金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね152 コメント17
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2018年8月  >
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
競馬チェックの週末重賞・展望トーク!~ 小倉記念 ~
2018-08-03 11:51:00
テーマ: 重賞展望トーク
いいね1

JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。

※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!

※推奨穴馬にご注目を!
(※推奨穴馬はレース毎に京介・グリグリ・オクノが1頭ずつ推奨中

<アイビスSD>
ナインテイルズ 8番人気3着 複勝350
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<函館記念>
エアアンセム 5番人気1着 単勝960
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<CBC賞>
アレスバローズ 4番人気1着 単勝910
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<宝塚記念>
ワーザー 10番人気2着 複勝550
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<函館スプリントS>
ヒルノデイバロー 10番人気2着 複勝610
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<マーメイドS>
アンドリエッテ 10番人気1着 単勝1710

<鳴尾記念>
ストロングタイタン 4番人気1着 単勝590

<目黒記念>
ノーブルマーズ 10番人気2着 複勝520

<ヴィクトリアマイル>
レッドアヴァンセ 7番人気3着 複勝350

<京王杯SC>
ムーンクエイク   4番人気1着 単勝710

<新潟大賞典>
ステイインシアトル 9番人気2着 複勝940

<フローラS>
パイオニアバイオ 13番人気2着 複勝1160

<大阪杯>
ペルシアンナイト 6番人気2着 複勝310

<ダービー卿CT>
ストーミーシー  9番人気3着 複勝580

<日経賞>
チェスナットコート 7番人気3着 複勝490
サクラアンプルール 6番人気3着 複勝350円

<スプリングS>
マイネルファンロン 6番人気3着 複勝260

<ファルコンS>
ミスターメロディ 3番人気1着 単勝820

<フィリーズR>
リバティハイツ 8番人気1着 単勝2230

<オーシャンS>
キングハート 10番人気1着 単勝3130

<中山記念>
マルターズアポジー 6番人気3着 複勝460

<フェブラリーS>
インカンテーション 6番人気3着 複勝350

<小倉大賞典>
スズカデヴィアス 4番人気3着 複勝250

<ダイヤモンドS>
リッジマン 5番人気2着 複勝230

<京都牝馬S>
エスティタート 5番人気3着 複勝250

<共同通信杯>
エイムアンドエンド 10番人気3着 複勝1720

<京都記念>
クリンチャー 4番人気1着 単勝1050

<クイーンC>
テトラドラクマ 3番人気1着 単勝560円
アルーシャ   7番人気3着 複勝430円

<きさらぎ賞>
ラセット 5番人気3着 複勝250円

<日経新春杯>
ガンコ 7番人気3着 複勝380円
ロードヴァンドール 4番人気2着 複勝250円

<京成杯>
イェッツト 6番人気3着 複勝320円


競馬大予言18年夏競馬号 6月14日発売!

?content_type=blog&content_id=725&type=i

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
競馬大予言18年夏競馬号

ソコソコ好評発売中!
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

★全国の書店でお求めください。
部数が限られています。売り切れ店多数につき、大変ご迷惑おかけします。
お求めはくれぐれもお早めに!

☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
■競馬大予言18夏競馬号

http://amzn.asia/dzYbsTJ


競馬チェックの週末重賞・展望トーク!~ 小倉記念 ~ 

※木曜夜の展望トークです 

 

<菊池> 日曜は小倉記念が行われますので、こちらを展望していきましょう。

 

小倉記念展望

 

2017年小倉記念回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50794330.html

 

<天候について>

 

<菊池> 今週末の小倉は雨の心配もなさそうです。暑そうですね。

 

<京介> 今週末の小倉は気温35℃予報が全然ブレないね。ずっとピーカン照りのようだし、芝は速いままダートは乾いたままだろうね。

 

<馬場について>

 

<菊池> 開幕週の先週は、日曜の後半が雨の影響を受けましたが、土曜はかなり時計の速い水準でしたね。芝1200mの1000万クラスで169というタイムが出ていました。

 

<京介> いつもの小倉と言えばその通りだけども、とんでもないスピード馬場だね。4コーナー5番手以内の先行馬が毎レース連対しているようだし、ある程度の位置取りでないと厳しかった。瞬発力というよりは、総合スピードの高さが必須だったね。こういう馬場だとディープインパクト産駒が相変わらず強い。

 

<レース傾向について>

 

▲前走が5月の重賞

天皇賞(春)[1001]、新潟大賞典[1212]

目黒記念組の大穴例もあって妙味〇。

 

▲池江泰寿厩舎の3~4歳馬

→[2303]、昨年1人気8着も、単複とも回収率100%超。

  石坂正[2013]、単複回収率258%175%

 

▲母の父がトニービン

→[3123]、持久力を問われる展開が主で体力生きる。

  昨年も6番人気のフェルメッツァが3着!

