人生を変えたくなったときに読む 言葉配達人あきのブログ2

この世には法則があります。その法則を知ることで、幸せな流れに乗ることが出来ます(*^-^*)魂のこと、家系のこと、お金や結婚などの不幸脱出方法を書いていきます( ◠‿◠ )

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね9
最新の記事
プロフィール
言葉配達人あき
言葉配達人あき
初めまして。言葉配達人あきです^^

16歳から原因不明の病になり
10年の寝たきり生活を送りましたが、
現在は元気に生活しています^^
無事に出産も経験した
不思議な経歴の持ち主です(*^-^*)

2016年までは
アセチルコリンレセプター抗体陰性型の
重症筋無力症という診断でしたが、
2016年に大学病院にて、
アマルガムによる無機水銀中毒
自己免疫性障害に変更されました。

2009年から「あきごころ」にて
毎日、人生が変わる言葉を更新中です♪
現在カウンセラー・レイキティーチャーとして活動中です。


著書:
2006年絵本「にこにこえがおになぁれ!」
2006年児童書「雲はかせ命の十のしつもん」

こちらのブログでは、普段かけない日記や、
人生の摩訶不思議な法則を
書いていきたいと思っています。
ご購読を楽しみにして頂けると嬉しいです(*^-^*)
カレンダー
<  2019年8月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
その後、どうなった?不倫問題③
おはようございます(*^-^*)

さて!7月の記事ですヾ(*´∀`*)ノ
7月の記事を何書こうかなぁ♪
と思っていたところ、、

「その後、不倫問題の悩みを頂いていた
Aさんは、どうなったのですか?」
というお便りを頂いたので、
もう少し、前回の記事の続きを
書いていこうと思います(*^-^*)


――――――(おさらいです)―――――――
Aさんが、不倫問題で悩んでいます。

Aさんは24年前に結婚しました。
きっかけは、子どもが出来たから。

一番上は長男。今年、新社会人になりました。
二番目は長女。大学生になりました。
三番目は次女。高校三年生です。

今、一緒に住んでいるのは、
夫、Aさん、次女です。

夫は結婚当初から、
生活費を入れず、家事も一切手伝いません。

Aさんは働き、
生活を背負って、
子どもたちの学費も自力で
支払っていました。

時には、支払いが回らず
夫に相談しましたが、
「お金はない」で終わります。

子育てが落ち着てきたころ、
義理の両親の介護も始まりました。
Aさんは、働き、家事をして、
介護もこなしました。


Aさんの暮らしも忙しさが増していましたが、
子どもたちがいるということと、
長男を生んことで、
この家系のためになっているのだと
思うと気が安らぐこともあったそうです。

下の子の手が離れてきて、
中学生になったころ、
この下の子が高校を卒業したら、
この家を出ていきたい。
と思ったと言います。

でも、離婚する気はない。

自分が帰る家はないから、
籍を抜くことが考えていない。
ただ、出ていきたい。と思ったそうです。

そう思い2年後、
ある男性に出会いました。
その方は10歳以上年下で独身です。

その方が自分に好意を持っている
ということは、すぐにわかり、
恋仲になりました。

しばらくは、関係もうまくいっていたそうです。
夫とは話もしないし、
生活費をもらうわけでもないので、
バレることもなかったと言います。

ところが、
最近になって、その男性には、
あと一人、もう長年付き合っている彼女が
いたことが分かったそうです。

しかも、自分よりかなり年上の
孫までいる既婚者だった。
ということで、かなりショックを受け、
心のバランスが崩れました。


Aさんは、彼と離れなければ。
と思いながら、
夫との不仲を解消するつもりはないため、
心のよりどころが無くなることへの
恐怖で、夜も眠れず、食事も取れず、
の日々が続いています。


Aさんの願いは、子どもたちが
普通に結婚し、幸せになり、孫が生まれることです。
そして、出来れば
長男が家系を継ぐことが望みです。

Aさんには自殺願望もあります。
こんな自分は今すぐ消えてしまいたい。
が今の口癖です。

――――(ここまでがおさらいです)―――――
私が出しだアドバイスは、
「先月の記事、不倫問題②」を
ご購読くださいねm(_ _"m)(#^^#)



さて、このAさんがどうなったのか、、。

本日の記事!

その後、どうなった?不倫問題③

スタートですヾ(*´∀`*)ノ♪




ページの先頭へ