金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね162 コメント19
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2020年4月  >
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
シルクロードステークス2019展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~
2019-01-25 17:06:00
テーマ: 重賞展望トーク

JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。

※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!


京介も寄稿!『競馬の天才Vol.4』が発売中!

?content_type=blog&content_id=725&type=i

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07KZHVHWX


※推奨穴馬にご注目を!
(※推奨穴馬はレース毎に京介・グリグリ・オクノが1頭ずつ推奨中


<阪神カップ>
ダイアナヘイロー 11番人気1着  単勝3830
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<朝日杯FS>
クリノガウディー  9番人気2着  複勝490
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<京阪杯>
ナインテイルズ   12番人気2着 複勝1080
?content_type=blog&content_id=725&type=i

シルクロードステークス2019展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~ 

※木曜夜の展望トークです 

 

<菊池> 日曜には京都でシルクロードSが行われますので、こちらを展望していきましょう。

 

シルクロードステークス展望

 

2018年シルクロードS回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50801130.html

 

<京都競馬場の天候について>

 

<菊池> 全国的に冷え込みのきつい週末になりますね。京都も日曜の最低気温が氷点下の予報です。雨の可能性は低そうですね。

 

<京介> 何だか京都はスカッと晴れることがないみたいで、最高気温もかなり低い方だそうだね。ちょっと風も強く出るらしく、単純にだいぶ寒くなると。

 

<京都競馬場の馬場について>

 

<菊池> 連続開催の折り返しとなり2回京都1週目。芝は今週からBコース使用になります。

 

<京介> 先週の日曜後半は、雨の影響と荒れた馬場のコンボもあってか、完全に外が伸びる馬場になっていたね。だいぶ馬場が荒れているのは感じた。

 

<京介> それと1回京都は開幕から重たい芝でもあったし、週中に水撒きすると意外と乾燥せず週末にまで残ってしまう。パラッと来るとすぐ影響してしまう芝だというのは考慮したい。

 

<菊池> 開幕週から例年の1回京都開催と比べると差しが届きやすかったですが、先週は馬場補正がずいぶん利いたのか土曜は内を通る馬の好走が増えていました。とりあえず土曜の傾向はしっかり見たいですね。

 

<京介> 仮柵移動と含水率の加減で、急に先週と違う馬場傾向に変わっていることもあるからね。

 

<菊池> ただし、京都芝1200mは見た目に馬場が悪くなっても、逃げ馬が簡単に止まらないし内枠が強いことが多いのも事実。特にオープンクラスならなおさらで。

 

<京介> 短距離のオープン馬で非力なタイプなんていないからね。それに上級条件の馬は操舵性能が高いから、逃げ馬が内の悪い部分を避けて通る戦略も簡単に取れる。下級条件を見ていると、内側が悪いはずなのに、オープンのレースになると先行馬が残ってしまったなんて例は良くあること。

 

<シルクロードSのレース傾向について>

 

〇前走が淀短距離Sで4角1番手

→[1301]、複勝回収率188%。人気で信頼出来る存在。

  京阪杯組は4角2~3番手[2102]に注目。

 

▲前走1~3着の5歳&6歳

5歳[32216]、6歳[30110]で、主流の世代。

上記かつ前走4コーナー1番手だと[2205]

 

▲今回1・2枠で前走5着以内 

中3~9週なら[33010]1415年はワンツー決着。

  前走が重賞なら[1101]、安定感〇。

 

M・デムーロ騎乗馬

→[0014]1618年まで3年連続1~2番人気で圏外。

他の外国人ジョッキーも3着以内が1度も無い。

 

×前走が1600万下で1着

 →[00114]、穴人気になっても重賞の壁に跳ね返される。

下級条件の勝利よりオープンの敗戦の方が上。

 

?1番人気

→[2107]、単勝回収率36%、複勝回収率37%

その一方で2番人気は4勝、3番人気は2勝。

 

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」のツボ』掲載データより抜粋)

 

