金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね157 コメント18
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2019年7月  >
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
京王杯スプリングカップ2019展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~
2019-05-10 11:15:00
テーマ: 重賞展望トーク

JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。

※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!


京介も寄稿!『競馬の天才Vol.7』が発売中!

?content_type=blog&content_id=725&type=i

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07PQTXDGM



※推奨穴馬にご注目を!
推奨穴馬はレース毎に京介・グリグリ・オクノが1頭ずつ推奨中


<京都新聞杯>
サトノソロモン 6番人気3着 複勝480円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<大阪杯>
アルアイン 9番人気1着  単勝2220
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<阪神大賞典>
カフジプリンス 6番人気2着  複勝390
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<フラワーC>
ランブリングアレー 5番人気3着  複勝240
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<中山牝馬S>
フロンテアクイーン 5番人気1着  単勝1050
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<弥生賞>
シュヴァルツリーゼ 6番人気2着  複勝600
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<チューリップ賞>
シゲルピンクダイヤ 4番人気2着  複勝290
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<中山記念>
ラッキーライラック 6番人気2着  複勝240

?content_type=blog&content_id=725&type=i(※

<京都牝馬S>
デアレガーロ 9番人気1着  単勝3620
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<東京新聞杯>
レッドオルガ 5番人気2着  複勝240
?content_type=blog&content_id=725&type=i

京王杯スプリングカップ2019展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~ 

※木曜夜の展望トークです 

 

<菊池> 土曜の東京では京王杯SCが行われますので、こちらを展望していきましょう。

 

京王杯スプリングカップ展望

 

2018年京王杯SC回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50805160.html

 

<東京競馬場の天候について>

 

<菊池> 予報通りなら雨の心配はなさそうですね。先週の今週なので、安易に天気の話をしにくくなっていますが(苦笑)。

 

<京介> さすがにあれだけの気温上昇と好天の予報があったのに、急に雨が降る仕組みがあるんだと思うとなあ…。それでも先週と同様、今週末も雲一つない青空が予想されているね。25℃までググっと上がってくるらしいけれど。

 

<東京競馬場の馬場について>

 

<菊池> 良馬場なら速い時計が出る水準ですね。また、今週から仮柵が移動してBコース使用になります。

 

<京介> 先週はスタンドから直線の内ラチ沿いを見ると、まっさらで荒れた部分がほとんどなかったんだけど、思っていた以上に向正面から3コーナー前後でラチ沿いが荒れていて、そこは馬群が通過すると土煙が上がっていたようだね。外伸び傾向だったのは、その部分を通過するかしないか、が影響していたのかな?と思う。

 

<京介> 直線は全面的に芝の状況がいいはずなんだよ。Bコースに移動してその箇所が隠れるのならば、土曜日のうちは内側断然有利が復活するんじゃないか、と睨んでいるんだけれどもどうかな。

 

<京王杯SCのレース傾向について>

 

▲前走から斤量減

→[54331]、単勝回収率156%・複回収率157%

  前走がハンデ戦やGⅠで、今回軽くなると◎!

 

▲前走が芝1600mで1~3番人気

→[51112]、適性外なのに人気だった馬が巻き返す。

前走ダービー卿CT&東京新聞杯組に期待。

 

▲前走がGⅠ・GⅡに出走の関東馬

→上記かつ、芝1400mで1着経験があると[40115]

  さらに5歳以上だと[4018]に!人気薄も注意。

 

?1番人気

→[1009]、特に傾向も見られず淡々と消える。

過去10年で7回が3連複万馬券。

 

×同年の阪急杯勝ち馬

 →[0005]、このうちの4頭は1番人気。全く繋がらず。

1400m重賞なのにリピート好走も全くない!

