金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね161 コメント19
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2020年1月  >
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
アイビスサマーダッシュ2019展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~
2019-07-26 16:36:00
テーマ: 重賞展望トーク

JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。

※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!

グリグリがいっぱい書いています!『競馬大予言・19年夏競馬号』が発売中!

?content_type=blog&content_id=725&type=i

https://www.amazon.co.jp/dp/4773026227/



※推奨穴馬にご注目を!
推奨穴馬はレース毎に京介・グリグリ・オクノが1頭ずつ推奨中


<エプソムC>
サラキア    7番人気2着 複勝430円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<京都新聞杯>
サトノソロモン 6番人気3着 複勝480円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<大阪杯>
アルアイン 9番人気1着  単勝2220
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<阪神大賞典>
カフジプリンス 6番人気2着  複勝390
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<フラワーC>
ランブリングアレー 5番人気3着  複勝240
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<中山牝馬S>
フロンテアクイーン 5番人気1着  単勝1050
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<弥生賞>
シュヴァルツリーゼ 6番人気2着  複勝600
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<チューリップ賞>
シゲルピンクダイヤ 4番人気2着  複勝290
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<中山記念>
ラッキーライラック 6番人気2着  複勝240

?content_type=blog&content_id=725&type=i(※

<京都牝馬S>
デアレガーロ 9番人気1着  単勝3620
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<東京新聞杯>
レッドオルガ 5番人気2着  複勝240
?content_type=blog&content_id=725&type=i

アイビスサマーダッシュ2019展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~ 

※木曜夜の展望トークです 

 

<菊池> 今週から3場とも開催替わり。日曜の新潟ではアイビスSDが行われます。こちらをメインで展望していきましょう。

 

アイビスサマーダッシュ展望

 

2018年アイビスSD回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50807735.html

 

<新潟競馬場の天候について>

 

<菊池> 一応まだ梅雨明けの発表とはなっていませんが、関西では梅雨明け。気温も上がってきましたし、数日のうちに梅雨明け宣言が出そうですね。週末は30℃前後の予報で雨の心配はなさそうです。

 

<京介> 冷夏を挽回するかのようにうなる猛暑が続く、という月間予報もあるみたいだね。だけどもひとまず、急に35℃とか急上昇するような感じにならなくて良かった。頼むから今後も、普通の夏日ぐらいで過ごせるよう願いたいよ。

 

<菊池> 昨年に比べると真夏の到来も遅かったですから。感謝しましょう。

 

<新潟競馬場の馬場について>

 

<菊池> 例年、このアイビスSDが行われる日は大抵晴れ。絶好の馬場状態で開催が始まりますね。

 

<京介> この7月の冷夏は、例年よりも日照時間が少なすぎたから芝の濃さが心配になるんだけれども…。でもまあ、開幕週だし。馬場情報の写真を見る限り、綻びがあるようには全く見えない。今週のうちは持つでしょう。

 

<菊池> 昨年から導入されたパドックのミスト設備は、風向きの問題で上手く馬の方に流れてくれなかったから、もうちょっとばかり修正されているといいね。

 

<アイビスSDのレース傾向について>

 

○馬番1218

→[65633]、5歳以下に限れば[54314]にアップ!

  6歳以上[11319]、高齢馬も買えるが不安定。

 

▲前走が芝1200mで4角通過順が1番手

→[42210]、ダッシュ力重視で前走着順は問わなくてOK。

6~8枠、6歳以下なら複勝率アップ!

 

▲4歳牝馬

→[2012]、単複回収率は142%120%。斤量恩恵大。

夏の重賞らしく5歳&6歳を含め牝馬が6勝!