<京介> 昔は年始の京都にハンデ戦を置いただけという位置づけだったけれども、最近はこのシルクロードSから高松宮記念に直行する例が増えてきた。ここ数年は微妙にレベルも上がっているし、それと同時にド人気薄を狙うことを主題にするレースではなくなってきたということだね。最近勝ち負けしている馬って、ホントまともだもの。昨年なんてG1勝ち馬とG2勝ち馬の組み合わせ。しかもそれまでG2勝ち馬という立場だったファインニードルが、次に高松宮記念を制することになる。

 

<京介> 高松宮記念で人気になって勝ち負けできる馬が出ているわけだから、もう既にこのレース前の段階でだいぶ高い水準の動きを見せている。G1でもやれるんじゃないかと予感させる動きを直前追い切りで見せているし、その水準の調教タイムも出している。7年ぐらいまではそんな馬、真冬の1月の栗東坂路にはいなかったよ。既にA級馬の片りんを見せている馬を、ちゃんと評価すべきレースに変わってきたわけだから、それは素直に対応しましょうということだね。

 

<京介> 1番人気が妙に勝たないのはちょっと良く分からないけど、何でそんな馬が人気しているの?という人気集中は実際のところある。そこは注意したい。

 

<例年と比較して気になるポイント、展開予想など>

 

<菊池> フルゲート18頭が埋まりました。これは枠順が左右するウエイトが大きくなりますね。

 

<京介> 内枠が有利なレースであると同時に、馬番10番よりも外を引いてしまうともうだいぶ無理!という傾向だものね。

 

<菊池> 注目の先行争いですが、近2走以内に逃げているのはサイタスリーレッドとラブカンプー。枠順によりますが、ラブカンプーはデムーロ騎手の騎乗時(3回)には全て逃げています。セイウンコウセイも可能なら逃げたいと思われますが、ラブカンプーからハナを奪うには、枠の差でもないと厳しいでしょうね。

 

<京介> セイウンコウセイは直接対決でハッキリ出足の差が出ている感じだし、そろそろ脚質転換を考えないといけないかもなあ。

 

<京介> それと逃げ争いは確かにその3頭っぽくはあるけれども、フルゲート古馬重賞だけあって、好位で食らいついて早めに仕掛けたいタイプは半数ほどいる。ペースを落として逃げるのはちょっと不可能かもね。そもそもラブカンプーがスローを良しとしないだろうけれど。

 

<菊池> ちなみに、今年は馬場傾向が例年と異なるので淀短距離Sが差し決着でした。

 

<京介> 淀短距離Sの勝ち方や出走メンバー、その結果よりも、差しが効く馬場だぞという意味で注意したいよね。

 

<京介> 今年は先行勢も多いし、速い流れでも縦長にはなりにくいはず。おまけに頭数もかなり多いから、追い込み馬も内を割ってくるのはほぼ不可能。外を回るロス込みで考えないと。先行勢も、差し馬もどちらにもそれなりに不利はある。この構図の中でどうやったらアドバンテージを取れるんだろう?

 

<京介> やっぱり今年は、キツイ流れか多少の不利を跳ね返す力がちゃんとある馬を、真っ当に選ぶ方がいい年だと思うんだけども。何かしらの恵まれは考えにくいと思う。まあまあ斤量背負う馬を嫌わない、という考えでいいんじゃないかと。

 

<菊池> では、人気が予想される上位3頭についてお願いします。

 

( アンヴァル )

 

【 強み 】

 

<京介> この冬場に好調をキープできているのは大きい。53kgも軽いし、京都コースも非常に相性が良さそう。

 

<菊池> 極端な外枠でなければ普通に先行できるでしょうし、淀短距離Sは差し馬台頭の流れ、馬場の中で頑張った方。ローテも良いのでパッと見の減点材料はそんなにないですね。

 

【 弱み 】

 

<京介> このタイミングで鞍上が替わるの?それと比較的細身だから京都が合うタイプなので、そこまでグンと上がり目を見せるタイプじゃなさそう。

 

<菊池> メイショウウタゲが先約だったんでしょうね。まぁそんなに乗り難しいタイプではないと思います。指数的に頭打ちになっている分を、ハンデで埋められるかどうか。

 

★総合評価:+2 (京介 +0 菊池 +2)

 

( ラブカンプー )

 

【 強み 】

 

<京介> 現段階ではまだ500万下勝ちが最終実績の2勝馬だけれども、重賞勝ち水準の実力があるのは履歴から間違いない。短距離路線でこういう2着続きの馬って珍しいけれどもね。

 

<菊池> 古馬トップ級に全くヒケを取らず、セントウルS→スプリンターズSと連続2着の後に、ファインニードル引退となるとスライド的にスプリント路線トップ級となっているわけですよね。それでいて、アンヴァルより1キロ重いだけって、ハンデめっちゃ楽では?

