金子京介&菊池グリグリの週末レース展望

たま~にオクノも登場します

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね152 コメント17
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2018年10月  >
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
競馬チェック!
競馬チェック!
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
フリースペース
☆菊池グリグリ
ツイッター https://twitter.com/guriguritk
構成作家。コント(アニメ)・イベント・競馬・貝社員。最近は競馬の仕事が多めです(多少のお喋りも) 「競馬チェック」、ニコ生公式ch・AbemaTV Fresh!の「【レース直前・競馬ナマTV】生放送」のMC、雑誌:『競馬大予言』(笠倉出版)にも掲載させてもらい、日々楽しく真剣に競馬をやってます!

☆金子京介☆
ツイッター https://twitter.com/kyojrdb
JRDB関東パドック担当。関東圏で真剣に頑張ってます。
サラブレにも出てます。
単行本が発売中。「京介式馬券 厩舎ランク」http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%AC%E4%BB 
京介・菊池グリグリの「週末重賞・展望トーク!~ オークス ~」
2018-05-18 09:44:00
テーマ: 重賞展望トーク

JRDB関東パドック班・金子京介と、競馬大予言の主軸ライターであり競馬データ分析家の菊池グリグリがお届けする、中央競馬の重賞展望。

※週末の重賞が3レース以上の時は、”1番人気研究家”にして、競馬チェック編集長・競馬ビッグデータ主宰の奥野憲一が参戦!
  
前年の重賞傾向や、出走馬の特徴&状態、今年の注目ポイントなどを盛り込んだ濃密な展望対談!
『競馬大予言』で連載中、「重賞別”激走”&”凡走”のツボ」も抜粋して掲載中!

※推奨穴馬にご注目を!
(※推奨穴馬はレース毎に京介・グリグリ・オクノが1頭ずつ推奨中

ヴィクトリアマイル レッドアヴァンセ 7番人気3着 複勝350
?content_type=blog&content_id=725&type=i

京王杯SC   ムーンクエイク   4番人気1着 単勝710
?content_type=blog&content_id=725&type=i

新潟大賞典   ステイインシアトル 9番人気2着 複勝940
?content_type=blog&content_id=725&type=i

フローラS   パイオニアバイオ 13番人気2着 複勝1160
?content_type=blog&content_id=725&type=i

大阪杯     ペルシアンナイト 6番人気2着 複勝310
?content_type=blog&content_id=725&type=i

ダービー卿CT ストーミーシー  9番人気3着 複勝580
?content_type=blog&content_id=725&type=i

日経賞    チェスナットコート 7番人気3着 複勝490
       サクラアンプルール 6番人気3着 複勝350円
?content_type=blog&content_id=725&type=i

?content_type=blog&content_id=725&type=i

スプリングS マイネルファンロン 6番人気3着 複勝260
?content_type=blog&content_id=725&type=i

ファルコンS ミスターメロディ 3番人気1着 単勝820
?content_type=blog&content_id=725&type=i

フィリーズR リバティハイツ 8番人気1着 単勝2230
?content_type=blog&content_id=725&type=i

オーシャンS キングハート 10番人気1着 単勝3130
?content_type=blog&content_id=725&type=i

<中山記念>
マルターズアポジー 6番人気3着 複勝460

<フェブラリーS>
インカンテーション 6番人気3着 複勝350

<小倉大賞典>
スズカデヴィアス 4番人気3着 複勝250

<ダイヤモンドS>
リッジマン 5番人気2着 複勝230

<京都牝馬S>
エスティタート 5番人気3着 複勝250

<共同通信杯>
エイムアンドエンド 10番人気3着 複勝1720

<京都記念>
クリンチャー 4番人気1着 単勝1050

<クイーンC>
テトラドラクマ 3番人気1着 単勝560円
アルーシャ   7番人気3着 複勝430円

<きさらぎ賞>
ラセット 5番人気3着 複勝250円

<日経新春杯>
ガンコ 7番人気3着 複勝380円
ロードヴァンドール 4番人気2着 複勝250円

<京成杯>
イェッツト 6番人気3着 複勝320円



競馬大予言18年ダービー号 ソコソコ好評発売中!

?content_type=blog&content_id=725&type=i

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
競馬大予言18年ダービー号

ソコソコ好評発売中!
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

★全国の書店でお求めください。

部数が限られています。売り切れ店多数につき、大変ご迷惑おかけします。
お求めはくれぐれもお早めに!

☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
■競馬大予言18年ダービー号

http://amzn.asia/b6ltxD2

☆お得な電子版も販売中!

