金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね152 コメント17
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2018年8月  >
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
競馬チェックの週末重賞・展望トーク!~ 函館スプリントステークス ~
2018-06-15 10:01:00
テーマ: 重賞展望トーク

JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。

※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!

※推奨穴馬にご注目を!
(※推奨穴馬はレース毎に京介・グリグリ・オクノが1頭ずつ推奨中

<マーメイドS>
アンドリエッテ 10番人気1着 単勝1710
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<鳴尾記念>
ストロングタイタン 4番人気1着 単勝590
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<目黒記念>
ノーブルマーズ 10番人気2着 複勝520

?content_type=blog&content_id=725&type=i

<ヴィクトリアマイル>
レッドアヴァンセ 7番人気3着 複勝350
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<京王杯SC>
ムーンクエイク   4番人気1着 単勝710
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<新潟大賞典>
ステイインシアトル 9番人気2着 複勝940
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<フローラS>
パイオニアバイオ 13番人気2着 複勝1160
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<大阪杯>
ペルシアンナイト 6番人気2着 複勝310

<ダービー卿CT>
ストーミーシー  9番人気3着 複勝580

<日経賞>
チェスナットコート 7番人気3着 複勝490
サクラアンプルール 6番人気3着 複勝350円

<スプリングS>
マイネルファンロン 6番人気3着 複勝260

<ファルコンS>
ミスターメロディ 3番人気1着 単勝820

<フィリーズR>
リバティハイツ 8番人気1着 単勝2230

<オーシャンS>
キングハート 10番人気1着 単勝3130

<中山記念>
マルターズアポジー 6番人気3着 複勝460

<フェブラリーS>
インカンテーション 6番人気3着 複勝350

<小倉大賞典>
スズカデヴィアス 4番人気3着 複勝250

<ダイヤモンドS>
リッジマン 5番人気2着 複勝230

<京都牝馬S>
エスティタート 5番人気3着 複勝250

<共同通信杯>
エイムアンドエンド 10番人気3着 複勝1720

<京都記念>
クリンチャー 4番人気1着 単勝1050

<クイーンC>
テトラドラクマ 3番人気1着 単勝560円
アルーシャ   7番人気3着 複勝430円

<きさらぎ賞>
ラセット 5番人気3着 複勝250円

<日経新春杯>
ガンコ 7番人気3着 複勝380円
ロードヴァンドール 4番人気2着 複勝250円

<京成杯>
イェッツト 6番人気3着 複勝320円


競馬大予言18年夏競馬号 6月14日発売!

?content_type=blog&content_id=725&type=i

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
競馬大予言18年夏競馬号

ソコソコ好評発売中!
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

★全国の書店でお求めください。
部数が限られています。売り切れ店多数につき、大変ご迷惑おかけします。
お求めはくれぐれもお早めに!

☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
■競馬大予言18夏競馬号

http://amzn.asia/dzYbsTJ


競馬チェックの週末重賞・展望トーク!~ 函館スプリントステークス ~ 

※木曜夜の展望トークです 

 

<菊池> 日曜日は函館スプリントSが行われますので、こちらを展望していきましょう。

 

函館スプリントステークス展望

 

2017年函館スプリントS回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50792194.html

 

<天候について>

 

<菊池> 雨の心配はないかもしれませんが、土曜日の函館は最高気温14℃、日曜日も17℃。東京でいうと3月~4月上旬ですか…。

 

<京介> 今年の函館というか北海道はことさら寒いようで、今月にまだ最高気温8℃なんて言う日があったそうで。今週も深夜に10℃を切る日がまだあるそうだよ。夏日はまだまだ遠い。夏競馬をしている本州側とは、ハッキリと気候が違う開催になりそうだね。

 

<馬場について>

 

<菊池> 昨年の開幕週は高速馬場でしたね。開幕日にレコードタイムが2回、日曜日に3回。芝1200mは土日で3回も更新されました。

 

<京介> ここ2年ほどは、函館でも6月頭でもう20℃超え、真夏日が多かったからだいぶ芝の生育が良かった。

 

<京介> 今年の北海道はずっと寒いんだよなあ。馬場情報の写真を見る限りは、あんまり綻びのない芝だけれど、昨年より芝の密度が薄い、すぐ芝が剥げる馬場になるかも知れないね。

 

<菊池> 昨年の4月の平均最高気温が12.8℃・平均最低気温が3.4℃。5月が17.8℃・8.9℃。これに対して今年は4月が、5月が12.4℃・4.0℃、5月が17.2℃・8.5℃。そんなに変わるものなんですかね?

