金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね158 コメント18
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2019年9月  >
10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
京成杯オータムハンデ2019展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~
2019-09-06 21:06:00
テーマ: 重賞展望トーク

JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。

※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!

グリグリがいっぱい書いています!『競馬大予言・19年夏競馬号』が発売中!

?content_type=blog&content_id=725&type=i

https://www.amazon.co.jp/dp/4773026227/



※推奨穴馬にご注目を!
推奨穴馬はレース毎に京介・グリグリ・オクノが1頭ずつ推奨中


<小倉2歳S>
マイネルグリット 3番人気1着 単勝620円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<札幌2歳S>
ブラックホール 5番人気1着 単勝2940円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<クイーンS>
カリビアンゴールド 9番人気3着 複勝610円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<エプソムC>
サラキア    7番人気2着 複勝430円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<京都新聞杯>
サトノソロモン 6番人気3着 複勝480円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<大阪杯>
アルアイン 9番人気1着  単勝2220
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<阪神大賞典>
カフジプリンス 6番人気2着  複勝390
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<フラワーC>
ランブリングアレー 5番人気3着  複勝240
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<中山牝馬S>
フロンテアクイーン 5番人気1着  単勝1050
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<弥生賞>
シュヴァルツリーゼ 6番人気2着  複勝600
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<チューリップ賞>
シゲルピンクダイヤ 4番人気2着  複勝290
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<中山記念>
ラッキーライラック 6番人気2着  複勝240

?content_type=blog&content_id=725&type=i(※

<京都牝馬S>
デアレガーロ 9番人気1着  単勝3620
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<東京新聞杯>
レッドオルガ 5番人気2着  複勝240
?content_type=blog&content_id=725&type=i

金子京介・菊池グリグリの重賞回顧トーク・京成杯AH編

京成杯オータムハンデ2019展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~ 

※木曜夜の展望トークです 

 

<菊池> 日曜は中山で京成杯AHが行われます。こちらをメインで展望していきましょう。

 

京成杯オータムハンデ展望

 

2018年京成杯AH回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50809042.html

 

<中山競馬場の天候について>

 

<菊池> 今週は水~木曜が涼しかったですが、どうやら明日、金曜からまた暑くなるようですね。そして、日曜は雨の可能性も。そんなにまとまって降ることはないと思いますが。

 

<京介> この雨の可能性は本当に怪しい。土曜日まで好天だからなおさら。もちろん「当日の朝から降っている」ことが大事で、今開催も「エアレーション&シャッタリング作業後」の馬場だから、雨が浸みて路盤が緩むとだいぶ事情が変わってくる。

 

<中山競馬場の馬場について>

 

<菊池> この開催は年間で唯一の野芝100%の開催です。Bコース使用で始まります。

 

<京介> 前行く馬ばかり残っていたのは遥か昔。今や、適度にスタミナが要求されて差し馬でも間に合う馬場になっているよね。それでいて時計が速いと。

 

<菊池> 昨年の回顧を見なおすと、開幕週は12番人気が強かったですね。後は最近の傾向でもありますが、開催前半から外を通る馬が好走するケースも多々。

 

<京介> もちろん馬場は生き物だし、雨が降るとなれば本当に蓋を開けてみないとわからないところがある。でも、外を回った馬有利・惰性勝負の可能性が高い状況ではあるよね。

 

<京介> 毎年、1分3132秒のかなり速い決着になっていたレース。これが雨で1~2秒掛かることになる、というのは考えておきたいね。

 

<京成杯オータムハンデのレース傾向について>

 

※中山競馬場で施行された過去9回が対象

 

▲2番人気

→[3123]、1番人気[3006]とは対照的に安定感アリ。

馬券圏外のうち2頭は6歳。5歳以下なら◎。

 

▲前走1着かつ今回が1~5枠

→[4014]。好調+好枠=好走!前走重賞以外が好成績。

  サマーシリーズで疲れた馬より別路線組が◎。

 

○田辺裕信騎乗馬

→[2112]、元来得意な中山マイル戦だけに大活躍!

