金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね161 コメント19
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2020年2月  >
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
大阪杯2019展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~
2019-03-29 10:13:00
テーマ: 重賞展望トーク

JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。

※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!


京介も寄稿!『競馬の天才Vol.6』が発売中!

?content_type=blog&content_id=725&type=i

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07PBVCDBJ


※推奨穴馬にご注目を!
推奨穴馬はレース毎に京介・グリグリ・オクノが1頭ずつ推奨中


<阪神大賞典>
カフジプリンス 6番人気2着  複勝390
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<フラワーC>
ランブリングアレー 5番人気3着  複勝240
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<中山牝馬S>
フロンテアクイーン 5番人気1着  単勝1050
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<弥生賞>
シュヴァルツリーゼ 6番人気2着  複勝600
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<チューリップ賞>
シゲルピンクダイヤ 4番人気2着  複勝290
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<中山記念>
ラッキーライラック 6番人気2着  複勝240

?content_type=blog&content_id=725&type=i(※

<京都牝馬S>
デアレガーロ 9番人気1着  単勝3620
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<東京新聞杯>
レッドオルガ 5番人気2着  複勝240
?content_type=blog&content_id=725&type=i

大阪杯2019展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~ 

※木曜夜の展望トークです 

 

<菊池> 日曜の阪神では大阪杯が行われます、こちらをメインで展望していきましょう。

 

大阪杯展望

 

2018年大阪杯回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50803529.html

 

<阪神競馬場の天候について>

 

<菊池> 今週末は金土日と降水確率30%ほど。道悪の心配はなさそうですね。

 

<京介> 土曜日にちょっと降るのかな?雨マークがあるようで1日ずっとどんよりした天候みたい。日曜日の晴れ方が半端だったら、渋った状況が残るかも知れないね。

 

<阪神競馬場の馬場について>

 

<菊池> 先週までAコース使用で、今週からBコースになりますね。

 

<京介> 馬場が速くなるよな、と予想しても阪神だけは馬場のレベルがあんまり変わっていなかったね。Aコースの最後の週までラチ沿いにみんな殺到する競馬が続いていたけれども、馬群が外に張り出したりせず、フラットかやや内有利の馬場だったということ。そこから仮柵が移動するなら、あんまり傾向は変わらずに済むんじゃないかと予想するけれども。それよりも雨がどれぐらい影響するか。

 

<大阪杯のレース傾向について>

 

※G2時代との合算で過去10回を集計

 

〇前走がGⅠ・GⅡの4~5歳馬

その前走が1着か0.5秒以内の敗戦なら[76520]

  6歳以上は[13557]。1~2着は若い馬!

 

◎1番人気

→[4321]、別定G時代からほぼ紛れず。堅い傾向。

  2番人気[2115]、絞って当てるレース。

 

△前走が金鯱賞

→旧・中日新聞杯はGⅡ大阪杯と相性悪かったが一変。

18年は1着馬を、17年は2着&3着を輩出。

 

?1~2枠

1番人気1頭&2~4番人気が計6頭で、[00221]

外枠有利傾向の一方、内枠で揉まれるのは×。

 

?母の父がサンデーサイレンス

→[02118]、父サンデー系優勢。母父だと来ても2~3着。 

父キングカメハメハ[00113]も不調の色濃く。

 

?前走が逃げ(最初のコーナーで1番手)

 →[01010]。4歳時のキタサンブラックですら2着に敗戦。

内回りながら差し有利の展開になりやすく逃げ不利。

 

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」のツボ』掲載データより抜粋)

 

<京介> G1に昇格して2年、ただ上がり性能が高ければ何とか間に合うようなレースじゃないというのはぼんやりと見えてきたね。東京20002400mで弾けるから東京G1で勝てるタイプが、ここではイマイチハマらない。後手を踏んで4コーナーで大外を単純に回るような戦略では良くないので、機動力が必要になるし、チョイ内枠を引いて立回り上手なタイプに期待を寄せたいレースでもある。

 

