金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね156 コメント18
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2019年6月  >
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
エプソムカップ2019展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~
2019-06-07 18:29:00
テーマ: 重賞展望トーク

JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。

※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!

グリグリがいっぱい書いています!『競馬大予言・19年ダービー号』が発売中!

?content_type=blog&content_id=725&type=i

https://www.amazon.co.jp/dp/4773026219/



※推奨穴馬にご注目を!
推奨穴馬はレース毎に京介・グリグリ・オクノが1頭ずつ推奨中


<京都新聞杯>
サトノソロモン 6番人気3着 複勝480円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<大阪杯>
アルアイン 9番人気1着  単勝2220
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<阪神大賞典>
カフジプリンス 6番人気2着  複勝390
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<フラワーC>
ランブリングアレー 5番人気3着  複勝240
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<中山牝馬S>
フロンテアクイーン 5番人気1着  単勝1050
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<弥生賞>
シュヴァルツリーゼ 6番人気2着  複勝600
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<チューリップ賞>
シゲルピンクダイヤ 4番人気2着  複勝290
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<中山記念>
ラッキーライラック 6番人気2着  複勝240

?content_type=blog&content_id=725&type=i(※

<京都牝馬S>
デアレガーロ 9番人気1着  単勝3620
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<東京新聞杯>
レッドオルガ 5番人気2着  複勝240
?content_type=blog&content_id=725&type=i

エプソムカップ2019展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~ 

※木曜夜の展望トークです 

 

<菊池> 日曜の東京ではエプソムCが行われます、こちらをメインで展望していきましょう。

 

エプソムカップ展望

 

2018年エプソムC回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50806095.html

 

<東京競馬場の天候について>

 

<菊池> 今週は週末にかけてお天気が下り坂ですね。

 

<京介> 来週には函館開催も始まるシーズン。以前のエプソムカップ開催週は、東京の最終日だったぐらいの時期。梅雨が近づいていてもおかしくないものね。どうやら今週は、金曜日からずっと曇り空が続いて、じとじととした天候が続くらしいね。

 

<京介> 正直、季節外れの猛暑が1~2週程度で済んで良かったと思っているよ。涼しい程度で適度に湿気る、今週ぐらいの気候が現場的には過ごしやすいかなあ。まあ、その分馬場読みは非常に難しくなってしまうけれども。

 

<東京競馬場の馬場について>

 

<菊池> この東京開催は雨が少なく、超高速馬場が続きましたが、遂に今週末は競馬の最中にも雨が降りそうです。

 

<京介> これまでの高速馬場とは、走るタイプがガラッと変わってしまうと考えないといけないよね。こればかりは蓋を開けてみないと分からない。

 

<菊池> Cコース使用は3週目。馬群の動きにも変化がありそうですね。

 

<京介> 先週時点でも、騎手の見た目には4コーナーから直線にかけて、内側3頭分は荒れていたように見えたそうで、逃げ馬がラチ沿いを空けて、差し馬が直線で大外へ進む場面もちょこちょこ発生していた。やっぱり蹄跡はボコボコしているみたいで。

 

<京介> なので、渋って馬場に脚を取られるぐらいの湿り方をするなら、内を避けた方がいいのかもしれない。全員が同じように内を避けるのなら結局先行有利になる、というのは覚えておきたいけれども。

 

<エプソムカップのレース傾向について>

 

◎1~2番人気

→[8417]、人気馬が強く4歳なら[6305]

過去10年、単勝オッズ15倍以上の連対なし。

 

▲ディープインパクト産駒

→[42215]、4歳馬に限定すれば[3202]で安定。

  中盤緩む流れでしっかり瞬発力を発揮。

 

▲前走がマイラーズCで一桁着順

 →[3216]、単複ともに回収値100%超で期待値◎。

  都大路Sも好調。つまり前走京都組が良い。

 

?社台RH&サンデーR所有馬

→[0009][0005]、好んで使う割には結果出ず。

表彰台に上がるのは個人馬主が多い。

 

?前走が同コースのOP特別

→[13029]、1~2番人気でやっとこ[1203]

メイS好走の価値は低いと考えてOK。

 

?音無秀孝厩舎所属馬

→[0008]。国枝栄厩舎[0005]も不振の傾向で。

池江厩舎[2204]とは対照的な数字。

 

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」のツボ』掲載データより抜粋)

 

<京介> 安田記念も終わり、メンバーも落ち着いて、それでいてサマー2000シリーズとは被らないちょっと中途半端なタイミングにある重賞。漫然と重賞を連戦している上がり目のない馬に混じって、ここを勝ち負けしようと臨んでいる陣営はだいたい外から見てすぐわかるから、人気馬が適度に強い。人気薄の馬のモチベーションが普段の重賞よりもさらに低いレース、と考えた方がいいかも。