  横山典[2004]、戸崎圭太[1200]も良好。

 

?前走が関屋記念で1~2着

全馬が1~4人気だったにもかかわらず[0117]

あまりにも異なるコースで繋がらず。

 

?関西騎手騎乗の関西馬

→[00316]、関西騎手は中山芝1600m重賞で低調。

例外候補は、隠れ中山巧者の福永騎手。

 

?前走がNHKマイルC

→[0014]、消せないが人気を考えると妙味がない。

前走が安田記念も[0104]と不安定。

 

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」のツボ』掲載データより抜粋)

 

<京介> とにかく追い込み馬がハマる。時計が速すぎるというわりに、逃げ馬のスピードがずっと続く淡泊な馬場ではないということ。サマーマイルシリーズ制覇を狙う馬が、積極果敢に攻める騎乗をするというのもポイント。馬場の質はスタミナ寄りなんだよね。なので、トモが流れるぐらいに柔らかい歩様の馬が穴になっている。

 

<京介> 斤量を背負う馬は、だらしない競馬のまま終わることは少ない。ちゃんとレース展開を背負い、勝負所でキツイ競馬をしつつ、最後に捕まるという流れが多い。軽ハンデ馬だらけ、という時の方が、むしろ流れは緩みそう。

 

<例年と比較して気になるポイント、展開予想など>

 

<菊池> フルゲート16頭が埋まりました。シリーズ優勝に絡んでいる馬も数頭。最有力はグルーヴィットですが、クリノガウディーも1着なら逆転優勝の可能性を残します。

 

<京介> グルーヴィット休まなかったんだねえ。自分は関屋記念5着のサラキアが出てくれなかったのが残念。あとは関屋記念4着のディメンシオンにチャンスはあるわけだね。とは言え。前走大敗馬がやたら多くて、休み明けの馬も少ない。あまり前走と比べて仕上がりが大幅急上昇で出てくる馬はいない、と思った方がいいかな。

 

<菊池> 逃げ馬らしい逃げ馬がいないメンバー構成ですね。何なら前走では中団以下を進んでいた馬が多数。候補はプールヴィル、続いてフローレスマジックでしょうか。

 

<京介> 近走、全然ダメだった馬のはっちゃけに期待したい所だよね。ハーレムラインが主張するとか。クリノガウディーもいろいろ競馬を試していた時は、先行するスピードがあった方。

 

<菊池> あとは枠順がどうなるか。昨年は枠連6-8でした。昨年と似たような馬場傾向なら外枠の差し馬がこぞって台頭する可能性も。

 

<京介> テン争いもまあまああったうえで、3コーナー前後からどんどん捲り気味に動く馬が現れるのがこのレースの特徴。馬群の形がどうなるかにかかわらず、途中から動いて持続できるのは外枠の馬だろうし、4コーナーで思い切って大外を回るのも、同じく外枠の馬の方が多いしね。

 

<京介> 中山マイルのハンデ戦は、内枠の馬がとにかく渋滞しやすい。その点を克服してうまく捌けるかどうか。内枠の馬がみなミスしたら、そりゃ外枠だろうしね。

 

<菊池> では、人気が予想される上位馬5頭についてお願いします。

 

( プールヴィル )

 

【 強み 】

 

<京介> 阪神ジュベナイルFで5着、桜花賞で6着。これはかなり偉い。おまけに重賞勝ちも達成しているし、底力は見誤らない方がいいね。今回は確かに、主張しそうな気配がある。

 

<菊池> ハンデ52キロで4コーナーまで先頭の可能性あり。開催が始まってみて内が残れる状況であれば必ず押さえておくべきでしょうね。

 

【 弱み 】

 

<京介> NHKマイルCは結構厳しそうだったね。生涯最低場体重の412kgにまで減ってしまった。相当脾腹が寂しいタイプで、センスはあっても馬力が足りない。むしろ馬場の負荷が皆無というぐらいの、淡泊な競馬でいい時の方が狙えると思う。ベストは1400m

 

<菊池> 内でコソっと溜めて小回りが利くことを活かせるレースがベターでしょう。セントウルSに行った方が良かった気がしますが、マイルに手応え?

 

★総合評価:+1 (京介 +0 菊池 +1)

 

( ロードクエスト )

 

【 強み 】

 

<京介> 3年前この条件の勝ち馬で、昔からハマれば勝てる、流れが向かなければ4着以下というタイプ。結果が出にくいという性質はあるし、近走ずっと僅差の競馬はしているんだよね。

 

<菊池> 加えて昨年も悪いレースはしていないんですよね。この時期が良いのは確かで、今年のダービー卿CTも0.4秒差6着。状況が向けば。

 

【 弱み 】

 

<京介> 蹄にずっとエクイロックスをしている状態で、なぜかこれが1年近く外れない。やっぱり単純に本調子ではないのでは…と思われる。中京記念→関屋記念と出て、夏場のサマーマイルシリーズ皆勤。いやさすがに上がり目はないでしょう…。

 

<菊池> 同意見です。厩舎も勢いがないですね。

 

★総合評価:±0 (京介 +0 菊池 0)

 

( プロディガルサン )

 

【 強み 】

 