<京介> 3月に移動した金鯱賞が、このレースの役に立っているというのも、注目すべきポイントだね。

 

<例年と比較して気になるポイント、展開予想など>

 

<菊池> 14頭立てになりました。フルゲートは埋まらなかったうえに、ドバイ週と被っている割には、現状のほぼベストくらいのメンバーになりましたね。

 

<京介> ドバイと割れたとしても、現状日本にはこれぐらい良いタレントが揃っていると解釈したいね。とても良い事だと思う。

 

<京介> ある程度上位騎手がドバイ遠征に付き合わされていなくなってしまうけれど、それでもこのレースはお見事と評価できる騎乗が激走に絡んでいるし、高いレベルで戦える騎手じゃないと勝負にならない。その点も注意したい。

 

<菊池> 展開面はキセキの逃げですかね。ダンビュライトやエポカドーロが番手でしょうか。松若騎手は京都記念の時に、誰も行かないなら行くという宣言をしていましたね。

 

<京介> 前回乗り替わりになって中途半端な結果になったアルアイン、2番手を譲って決め手に欠いたエポカドーロは、もっと積極果敢に行くのかな。先行勢が前走のままの競馬では、キセキがだいぶ楽に行けてしまうのでは。

 

<京介> キタサンブラックがいた年も、別に途中からペースアップを積極的に仕掛ける動きはなかったし、先行馬が複数いるメンバーであれば、あまり途中で仕掛ける動きはなさそうなんだよね。スタートを決めて先行集団の後ろにいること、道中下手に詰まらず直線までちゃんと脚を残しておくこと、これをイメージできる内~中枠の差し馬を考えたい。

 

<菊池> では、人気が予想される上位馬5頭についてお願いします。

 

( エアウィンザー )

 

【 強み 】

 

<京介> 昨年秋からの充実ぶりはなかなかのものがあったと思うし、金鯱賞もいいパドックだったね。ここでも瞬発力は足りると思うよ。

 

<菊池> 前走は強い相手にぶつけられましたが、よく食い下がりましたね。G1級でもそれなりにやれることを証明しました。

 

<京介> 阪神芝が4勝2着2回とパーフェクト。右回りの方がいいというのはあるだろうね。

 

【 弱み 】

 

<京介> あそこまで上手く乗っても、リスグラシューを交わせないのか~。G1勝ちきるには混戦じゃないとなあ。今年はチャンスがあってもいい年だけど。

 

<菊池> ドバイ国際競走の週なので仕方ないですが、今回は乗り替わり。3走前に勝っている浜中騎手なのでテン乗りではないのですが。

 

★総合評価:+4 (京介 +2 菊池 +2)

 

( ペルシアンナイト )

 

【 強み 】

 

<京介> 昨年の2着馬であり、前回は久々の左回りに戸惑ったのかな?あんまり良いパフォーマンスではなかったね。まあ、叩いて良くなる馬だから今回も。

 

<菊池> 右回りのコーナー4つ・2000mのG1で二度の2着。個人的にはベスト条件だと見ています。

 

【 弱み 】

 

<京介> 昨年よりもメンバーが強いのは間違いないかなあ。それで人気を集めるというのがあまり良くない材料。できれば内枠というより、内枠引かないと信頼度欠くと思う。

 

<菊池> そうですね。馬群を突けるのが強みなので、その点を活かせる枠でないとあまり意味がないというのは同意です。

 

★総合評価:+5 (京介 +2 菊池 +3)

 

( ワグネリアン )

 

【 強み 】

 

<京介> まあ、体調が本物ではなかったということで、神戸新聞杯の後休養に入ったんだろうし、その選択が正しかったことを証明して欲しい。負かした馬がことごとく古馬で好走している4歳世代でもあるし。成長力には期待したいね。

 

<菊池> 早い段階で直行が決まっていて、明らかに不利なローテになるのに人気が落ちないのは高いトレセン評価があってこそ。

 

【 弱み 】

 

<京介> 常識的には難しい場面だけれども…。2000mではなく、2400mの方がいいパフォーマンスを出していて、ハイペースの流れであまり良い競馬ができていない。流れも合わないんじゃ?

