金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね157 コメント18
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2019年7月  >
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
ヴィクトリアマイル2019展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~
2019-05-10 19:40:00
テーマ: 重賞展望トーク

JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。

※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!


京介も寄稿!『競馬の天才Vol.7』が発売中!

?content_type=blog&content_id=725&type=i

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07PQTXDGM



※推奨穴馬にご注目を!
推奨穴馬はレース毎に京介・グリグリ・オクノが1頭ずつ推奨中


<京都新聞杯>
サトノソロモン 6番人気3着 複勝480円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<大阪杯>
アルアイン 9番人気1着  単勝2220
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<阪神大賞典>
カフジプリンス 6番人気2着  複勝390
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<フラワーC>
ランブリングアレー 5番人気3着  複勝240
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<中山牝馬S>
フロンテアクイーン 5番人気1着  単勝1050
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<弥生賞>
シュヴァルツリーゼ 6番人気2着  複勝600
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<チューリップ賞>
シゲルピンクダイヤ 4番人気2着  複勝290
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<中山記念>
ラッキーライラック 6番人気2着  複勝240

?content_type=blog&content_id=725&type=i(※

<京都牝馬S>
デアレガーロ 9番人気1着  単勝3620
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<東京新聞杯>
レッドオルガ 5番人気2着  複勝240
?content_type=blog&content_id=725&type=i

ヴィクトリアマイル2019展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~ 

※木曜夜の展望トークです 

 

<菊池> 日曜の東京ではヴィクトリアマイルが行われます、こちらをメインで展望していきましょう。

 

ヴィクトリアマイル展望

 

2018年ヴィクトリアマイル回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50805161.html

 

<東京競馬場の天候について>

 

<菊池> お天気の心配は大丈夫そうですね!と言いたいですが、先週の出来事が出来事だっただけに、何があるか分からないもんだなぁという気持ちが拭えないですが。

 

<京介> そういえば昨年の回顧をざっと見直したけど、昨年も何とか晴れのまま持つんじゃないか…という予想を裏切って、直前になって悩むほどの大雨が降ってくれたんだよなあ。そういえばパドックで相当悩んだよ。めちゃめちゃ晴れ渡る明け方だったのに、昼になって情勢が変わるのも、春の東京開催の特徴なのかな?

 

<京介> 一応今週末は、土日ともに好天予報。金曜日もスカッと晴れている。天気図を見ていたら、どうやったら寒気団が入り込むんだ?これ、という感じ。

 

<東京競馬場の馬場について>

 

<菊池> 良馬場なら速い時計の出る水準ですね。そして、今週から仮柵が移動してBコース使用になります。

 

<京介> 渋った馬場と高速馬場で予想を切り替えないといけない実感があるんだけれども、現場的には良馬場かつ超高速馬場で行われてくれた方がいいなあ。速い馬場に対応できるキャラは、毎年ほんの数頭しかいないから。

 

<京介> 京王杯の展望でも触れたけれども、向正面から3コーナーにかけて内ラチ沿いは荒れ目があった。仮柵を外に出すと(Bコースに移動すると)その部分はおそらくそっくり隠れる。もともと外側も良かったけど、内も良い馬場になると思うんだよね。東京開催で内が悪くないのなら、常に「内の方が伸びるかも」の心配をしておくべき。

 

<ヴィクトリアマイルのレース傾向について>

 

▲前走で5番人気以内のディープインパクト産駒

→かつ、前走がローカルを除く中央4場なら[3238]

単複回収率は254%&137%!18年勝ち馬も該当!

 

○前走が芝1600mで2~5着

→[3224]、前哨戦はソコソコの好走程度が安定かつ妙味

  4歳馬に限れば[2110]。連軸候補としてOK!

 

▲栗東所属のノーザンF生産馬

 →[45216]。さらに前走が5番人気以来なら複勝率アップ!

  関東馬だと[10011]。好走は三冠馬アパパネのみ。

 

?社台F生産馬

社台C白老Fとの合算で[10330]、ノーザンFとは大差。

社台F単体だと[00123]と苦戦が続いている。

 

?6歳以上馬

→[21231]、連覇のストレイトガールを除くと[01231]

若い馬が中心。3着の2頭はキャリア20戦未満。

 

?単勝オッズ5.0倍以上の2番人気

[0006]。つまり1番人気が1倍台の時の2番人気は危険。

1倍台の1番人気は[2101]、断然人気馬は上々。

 

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」のツボ』掲載データより抜粋)

 

<京介> ちょっと昔までは牡馬相手でもG1で勝ち負けできる格上タイプの方が優勢なレースなのかと思いきや、ここ数年はずっとリピート好走が頻繁に起こり、しかもここでしか勝たないタイプに注目、というレースに変わった。牝馬にとって馬場が速すぎる、というのも影響しているのではないかな。阪神牝馬Sといういい前哨戦があるのに、その結果と全然直結しないというのもポイントだね。

 

<例年と比較して気になるポイント、展開予想など>

 