【G1特集】

日本ダービー・オークス・安田記念

★競馬データ本NO.1 菊池グリグリ主筆

2018 中央競馬全重賞データバイブル (メディアックスMOOK) 

アマゾンでのお求めはコチラ↓
http://amzn.asia/hQJqj1X


京介・菊池グリグリの「週末重賞・展望トーク!~ オークス ~」

※木曜夜の展望トークです 

 

<菊池> 今週の東京ではオークスが行われますので、こちらを展望していきましょう。

 

オークス展望

 

2017年オークス回顧はコチラ

http://blog.livedoor.jp/keiba_check/archives/50790530.html

 

<天候について>

 

<菊池> 今週は土曜日に傘マークが出ていますね。これが降るやら降らないやら。恐らく、降ったとしても先週のようなことにはならないと思いますが。

 

<京介> もう夏も近くて、降ったとしても気温がそれなりに高いからね。その土曜日もガッツリ降るわけでもなさそうだし、そこまで悪化しないんじゃないか?とは思っているけれど。

 

<菊池> 日曜日は気温が下がるといいますか、涼しい予報ですね。もし、土曜日にしっかり降るようなことがあると、乾かないかもしれません。

 

<京介> 日照がちょっと足りないかもしれないのか。それはちょっと気を付けたいな…。どこ部分から乾くんだろう、みたいな芝になると先週と傾向が変わってくるだろうね。

 

<馬場について>

 

<菊池> 東京は仮柵移動してBコース使用の2週目です。先週はかなり速い時計の出る高速馬場でしたね。

 

<京介> そしてペースもそれなりに流れるのに、ラスト1Fも結構速いことが多いね。そして直線真ん中からやや外の部分の芝が良好なので、坂上でもう一つ展開が変わる。

 

<京介> 東京の長い直線で坂を上るまで頑張るタイプは人気馬ならそれなりにできるけど、ラストの平坦部分でもう一伸びできるタイプなんて限られているから、血統的に勝てるタイプと勝てないキャラがハッキリ分かれているんだろうね。

 

<菊池> 後半の雨が影響して多少は傷んだと思いますが、乾いたらまた速い時計の出る馬場でしょうね。

 

<京介> この開催の東京芝は、芝の根がだいぶ強固だよね。先週のように結構強い雨が降っても速い時計が出るし。当日に降らないのであれば、相当時計が出るていで考えた方がいいでしょう。

 

<レース傾向について>

 

○前走がOPクラスで連対のディープインパクト産駒

[3325]、5~6番人気での馬券絡みあり妙味もソコソコ。

  前走が500万下ではダメ。重賞だと複勝率70%

 

△フローラSを4角5番手以内で権利獲得

安定感イマイチも平均8.3番人気で[12312]、複穴に。

  関東騎手に限定すると複勝率アップ。

 

?チューリップ賞を3番人気以下で勝った馬

→[0004]、桜花賞で負けても人気になるが玉砕しがち。

チューリップ賞1番人気は着順問わず[4111]

 

?桜花賞で2桁馬体減のあった馬

 →[11011]、連続好走は08年エフティマイアのみ(大穴)。

桜花賞大敗からの巻き返しは阪神JF勝ち馬。

 

×母の父がトニービン

父として3頭の勝ち馬を輩出したが母父では[0005]

買い材料と勘違いされるので消して妙味。

 

<例年と比較して気になるポイント、展開予想など>

 

<菊池> 桜花賞1番人気の単勝オッズは5年連続で1倍台でした。そして、この4年のオークスはいずれも堅い決着。牡馬クラシックと異なり、路線がシンプルな牝馬クラシックは、ここに来るまでに概ね序列が見えていますよね。

 

<京介> 牡馬の路線とは違って、マイル前後の距離で何度も対戦するし、2回以上4着以下になった馬は、成長よりも疲労蓄積の方が大きくなるしね。

 

<菊池> 今年も上位人気と中位以下に大きな差ができそうなメンバー構成。実際に能力差も大きいと思います。その他のポイントとしては、昨年と同様に桜花賞で展開を牽引した先行馬の出走がないですね。

 

<京介> もう最近はマイルG1で突っ張ってペースをリードできるほどのスピードタイプが、桜花賞にまで駒を進めることはほとんどないよなあ。1400m辺りで逃げられるぐらいの気性の馬がそういう役を引き受けるし、3歳牝馬路線でそのタイプが活躍できることはほぼない。自然とオークスになると名前が消えていく。

 