 

<菊池> 言うまでもなく厳しいローテに厩舎もドバイで勝負の週。相手も揃っており、いきなり好勝負とは?

 

★総合評価:+1 (京介 +1 菊池 +0)

 

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

( キセキ )

 

【 強み 】

 

<京介> やっぱり天皇賞(秋)のパフォーマンス、走破時計が本当に優秀。体調の良い状態で臨めれば、例年の勝ち負け水準で走れる馬でしょう。Bコース移動直後の週で、内ラチ沿いが有利なら。

 

<菊池> 有馬記念は秋4走目だったので仕方なし。早くからここに直行のローテで川田騎手を確保。展開利も大きいでしょう。

 

【 弱み 】

 

<京介> 雨が降って渋るのは、他の馬に有利な状況と言えそう。質のいいスピードの高い大トビだからなのか、外回り条件の方が成績は圧倒的に良くて、小回りや内回りの成績が全然ダメというのは気がかり。すみれSを負け、有馬記念で3着に残せないタイプ。

 

<菊池> 跳びの大きい走法で内回りでパフォーマンスを下げるんですよね。その点が最も気掛かり。

 

★総合評価:+5 (京介 +2 菊池 +3)

 

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

( ブラストワンピース )

 

【 強み 】

 

<京介> 有馬記念勝ち馬というのも評価は単純に高くなるけど、新潟記念を制しているようにある程度の時計勝負は足りる。鉄砲の不安は全くないと見ていい。土曜日の雨で渋るのはプラスだろうね。

 

<菊池> ダービーが2番人気で菊花賞が1番人気。世代の中でもトップ級の評価を受けてきた馬で、有馬記念を勝ったように地力も十分に見合うものですね。

 

【 弱み 】

 

<京介> 足元にいろいろ不安があって、しかも馬力があり過ぎる超大トビ。あんまり機敏に動けないし、内回りコースの混雑するG1は苦手そうだなあ。宝塚記念へのひと叩きぐらいにイメージしたいけど。

 

<菊池> 単純に道悪の有馬記念で底力勝負を制した馬が、マイルも走れる馬たちを相手にスピード負けするんじゃないか?という心配があると考えます。前走みたく外を回して間に合うイメージができず、少なくともキセキとは逆転するんではないでしょうか。

 

★総合評価:+1 (京介 +0 菊池 +1)

 

~~~~

 

<菊池> では、穴馬を挙げましょうか。

 

( ステルヴィオ )

 

<京介> 脚もやや短めで、肉付きが短距離馬のようになってきたけれども、それでもステルヴィオは単純に総合力や瞬発力が高い馬だと思う。そもそもずっとルメール騎手が騎乗して、ダービーにまで挑戦していた馬だから。体型的に嫌われる分、今回人気が落ちるのは確実。

 

<京介> 昨年は2000mをキチンと勝っていなかったペルシアンナイトのマークが落ちていたけれど、それと似ていると思うんだよね。ステルヴィオも2000mを勝ってない。皐月賞でも好走はしていない。だけども、この馬は安田記念より大阪杯の方が好走の質が合うんじゃないかな。前哨戦をいい形でこなしたし、丸山騎手もここ一番の騎乗を見せるべきアピールの場。

 

( アルアイン )

 

<菊池> 大型馬の叩き2走目。前走は土曜の最終レースで落馬した北村友一騎手から、柴山雄一騎手への乗り替わりで力を発揮できませんでした。今回の方が前進の可能性を感じさせるのに、人気落ちというタイミングで。

 

~~~~

 

※展望トーク時点での印

 

<京介>

▲サングレーザー

▲ステルヴィオ

▲スティッフェリオ

▲エアウィンザー

 

<菊池> 

○キセキ

▲アルアイン

▲ペルシアンナイト

△エポカドーロ

△エアウィンザー

 

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論は前日版コラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!

 

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
TOP