 

<京介> 連続開催の後半に差し掛かり、外差し傾向に変わってスタミナが重要な芝質になれば、なおさら力足らずの馬は脱落しやすくなる。別にハンデ戦でもないんだしね。差し馬に限れば、1~3番人気対象の馬しか来ないし。

 

<例年と比較して気になるポイント、展開予想など>

 

<菊池> 14頭立てになりました。メンバーはボチボチでしょうか。

 

<京介> メイステークスから多数出走するのは例年通りか。ミッキースワローやソウルスターリングの目線を変えた登場があるのはうれしいところだし、準オープンを勝ってから来た2頭もなかなかのレベルかな。ポジティブに考えられる馬が結構多いと感じた。

 

<菊池> 出走馬の半分以上が、前走中団より後ろで追走していた馬ですね。逃げ候補は誰でしょうか?

 

<京介> 確かに、確実に逃げてペースを握りそうだという馬がいないね。自分はスランプからの脱出を期す意味でも、ソウルスターリングが怪しいんじゃないかと思っている。また、アップクウォークとカラビナが、1列目追走候補になるかな。どのみち、加減しながらの追走でペースは遅そうだね。

 

<京介> 馬群はずっとひとかたまり、直線に向いてからの上がりの競馬になりそう。

 

<菊池> それならば、馬場の大外が伸びるのか内が有利なのかは、結構大事になりますね。

 

<京介> その日、一番伸びやすいルートを上手く奪えるかどうか。予想する側からすると、雨の状況と当日の観察も重要な要素になりそうだね。あと枠順。

 

<菊池> では、人気が予想される上位馬5頭についてお願いします。

 

( レイエンダ )

 

【 強み 】

 

<京介> 見た目は本当にスカッと見せてバランスもいいし、このクラスなら性能が十分足りるはず。差し馬向きの馬場になるのも、良いのではないかと思う。

 

<京介> 兄のティソーナもレイデオロも、重~不良になるとめっぽう強い。メイステークスでは全然反応できなかったけれども、脚元の負担が軽減される雨馬場なら復調はあるのでは。

 

【 弱み 】

 

<京介> デビューしたての時から仕上がりがかなり良かったし、ピークにハマっていたように思うからなあ。スランプのシーズンにいい条件を得たからと言って、ちゃんと反応してくれるかどうか…。見た目に良いだけに、本当取捨に困る。ルメール騎手、何とかしてくれないものか…。

 

 

<菊池> セントライト記念2着は外を押し上げて連対した良い内容で見た目には強かったですが、IDM64。その後も何も示しておらず、見た目ほど走ってくれないですね。藤沢厩舎なので見栄えはしますが。

 

★総合評価:+5 (京介 +3 菊池 +2)

 

( ソーグリッタリング )

 

【 強み 】

 

<京介> 一旦オープン入りして足踏みしたけれども、今季は確実に充実期に入ったのでは。というか、キャピタルSであんなに負けたの本当におかしいからね。

 

<菊池> 早くから期待された馬ではありましたが、ようやく安定して力を発揮出来るようになりましたね。若い時期に慌てずじっくり成長を待った甲斐が多いにあったという印象で。オープン連勝の内容からG3には届いていいですね。

 

<京介> 時計の速い馬場だと本当につらいタイプなんじゃないか…と疑問に思っていたけれど、それも前走で解消。

 

 

 

【 弱み 】

 

<京介> これまで妙な大敗を喫しているのは全部東京コース。六甲Sを見ても、ちょっと手前を替えるタイミングが奇妙な馬で、なんか変だな、という走りをしている感じがする。完歩や加速しやすい場面が噛み合わなかったりするのかな?

 

<菊池> 左回りのせいなのか、輸送のせいなのか?と言ったところですね。

 

<京介> 中山&東京のパドックで見ていると腰が甘くて、関西圏だと腰と後肢がバッチリ決まっているから、輸送にちょっと甘いというのもあるのかも。示した能力では全然問題なく足りるはずなんだけど。

 

★総合評価:+6 (京介 +3 菊池 +3)

 

( ダノンキングダム )

 

【 強み 】

 

<京介> それまでは逃げ専タイプだとばかり思っていたんだけど、府中Sの競馬ぶりがメチャメチャ良かったね。好位で折り合いがついて、直線でもジワジワとだけど一段ギアを上げての差し切り。内ラチも頼らず。エプソムCは馬場悪化が進行している時期だから、ラチを頼るしかないタイプは大抵負けるんだけど、外から差せて機動力のメリハリをつけられるのは有利。