<京介> だけどその速い流れでないと折り合えず消耗するようなタイプでは、どのみちオークスでは勝負にならないよね。「気を抜いて追走できるいい気性なのにスピードがある」というのも、オークスでは大事な要素だから。

 

<菊池> 逃げ候補はどのあたりになりますかね。

 

<京介> スイートピーSで逃げたサヤカチャンと2番手のランドネが登場しているから、この2頭が形だけでも引っ張るのでは。

 

<京介> ちょっとひと昔前のオークスだと、常にロングスパート力がないとダメだったし、予想する上では直線の3Fだけ脚使う競馬になるわけがないと考えていたんだよ。だけど、最近10年だけ見直しても明らかに3Fだけの瞬発力勝負になることが多い。マークすべき強力馬が後ろからの脚質だった場合は、意外とペースが上がらないままになることが多いね。

 

<京介> 馬群が固まりがちだとするなら気を付けるべきは隊列。自在に立ち回れる馬ならともかく、構えて競馬したいタイプは他馬から相当執拗なマークを受ける。桜花賞で前目の位置でも差し込める、というタイプの方が、極端な追い込みより有利だと思うけどね。

 

<菊池> では、人気が予想される上位5頭についてお願いします。

 

( オールフォーラヴ )

 

【 強み 】

 

<菊池> 3戦2勝ですが、2戦目はかなりの不利が影響していて、実質2.5勝馬みたいな存在。忘れな草賞も比較的いい部類で。

 

<京介> フランツのようなまがい物が重賞に出てきた原因が、この馬がちゃんと勝たなかったせいとも言えるわけね。アルメリア賞も忘れな草賞も、直線で競り合った時にかなり良い根性を見せていて、我慢できる強みがある。

 

【 弱み 】

 

<京介> 捌きが硬い!全体にひ弱で肉付きが足りない。もちろん今の東京芝はパワーはそれほどいらないけれど、大丈夫かこの馬?と思うほど細い体つきをしている。レディアルバローザの仔だったら、これでもありえるのかな?当日ちゃんと見たい。

 

<菊池> メンバーレベルが低い年なら面白い穴馬かもしれませんが、今年は揃っているので相対比較で推せるほどの根拠は?乗り替わりもマイナスで。

 

★総合評価:+2 (京介 +1 菊池 +1)

 

( リリーノーブル )

 

【 強み 】

 

<菊池> チューリップ賞から桜花賞にかけてラッキーライラックとの差は詰めていました。さらに今回は当週に輸送があるのに直前まで目一杯やっていますね。相当具合が良いんじゃないでしょうか。

 

<京介> デビューから比べるとホント体つきが変わったね。チューリップ賞直前の追い切りからしていい動きだったけれど、桜花賞上位が強いだけで充実期に入っているのは間違いない。脚の使い方から、絶対に距離が延びて良いタイプでしょう。

 

<菊池> デビューから全て芝1600mで崩れずに走っていますが、母系は2000m前後での活躍馬も多くて父がルーラーシップ。距離が延びた方が良いことは確かでしょうね。枠も良いところを引けました。東京への輸送経験があるのも強みですね。

 

【 弱み 】

 

<京介> 新馬戦以外は上がり最速を記録できていないし、他馬よりも抜きんでた何かを持っているわけじゃない。おそらく戦略は川田騎手が相当悩んで何か工夫をしてくるだろうけど、誰かをマークしていつも出し抜かれる。マイル路線からこの距離に変わることで、よっぽどプラスが大きければいいんだけど。

 

<菊池> 桜花賞当時にも言いましたが、母系がやや成長力に乏しい点はどうか?という部分も。

 

★総合評価:+7 (京介 +3 菊池 +4)

 

(※各々が-5~+5点で採点 ※総合点は合算値 -10~+10

 

( サトノワルキューレ )

 

【 強み 】

 

<菊池> フローラSは前残りの展開の中、優秀な記録で差し切り勝ち。デビューからオークスを目標に歩んできた3勝馬。負けたのは不利を受けた2戦目のみ。

 

<京介> 四肢が長く背丈があって、手先のバネがなかなか良い。デビューから徐々に体を減らしているけれど、こういう形で絞れるタイプは長い距離への適応力が高い方。

 

【 弱み 】

 

<菊池> フローラS終了後にも言いましたが、これ以上馬体が減るのはどうか?ということ。そして、どうも中間は馬体の維持に一生懸命という感じがします。今までで最も短いレース間隔での出走ですし心配ですね。

 

<京介> フローラSも別に圧勝じゃないからな…。この成功例を信じて後方待機に徹して、それが嵌るレースの流れになるのかというとね。

 