 

?7歳以上

→[20144]14年1着はキャリア24戦、17年は8枠。

高速決着になりやすく若い馬に有利な条件。

 

?1~4枠

1・3・4枠合算が[11052]、2枠は[21212]

内枠での好走例は少頭数時と牝馬が主。

 

×3歳牡馬

→[0007]、牝馬とは対照的に苦戦傾向。斤量差が響く。

前走が芝1200mで逃げていた馬にだけ注意。

 

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」のツボ』掲載データより抜粋)

 

<京介> ここ最近、パドックで見てもあんまり短距離重賞としてレベルが高くならないな…と感じるレース。51kgに飛びついて人気が急上昇した、というパターンでない限り、1番人気がホント安定しているし、有力馬が少なすぎる分、世間が正解を拾いやすくなっている。

 

<京介> 待避所のすぐ目の前にゲートがあるし、相当上手にサクサクゲート入りするから、その進行のミスで出遅れる馬が多発…ということが本当に少ない。昨年などは17頭立てなのに40秒ぐらいでスタートが切られた。抜きんでた好スタートを決められずに、ほぼ横一列のスタートになりやすいわけだから、必然内枠の方は隊列上不利だし、大外8枠の馬が有利になるしかない。

 

<例年と比較して気になるポイント、展開予想など>

 

<菊池> フルゲート18頭が埋まりました。実は2013年以来のことです。

 

<京介> フルゲートと言っても高齢馬が多いし、3歳馬はいないし…。ワクワクする馬が増えた、という感じでもないんだよね。

 

<菊池> 枠順を見ないことには展開読みも難しいですが、韋駄天Sを見るにライオンボスは速いですね。

 

<京介> ライオンボスは1000万下を勝った時が、5番枠からのスタートだったけれども、さすがにラブカンプーやらオールポッシブルやらがいるオープンクラスに来れば、内めの枠からハナを奪えるダッシュがあるとは思わないなあ。あくまで、8番枠よりも外を引いた馬が有利だと思うし、1列目はとびぬけた馬はおらず、4~5頭が横並びで先導する形だと思う。

 

<京介> 横並びの1列目+2列目でおおよそ1012頭が僅差で続いて、徐々に後半残り300m辺りから馬群がバラバラと崩れ、その隙を縫ってようやく差し馬が追いつく、というのがいつものアイビスSDの流れ。昨年も、ラブカンプーが途中で先頭になって抜け出し、「その真後ろ」を進んでいたダイメイプリンセスが差し勝った。

 

<京介> ライオンボスが有力視されるのはいい。展開面で重要なのは、前半の競り合いがどれだけ激しいのかを読むことと、後半抜け出す先行馬の真後ろを奪うこと。馬群はミチミチに詰まりがちなレースだから、後半上手く進路を作ってもらえないと、差し馬はエンジンを掛けにくい。ライオンボス(かどうかは実際分からないけれども)を風除けにして進みつつ、抜け出すライオンボスに引っ張られるようにその真後ろから伸びる形が、差し馬にとっては理想。

 

<菊池> では、人気が予想される上位馬5頭についてお願いします。

 

( レジーナフォルテ )

 

【 強み 】

 

<京介> 追い切りが良かったね。この条件に適性があるのは間違いないし、過去2年出走して3着&4着。いい枠を引ければ。

 

<菊池> バーデンバーデンCがいかにもここへ向けての叩き台という競馬。目標のレースに向けて順調ならばチャンスでしょう。韋駄天Sは外枠が有利過ぎる状況下でもありました。

 

【 弱み 】

 

<京介> 最後のトップスピードで負けがち、どうしても勝ちきるシーンが想像できない。あんまり成長したという様子でもないし。枠次第だね。

 

<菊池> 枠もそうですが、道悪があまり良くないので、間違って雨が降るようなら割引。

 

★総合評価:+3 (京介 +1 菊池 +2)

 

( カッパツハッチ )

 

【 強み 】

 

<京介> 前走、ライオンボスの隣枠で最後まで食い下がったのは偉い。今シーズンはかなり好調そうだね。1列目でも競馬はできる。

 

<菊池> キンシャサノキセキ×タイキシャトルというスピード配合。1200m以下に好成績が偏っている点もこのレースに向けて好感が持てます。

 

【 弱み 】

 

<京介> 斤量は重たくなる。完歩が小さいタイプだから、距離ロスしたくはないよね。絶対に外枠じゃないと…。でも注目すべき馬だとは思うよ。

 

<菊池> 枠順次第ですかね。4歳牝馬ですし、格上挑戦はさほど気にしなくて良いはず。

 