 

?1枠と8枠

1枠[01214]の好走は2~3番人気のみ。2枠も1着なし。

8枠[02024]で極端な枠は割引が必要。

 

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」のツボ』掲載データより抜粋)

 

<京介> そういえば確かに、リピート好走がないレースだよね。昨年超絶レコードを記録した立役者のムーンクエイク&キャンベルジュニアは、昨年のレースを最後にまともなパフォーマンスを出していない。安田記念の前哨戦なのに、その役に立っていない印象はあるよなあ。レースの質やベクトルが明後日の方向で特殊過ぎて、しかも疲れやダメージが尾を引いてしまうのならば、リピーターが生まれにくいのもちょっとわかるけれど。

 

<京介> 近年は、よりスピードを求められる傾向になっているためか、「脚長+大トビ+パワー」全てで威張れるタイプの好走が多いように思うね。大味な競馬OKで、450kg以下の小柄な馬では大苦戦中。ざっくりノーザンダンサーの濃い血が頑張っていることにも注意したい。

 

<例年と比較して気になるポイント、展開予想など>

 

<菊池> 今年は16頭立てになりました。マイル路線・スプリント路線から主力級の出走はなく、格という面ではやや物足りないですかね。

 

<京介> 全体としては重賞連敗中の馬がやたらと目立つよね。前回快勝のスマートオーディンと、連勝中のトゥザクラウンに衆目が集まることになると思う。となれば、池江泰寿厩舎の2頭が逆脚質なのに人気ということか。

 

<京介> ただし藤沢厩舎は今年も元気に3頭出し。まあ、藤沢厩舎はいつも春の東京開催に大攻勢をかける厩舎だけれども。須貝尚介厩舎も、池江厩舎の2頭に比べるとちょっとスケールダウン?とは思うけれど、逆脚質の2頭で出走。レベルが妙に落ちてくると、多頭数出しが微妙に増える現象があるのかな?

 

<菊池> 逃げ候補はトゥザクラウンでしょうか。1000mを使ってきたブロワがハナに立つというパターンもないことはないかもしれませんが。

 

<京介> テン争いということで言うと、トゥザクラウンは敢えて抑え込まず4コーナー手前から急いでぶっ放す仕掛けをしていることが多い。ブロワが一旦先頭に立ったとしても、ペースを落とすような小細工をするようならば、とっとと交わす…という流れになるかな。福永祐一騎手が騎乗して、東京芝1400mを1分196で走破しているから、多少雑でも強気に行くと思う。

 

<京介> とは言え、メンバーは一応強化されてはいるし、昨年のように119秒台で走れば圧勝というわけにもいかない。もう馬込みがダメだとわかったロジクライが途中から制圧してくることも十分考えられるし、展開も密になる。

 

<京介> ポイントとしては、枠順を気にしたいかな。昨年のキャンベルジュニアのように、果敢に先行すべき馬が外枠に入ると、序盤の不利分を挽回しようと展開を大きく動かしに行くよね。結果、仕掛けを早める効果がある。

 

<京介> トゥザクラウンはずっと横並び併走の形、直線横一線となるだろうから、坂上でもう一段ギアを上げられるのは大抵追い込み馬だと思う。さて、当日の馬場傾向に上手く乗っかって競馬ができるのはどの馬か、ということになるだろうね。

 

 

<菊池> では、人気が予想される上位3頭についてお願いします。

 

( トゥザクラウン )

 

【 強み 】

 

<京介> 何よりも2走前の走破時計が優秀。大柄で体型も中距離質だったのに、距離を縮めてパフォーマンスを大きく上げてきた。福永騎手がちょうどいいタイミングで騎乗できたので、この馬の特性をちゃんと理解しながら乗れるというのも大きい。

 

<菊池> 500キロ超級の大型馬・巨漢馬が強いレースですが、上位争いをできるだけの馬格がしっかりありますね。

 

【 弱み 】

 

<京介> 自分は仮柵移動で内が復活すると思っているんだけど、先週の外伸び傾向のままだったら、大味な先行馬としてはちょっとどうかなと。母トゥザヴィクトリーの仔で1400m以下の短距離を走らせたのがこの馬しかいないから、オープン級の相手でパフォーマンスが上がるのかどうかちょっとわからないんだよね。

 

<菊池> 過去10年で見ると、4角1番手[0・1・1・8]、2番手[2・0・2・8]なんですよね。逃げやそれに準ずる脚質は人気で案外脆くて。

 

