金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね162 コメント19
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2020年4月  >
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
根岸ステークス2019展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~
2019-01-25 16:34:00
テーマ: 重賞展望トーク

JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。

※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!


京介も寄稿!『競馬の天才Vol.4』が発売中!

?content_type=blog&content_id=725&type=i

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07KZHVHWX


※推奨穴馬にご注目を!
(※推奨穴馬はレース毎に京介・グリグリ・オクノが1頭ずつ推奨中


<阪神カップ>
ダイアナヘイロー 11番人気1着  単勝3830
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<朝日杯FS>
クリノガウディー  9番人気2着  複勝490
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<京阪杯>
ナインテイルズ   12番人気2着 複勝1080
?content_type=blog&content_id=725&type=i

根岸ステークス2019展望~競馬チェックの週末重賞・展望トーク~ 

※木曜夜の展望トークです 

 

<菊池> 今週から東京開催がスタート!日曜には根岸Sが行われますので、展望していきましょう。

 

根岸ステークス展望

 

2018年根岸S回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50801129.html

 

<東京競馬場の天候について>

 

<菊池> 今週末は冷え込みがきついようですね。日曜は最低気温が氷点下の予報です。

 

<京介> まず路面凍結は怖いよね。普通に歩いていて不意に滑らないように注意したい。あと変な靴を履かないように。いい天気にはなるけれどもまあまあ強い風が出るとの話。

 

<東京競馬場の馬場について>

 

<菊池> だいぶ気温が下がる予報なので凍結防止剤が入る可能性もありますか。また、今年は1月の降水量がほぼなくて、乾燥がひどいことになっていますね。散水+凍結防止剤での調整となるのかな。

 

<京介> 乾燥しすぎているのは確かだね。だけど馬場全面に撒かなければいけない凍結防止剤は、予算の面から撒くのは消極的だろうと思うよ。わざわざ凍結する不安がある状況で水を撒くというのも…。砂煙がもうもうと舞い上がる状況でないのなら、敢えて水を撒かなくてもいいんじゃないかな。乾燥しすぎと凍結は、前者の方がマシだし。

 

<京介> まあ、このあたりは馬場情報をちゃんと当日も確認するようにしましょう。

 

<根岸Sのレース傾向について>

 

▲前走の上がり3Fタイムが1~2位

→[54330]、前走が0.5秒以内の敗戦なら[4126]

  前走1着馬を選ぶ場合はOP特別から。

 

△前走が阪神ダート1400

→[32218]、前走が1~3着なら[32210]

さらに前走上がり1~2位なら[3013]

 

△岩田康誠騎乗馬 3着内期待度

1番人気なし、4~10番人気のみで[1031]

関東重賞にしては関西騎手の好走多い。

 

×前走がカペラSで2着以下

→[00121]、負けていた馬の巻き返しは望み薄

カペラS1着[1102]は一応の押さえか。

 

?キングカメハメハ産駒

→人気馬多数も[0018]。押さえまでの評価が妥当。

母父サンデーサイレンス[00110]も不安定。

 

?前走が地方交流重賞

→[01221]、着がまとまり人気になるものの苦戦しがち。

同距離の兵庫GT組ですら[00115]で軽視。

 

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」のツボ』掲載データより抜粋)

 

<京介> 上がりを出せる馬有利な条件ということがもう世間にバレていて、追い込み馬でも全く迷いなく1番人気に推されることが多くなってきた。1番人気は最近かなり安定しているし、穴馬も6番人気あたりまでしか頑張れてない。走れる馬と走れない状態の馬とがハッキリ分かれるし、おまけにまともな東京コース適性がないと、勢いだけでは誤魔化し辛い。

 

<京介> 走れるパターンにない馬を丁寧に除外して絞る…という考え方でいいと思うけどなあ。その際、むちゃくちゃ勢いのある馬を軽視し過ぎないようにしたいね。

 

<例年と比較して気になるポイント、展開予想など>

 

<菊池> フルゲート16頭が揃いました。なかなか良いメンバーですね。

 

<京介> 近走全く大崩れしていない馬も多いし、G1レベルでも崩れてない馬も複数出走している。おまけに大の東京コース得意もいる。1400mダートのG1ぐらいに見てもいいんじゃないかな?3年分ぐらいに分割したいほどだよね。

 