 

?母の父がサンデーサイレンス

→[03113]、好走4頭は池江泰寿厩舎か2番人気以内。

母父はスタミナ補強型の種牡馬が理想的。

 

?幸英明・小牧太騎乗馬

合算で[00016]、人気でも4着まで、穴での激走もなし。

夏の小倉では頼りになるジョッキーもここは×

 

?1番人気

 →[0325]、過去20年でも小倉男・Mカイドウの2勝だけ。

人気順別では3番人気が3勝、4番人気が2勝。

 

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」のツボ』掲載データより抜粋)

 

<京介> 小倉2000mのコースレイアウトだと、直線後半の失速がないから、トップスピードの惰性勝負になる。斤量を背負う馬が先に動かざるを得ない。だけど実際は、小倉は直線に向くとカーブの遠心力で馬群が膨れがちだし、直線ゴール前もそんなに密集しない。斤量の軽い馬がチョイ差しを決める隙もある。どちらかというと斤量軽い方が勝ちを拾いやすいレース。

 

<京介> 菊池くんのデータが拾っているように、前走2200m以上の重賞を走っていた馬が穴をあける例も過去にはあり、ステイヤー扱いされるようなタイプがロングスパート性能で激走するパターンは気を付けたい。

 

<例年と比較して気になるポイント、展開予想など>

 

<菊池> 12頭立てです。3年続けて少頭数ですね。

 

<京介> でもこのレースは少頭数だったとしても、ペースが極端に緩んだりしないよね。いつも15758秒には収まる。例年通りの小倉記念に合うタイプを選ぶパターンでいいんじゃないかと思う。

 

<菊池> 明確な逃げ候補はいないのですが、昨年は少頭数で逃げ候補がいなくても結局ハイペースになったね、という回顧をしましたよね。

 

<京介> 序盤のペースが遅くても、向正面での捲りがいきなり速くなるからね。帳尻が取れるというか、先行馬にどこかしらでキツイプレッシャーが必ず掛かるというレース。

 

<京介> 昨年僅差の2着で、小倉の走り方が上手いと見えるサンマルティンに注目が集まるのは当然でしょう。そして大阪杯で目一杯見せ場を作ったトリオンフ、今週から短期免許の若手外国人騎手が騎乗して、はっちゃける競馬をしそうなストロングタイタン。この3頭が展開に動きを作りそう。

 

<京介> この捲り多数の展開だと、他が動き過ぎて荒れる流れに上手くハマるのは、速い流れで動いている時でも我慢が効いた馬。内枠を引いて道中はロスなく運んでいて、捲りが来た時に馬群の中にいたから仕方なくジッとしていた軽量馬に注意したいね。

 

<菊池> では、人気が予想される上位3頭についてお願いします。

 

( サンマルティン )

 

【 強み 】

 

<京介> 昨年の走破内容で十分足りると思う。また、前走の池添騎手の好走内容だと、昨年とは違う手で運ぶ可能性も考慮しておきたい。

 

<菊池> とにかくずっと気性が課題の馬。気性難の馬に乗らせたらピカイチの池添騎手とのコンビ結成は、この馬にとって最高の出会いだったと思っています。昨年の小倉記念は、かなり強い内容でした。福島記念は不利な大外枠で、壁を作れず掛かり通しで参考外です。

 

<京介> ちなみに前走勝った都大路Sは、その後重賞勝ちとなるエアアンセムとストロングタイタンを下している。内容的にも時計的にもレベルの濃い内容だった。

 

<菊池> 早めに小倉に入って追い切りを行っていますが、これが良い方に出るんじゃないかと思っています。具合は良さそう。

 

【 弱み 】

 

