金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね156 コメント18
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2019年5月  >
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
中山牝馬ステークス2019展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~
2019-03-08 09:23:00
テーマ: 重賞展望トーク

JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。

※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!


京介も寄稿!『競馬の天才Vol.5』が発売中!

?content_type=blog&content_id=725&type=i

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07N3X7KX9


※推奨穴馬にご注目を!
推奨穴馬はレース毎に京介・グリグリ・オクノが1頭ずつ推奨中



<弥生賞>
シュヴァルツリーゼ 6番人気2着  複勝600
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<チューリップ賞>
シゲルピンクダイヤ 4番人気2着  複勝290
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<中山記念>
ラッキーライラック 6番人気2着  複勝240

?content_type=blog&content_id=725&type=i(※

<京都牝馬S>
デアレガーロ 9番人気1着  単勝3620
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<東京新聞杯>
レッドオルガ 5番人気2着  複勝240
?content_type=blog&content_id=725&type=i

中山牝馬ステークス2019展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~ 

※木曜夜の展望トークです 

 

<菊池> 土曜の中山では中山牝馬Sが行われますので、こちらを展望していきましょう。

 

中山牝馬ステークス展望

 

2018年中山牝馬S回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50802676.html

 

<中山競馬場の天候について>

 

<菊池> 一応、木曜時点の天気予報では何とか雨も大丈夫そうですかね。

 

<京介> 今週末は晴れ続きのようだね。一応、東京では木曜日にちょいと雨が降ったんだけど、中山競馬場周辺では大したことがなかったようで。金曜日、土曜日ともに昼過ぎに最高気温が14℃前後になるらしいし、そろそろ春らしさを感じる季節になってくるかな。それと同時に花粉が心配になるけれども…。

 

<中山競馬場の馬場について>

 

<菊池> 先週は雨の中の競馬になりました。芝の傷みは一気に進んだでしょうね。

 

<京介> これねえ。だいぶ心配だわ。日曜中山後半に一気に悪くなった。メイン、12Rは外差し同士の決着。内が相当悪くなった証拠。ラチ沿いはだいぶ掘れていたしねえ。見た目は一気に悪くなるだろうしなあ。

 

<京介> どんだけ週中に補修作業をしたのか、土日の開催中に馬場を直しに人員を割くのかは見ておきたい。

 

<中山牝馬Sのレース傾向について>

 

〇ハンデ5354キロ

前走が0.9秒以内の敗戦なら[64329]。ほぼ毎年好走。

上記かつ5歳以上なら[54318]

 

▲キングカメハメハ産駒

→[2116]。昨年は4頭不発も単複回収率は302%227%

  5歳が好調で[2102]、6歳だと[0014]

 

▲前走がオープン特別で1~2番人気

→[2103]、サンプル少ないが2年連続で1着は同パターン。

  牝馬限定戦以外の重賞に出走していた馬も2勝。

 

×前年のエリザベス女王杯以来となる関西馬

2番人気が3頭いて[0008]の危険なローテ。

関西馬は年明け2戦目以降でないと×。

 

?吉田照哉氏所有馬

1番人気2頭、2番人気1頭がいて、[0006]

>社台RH名義も[0028]でイマイチ。

 

×1枠

1~3番人気含め[00214]、近年は8枠が巻き返している。

2枠は3勝。単純な内不利ではなく最内枠が苦戦。

 

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」のツボ』掲載データより抜粋)

 

<京介> エリザベス女王杯帰りの馬は、どうしてもモノが上に見えるからパドックで見比べると「評価はやっぱり入れておかないとなあ…」と思うんだけど、本当に来ない。そもそも斤量を背負わされる牝馬が、この小回りコースだと信頼に足らない。ここを始動戦にすること自体が怪しいことだし、デキも本物ではないんだろうね。

 

<京介> 前走大きく敗れた馬が適性やら調子の差で巻き返すレースだけれども、G2~G3で大敗した馬が巻き返すのではなく、むしろ格下のレースでしょうもない負けを喫した馬でも勝ち負けまで来る重賞。特に牝馬の中距離重賞路線が整備されてから、なおさらレースの格が落ちたのではないかと思う。ターコイズSや愛知杯帰りの馬じゃなくても走れるのは気を付けたい。

 

<例年と比較して気になるポイント、展開予想など>

 

<菊池> 14頭立てとなりました。近走好走馬や近走で人気になった馬も多いですね。

 

<京介> いやいや、最近の中では馬柱がかなり良い方なんじゃないの?2~3年前と比べて雲泥の差でしょ。

 

<菊池> 展開のカギを握るミッキーチャームが人気になりそうです。クロコスミアもいますが、キャラ的にはミッキーチャームの方が逃げたいクチですが、カワキタエンカもいると。

 

<京介> カワキタエンカの方が突っ張って行きそうだけどねえ。これは枠順次第かな?お互いの性質、気性を考えるとホントに1コーナー2頭雁行で行ってもおかしくないぐらいだな。

 

<菊池> 2頭のどちらがハナを切るか、そしてその後にクロコスミアやランドネということになるでしょうか。

 

<京介> そうだね。ランドネはミッキーチャームより遅そうとは思う。言われてみたらクロコスミアもランドネも、好位で我慢できるフリはしているけれど、早め先頭に立った方がいいタイプではある。

 

<菊池> 流れが落ち着く可能性は低そうな印象を受けます。

 