<菊池> フルゲート18頭が揃いました。ただ、リピーターの多いこのレースにおいて今年は昨年の1~3着馬がいません。三冠馬アーモンドアイもエリザベス女王杯勝ち馬も不在と、低レベルに数えられる年ですね。

 

<京介> そうだねえ。みな前哨戦を叩いてきていて順調な様子だし、決して悪いキャラではないんだけれども…。近走突き抜けた馬がいない、かと言って昨年の好走馬もいないというのは特徴と言えそう。今年はヴィクトリアマイルC向きの馬を新たに探す年、ということになるね。

 

<菊池> オッズの方もかなり割れそうです。

 

<京介> 阪神牝馬Sをノーカウント扱いする人も多いだろうし、福島牝馬Sや中山牝馬Sはこのレースに直結するのが難しいし…。何をポジティブに評価するか、だよねえ。

 

<菊池> Bコース替わりで逃げ・先行馬には注意が必要でしょう。で、どの馬が逃げるのかという話ですが、前走で逃げていた馬は不在。重賞で逃げて好走したことがあるのは、アエロリット、クロコスミア、ミッキーチャームあたりになりますか。

 

<京介> 菊池くんが挙げた馬はスピード確かだけれども、どの馬も2~3番手で宥めても構わないよというタイプ。スローでもOK

 

<京介> アエロリットは今回の遠征、逃げて大敗を繰り返した。ミッキーチャームは前走上手く番手で運べて結果が出たし、逆にクロコスミアは叩いて良化を示しつつ、前走のような競馬ではダメと感じる内容。それで戸崎圭太騎手にスイッチ。後悔を残さないという意味では、クロコスミアが一番逃げそうな雰囲気だなあ。

 

<菊池> そうですかねぇ?このあたりは枠も見ないと。難しい…。

 

<京介> ただし、前哨戦の負け方で反省をしているのは他の馬も一緒。特に、阪神牝馬Sでまさかの圏外だったラッキーライラックは、果敢に前を攻めたてる競馬になるんじゃないか。まあ2列目確保には動くよね。目標としてはミッキーチャーム相手にガチンコを挑むような仕掛けになるのでは。

 

<京介> 天気予報どおりであれば、逃げ馬候補が複数いて、中盤を速めるような仕掛けも十分考えられる。そうなれば、かなりレベルの高いスピード決着になる条件ではあると思う。必要なのは、1分31秒台決着で対応できそうなキャラをちゃんと押さえること。今年のメンバーで、そんな…。5頭もいないでしょ、そのレベルで走破できる馬は。

 

<菊池> では、人気が予想される上位馬5頭についてお願いします。

 

( プリモシーン )

 

【 強み 】

 

<京介> 持ち時計はメンバー最上位になるのかな?前回ダービー卿CTで福永騎手が騎乗した内容が良かったよね。出遅れもせず中団で構え、馬群がいい勘次に動いた時にサッと反応。自分から勝ちに動く脚があるとは。競馬が上手くなった。

 

<菊池> 阪神牝馬Sが1600mになってから目立たなくなっていますが、前走が牡馬混合重賞で好走という臨戦過程は良いですね。

 

【 弱み 】

 

<京介> 以前は体の弱さもあったと思うけど、壁の後ろでやたら待ってしまう傾向があったので、力はあるはずなのに…という不満が募る競馬が続いた。牝馬にしては比較的大型なのに、体をぶつけて怯むというのは早く克服して欲しい。

 

<菊池> スタートもあまり上手くなくて、常に不利な競馬を強いられてしまいがち。スムーズならって毎回のように思うんだけど、大事なところで上手く行かない…。

 

★総合評価:+6 (京介 +3 菊池 +3)

 

( ミッキーチャーム )

 

【 強み 】

 

<京介> 逃げての強気主張でしかダメ、という不安を払拭したのが前回の阪神牝馬S。スローでもピッタリ折り合って、相手の動きに対応しながら自分だけ先に出るという味のある競馬だった。スタミナ切れを起こす不安は体型的にも全くない。

 

<菊池> 秋華賞の逃げが鮮やかで、3着以下は完封の内容でした。自分の形に持ち込めればG1級であることは確か。

 

【 弱み 】

 

<京介> これまで中距離ばかり使ってきたため、当然時計勝負で対応できないかも…の不安は残ってしまうし、今回はラッキーライラックが黙っているわけがないと思う。

 

<菊池> 川田騎手は中山牝馬Sの敗因を「輸送」ってハッキリと言い切りましたね。で、今回も関東への輸送なわけで。陣営も工夫されると思いますが、こればかりは当日の気配を見てみないことには…ですが。

 

<京介> ルメール騎手が皐月賞&NHKマイルで川田騎手にぶつけたことが注目されているけれども、他の皆も川田騎手の先行馬が仕掛けるのを見てペース判断している面もあるだろうし、目標にされる不利はある。それを覆して勝てる性能がある馬なのかどうか、だね。

 

★総合評価:+3 (京介 +1 菊池 +2)

 

( レッドオルガ )

 

【 強み 】

 