★総合評価:;4 (京介 +2 菊池 +2)

 

( ラッキーライラック )

 

【 強み 】

 

<京介> 桜花賞で最内枠で揉まれるのを避けて前に出したけれど、ちゃんとスピードコントロールができていたし、それで後半の末脚が渋ることもなかった。リリーノーブルに差されてもおかしくなかったけどね。やっぱり機動力があり、末脚もまず問題ないとみなせるのはいい。

 

<京介> それと他馬のマークがアーモンドアイに集中するのは、少なくてもプラスになるでしょう。

 

<菊池> レース巧者で桜花賞の競馬は完璧でした。半姉ラルクは距離を延ばしてレース振りが良くなりましたね。

 

【 弱み 】

 

<菊池> 東京に遠征したアルテミスSが今までで一番テンションが高かったですかね。当日の気配を見て、ですが少し気を付けたいところ。

 

<京介> この東京開催で調子がいい石橋脩騎手だけど、これまでこのレベルの有力馬に乗ることが少なかったとはいえ、芝2000m以上の距離の重賞で全然活躍ができなかった。長い距離でこその名手と言える実績が何一つない。これまで破たんを見せていないとは言え、折り合いや仕掛けのタイミングなど、スンナリ行かない可能性は考えたいね。

 

★総合評価:+8 (京介 +4 菊池 +4)

 

( アーモンドアイ )

 

【 強み 】

 

<菊池> 桜花賞は一頭だけ別次元の競馬でした。掛かるタイプでもないので、オークスに限ってはそこまで距離不安を訴える必要もないかなと。

 

<京介> 骨格は薄いのに、その骨量に見合わない分厚い筋肉量がある馬。しかも筋肉の隆起が他の牝馬よりもだいぶしっかりしている。これはやっぱり、重賞~G1で戦う上ではかなりのアドバンテージだと思う。渋った馬場はむしろ歓迎。

 

<菊池> 蹄の心配をしていたのですが、1週前も今週も追い切りはしっかり動いていて、桜花賞当時よりビッシリやれていますよね。状態面はむしろ前走より良いのでは?

 

【 弱み 】

 

<京介> 新馬戦の1400mで上手くハマらなかったのに、マイル戦に変わってから圧勝続き。血統は母フサイチパンドラだけれども、あまりにもマイルにピントが合いすぎじゃないの?という不安はある。馬体のバランスもマイルでこそという形に見えるし。あとは、手前替えの問題だね。

 

<菊池> 脚や距離よりも展開でしょうか。物理的に無理、という超スローになった場合、いくらルメール騎手とは言え、この馬でレイデオロみたいなマクリは厳しいのでは?ラッキーライラックが超スローのレースを支配した場合が一番危ないんじゃないかなと。

 

★総合評価:+5 (京介 +2 菊池 +3)

 

~~~~

 

<菊池> では、穴馬を挙げましょうか。

 

( ランドネ )

 

<京介> 結果的に3頭出しになった角居厩舎には結構期待があるなあ。角居厩舎はそもそも東京コースの上級条件成績が優秀な厩舎で、鍛え方がこのコースに合っている。ランドネは新馬戦からかなり背を高く見せて、長い距離でこそと感じた馬。

 

<京介> スイートピーSから間隔が短く、輸送3度目でどうかなと思うけれど、ここまで急に痩せることなくいい筋肉量を維持しながら出走できている。体格が良くて、脚が長い強みをこの2400mで生かすことができれば。

 

( パイオニアバイオ )

 

<菊池> フローラSで先行して権利を獲った馬は古き良きオークスの穴パターン。前走は不利な15番枠でもありました。今回の方がスムースに位置を取れる可能性がありますし、母も桜花賞よりオークスでパフォーマンスを上げました。父ルーラーシップも母父ゼンノロブロイも皐月賞には間に合わなかったけど、この時期に成長で追い付いて来たタイプ。…目一杯うまくいって4着かもしれませんが(笑)。穴で推せるのはこの馬くらいしかいないかな。

 

~~~~

 

※展望トーク時点での印

 

<京介>

◎ラッキーライラック

○リリーノーブル

▲サトノワルキューレ

▲アーモンドアイ

△ランドネ

△ロサグラウカ

 

<菊池> 

 

○ラッキーライラック

○リリーノーブル

○アーモンドアイ

△サトノワルキューレ

☆パイオニアバイオ

 

<菊池> では、こんなところにしておきまして、最終結論は前日版コラムとガチンコ予想でチェックしていただきましょう!

 

※最終結論は、それぞれのコラムでチェック!!


コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