<菊池> ハナを切るのはマテラスカイでしょうか。有力馬は中団より後ろになりそう。コパノキッキングは3走前がスタート直後の不利、前走は出遅れで後方でした。

 

<京介> そうなんだよね。本来コパノキッキングはスタート出るし、出せるダッシュスピードがある馬。マーフィー騎手が不慣れな東京でどう解釈するか。自分は行くと思う。

 

<菊池> 例年、差し・追込みが好走しやすいレースですね。

 

<京介> いつも小回りや1200mで活躍していて距離持たないタイプは、道中それなりのせめぎ合いをした後に、あの東京の長い直線で踏ん張り切れる手立てがない。そして同時に、スピードを一旦抑えて加減しながら運び、直線で爆発させられる気性、そういう脚の使い方をするタイプが、直線最後の坂上でもう一伸び効くからだね。

 

<京介> スローペースでもハイペースでも結局差し馬が足りてしまうのは、小回り向きのタイプがスローペースに落としても、直線坂上までいいあんばいで脚を残すことができず、どっちにしても消耗してしまうから。むしろスローペースで上がり速い決着の方が、距離適性の特性がハッキリと出てしまいがち。

 

<京介> その意味で、京都JBCスプリントSで好走したタイプを、ここでも強いと考えるのは良くないと思うよ。有力先行馬にまずまずの騎手が乗っているし、直線半ばでとっとと先頭に立つと思うから、今年も差し馬が仕掛けやすい流れになるはず。

 

<菊池> では、人気が予想される上位馬5頭についてお願いします。

 

( クインズサターン )

 

【 強み 】

 

<京介> これはいいんじゃないの?克服したいと思っているのか、結構な頻度で右回りコースの番組も使うけれど、やはりベストは東京コース。レースの上がり3F34秒台を記録するような脚もあるし、大味な競馬だろうけど反応はするはず。

 

<菊池> 左回りかつ直線の長い東京でこその馬ですね。1400mでも展開が向けば23着のチャンスは十分にあると思います。

 

【 弱み 】

 

<京介> 中距離ズレしすぎてマイルでも反応が遅くなるようなところがあるからなあ。時計がだいぶ速い馬場状態になっているようならマイナス。中山のダートも、乾燥しすぎて意外と脚抜きが良い感じになっていたし。

 

<菊池> 外枠を引いてスムーズな競馬ができそうなら良いですが、内で揉まれる可能性があったり、或いは必要以上に下げないといけないような枠順だと嫌ですね。他馬も含めて。

 

★総合評価:+4 (京介 +2 菊池 +2)

 

( ユラノト )

 

【 強み 】

 

<京介> ルメール騎手が乗ってくれるのは何よりだね。4走前はなかなかに良い内容だった。距離は十分に対応できる。良いポジションで競馬して、そこそこの上がりを使えるという候補ではある。

 

<菊池> オープンに昇級してまだ3戦で上積みが見込めますし、このコースでの好走実績もある。東京の直線でも溜めて脚を使えるのは強みですね。1800mを走り切る体力と1400mのスピードに対応出来るセンスが魅力。

 

<菊池> 前走が阪神ダ1400mのオープンを好走、というのはこのレースに向けて良ステップです。

 

【 弱み 】

 

<京介> 準オープン→オープンと連勝していたのに、鼻出血で休んで4着2着。前走も勝てていい相手だと思ったのに…。そこまで絶好調じゃないというのは意識しておきたい。そのうえで、上がり性能で他の有力馬に勝てるのかと。オープンに上がると馬体も案外地味な方だった。

 

<菊池> プロフィールの良さもあり、常に人気になってしまうタイプなので馬券的にはあまり美味しくない方、という印象で。お買い得になってくれないですね。

 

★総合評価:+3 (京介 +1 菊池 +2)

 

( マテラスカイ )

 

【 強み 】

 

<京介> 間違いなく逃げそうだね。プロキオンSで見せたスピード性能は確かだから、上がりうんぬんではなく総合スピード性能を比べる馬場シチュエーションになってくれれば。

 

<菊池> プロキオンSIDM77は相当に優秀な指数。そしてJBCスプリントでIDM76ですから、気分良く運べればこれくらいは走れると。この力を発揮すれば当然、勝ち負け。サイタスリーレッドが出ないのも良い材料でしょう。

