人生を変えたくなったときに読む 言葉配達人あきのブログ2

この世には法則があります。その法則を知ることで、幸せな流れに乗ることが出来ます(*^-^*)魂のこと、家系のこと、お金や結婚などの不幸脱出方法を書いていきます( ◠‿◠ )

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね2
最新の記事
プロフィール
言葉配達人あき
言葉配達人あき
初めまして。言葉配達人あきです^^

16歳から原因不明の病になり
10年の寝たきり生活を送りましたが、
現在は元気に生活しています^^
無事に出産も経験した
不思議な経歴の持ち主です(*^-^*)

2016年までは
アセチルコリンレセプター抗体陰性型の
重症筋無力症という診断でしたが、
2016年に大学病院にて、
アマルガムによる無機水銀中毒
自己免疫性障害に変更されました。

2009年から「あきごころ」にて
毎日、人生が変わる言葉を更新中です♪
現在カウンセラー・レイキティーチャーとして活動中です。


著書:
2006年絵本「にこにこえがおになぁれ!」
2006年児童書「雲はかせ命の十のしつもん」

こちらのブログでは、普段かけない日記や、
人生の摩訶不思議な法則を
書いていきたいと思っています。
ご購読を楽しみにして頂けると嬉しいです(*^-^*)
カレンダー
<  2017年10月  >
10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
自己否定は親の表情で決まる。
こんにちは!
(こんばんは!かもしれないです^^)

10月になって、
台風が発生していますね。
皆様の地域は大丈夫ですか?
皆様の地域にも台風災害が起こらない
ことを願います✨


さて、本日の記事です(*^^*)
今日の記事は、子どもが生まれる前から
確信はしていたのですが、
子どもが生まれてみて、
さらに確信することが出来たので
記事にしてみたいと思います(*^^*)

こうして記事をまとめるのも
2~3日ほどかかることがあるので、
挨拶が日にちによって合わないことも
あります(^-^;
その変はお許しを。。(^∧^)
わかりやすく、伝わりやすくを意識して
書いていきたいと思います(^-^)/♪



記事に入る前に。。
こうして、子どものお世話をしていると、
16歳で倒れた娘を子どものように
お世話した母の気持ちはどうだったのだろう。
と過ります。


寝たまんま。
歩けない。
座れない。
ミルクしか飲めない。
言葉は発するけど、
うー、うー、あー、あー、
しか言わない。
夜中でも起きてミルク。

年齢は全く違うけれど、
寝たきりの頃の私は、
このお世話のスタイルと
ほとんど変わらなかったのではないか
と思うんです。

しかも、赤ちゃんには希望があるけど、
私の場合には絶望の方が近い。

こんなにお世話をして育てた娘が
16歳で死が近い現実。。介護。
はぁ。。。大変だっただろうなぁ。

親孝行出来て、
本当に良かったです(*^^*)
頑張って良かった(*^^*)


そんなことも思いつつの
息子との日々、気づきを得たので
記事を書いていきたいと思います(*^^*)


本日の記事
『自己否定は親の表情で決まる。』
私の出産体験3-完結ー
いいね1
こんにちは!あきです(*^^*)

今日は時間が取れたので、
ようやく「書く」作業に入れました!

出産後、感覚が鈍ったのか、
「書く」という作業が遅くなりました。
どう、書き出せばいいのか戸惑う自分に
戸惑っています(^-^;笑。


まぁ、ボチボチ慣れて取り戻して
いきますので、しばらくの間、
読みにくい文章にお付き合いを
お願いしますm(__)m(^-^ゞ

今日は「出産体験記3」!
いよいよ完結します(*^^*)






私の出産体験記2
2017-10-08 11:44:00
テーマ: ひとりごと 体・健康への記事
おはようございます!あきです( ◠‿◠ ) 
こんにちは!かな^^


やっと、エッセイブログの記事を書く時間を
取ることが出来ました(^^♪

息子が誕生して、早1か月が経ちました(^^♪
この1か月、本当にいろんなことがありました。


病もそうだったのですが、
妊娠、出産、誕生、育児を実際に体験してみると、
考えていた以上、想像していた以上に、
本当に様々なことがあり、
大変なことも、うれしいことも、
こんなに多いんだ!
と実感しています。

息子との日々はまだ1か月ですが、
生命の誕生と、これまでの道のりを何度も
思い出し、少しでもよい経験として
記事にできるよう、
これからも日々、邁進していこうと
思っています( ◠‿◠ ) 


私の出産体験記は、
中には必要のない方、
読みたくないなぁと思う方も
いらっしゃると思いますが、

病のこともあり、
なかなかない経験も多いため、
いつか誰かのために、
書き残したいと思います。


もし、今、絶望的な現実を生きている
方がいたとしても、
明るい未来を諦めないで下さい(*^^*)

長い間の寝たきりの私でも、
快復し、妊娠、出産まで
辿り着くことが出来ました(*^^*)

私のこの体験が、
誰がの役に立てたら幸いです。

それでは、、
記事を書いて行きたいと思います(*^^*)


「私の出産体験記2」


ページの先頭へ