金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね153 コメント17
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2019年3月  >
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
金鯱賞2019展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~
2019-03-08 11:17:00
テーマ: 重賞展望トーク

JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。

※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!


京介も寄稿!『競馬の天才Vol.5』が発売中!

?content_type=blog&content_id=725&type=i

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07N3X7KX9


※推奨穴馬にご注目を!
推奨穴馬はレース毎に京介・グリグリ・オクノが1頭ずつ推奨中



<弥生賞>
シュヴァルツリーゼ 6番人気2着  複勝600
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<チューリップ賞>
シゲルピンクダイヤ 4番人気2着  複勝290
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<中山記念>
ラッキーライラック 6番人気2着  複勝240

?content_type=blog&content_id=725&type=i(※

<京都牝馬S>
デアレガーロ 9番人気1着  単勝3620
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<東京新聞杯>
レッドオルガ 5番人気2着  複勝240
?content_type=blog&content_id=725&type=i

金鯱賞2019展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~ 

※木曜夜の展望トークです 

 

<菊池> 今週は大阪杯に向けて重要な一戦である金鯱賞が行われます、こちらをメインで展望していきましょう。

 

金鯱賞展望

 

2018年金鯱賞回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50802701.html

 

<中京競馬場の天候について>

 

<菊池> 週中にも雨がありましたが、日曜も雨予報が出ています。

 

<京介> 開幕週なのに中京は雨が怪しいのか。土曜日までは晴れるんだけど、もう日曜日は確実な雨模様のようだね。果たしてどれぐらい降るのやら。

 

<中京競馬場の馬場について>

 

<菊池> 2回中京もAコース使用で始まります。

 

<京介> 1月の開催は、そこまで内が悪化することはなかったよね。最終週になっても最後のレースまでも逃げ馬が連対していたほど。ある程度踏みこなれる程度で、走りにくいほどに荒れたわけではなかった。

 

<京介> 休ませたのはせいぜい1ヶ月だし芝もそこまで伸びてはいないだろうけど、特に内の悪さを気にすることはないと思う。ただ、雨がねえ。降り出すタイミングが問題。

 

<金鯱賞のレース傾向について>

 

▲キングカメハメハ産駒

→ヤマカツAの大活躍に加え、17年は13番人気馬が3着。

ディープ産駒の好走は単オッズ10倍未満のみ。

 

〇池添謙一騎乗馬

→のべ3頭で[3100]、単複回収率402%170%

  複穴は複勝回収率440%の丸田恭介[0110]

 

▲前走がハンデ重賞で5着以内

→[2217]、単複回収率135%&複回140%。人気より走る。

前走のハンデが57.5キロ以上だと[1010]

 

?大手クラブ馬主の所有馬

キャロットF[0007]、サンデーR[0005]

社台RH[0002]。シルクは[1101]

 

M.デムーロ騎乗馬

→[1013]、平均3.4人気で平均5.2着とイマイチ。

武豊[0013]、こちらも人気の割に×。

 

?単勝オッズ30倍以上

 →[01135]。別定GⅡらしく堅く収まる傾向。

過去6回中5回が3連単1000倍以下。

 

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」のツボ』掲載データより抜粋)

 

<京介> 開催時期が3月に移ってからヤマカツエースが連覇したけれども、中京の芝2000mはまあまあスタミナが必要だというのと、案外リピート好走が多い。中京で全然ダメな馬はホントにダメで、このレベルの重賞になると良く分からない追い込み馬は期待しない方がいい。

 

<京介> 開幕週のレースということもあるけれど、逃げあるいは2番手に収まれば、実力が足りなくても前で残せる。大阪杯の前哨戦のつもりでも、差し馬があまり良い状態じゃない、というのは影響していそう。

<例年と比較して気になるポイント、展開予想など>

 

<菊池> 13頭立てですが、メンツは揃いましたね!G1馬が5頭、重賞連対のない馬はいません。

 