<京介> カワキタエンカとミッキーチャームがお見合いするなら、ランドネが捲って欲しいわ。このメンバーで1000m通過60秒超えるとか、まずないと思う。

 

<京介> ポイント…は特にないか。高齢馬が多いのは気がかりだけれども、このレースはスタミナ優勢で高齢馬有利だし。あと、当日の馬場傾向は注意したい。大外回しが届く芝なのかは確認すること。

 

<菊池> では、人気が予想される上位3頭についてお願いします。

 

( アドマイヤリード )

 

【 強み 】

 

<京介> やっとスランプから脱したのは大きい。スランプが長かった馬ほど、集中状態の時はちゃんと走るし、横山典弘騎手も手には入れている。牡馬相手に戦える馬が牝馬限定戦に戻るのは有利のはず。ペースも向きそう。

 

<菊池> 意外ではありましたが、この2戦を見るに中山での脚の使い方もバッチリ。さすがステイゴールド産駒ですね。横山典騎手に関しては、中山の重賞でケンカして良いことはあまりないというのも長年申し上げておりますとおり、ということでお願いします。

 

【 弱み 】

 

<京介> 渋って欲しかったけれども、おそらくパンパンの良馬場。常に鞍上は不安。430kgレベルの馬が56kgを背負うのも辛そう。ま、実績からは妥当なんだけど。

 

<菊池> そうですね、斤量が最大の不安材料でしょう。

 

★総合評価:+4 (京介 +2 菊池 +2)

 

( ノームコア )

 

【 強み 】

 

<京介> 紫苑Sは本当に強かった。ランドネより中山適性と実力は遥かに上だね。好位で立ち回れるし、決め手も上位だろうとは思う。

 

<菊池> 前走は後方から脚を伸ばす競馬でしたが、きっちり連対を確保。エリザベス女王杯から直行ではなく、一戦挟んだのもこのレースに向けては良い材料です。

 

【 弱み 】

 

<京介> 何よりも田辺騎手がこの馬を上手く扱えるのか、と。本当にいいパフォーマンスを見せたのは紫苑Sの時だけだし、戸崎騎手が乗っても北村宏司騎手が乗っても、末脚は中途半端だった。ルメール騎手が乗らないと上手く弾けない血統、というのはあるかも。

 

<菊池> そうですね。紫苑Sのパフォーマンスが派手だったので一撃に期待してしまいますが、本質的には詰めの甘さがあるタイプ。1着固定みたいな馬券は避けた方が良いと思います。

 

<菊池> 合わせて、ハンデ55キロ[00223]はこの中山牝馬Sで絶妙に好走できない設定。

 

★総合評価:+4 (京介 +2 菊池 +2

 

( ミッキーチャーム )

 

【 強み 】

 

<京介> 川田騎手が乗りに来るのか。秋華賞の時点では川田騎手のお手馬、というわけではなく初騎乗だったはずなんだけど、相当上手く能力を引き出した逃げだったね。一応過去歴的には2番手でも勝っている。1800mの方がハイパフォーマンスではある。

 

<菊池> 中内田厩舎なので川田騎手が空いていれば優先、というのは自然でしょう。秋華賞はアーモンドアイに負けるのは仕方ないとして2番手以下の馬たちを完封の内容。

 

【 弱み 】

 

<京介> G1で2着した履歴が大きいので、まだ1000万下までしか勝っていないのに、古馬混合のハンデ重賞で55kgも背負ってしまう。本当にそこまで強いの?というのと、同型が多い今回は立ち回りが難しい。カワキタエンカが1kg軽いというのも面倒くさい。

 

<菊池> カワキタエンカとの兼ね合いですよね。この馬もかなり気難しいので、滞在でも近距離輸送でもない中山遠征というのも難しそう。今回は色々と不利な材料が重なって見えます。

 

<京介> エリザベス女王杯帰りの馬がこのレース良くないと言われるけれど、この馬はさらに間隔が空いている。夏の上がり馬的な勢いで秋華賞をこなせた部分もあるし、ここで立派に仕上がっているのかどうか…。

 

★総合評価:+1 (京介 +1 菊池 +0)

 

~~~~

 

<菊池> では、穴馬を挙げましょうか。

 

( ワンブレスアウェイ )

 

<京介> 前走で引退かと思ったけれど、ここがラストラン。ストレイキャットの仔は若い頃にピークが来てスランプから復帰できない、というパターンが多いけれども、そういう長いスランプを経た馬だからこそ、高いパフォーマンスが戻るようになったら続けて評価したい。中山1800mは全く問題ないどころかベスト条件だろうし、なんでか知らんけど前走勝っても今回斤量が増えてない。

 

( フロンテアクイーン )

 

<菊池> ターコイズSは前に行った馬が総崩れに近い状態になる中、よく踏ん張っての4着。1800mの方が良いですし、ハンデも手頃な54キロ。ちょうど人気落ちになりますが、過去傾向からはこの馬から入るのがベターでしょう。

 

~~~~

 

※展望トーク時点での印

 

<京介>

◎ワンブレスアウェイ

○アドマイヤリード

▲ノームコア

△アッフィラート

△ウラヌスチャーム

△フロンテアクイーン

 

<菊池> 

◎フロンテアクイーン

〇フローレスマジック

△デンコウアンジュ

△ノームコア

△アドマイヤリード

△ウラヌスチャーム

△ワンブレスアウェイ

△レイホーロマンス

 

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論は前日版コラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!

 

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