<京介> 超大トビ脚長のディープインパクト産駒なのに、中山コースは一切大崩れがないんだよね。コーナーでじんわり動ける分が、マイナスになっていないということか。重賞で足りる能力はあると思う。前走のエプソムCはもちろん度外視でいい。

 

<菊池> ソラを使う馬なので勝ちきれないですが、とにかく相手なりに走れますね。また、直線の短い中山の方が集中力が切れないという面も。

 

【 弱み 】

 

<京介> ディープ追悼の原稿を書くときに調べた話なんだけれども、三浦皇成騎手はディープインパクト産駒メチャメチャ下手なんだよね。下級条件の1~3番人気ならそれなり程度で結果は出るんだけれども、オープンまで上がってきたディープインパクト産駒を、オープンクラス以上のレースで一切好走させていない。のちに重賞勝ちとなるダコールやステファノス、パッションダンス、アルバートドック辺りはその直前で乗っていて大敗。

 

<菊池> おぉ~、それは気付いていませんでした。モレイラ騎手がやっと勝たせた、マーフィー騎手が手を焼いたクセ馬だけに、三浦皇成騎手のテン乗りは嫌な材料ですね。

 

★総合評価:+3 (京介 +1 菊池 +2)

 

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

( クリノガウディー )

 

【 強み 】

 

<京介> おそらくは戸崎騎手が乗るとなって人気しているんだろうけれども、背中や腰のブレが休んで落ち着いたというのは確かにあったと思う。前走は持ち直した、と言える内容だった。古馬相手に3歳夏の時点で通用したのなら、もうプラスしかないはず。

 

<菊池> 雨が降る可能性があるのは朗報ですね。もちろん実際に降ってくれないと意味がないですが、渋った馬場はかなり巧いパワータイプ。

 

【 弱み 】

 

<京介> 本当にお尻が薄く、トモが結構頼りないタイプ。未だに1勝馬というのを忘れてはいけない。馬体の弱点は確実にあるといえる。差すにしてもうまくハマるかどうか。

 

<菊池> 藤沢則雄厩舎は今年まだ5勝。馬のポテンシャルでどこまでやれるか…。雨の有無で大きく評価を変えたい1頭です。

 

★総合評価:+4 (京介 +2 菊池 +2)

 

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

( グルーヴィット )

 

【 強み 】

 

<京介> この馬は単純に基礎能力が高いと思う。中京記念直前の追い切りがよかったし、レースでもちゃんと集中力を見せていた。体力の高い馬。

 

<菊池> NHKマイルCも直線で不利がなければもう少し上位があり得たというレースでしたし、実質まだ底を見せていないですね。前走もプリモシーンを捕まえに行きつつ、クリノガウディーを凌いだ根性は立派でした。

 

【 弱み 】

 

<京介> ハナ差だったクリノガウディーに対して1kg重たいのはちょっと気がかり。それと、中京記念では道中の追走で思ったより追っ付けての追走だった。休み明けの分なのかな?気を抜く癖がありそうなのが心配なんだよね。松山弘平騎手は中山成績まともだから、そこは不安ではないけれど。

 

<菊池> コーナーで気を抜く癖については松山騎手がレース後に言及していましたね。その点は気を付けているようです。前走は1分33秒6という勝ち時計だったから良かったという面もあると思います。もし、32秒台前後が確実という馬場だと、絶対に大丈夫とも言えない不安はありますね。あくまで中京の最終週で強かったという部分は忘れないようにしたいなと。

 

★総合評価:+5 (京介 +3 菊池 +2

 

~~~~

 

<菊池> では、穴馬を挙げましょうか。

 

( ストーミーシー )

 

<京介> 連続好走できるタイプでまあまあ夏場が得意。前走はベストといえる先行不利状況の荒れ馬場平坦だったけれども、この中山マイル自体も前ばかり残る馬場でなければ間に合う。斎藤誠厩舎は今、勢いが凄い。厩舎1~3番手の馬もようやく上向いてくるのではないかな、と。

 

( トロワゼトワル )

 

<菊池> そこまで人気薄ではないかもしれないですが。1200mでも好走したことのあるスピードタイプで、ハンデは52キロ。とにかく中山重賞での横山典騎手はこれくらいの人気なら一発を狙ってくる怖い存在ですし、春興Sの頃より速いタイムの出る馬場ならチャンスはあっても。

 

~~~~

 

※展望トーク時点での印

 

<京介>

◎グルーヴィット

○クリノガウディー

▲ストーミーシー

△トロワゼトワル

 

<菊池> 

★トロワゼトワル

○グルーヴィット

△プロディガルサン

△クリノガウディー

 

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論は前日版コラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!

 

 

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