 

<京介> 圧倒的なダッシュ力があり、スプリンターズSの馬場を考えれば多少の馬場不利は我慢するでしょう。

 

<菊池> あとは、小柄な馬で仕上がりに手間取らないので休み明けも気にしなくて良さそう。

 

【 弱み 】

 

<京介> 昨年夏は連戦の疲労を考慮した分もあるけれど、直前追い切りで全く動かさなかった。今回はしっかり休んでリフレッシュできている状態のはずなのに、相変わらず追い切りは加減気味だし、促しても前に出ようとしない。馬が分かっているのかもしれないけれど、追い切りで時計をビシッと出せない馬は、短距離重賞にて単勝は買いたくないなあ。

 

<菊池> M.デムーロ騎手がシルクロードSでやけに人気を飛ばすんですよね。京阪杯を勝ったことはあるので、たまたまだと思いたいところですが。

 

★総合評価:+6 (京介 +2 菊池 +4)

 

( ダノンスマッシュ )

 

【 強み 】

 

<京介> 京阪杯は次走好走馬を大量に輩出した超高レベルレース。好位で折り合いがついて直線も二枚腰が効く。あの位置取りで差し馬と同等の脚を使っていた。それで0.3秒差完勝だから、一クラス力が上なのでしょう。馬体も夏に比べてかなり良くなっていた。

 

<菊池> 内容的にも完勝でしたね。内を捌く器用さがあってスタートもダッシュ力も相応にあるし、能力的に問題なし。追い切りも常に前向きなので心配な材料はさほどないかなと思います。

 

【 弱み 】

 

<京介> 改めて、今回はハンデ戦ということに注意したい。56.5kgは背負わされるのが当然とはいえ、この馬の過去歴では好走例がない斤量。3歳馬で斤量有利な時だけ頑張っていた馬だった…なんてことがあったりして。

 

<菊池> 敵はラブカンプーよりも見込まれたハンデのみ?そして、1番人気の不安定さ。

 

★総合評価:+8 (京介 +3 菊池 +4)

 

~~~~

 

<菊池> では、穴馬を挙げましょうか。

 

 

( リョーノテソーロ )

 

<京介> 淀短距離Sはかなり下手に乗られた感じ。出遅れは喫してしまったけれど、直線馬群の内を突こうとしてしばらく壁、進路出来てから右を狙うとまた邪魔が入り、また切り替えてやっと最後僅差の5着に浮上。藤岡祐介騎手がかなり1回京都芝で見えてなかったようで、ほとんど脚を使っていない変な負けだった。

 

<京介> もともとダート馬だし、パワーがかなりちゃんとしているので荒れて時計が掛かる馬場はいい方。今回の出走馬の中で馬体重1位。追い切りも結構ちゃんと動いてくれる方なんだけど…。

 

( ラインスピリット )

 

<菊池> 前走は前残り・内有利の状況で負けたとは言え、不得意な1400mなので度外視可能。大得意コースだし小柄な割に、斤量に全く泣かないタイプ。森一馬騎手への手戻りで人気が落ちるのかな?一回、武豊騎手がこの馬で結果を出したのを外から見ているし、今回は今まで以上に良い騎乗を見られる方に期待します。

 

~~~~

 

※展望トーク時点での印

 

<京介>

◎ダノンスマッシュ

〇ラブカンプー

▲リョーノテソーロ

△アンヴァル

△セイウンコウセイ

△ペイシャフェリシタ

△ダイメイプリンセス

 

<菊池> 

〇ラブカンプー

〇ダノンスマッシュ

☆ラインスピリット

△内枠

 

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論は前日版コラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!

 

 

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
TOP