<京介> 単純に、重賞を勝ったわけでもないのに斤量が56kgにグンと増えること。それで昨年より相手も強化されてやしないかと。

 

<京介> どんな騎手でも手を焼く気性の悪い馬で、前走上手くいったからと言って今回同じ騎手でスンナリ行ってくれるかというと、そうでもないんだよね。なかなか連続好走せず、いつも課題を見つけているタイプ。もうちょっと人気薄なら…という期待値。

 

<菊池> 2000m重賞はこなせる範囲ですが、ベスト条件ではない。極端にスタミナ寄りの小倉記念になったときに不安はあります。新潟記念に向けて良い競馬ができるといいのですが、シリーズ優勝を本気で目指すなら、ここはソコソコの着順を拾う程度にしてハンデ据え置きを狙い、次走で一発勝負だと思うんですよね。

 

★総合評価:+5 (京介 +2 菊池 +3)

 

( サトノクロニクル )

 

【 強み 】

 

<京介> 天皇賞(春)帰りは、どちらかというとベターなローテーション。このレースで好走馬を多数輩出している池江泰寿厩舎。デムーロ騎手騎乗時の相性も抜群。

 

<菊池> 中間の気配も良好で追い切りも軽快でした。夏負けしている感じはしませんね。阪神大賞典2着の内容からスタミナは不安なし。

 

【 弱み 】

 

<京介> 朝日チャレンジCって、昨年末の重賞の中でもかなりレベルが低かったね。次走同格級のレースでもみんな大敗しているし、あのゴール前接戦をした3頭含め、その後の活躍馬も少ない。この馬は57kg背負う能力じゃないと思うんだよなあ~。

 

<菊池> 昨年のラジオNIKKEI賞でもそうでしたが、何かハンデ戦で損するキャラなのかもしれませんね。

 

★総合評価:+2 (京介 +0 菊池 +2)

 

( トリオンフ )

 

【 強み 】

 

<京介> 単純に強いし、体力があると思うね。この馬の小倉適性と捲り性能の高さ、その割に他の重賞での取りこぼしっぷりを考えると、次のメイショウカイドウ候補にならないか?と思っているんだけど。平坦コースがとにかく強い。

 

<菊池> 小倉大賞典は完全に差し・追込み有利な流れだったので、早め先頭から押し切ったのは強いですね。前走も1番人気なりの競馬をしただけで、内容では負けていません。宝塚記念をパスしたのは英断でしょうね。

 

【 弱み 】

 

<京介> ペースが遅くなり過ぎた時は心配。新潟大賞典の通り、基本的になまくらな脚で、機敏さ勝負には向かない。捲り合戦でドカンと仕掛けて最後まで持つ、という方だから。

 

<菊池> 確かに小倉記念らしからぬ上がり勝負になると不安ではありますね。やや追い切りが軽いのがどうか。

 

★総合評価:+7 (京介 +4 菊池 +3)

 

~~~~

 

<菊池> では、穴馬を挙げましょうか。

 

( マイネルサージュ )

 

<京介> 前走は休み明けながら、本当に良い仕上がりで出てきた。もちろんレースの質を考えれば流れも向いたんだけれど、この馬は飛節の角度が悪くてあまりに不器用。調子の良い時に好走が固まるタイプ。同時に、小回りの激しい展開になってやっと追い込みがハマる、というツボの狭い適性持ち。

 

<京介> だけどロングスパート勝負は基本的に歓迎で、今回も頭数は少ない。夏場の調子の良さを生かして、もう一丁があってもいいんじゃないかと思ってね。

 

( マウントゴールド )

 

<菊池> 準オープン勝ちからの昇級初戦という点はあまり良くないのですが、池江厩舎・浜中騎手・ステイゴールド産駒・54キロと、傾向的には良いポイントをいくつも持っています。具合も良さそうで、人気の盲点になりそうな今回はちょっと面白い存在かもしれません。

 

~~~~

 

※展望トーク時点での印

 

<京介>

◎トリオンフ

○マイネルサージュ

▲サンマルティン

△ストーンウェア

△マウントゴールド

△レイホーロマンス

 

<菊池> 

◎サンマルティン

○トリオンフ

☆マウントゴールド

△サトノクロニクル

△マイネルサージュ

△レイホーロマンス

 

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論は前日版コラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!


コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