<京介> うーん。何だかヤマカツエースが連覇していた頃とは全く別のレースみたいだよ。国内G1の大阪杯と海外遠征(主にドバイ)が選択肢に入ったことで、G1級の馬にとって使いやすいレースになったということだね。だけどこれ、メンバーが本当に凄いな。

 

<菊池> 中山記念もそうでしたが、次走に向けてのステップである馬。次走に海外遠征を控えている馬もいます。

 

<京介> ここを使ってくるG1級は、確かにみな同じ事情。重賞勝ちが欲しい格下の馬が、どう出てくるのかがポイントの一つかな。

 

<菊池> 逃げるのはタニノフランケルでしょうか。アルアインやダノンプレミアム、ギベオンあたりがその後ろの好位勢となりそう。

 

<京介> ダノンプレミアムは出方が難しいね。徐行運転から入りそうで、確実に2番手を取るとも限らないと思う。だけどタニノフランケルの逃げと、アルアインとギベオンは計算できそう。

 

<京介> 中京2000mは、長い直線で確かに挽回が効くけれども、中京の坂でも脚を伸ばせるタイプじゃないとなかなかエンジンが掛からない。かと言って道中捲って動くのも難しいし、だいたい残り5~4F目でペースダウンしやすい。新潟外回りは4~5Fロングスパート勝負になるけれども、中京は先行集団に圧が掛かりにくく、3F勝負になりやすい。

 

<京介> 中京芝2000mの下級条件はかなりカオスなのに、上級条件になると先行馬も折り合いの問題がなく2000mをキッチリ走り切る体力はそもそも備えている。なので、ペースをコントロールしやすい。

 

<京介> ある程度タニノフランケルのマイペースになって、後半3F34秒前半で粘ってしまうけど、それを強烈な上がり脚で差し切れる馬が3~5頭いるかどうか、という決着になるんじゃないかな。

 

<菊池> では、人気が予想される上位馬5頭についてお願いします。

 

( ペルシアンナイト )

 

【 強み 】

 

<京介> 積極的に2000mを使うことはないんだけど、皐月賞と大阪杯で連対できるなら底力は折り紙付き。デムーロ騎手騎乗も大きい。

 

<菊池> マイル戦でもやれますが、2000mの2戦が高いパフォーマンスでしたね。今年は大阪杯が勝負でしょう。

 

【 弱み 】

 

<京介> まあ、ホントに鉄砲の反応が悪い馬だから…。通過順もたいてい1桁台で通過しているけれど、スタートはイマイチだしそこまで強烈な上がりも出ない。さらに左回りは苦手な方。

 

<菊池> 全く同意です。叩き良化型+左回りでややパフォーマンスが落ちる。ここは昨年のような叩き台から大阪杯での前進に期待。次走は本命候補ですが、今回は“消さない”くらいの扱いで。

 

★総合評価:+2 (京介 +1 菊池 +1

 

( リスグラシュー )

 

【 強み 】

 

<京介> 早熟かと思いきや、古馬になってもどんどん馬体重が増えたように新たに幅が出て、ちゃんと成長してきた。モレイラ騎手による初G1制覇もあるけれど、馬自身の性能アップがあったことも確か。

 

<菊池> こちらは気の良いタイプで休み明け初戦から常に力を出せる馬ですね。

 

<京介> 追い切りは相変わらずバリバリ動いているし、休み明けはいつも安定している。2000mも問題はない。

 

【 弱み 】

 

<京介> シュタルケ騎手初騎乗だけれども、近5走の競馬を見てどういう騎乗をするんだろうか。あまりに後ろに控えすぎるとダメなんだけど…。ちょっと頼りないかなあ。

 

<菊池> ドバイ遠征を控えているのを考慮すると、そんなに積極的に推したい存在ではないですね。個人的には中山記念と同じ方針で戦いたいので、どうしても重い印は打ちにくいと思っています。

 

★総合評価:+3 (京介 +2 菊池 +1)

 

( アルアイン )

 

【 強み 】

 

<京介> いきなりからでも走れるタイプで、休み明けは全く大崩れしない。北村友一騎手はホント上手くやっていると思う。今回は隊列有利も見込める。

 

