言葉配達人あきのエッセイブログ2ー読むだけで人生が紐解けます♪ー

この世には法則があります。その法則を知ることで、幸せな流れに乗ることが出来ます(*^-^*)魂のこと、家系のこと、お金や結婚などの不幸脱出方法を書いていきます( ◠‿◠ )

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね10 コメント1
最新の記事
プロフィール
言葉配達人あき
言葉配達人あき
初めまして。言葉配達人あきです^^

16歳から原因不明の病になり
10年の寝たきり生活を送りましたが、
現在は元気に生活しています^^
無事に出産も経験した
不思議な経歴の持ち主です(*^-^*)

2016年までは
アセチルコリンレセプター抗体陰性型の
重症筋無力症という診断でしたが、
2016年に大学病院にて、
アマルガムによる無機水銀中毒
自己免疫性障害に変更されました。

2009年から「あきごころ」にて
毎日、人生が変わる言葉を更新中です♪
現在カウンセラー・レイキティーチャーとして活動中です。


著書:
2006年絵本「にこにこえがおになぁれ!」
2006年児童書「雲はかせ命の十のしつもん」

こちらのブログでは、普段かけない日記や、
人生の摩訶不思議な法則を
書いていきたいと思っています。
ご購読を楽しみにして頂けると嬉しいです(*^-^*)
カレンダー
<  2020年7月  >
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
夫婦の話。卵焼きは砂糖?塩?

おはようございます(#^^#)
5月最初の記事です♪

今月はテーマを夫婦に絞って、
書いてみたいと思います(#^^#)
リクエストをいくつか頂いたのもありますが、
夫婦についての記事をもっと書いて欲しい。
というメールを頂き、思うように
書いてみようかなと思ったのがきっかけです(*^-^*)
楽しんで読んで頂けると嬉しいです(*^-^*)

それでは、本日の記事!

『夫婦の話。卵焼きは砂糖?塩?』

スタートですヾ(*´∀`*)ノ♪



私事になっちゃいますが、、
まず、夫婦について書いていく中で、
私の「夫婦」についての考えを、まとめてみようかな
と思いました(*^-^*)
素直に書いてみたいと思います(#^^#)

私は、うまくいかない恋愛に長い間悩み、
自分を責める癖や異性に近づこうとしない癖、
でも、寂しいから無理に近づこうとする癖。
誰にも批判されたくないから、
好みじゃない男性を選んでしまうこと。
ただの逃げで結婚への意思があったことなどを
認め、自分と向き合い続けた結果、5年後。
ようやく結婚へ辿り着きました。

結婚に辿り着くまで、とても辛かったことや
孤独を大きく感じていたこともあり、
「結婚」という転機を迎えられたことに、
とっても大きな感謝の気持ちが芽生えました。

こんな私をお嫁さんにしてくれた、
夫の家族を大事にしていこう!

と入籍した日に誓いました。
でも、この時の私は、まだまだ自分に自信もなく、
どう過ごしていくことが、夫を幸せにすることなのか、
全く分からず仕舞いで、手探り状態でした。

というのも、参考に出来る「夫婦像」が
私の中に全くなかったからです。
通常は、両親を理想の「夫婦像」に掲げ、
両親のような夫婦になるように、
両親のような親になるようにと、
夫婦になるのも、親になるのも指針があります。
けれど、私の中で両親と同じ形の夫婦になること、
同じような形の家族を創ることへの恐怖がありました。

同じ形になれば、自分で過ごした幼少期の辛い思いを
子どもに強いることになる・・・何かを変えなければ、
と独身時代から感じ、その思いが結婚と同時に決意に
変わりました。

結婚し、数日経った頃、朝食を作っている時、
「家族や親族が離れていく家族を見てきた自分の中にあるのは、そのような常識かもしれない・・・。
だとすれば、
私の行いが悪いのであれば、夫婦仲が崩れる、
家族も崩れる、親族も崩れる・・自分を客観的に見ながら、
環境からのメッセージをしっかり受け取って、
自分を変えていけば、きっと、夫や夫の家族、親族と一緒に
幸せを築けるのかもしれない」
と思いました。

その日の朝食の会話で、こんな会話があったんです^^
夫「卵焼きってさ、塩が普通なの?」
私「そうだけど・・・美味しくない?」
夫「美味しくないわけではないけど、僕は砂糖で育ったから、嫌じゃなければ、砂糖で味付けした卵が食べたい」

私、このとき、思った以上の葛藤がありました(笑)
内心「えーーーーー!!!甘い卵焼き!?美味しくなーーーーい!!!( ;∀;)」
と大きな抵抗がありましたが、
「やってみる^^」とお返事しました。

私の感覚だけで食事を作り続けることで、
夫は毎食、口に合わない食事をすることになる。
ということは、会話も進まず、夫にとっては
食事が日々のストレスになるのではないか・・。
これが些細なことではないように感じたのです。

帰ってご飯を食べたくない・・という
些細な気持ちの連続で、きっと未来で、
自分の味を押し付けているにも関わらず、
美味しく食べてくれないことへの怒りに変わり、
夫婦仲の崩壊もあるのでは?と感じました。