 

<菊池> 遅咲きのステイゴールド産駒で昨秋からだいぶパンとしてきましたね。東京では終いの脚もしっかり。

 

【 弱み 】

 

<京介> かなりの大トビ。それまでスピードが勝ってて逃げていたし、府中Sも離れた4番手で一応競馬しやすい位置だった。1800mの重賞だとそんなにスンナリ行かない。左右から挟まれたり、揉まれる可能性は増えると思う。その時にグッと抜けて来れるかどうか。

 

<菊池> 唯一の重馬場での出走時が1番人気4着。馬場以外に敗因がないというわけではないですが、行きっぷりも悪かったので走法的に道悪がマイナスに働く可能性も。

 

★総合評価:+5 (京介 +3 菊池 +2)

 

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

 

( プロディガルサン )

 

【 強み 】

 

<京介> モレイラ騎手で勝ちをもぎ取った馬だけれども、体力的にはオープンでも一切大崩れしない体力がある。あと僅かな詰めの部分で、D.レーン騎手のもう一押しがあればというところ。重馬場も荒れ馬場も大丈夫。

 

<菊池> 先頭に立つとやめてしまう面があるということでなかなか勝ちきれないですが、重賞でも通用する力があるのは確か。超不良馬場になった17年甲斐路Sでも走れていたように、馬場悪化にも対応出来るタイプですね。

 

【 弱み 】

 

<京介> レーン騎手は急に先行させたりできる方だけれども、ここ最近極端な追い込みの競馬を続けていたのは、鞍上が替わるとは言え不安な部分。4コーナー2桁位置で通過すると、本当に期待薄になるレースだから。

 

<菊池> 近走成績からそこまで心配してはいませんが、若い馬の好走が多いレースなので、その点だけ。

 

★総合評価:+6 (京介 +2 菊池 +4)

 

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

( ミッキースワロー )

 

【 強み 】

 

<京介> そりゃさすがに体力の格は上でしょう。G1G2をずっと連戦していた馬。ちょっと不向きなんじゃないか、と思っていた新潟大賞典でも、内枠内ラチ沿いから捌いて強引に伸びてきた。57.5kgで。やはり見直さないと…というところ。

 

<菊池> ジャパンC5着馬が56キロで出走できるのは大いに有利ですね。横山典騎手とのコンビでしっかり狙ってきている印象。

 

【 弱み 】

 

<京介> まあ、エプソムCは横山典弘騎手不要のレースだから。過去10年で8回騎乗して全部だめ、追い込みに回って届くと思っているのが間違いだと思う。2014年のマジェスティハーツは衝撃的だったな。森一馬騎手が好位でうまくチョイ脚合わせて乗れていた馬を、最後方から荒れたラチ沿いに突っ込むんだものね。

 

<菊池> 予報に反して思いのほか速く乾いて、先週までのような高速馬場に戻るようなことがあれば不利でしょうね。本質的に1800mは短いので、道悪で時計が掛かって大丈夫かどうか?だと思います。

 

<京介> それまで2000m以上の距離ばかりを使われていた馬に、横山典弘騎手が乗るのなら、かなり大味な競馬になるでしょう。前走それで成功しているだけに余計にね。

 

★総合評価:+2 (京介 +0 菊池 +2)

 

~~~~

 

<菊池> では、穴馬を挙げましょうか。

 

( ブレスジャーニー )

 

<京介> 馬体は良いと思うんだけどね。どうかなあ。メイステークスでも、機動力で負けた印象はあった。できれば雨で馬場も荒れて、外が伸びる馬場になって欲しい。

 

<京介> だけどもこの馬のベストが東京コース+開催後半で全馬外を回る荒れ馬場。この東京開催でずっと絶好調だった戸崎圭太騎手(エプソムCも上手)に任せて、全くダメだったらもう見切ろう。でもできれば後方に下げず、中団外を回って欲しいね。

 

( サラキア )

 

<菊池> 大味な競馬しかできない馬で、このところは内枠続き。4・7・10着と3連敗していますが、いずれも0.5秒以下の敗戦で言い訳も聞く内容。見せ場がなかったわけでもなく。広いコースで外伸び状況なら前進があっても不思議はないのでは。

 

~~~~

 

※展望トーク時点での印

 

<京介>

◎ソーグリッタリング

○ダノンキングダム

▲ブレスジャーニー

△アンノートル

△カラビナ

△プロディガルサン

 

<菊池> 

◎プロディガルサン

▲ソーグリッタリング

☆サラキア

△ミッキースワロー

△アップクォーク

 

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論は前日版コラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!

 

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