<京介> あと、飛節がちょっと緩い巨漢馬だから、昨年のキャンベルジュニアのように、凄くいい走りをしたとしても最後の競り合いには弱そう。

 

★総合評価:+4 (京介 +2 菊池 +2)

 

( サトノアレス )

 

【 強み 】

 

<京介> 昨年の3着馬で、この馬と相性の良い柴山雄一騎手騎乗。いっとき落ち目になったけれども、東京新聞杯を見る限り持ち直してきたかな。昨年と同じぐらいのパフォーマンスは出してくれそうだけど。

 

<菊池> 安定してIDM70くらいは走りますよね。昨年の安田記念は豪華メンバーを相手にあわやのシーン。格は最上位だけど56キロで出走できるのも有利に思います。

 

【 弱み 】

 

<京介> リピート好走が発生しにくいレースなんだよね確かに。そして外伸び馬場を期待して評価したとしても、柴山雄一騎手はこの馬でイン突きしかしていない。内が狭いのに&外が伸びている日なのにイン突き徹底、ということになりそうだけど。多分同厩舎のタワーオブロンドンの邪魔をしに行かないのでは?

 

<菊池> 昨年が大外一気で届かず3着。馬場が理由で届かないという結果は多々ありそうですね。

 

★総合評価:+3 (京介 +1 菊池 +2

 

( タワーオブロンドン )

 

【 強み 】

 

<京介> 結局3歳のうちに1400mを使ってくれなかったなあ。やっと使ってきたね。1600mでどうしてもソラを使ってしまうようだけれども、それも体のパーツに対して距離が長いからではないか、と思うよ。

 

<菊池> 距離短縮に賛成なのは同じくです!スローの上がり勝負より、スピード持続力を求められるレースの方が合うはず。レーン騎手に乗り代わりとなりますが、ルメール騎手を確保していた一頭。

 

<京介> ずっと蹄が弱い馬だけれども、東京新聞杯ではエクイロックスをしていなかった。3歳の時に無理せずかなり大事に使ってきた分、一介の早熟馬では終わらないはず。

 

【 弱み 】

 

<京介> まだ古馬重賞での実績がない馬なのに、あまりに過剰人気…(苦笑)。いやいや、サトノアレスよりも2歳時の履歴は下なのにねえ。普通今回のメンバーに入れても5番人気程度でしょう。基本揉まれ弱いし、この距離ですらソラ使うかもしれないのに。

 

<菊池> その点も全く同意です(苦笑)。とにかくいつも人気で妙味がない。

 

★総合評価:+3 (京介 +2 菊池 +1)

 

~~~~

 

<菊池> では、穴馬を挙げましょうか。

 

( エントシャイデン )

 

<京介> 決して馬体が良いとは思えないカリカリの状態で3連勝。明け4歳馬だし、これはもっと良くなると思う。前走の阪急杯は、久々の1400mということもあるけど外枠を上手く処理できなかった。あまり外回さないで進もうと坂井瑠星騎手が考えたのか、スマートオーディンの仕掛けについて行かず真ん中を突こうとして直線ずっと壁。外に持ち出すのも遅れて仕掛け損ね、という内容。

 

<京介> 力が足りそうな様子は確かにあったから、今回は巻き返しがあるかな?と。田辺騎手は前の中山開催が酷くて信頼が地に落ちかけたけど、この東京開催は相当巻き返している。人気がかなり落ちるなら注意したい。

 

( ロードクエスト )

 

<菊池> 大外一気タイプが多いので今回は1400mでもそんなに位置は悪くならないかもしれないですね。また、馬群を割れるタイプも多くない印象で。馬格の面でやや不安ですが、久々のM.デムーロ騎手騎乗という点も含めて加点材料が多い印象です。

 

~~~~

 

※展望トーク時点での印

 

<京介>

◎スマートオーディン

○トゥザクラウン

▲リナーテ

▲エントシャイデン

△タワーオブロンドン

△キャナルストリート

 

 

<菊池> 

○サトノアレス

▲トゥザクラウン

☆ロードクエスト

☆スターオブペルシャ

☆キャナルストリート

 

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論は前日版コラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!

 

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