 

<京介> 今週に関してはとりあえずそこそこ速い馬場だろうし、引き続き内側に馬が殺到する展開になると思うけれども。

 

<レース傾向について>

 

▲1~3枠

→[66432]、前走が3着以内の馬なら[5318]

内枠有利顕著で、軸も穴も内枠から。

 

▲1~5番人気の牝馬

→[4137]、昨年はハマらずも好走パターンの王道

  3歳[2010]がトレンド。56キロは割引。

 

△前走がGⅠで今回斤量減

→[43420]3~4歳[33415]に絞ってもOK!

さらに前走が1600mだと[32311]

 

?1~3番人気の牡馬(4歳以上)

→[22012]、単複回収率53%&32%。軸には不向き。

人気馬を信頼するなら牝馬&3歳馬。

 

?前走で逃げていた馬(逃げ馬)

→[01116]、後続が早めに捕まえる意識強く展開不利。

大穴3着例は前走逃げ→今走追い込みだった。

 

?武豊騎乗馬

平均2.2番人気で[0005]。全て掲示板外に消えた。

重賞に縁遠い騎手の活躍が目立つレース。

 

(菊池グリグリ『競馬大予言・重賞別「激走」&「凡走」のツボ』掲載データより抜粋)

 

<京介> 本当に内枠有利の条件だけれども、馬群が内に詰まり過ぎて人気の内枠馬に自在な競馬をさせず、結果馬群の外を回る馬が間に合うようになったのがここ5年ぐらいかな?馬場もここ数年かなり速くなっているから、皆の意識が内有利だと考えすぎて、さらに厳しいペースにしていることがある。外枠の追い込み馬でもワンチャンスある展開が増えていることに注意。

 

<京介> パドックからは、これまでダメすぎたのに函館滞在で急に一変して激走、これまで好調だったのに函館に行って体つきが落ちる、なんて例が過去にも多かったから、前走の馬体をアテにできないことに注意したい。今年のメンバーで今年の気候なら、函館の水にちゃんと慣れていることが大事だと思う。直前の函館Wの追いきりに注目したいね。

 

<例年と比較して気になるポイント、展開予想など>

 

<菊池> フルゲート16頭が埋まりましたね。メンバーレベルもソコソコでしょうか。

 

<京介> だけど今年は3歳馬の不在と、全体の高齢化が目立つように思う。エポワスってまだ引退しないのが凄いね。10歳だけれども、相変わらず追い切りは良く動いているし…。

 

<京介> そして昨年勝ち負けしたジューヌエコールとキングハート、3年前勝ち馬のティーハーフ、その他重賞勝ち馬も多い。ただ、どれも「好走当時がピークだったんじゃないの?」という馬が多くて、馬柱がだいぶ地味。勢いのない馬が多いよね。

 

<菊池> セイウンコウセイが押して逃げるでしょうか。ダイアナヘイロー、ラインスピリットにワンスインナムーン、ライトフェアリー。1000m経由のノットフォーマルもいて、逃げ候補は多数ですね。

 

<京介> これは厳しそうだなあ。このレースに至るまでの土日の条件戦で高速決着が続くと、騎手が馬場を察して本当にキツイ流れになりがちだからね。一番厳しいのは3頭以上雁行で直線入口に向かう形。1分8秒台前半なのに差し追い込み決着となった年は、コーナーで鍔迫り合いをしていた展開だった。

 

<京介> だけど武豊騎手はペースを読める分、半端に引きそう。ライトフェアリーも競り合わずに行くはず。ここ数戦控えても全く味気ないセイウンコウセイが行きそうだけれどもなあ。どれが内枠を引くのか、で考えたいね。予想がつくなら2・3列目内ラチ沿いで折り合って脚が溜まるタイプに注意したい。

 

<菊池> では、人気が予想される上位3頭についてお願いします。

 

( ダイアナヘイロー )

 

【 強み 】

 

<京介> 基本的には右回りの直線平坦が理想のタイプだから、スンナリ行ければこの函館もいいコースだと思う。今回は武豊騎手に戻る。

 