 

【 弱み 】

 

<京介> やっぱりスピードの使い方が東京ダート1400mとは合わないと思う。過去10年で逃げた馬が全滅しているレースだし、今が絶好調とも言えなさそうで。

 

<菊池> 根岸Sのセオリー的には嫌うしかないですね。当日のダートが、よほど軽くて前が止まらない馬場にでもならなければ。一応、土曜の競馬を見るまでは嫌いたいけど消さないというスタンスとしておきます。

 

★総合評価:+2 (京介 +0 菊池 +2)

 

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

( コパノキッキング )

 

【 強み 】

 

<京介> 前走は完全に残せる流れの逃げ馬を、出遅れて馬群の外を大回りしての追い込みで楽々届いた。ギリギリではなくちゃんと差せる流れだったし、あの相手関係でも総合的な力が上だと考えた方がいい。そして勢いがあるのは確か。今回はマーフィー騎手。

 

<菊池> そうなんですよね、ジャニアリーSの様な、先行馬壊滅というペースではない中山1200mで大外一気。あの競馬なら1400mでもやれそうです。

 

【 弱み 】

 

<京介> 結局、ダート1400m2戦してほぼ逃げの手でどちらも勝ててない。控える競馬をしてどうなるか、だけれども、決してこの距離がいいタイプじゃないと思うんだよね。東京コースが慣れてないマーフィー騎手に、ここで控えるようお願いするのはどうなの、と思っている。馬がフォローして頑張る可能性もなくはないけど。

 

<菊池> 1400mをこなせるという話と、根岸Sで合うというのは微妙に異なるニュアンスで。根岸Sはマイル以上OKの差し馬が良いレースなのでスピード過剰かな、という印象。

 

★総合評価:+2 (京介 +1 菊池 +1)

 

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

( サンライズノヴァ )

 

【 強み 】

 

<京介> まあ文句ないよね。昨年もほとんどちょっとした仕掛けの差でしょ。この距離の方がマイルより安定感はあるはずだし、確実に末脚上位。いい条件だと思うよ。

 

<菊池> 東京ダートは中~外枠なら常にアテにして良いでしょう。昨年のフェブラリーSのパドックでも全く見劣らなかったくらいで。

 

【 弱み 】

 

<京介> ずっと出遅れは酷くなっているし、直線で外に持ち出すのもスンナリ行かないと怖い所がある。結構揉まれ弱そうだからね。内の1~4枠を引いたら△ぐらいに落とそうかな。

 

<菊池> そうですね。枠順くらいでしょうか。

 

★総合評価:+8 (京介 +3 菊池 +5)

 

~~~~

 

<菊池> では、穴馬を挙げましょうか。

 

( ケイアイノーテック )

 

<京介> 母がダート重賞勝ち馬のケイアイガーベラ。もちろんこの馬は父がディープインパクトだし、馬自身の能力が高くてマイルG1を勝てた。けれど、ダートを走れる素地はありそうなトモや手先の質なんだよね。比較的繋ぎが硬い方ではある。

 

<京介> NHKマイルCに出走していた馬が古馬重賞に合流して余裕で通用しているし、この馬自身、阪神Cで見た馬体は「普通に走るでしょ?」と不思議に思ってしまうぐらい良い形だった。もちろんあのレースはトラックバイアスが影響したけれど、ダートに行ったからといってかなり評価を下げてしまうのは勿体ない出来の良さがあるから。それと、藤岡祐介騎手が連続で騎乗しているのも気になるね。シルクロードSのリョーノテソーロでもアレスバローズでもなく、こちらというのが。

 

( モーニン )

 

<菊池> JBCスプリントは2F目で挟まれて後退する不利が痛恨。最後はしっかり伸びていましたし、勿体ない競馬でした。立ち直っていますし、中間の追い切り過程からも良い仕上がりで出てきてくれるのではないかと思っています。

 

~~~~

 

※展望トーク時点での印

 

<京介>

◎サンライズノヴァ

○クインズサターン

▲ケイアイガーベラ

△コパノキッキング

△ユラノト

 

<菊池> 

◎サンライズノヴァ

〇モーニン

▲ユラノト

△クインズサターン

△マテラスカイ

△コパノキッキング

△メイショウウタゲ

 

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論は前日版コラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!



コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
TOP