影響は感じられない。特にこの時期の短距離、下級条件では前有利決着が頻発する。

 

<京介> この京都大賞典も、武豊騎手と川田騎手が順番に勝っていたここ5年は、内ラチ沿いを通って上手く脚を溜めてこそというレースが続いた。それより昔は、大外一気も通用していたんだけれども、ゴールドシップがコケた2013年を境に、何だか変わっているよね。

 

<菊池> 今年は珍しく17頭も出走しますから、例年以上に枠順が重要になりそうです。

 

<京介> 展開の激しい京都大賞典を見てみたい、という気持ちはこちらもあるから、その点ではわくわくするけれどもね。

 

<京都大賞典のレース傾向について>

 

〇前走が宝塚記念で1~5着

→[3022]、今回1~2番人気なら[3021]で軸候補!

今年は該当馬が不出走の可能性あり波乱か?

 

▲キングカメハメハ産駒

→[3018]、勝ち馬3頭はいずれも4~5歳馬。

 

▲前走が上がり3F1位で今回距離延長

→[3303]連対率66.7%。昨年は該当馬が4番人気2着。

 前走新潟記念組が[2100]、単回収率290%!

 

?前走天皇賞(春)

→[0226]、消しではないが宝塚記念組と異なり勝てず。

札幌記念[0105]、目黒記念[0008]も不振。

 

?逃げ馬

→前走4角1番手[1017]、今回逃げた馬は[00011]

前走上がり1位が7連対(3勝)、差し優位。

 

?ハーツクライ産駒

 →[0039]、全くダメではないが迷った時の割引材料に。

ステイGも[0005]。キンカメ&ディープ重視。

 

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」のツボ』掲載データより抜粋)

 

<京介> 終わってみれば実力のある馬が勝っているな、というレースではある。瞬発力が確かで、重賞級間違いない上がり馬や、過去の実績馬など。レース展開の影響があったとしても、明らかに力不足の馬が勝ち負けに絡むことはない。実際、勝つのは当日単勝オッズ10倍を切る程度の馬だし、連対するのは7番人気辺りまでがほとんど。

 

<京介> 毎日王冠に行くようなタイプと完全にキャラが分かれるため、ここに登場する牡馬は、かなり反応のズブいタイプが増えている。だからこそ、短い距離でピリッとさせた新潟記念経由の馬がいい反応を見せたり、あるいはここ2年牝馬が活躍できていたり、があるんだろうと思うよ。

 

<例年と比較して気になるポイント、展開予想など>

 

<菊池> 17頭が揃いました。こんなこと記憶にないなと思ったら、ターゲットで遡れる範囲で最多の頭数です。GⅠ馬がいないことでこうなった感じですかね。この秋の古馬中距離路線はなかなか付け入る隙もなさそうで、そこでは足りないだろうという馬たちも大挙してきた感じで。

 

<京介> 一応はエタリオウ、エアウィンザー、グローリーヴェイズやら骨っぽい馬はいるんだけどね。チャレンジする側から見たら、ハードルは高いように思うんだけどなあ。

 

<京介> だけど、秋の大レースはノーチャンスという馬なら、オープンを回るよりもこういう質のレースに積極的に出てきてほしいとは、自分も思う。

 

<菊池> 近3走で逃げた馬はパリンジェネシスの(2走前)のみです。多頭数ですが速い流れはイメージしにくい印象で。

 

<京介> 積極策で結果を残したノーブルマーズ、あるいは昔離し逃げをしていたウインテンダネス、控えてもいい所があまりなさそうなダンビュライト辺りは、前でどんどん押してこそというタイプに見える。でも確かに、とりあえず逃げてリードしてからその後を組み立てる、というのはパリンジェネシスだけなのかな。ひとまず序盤に一旦緩むのかなとは思うよ。

 

<京介> そのうえで、この条件の多頭数で捲りに動くことは難しい。だけども、3コーナーで馬群が徐々に密集しつつ、4コーナー途中で1列目が6頭ほど横並びになるような、下り坂始動のロングスパート勝負でしょう。このラップになるなら、「内を突く追い込み」が成立してしまうのが京都2400mというコース。