<菊池> 昨年が速い時計の出る6月阪神~8月小倉で連勝。時計勝負は望むところですね。

 

【 弱み 】

 

<京介> 高松宮記念よりも楽なペースかと思いきや、何で今回もセイウンコウセイがいるんだか。おまけに競り込みしてくる先行馬が他にも多い。

 

<菊池> 阪急杯はかなり楽な逃げだったんですよね。昨年の北九州記念も結果的には前が楽な展開で。

 

<京介> 小倉の北九州記念で絶好のデキだった夏馬だから夏場はいいんだけれど、今年の函館はあまりにも寒すぎるから体調落ちちゃうんじゃ…。

 

★総合評価:+3 (京介 +1 菊池 +2)

 

( ワンスインナムーン )

 

【 強み 】

 

<京介> この馬は本当に体つきが良い。G1だと若干物足りない部分があるけれど、小回り向きのハコ型体型でスピードもかなり良い。スプリンターズSの3着は威張れるはず。

 

<菊池> 同意見です。函館芝短距離に強いアドマイヤムーン産駒でもあり、季節を選ばずに走れるタイプ。それと、高松宮記念に見切りを付けてサマーシリーズに全力投球というローテであることも強みになりそうですね。

 

【 弱み 】

 

<京介> 母父ヘクタープロテクター、弟がディバインコードと聞くと、馬体こそ良く見せても…と思っちゃうんだよね。重賞での決め手のなさを想像してしまう。人気先行しがちなタイプの条件に当てはまるし…。1頭だけで行ききるのでない限り、展開もやっぱり不利だと思うよ。

 

<菊池> 昨年末の香港で-17キロと一度大きく崩れたんですよね。そのあたりをこの中間にキッチリ立て直せているかどうか。恐らく大丈夫だとは思いますが。

 

★総合評価:+4 (京介 +1 菊池 +3)

 

( ナックビーナス )

 

【 強み 】

 

<京介> G1で3着したばかりの5歳牝馬。函館スプリントSでは信頼していいパターンだよね。近走示した能力では、一応一番かな。

 

<菊池> 同型が複数いる時は好位で受けることも出来るように脚質の幅があること。そして昨秋に東京盃を使った後からは崩れずに安定して走れていますね。

 

【 弱み 】

 

<京介> この馬は小回りの平坦は苦手じゃないかな?パワーがあって腰が大きくブレる、坂のあるコースの方がいい。古馬になって京都で一度も好走していないし、惰性が効かないと。

 

<菊池> 実は明確な時計限界があって、1分7秒台決着だと一歩足りない可能性も。とりあえず土曜メインの決着タイムに注目ですね。

 

<京介> それとこのレース関東馬の成績が良くないんだけど、追い切りが軽すぎる傾向があるのも影響しているはず。1週前に美浦坂路でビシッと追って、輸送もあるから直前は函館Wでさらっとこなしているけど、こういうのは勝てないんだよな…。

 

★総合評価:+2 (京介 +0 菊池 +2)

 

~~~~

 

<菊池> では、穴馬を挙げましょうか。

 

 

( ヒルノデイバロー )

 

<京介> 結局ダートに戻すつもりはなく、芝の重賞でちゃんと通用するようになってきた。一番の推し材料は、函館滞在馬の中で一番まともな動きをしていること。洋芝適性は過去に見せているし、いつも終い確実なので先行できるなら常にチャンスはある。消耗戦ラップ向きのタイプ。四位騎手と合っていないように思うけれど…。

 

( ライトフェアリー )

 

<菊池> 単純に、近2走で連続好走中はこの馬とナックビーナスしかいないんですよね。鞍馬Sは追い込み馬が1・3着に届く流れの中、2番手から粘ってハナ差。事実上、連勝中みたいなもんですから。石毛厩舎で52.5万円の馬で、地方出身ですけども6歳ながらまだ21戦しか使っていないし、夏に実績もあります。

 

~~~~

 

※展望トーク時点での印

 

<京介>

▲ヒルノデイバロー

▲ティーハーフ

▲ワンスインナムーン

 

<菊池> 

☆ライトフェアリー

○ワンスインナムーン

▲ナックビーナス

△キングハート

△ジューヌエコール

△ティーハーフ

△ダイアナヘイロー

 

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論は前日版コラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!

 

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