そう思えたとき、きっと、
夫婦ってこんな些細な事の連続で
円満になったり不仲になるのかもしれない。
と感じました。

翌日から、卵焼きに砂糖を入れて作りました。
すると、夫が
「お!!砂糖入れてくれたんだ!」
と嬉しそうに反応してくれました。
でも、私も恐る恐る砂糖を入れたので(笑)
「もう少し甘くしてほしい」とリクエストをされました。
私は、砂糖味の卵焼きの加減が分からなかったので、
「夫の好みの卵焼き味が分からないから1度作って欲しい」
と伝えると、翌朝に作ってくれました^^

私からするとかなり甘く感じましたが、その味を頼りに、
卵焼きを作るようになりました^^
今では、私も塩味卵焼きより、砂糖味卵焼きの方が食が
進むようになっています(#^^#)


結婚し7年目に入りますが、今でも夫婦円満に過ごせています(#^^#)
夫の家庭に入ってよかったなぁと思うたびに、
あのとき卵焼きを砂糖味に変えて良かったーーー!と思います(#^^#)

夫婦の絆や想いが高まる秘訣は、相性がいいとか、
性格が合うとか、いう問題ではなく、
ほんの些細な日常の思いやりの積み重ねなんだと知りました(*^-^*)

ある日、夫婦の会話で子どもを誕生させるか、
どうするか、の話になりました。
私は結婚したのが31歳でしたので、夫は私の年齢も考え、
早く産んだ方がいい?と思ったようでした。

私は、私の病で水銀アマルガムが原因だったこともあり、
歯科医師から水銀アマルガムを取ってから4年は、
子どもをもうけないように、と言われていることを伝えながら、
「もし、水銀アマルガムの問題がなかったとしても、
私は3年ほどは二人で過ごしたい」
と伝えました。

というのは、
「夫婦」ということに対して、
「家族」ということに対して、
もっと自分と向き合い、自分の中にある、
「夫婦」「家族」「親族」に対しての価値観を
幸せに変えていかなければ、生まれてくる命に
楽しさや幸せを教えてあげられない。
と思っていたからです。

結婚し数年は、子どもを授かるまでに時間を置き、
まずは夫に「この人と結婚してよかった」
と思える自分になろう!と決心していました。

夫は、
「わかった、そうしよう」と言い、
「でも、もし、数年後、遅くなって赤ちゃんが授かれない
年齢になっていたら、どうする?不妊治療はする?」
と聞かれました。

私は、
「不妊治療はしない。もし、授かれないなら、それが
神様から頂いた答えだと思うから、受け入れて、
二人で最期まで過ごして生きたい」
と伝えました(*^-^*)

この時、私は31歳。夫は50歳。
年齢を考えると急いだほうが良いかもと思いましたが、
私は「夫婦の絆」を築くことと、
「自分が幸せな家庭、お母さんになる準備」を
していくことを優先してみました。

その選択が間違っているのなら、きっと、
子どもは授かれない。
でも、もし、数年後、子どもを授かったのなら、
その経験を活かし、
幸せな夫婦になる方法や子どもについても
発信していきたいなと思いました。
そして、そのような自分になる決心をしました。


お陰さまで私たち夫婦は、
結婚して4年後、新しい命が宿りました。

そして、現在結婚して6年。
新たな命を迎え、暮らしています(*^^*)


新しい命が誕生したから、学びは終わり!ということはありません。

今も日々、夫婦について考えながら、
子育てについても考え過ごしています。

今、思えば夫婦だけで過ごした4年のお陰で、私は、
夫をどう支えていき、
自分の人生をどう生きるのか、
母として子に何を伝え、
どんな生きる姿勢を見せていくのか、
考えをまとめることが出来ました。


でも、これもきっと、
うまくいかなかった恋愛時代があったから、
病という時間を頂いて、自分と向き合う時間があったから、こそだと思っています。


どうしたら、夫とうまくいきますか?
どうしたら、夫は早く帰ってくるようになりますか?

といったご相談メールをよく頂きますが、
きっと、夫婦ってね、
互いをコントロールするものではなくて、
どう生きるか!だと思うんです。

表だけの言葉や愛情のごまかしは
夫婦や家族には通用しない、、
夫婦や家族でも、親子でも、
表だけの言葉を使い続け、
言葉や愛情をごまかしていたら、愛想つかされます。

ごまかしが効かないからこそ、
生きる姿に互いに惚れていく、ことでしか、
夫婦の愛って続いていかないと思うんです。

そんな自分になれたら、
夫婦の悩みは消えていくような気がします(*^^*)


私のことを長ーーーく書いてしまいましたが、
次回も夫婦について、書いていきたいと思います(*^^*)

リクエストメールへの返信を交えながら、
書いていく予定です(*^^*)
楽しみにしていて下さいね!(*゚ー^)(*^^*)

これでは!
今日も長い文章を最後まで読んで
下さり、ありがとうございました!

それでは、次回!
お会いしましょう!!

またね~(^_^)/~~♪
ありがとうございました!_(._.)_(*^^*)
TOP