<京介> 昨年3着のレッドアヴァンセが出走しないけれども、今年はその妹が登場。案の定、東京コースの性能の高さを牡馬相手のマイル戦で示せたし、最後はインディチャンプを追い詰める所まで行った。決着時計はもう少し速くなると思うけれど、一定以上のスピード性能は示したし、北村友一騎手ももう少し強気で乗れるはず。

 

<菊池> 各方面で言われていると思いますが、兄姉が東京芝1600m重賞で軒並み活躍しているエリモピクシーの産駒。阪神牝馬Sも7着とは言え0.1秒差でした。

 

<菊池> 藤原英昭厩舎もこのレースは得意ですよね。

 

【 弱み 】

 

<京介> だいぶ細身。目の前で馬体を見ると相当物足りない。そこまで大した馬じゃないから、適性を期待されつつ競り負け4着…もありそう。ここで見せ場を作って来年もうちょい体を増やして…という感じ。

 

<菊池> 兄姉みんなG1では3着止まり。メンツが強くないので人気になり、妙味は薄い印象です。

 

★総合評価:+4 (京介 +2 菊池 +2)

 

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

( アエロリット )

 

【 強み 】

 

<京介> 昨年は4着だけれども、安田記念で2着したわけだし、体調さえ整っていれば地力上位は明らか。マイル戦の持ち時計最上位。それと履歴をざっと見直すと、ちょろっと雨が降っただけでパフォーマンスを落とすと考えればいいわけだから、昨年の僅差4着負けって度外視してもいいような。

 

<菊池> 東京の16001800mがベストということは明らかですし、春の東京マイルG13回走って1・4・2着。さらに毎日王冠逃げ切りと、格は明らかな最上位ですね。

 

【 弱み 】

 

<京介> 結構大事に使われているけれども、鉄砲の時はパフォーマンスを落としがちで、詰めて使った叩き2~3戦目の方がパフォーマンスのピークが高い。腰砕けのような動きで出てくるぐらい半端な状態で、それでも勝ち負けに来るか?というのが今回の議題だと思う。ま、それでも足りていいと思うけど。

 

<菊池> 海外帰りで状態がどうか。年齢を重ねたせいなのかもしれませんが、これまで割と追い切りで速い時計を出す馬だったのに、やや地味にも映ります。

 

★総合評価:+4 (京介 +2 菊池 +2)

 

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

( ラッキーライラック )

 

【 強み 】

 

<京介> 誰しもが前回のレース内容は度外視していい、と見るでしょう。自分もそう思う。遅い流れで意外とコントロールが半端だった、と解釈したい。速い流れを強気で押し通す競馬にするなら。

 

<菊池> 直線のヨレ方もありましたが、道中でも不利がありかわいそうな競馬でしたね。8着とは言え0.2秒差ですし、悲観しなくても良いかと。

 

【 弱み 】

 

<京介> いやそれにしても、みんなオルフェーヴル産駒に期待しまくっているんだなあ。人気であれだけコケ続けているのに。今回も強気に行ったところで、ハイペース総崩れにハマってしまうかもしれないし、古馬レベルになると終いのキレがない、ということに気づいた方がいいと思うね。中山記念でウインブライトと接戦するんだから、適性が違うと思うなあ。

 

<菊池> チューリップ賞を最後に上がり最速を記録できていませんね。追い切りはやけに目立ちますが、オーバーワークになっていないか?当日のテンションは大丈夫か?パドックまで注意したいところです。

 

★総合評価:+5 (京介 +2 菊池 +3

 

~~~~

 

<菊池> では、穴馬を挙げましょうか。

 

( ソウルスターリング )

 

<京介> 府中牝馬Sの時に、え、あれだけ「もう終わった」というレース振りなのに引退しないの?引退しないのか…というイメージだった。まあレース中に骨折していたということだそうだけど。そもそも基礎は良いし、馬格もちゃんとあるから、気性の難しさが何かプラスに出て噛み合えば…というところなんでしょう。

 

<京介> ヴィクトリアマイルは昨年も出走していたけれども、おそらくは雨で集中力が切れて伸びきれず。だけどこの馬、超高速馬場の早い流れでビュンビュン飛ばすレースを好むんじゃないのかと思うんだよね。リピーター候補ではなくなったからマークは強烈に下がる。武豊騎手が呼ばれた経緯もまあ不思議だし、関係者は復活を期して何とかしようとしている。それと今年は、どんな馬を選んでもいいぐらいの混戦メンバーなので。

 

( フロンテアクイーン )

 

<菊池> やけに舐められそうですね。昨年の府中牝馬S3着は威張れる実績ですし、6歳にして重賞初制覇を達成。牝馬重賞では常に上位争いをできるレース巧者なので、流れ一つで出番があるのでは?

 

~~~~

 

※展望トーク時点での印

 

<京介>

▲ノームコア

▲カンタービレ

▲ソウルスターリング

▲プリモシーン

▲レッドオルガ

 

<菊池> 

◎プリモシーン

○ラッキーライラック

▲アエロリット

△レッドオルガ

☆フロンテアクイーン

 

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論は前日版コラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!

 

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