★総合評価:+4 (京介 +2 菊池 +2)

 

( ラブカンプー )

 

【 強み 】

 

<京介> スタートダッシュだけは未だに健在。夏馬でもあるし、そろそろ復調があっても…。

 

<菊池> 昨年の夏が強かったので、この条件に変わって復活に期待したいですね。

 

【 弱み 】

 

<京介> 追い切りでは相変わらず動かない。栗東坂路の後半でアッサリ止まってしまう。3歳の時に猛暑で使い詰め連戦したダメージが抜けきっていないのでは…。今年はデムーロ騎手じゃないしなあ。

 

<菊池> そうですね。メンタル的にだいぶキツかったのでしょう。走ることに後ろ向きになっている印象で。

 

★総合評価:±0 (京介 +0 菊池 +0)

 

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

( ダイメイプリンセス )

 

【 強み 】

 

<京介> 新潟直線1000mは3戦3勝。準オープン以上ですべて完勝だからね。決して絶好調ではないにせよ、この適性の高さは見過ごすべきではない。今回はデムーロ騎手騎乗。

 

<菊池> 前走が0.5秒差とまだ気持ちは萎えていないはず。とにかく夏にしか走っていない馬でもあります。

 

【 弱み 】

 

<京介> 昨年はラブカンプーとの連係プレーが光った形。今年は同馬を頼れないかも。また、ライオンボスの後ろを取りたい馬は他にもいるし、昨年と同じ狙いでゴチャ付く可能性も否定できず。しかも昨年より重たい55kgだから。

 

<菊池> 昨年は枠順にも恵まれていました。斤量増もあるし、枠順が悪いと?

 

★総合評価:+4 (京介 +2 菊池 +2

 

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

( ライオンボス )

 

【 強み 】

 

<京介> いやー、1番人気になるとはねえ。でもまあ、勝ちっぷりが良いし走破タイム優秀だからなあ。このレースのいい前哨戦となる、韋駄天Sを勝ってきたのも大きい。

 

<菊池> 前走はスタートでやや挟まれ気味だったのを挽回してハナへ。やはり初速が速く、なおかつ大型馬なので惰性が利く。外めの枠かつ周りが遅い馬ならまず大丈夫でしょう。

 

【 弱み 】

 

<京介> 直線競馬は2戦とも53kgで勝ってきた馬。56kgに急に増え、しかもテンに速い馬が他に揃って単独で逃げられなかった時、果たして大丈夫なのか?ということ。ここまで揉まれ弱さ丸出しの履歴だったから。まあ、いい馬体の馬なんだけどね。

 

<菊池> 揉まれる要素がいくつか重なるようだと嫌ですね。

 

★総合評価:+6 (京介 +2 菊池 +4)

 

~~~~

 

<菊池> では、穴馬を挙げましょうか。

 

( アンフィトリテ )

 

<京介> 今年は3歳馬がいないから、穴は夏場に調子が上向いてきた高齢馬か、あるいは若い4歳牝馬かな。古臭い血統ばかりというのも気になる。近走着順がみんな悪いから、新鮮味があるために反発できるという根拠が欲しい。

 

<京介> ちょっと気になっているのはアンフィトリテ。ここ2走大敗続きだけれども、頭の高い走りで走りがガサツ、揉まれ弱いタイプのスピード馬。だけど、重賞でバンバン走る父ロードカナロアだし、前走は馬体大幅増ながら寂しく見えるぐらいの造りだった。腰が引ける曲飛節で、直線競馬で上向く部分があるんじゃないかと。

 

( カイザーメランジェ )

 

<菊池> 2走前も思いのほかダッシュがついていましたし、今ならこの相手関係でもそれなりに先行できそうですね。サマースプリントの優勝権利を持っている点からモチベーションの高さにも期待が持てます。

 

~~~~

 

※展望トーク時点での印

 

<京介>

○ライオンボス

▲カイザーメランジェ

△アンフィトリテ

△レジーナフォルテ

△ダイメイプリンセス

△ビップライブリー

 

<菊池> 

 

◎ライオンボス

△外枠

 

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論は前日版コラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!

 

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
TOP