 

<菊池> あとは馬場傾向、未曾有の多頭数による枠順問題…。このあたりは枠見て、土曜の競馬見て…ですね。

 

<京介> この頭数の7・8枠は、相当競馬が難しくなるけれども、厳しい時にレースを動かすキーポイントキャラとなるので、どの馬が入るのかはチェックすべき。また、今回ダメだったとしてもレースぶりを良く見直して、次走の巻き返しに注目したいよね。

 

<菊池> では、人気が予想される上位馬5頭についてお願いします。

 

( シルヴァンシャー )

 

【 強み 】

 

<京介> 新馬戦はデムーロ騎手が騎乗、その後も外国人騎手が連続して乗っていた厩舎期待馬。モレイラ騎手が京都&阪神でたまたま2度連続して乗れて連勝、さらに御堂筋Sで3連勝となった。古馬になってから連勝し始めたディープインパクト産駒は注意したいね。

 

<菊池> 時間は掛かりましたがようやくオープン入り。3連勝はいずれも好内容で、既にオープンでもやれる下地は十分にあるでしょう。

 

【 弱み 】

 

<京介> ここまでずっと頭数の少ないレースにしか出走していない。最高が12頭立てでオープンまで上がれた馬なんて珍しいな。脚が遅すぎて京都1800m外回りでは全然伸びなかった。1000万→準オープンはハンデ戦だったので、斤量の軽いレース。そして今回は56kg。この馬、馬群割って来れるの?

 

<菊池> 経験値の不安ももちろんですが、そもそも重賞未連対(未勝利)で通用するほど甘くないレース。凱旋門賞の週でジョッキーが手薄とは言え3連勝時とは異なる浜中騎手。また、アゼリ産駒は人気の割にあと一歩がきかない、ちょっと根性の足りない馬が多く…。

 

★総合評価:+1 (京介 +1 菊池 0)

 

( ダンビュライト )

 

【 強み 】

 

<京介> 1年間連対出来なかった期間こそあるけれど、そこはずっとG1に強気挑戦していた時期。返し馬で放馬したりと、だいぶ気性も悪くしていたけれど、それはおそらく改善できたと思う。G2を2勝している馬は、このメンバーなら確実に実績上位だし、G1級の決め手を持つ馬がいないのなら。

 

<菊池> キングカメハメハ産駒が活躍する重賞なので、今年はルーラーシップ産駒にも注目しましょう。毎日王冠の方でも言いましたが、音無厩舎は目下絶好調。

 

【 弱み 】

 

<京介> 上がり最速を全く記録できないタイプで、それを陣営はもうわかっているからこそ前押しの競馬をするし、他馬の目標にされやすい。200m違うなら本命レベルなんだけれども、2400mはどうかなあ。気性難を気遣うようなら、丁寧な競馬もできないし、当日の気配は必ずチェックしておきたい。

 

<菊池> 2200mのリズムで出し抜け的な競馬が上手なタイプですよね。また、重賞2勝はいずれも連続開催の末期。皐月賞3着にしてもそうですが、この馬にとっては秋の京都で開幕週だと馬場が良すぎる(生えそろえすぎ)かも。

 

★総合評価:+3 (京介 +2 菊池 +1)

 

 

( エアウィンザー )

 

【 強み 】

 

<京介> オープンクラスに上がってからは、結構強いメンバーを相手にしているんだよね。今回2400mが初めてとなるけれども、決め手一息の馬が多いから素早さで上回れるはず。

 

<菊池> メンバーで唯一のキングカメハメハ直仔。春はあと一歩の競馬が2つ続きましたが、相手関係を考えればよく頑張っていたと思います。

 

【 弱み 】

 

<京介> 三浦皇成騎手は最近信用が増えているようにも見えるけど、まだ2200m以上の距離の重賞で勝っていなかったのでは。復帰してからは2着が1回だけ。大穴を出す妙手を示せる騎手ではないというか。あくまで馬の実力なり、という乗り方の騎手。大チャンスのようには見えるけど…。三浦皇成騎手が重賞で穴を出すのはワンターン短めの距離。