<菊池> 一線級に入るとキレは乏しいもののスピードと立ち回り性能が武器のタイプ。他場の2000mより体力の要る中京2000mでは、中山2200mや京都2200mでの連対実績も強みになると考えます。

 

【 弱み 】

 

<京介> どうしても腰が甘すぎて、何かしらにいつも差されてしまう。バシッと弾ける上がり脚を使えるタイプじゃないから、どんなものかなと。

 

<菊池> 詰めが甘いので仕掛けどころも難しいですよね。今回は逃げ馬を捕まえる仕事も担う分、誰かに差されてしまうという心配はあります。

 

★総合評価:+6 (京介 +3 菊池 +3

 

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

( ダノンプレミアム )

 

【 強み 】

 

<京介> 中内田厩舎は中京を全体的に得意としているんだけど、この2000mもかなり良い。ちゃんとスタミナのいいタイプを出しているし、どんな馬も立ち回りに不安がない。

 

<菊池> ダービーの敗戦がショッキングでしたが、当時は皐月賞を回避した後でした。今回は、秋に無理せずにじっくり立て直してのココ。脚元に問題なければ休み明けで割引かなくて良いタイプであると考えます。

 

【 弱み 】

 

<京介> いやさすがに人気するのはどうかと…。長く活躍できるような肉付きのタイプじゃないし、2歳で活躍して3歳で足元に不安でて長く休んだ馬なんでしょ。もう一回り成長あるのか?というと…。

 

<菊池> 確かに思ったより人気が落ちない点は不満ですね。ただ、推し材料で述べたように、今回はチャンスが大きいと思っています。世間バレは最近の傾向から仕方ないので、ポジティブな材料くらいに捉えるしかないのかな。

 

★総合評価:+4 (京介 +1 菊池 +3)

 

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

( エアウィンザー )

 

【 強み 】

 

<京介> 前走は強烈な強さだった。若い頃に無理をしなかったのが良かったのかな、古馬になっての充実ぶりが凄い。2000mは歓迎でしょう。

 

<菊池> ようやく素質に気性や体が追い付いて来た、ということですよね。チャレンジCの内容からここで人気するのも納得はできます。母エアメサイア・全兄エアスピネルを知り尽くす武豊騎手とのコンビ復活もポジティブな材料でしょう。

 

【 弱み 】

 

<京介> 今回のメンバーで人気し過ぎるのはどうかと思うね。まだまだ格下なのに。あと、中竹厩舎で連勝してきたから、角居厩舎に戻って変なアヤが付かないかちょっと心配がある。武豊騎手なのもうーん…。強いとは思うんだけど。

 

<菊池> 角居厩舎の厩舎ランクが水色まで落ちていますよね。出走数の割に好走が付いてこない…。これは少し気になる材料。

 

★総合評価:+6 (京介 +3 菊池 +3)

 

~~~~

 

<菊池> では、穴馬を挙げましょうか。

 

( タニノフランケル )

 

<京介> 過去の金鯱賞を見ても、前に行く馬がだいぶ楽できるというのがこのレースの特徴。アルアインも後ろばかり気にして、いい気分で逃げている馬を放置するんじゃないか。

 

( モズカッチャン )

 

<菊池> 有馬記念はスタミナ勝負になったうえに、当日の芝は馬場悪化もあって外を通った馬に有利な傾向でした。結果的に内枠が仇となっての敗戦。で、今回は距離短縮でほぼベストの2000mになるうえに当時より人気がないと。休み明けより使いつつの方が良いのは確かですが、有利な材料もありますよね。

 

~~~~

 

※展望トーク時点での印

 

<京介>

◎エアウィンザー

○タニノフランケル

▲アルアイン

△リスグラシュー

△ギベオン

 

<菊池> 

〇アルアイン

〇エアウィンザー

〇ダノンプレミアム

▲モズカッチャン

△ギベオン

△リスグラシュー

 

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論は前日版コラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!

 

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