 

<菊池> エアデジャヴー→アイドリームドアドリームへと遡るこの牝系は壁に当たるとその先に伸びしろを見せてくれない面がありますよね。そこは少し気になるところです。

 

★総合評価:+6 (京介 +3 菊池 +3)

 

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

( エタリオウ )

 

【 強み 】

 

<京介> あれだけG1戦線を騒がせた馬なのに、まだ4歳なんだね。重賞をまだ勝てていないから、56kgで出走できる。能力は文句なしにある馬だから。

 

<菊池> 横山典騎手とコンビ2戦目というのも楽しみですね。昨秋の神戸新聞杯・春の日経賞の結果からも休み明けは問題なさそうです。

 

【 弱み 】

 

<京介> 日経賞では捲って動けたけれども、基本的には序盤の位置取りが2桁位置通過で、馬群の外を回ってちょっと斜行もしながら伸びるタイプ。そりゃ勝ちきるの難しいだろうという悪癖も出す。今回体調は戻していると思うけど、果たして横山典弘騎手がどういうアプローチをするのか…。

 

<菊池> 春の天皇賞のように、スタートからまるで行く気を見せてくれないようなことがあると、この騎手なので無理をしなそうですね。そういうことがなければいいのですが。

 

★総合評価:+6 (京介 +3 菊池 +3)

 

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

( グローリーヴェイズ )

 

【 強み 】

 

<京介> ここまでまだ8戦しか消化していないのに、G2勝ち一つとG1連対。全てのレースで掲示板に載っている。体力はかなりある方。日経新春杯も、多頭数の乱戦なのに内で落ち着いて脚を溜めて直線で伸ばす、あの勝ち方が良かった。今のところデムーロ騎手だと4戦全連対。

 

<菊池> 大外枠で見せ場を作り5着まで来た菊花賞の内容が優秀で、京都では相当に安定冠がありますね。休み明けは苦にしないタイプで番組的にこの秋、一番の頑張りどころとも。内枠を立ち回るのも上手いので、このコースで内に入ればまず崩れないのでは?

 

【 弱み 】

 

<京介> 京都コースも得意な方だけれども、負けたパターンは全て馬群の外を回って最後の脚色が一緒になってしまう形。馬込みに入れて何か一工夫した時の方がいいタイプ。57kgを背負うだけに、動かされる形は避けたいよね。枠順は注意。

 

<菊池> 小柄で横綱相撲は取れないタイプですね。

 

★総合評価:+8 (京介 +4 菊池 +4)

 

~~~~

 

<菊池> では、穴馬を挙げましょうか。

 

( ノーブルマーズ )

 

<京介> 宝塚記念→小倉記念と使って、あまり夏場に休んでいない形になっているけれども、間隔は空けている。小倉記念はレースぶりが非常に良かったと思うんだよね。調子が上向いてきたと思うし、連続好走できるタイプ。京都2400mは(1-1-1-1)で実は非常に得意なコース。グローリーヴェイズが勝った日経新春杯でも、実はかなり僅差の2着争いをしていた。ここで足りる馬だとは思う。

 

<菊池> 良いですね、個人的にも複穴でイチ推し。宮本厩舎も一時期の暗黒ムードをやっと脱してきました。

 

( ウラヌスチャーム )

 

<菊池> 早めの栗東入りでここから始動というのはエリザベス女王杯に向けて非常に良い臨戦過程なので注目しているのですが、今回はステイヤーも多いメンバー構成なので、相対比較で追走が楽になりポジション獲りが上手く行く可能性もあります。キングカメハメハ孫という点もプラス材料。馬群が縦長になってほしいですね。

 

~~~~

 

※展望トーク時点での印

 

<京介>

◎グローリーヴェイズ

○エタリオウ

▲エアウィンザー

☆ノーブルマーズ

 

<菊池> 

〇グローリーヴェイズ

〇エアウィンザー

〇エタリオウ

☆ノーブルマーズ

☆ウラヌスチャーム

 

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論は前日版コラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!

 

 

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
TOP