このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー
いいね103 コメント2

最新の記事
フリースペース

?content_type=file&content_id=4016&type=

Ameba

HP

桜通信 コノハナサクヤ姫 第45号
いいね1

さくら通信 コノハナサクヤ姫 第45号


1.思い込みの効用

2.動物チャネリング

3.龍女に付いて




1.思い込みの効用





ほほほ、三月じゃのう・・・色々なものの区切りであるな・・・桜が咲けばスタートじゃわ・・・例え、自身の現実が悲惨なものであろうと・・・再スタート、リセットと考えれば良かろう・・・。今が良く無いのであれば「良くなる」と思い込めば良い。念の使い方一つじゃわ・・・。





ん~、毎日そんな事考えてるざんすが、これがなかなか・・・(汗)・・・続く






2.動物チャネリング





ん~、某テレビ番組で度々登場する動物チャネラーの方・・・ほうほう、良く出来るモンだと・・・私は、この手の意思疎通は遺伝子そのものが違うから出来る?と思うだけで、チャネラー講座の受講生には、練習しても出来ないと説明してるざんす。自分が出来ないもんで・・・(汗)





基本的に、動物が好きでないと無理じゃろ?そなた「獣」はあまり好いておらぬではないか?






へいへい、仰る通りざんす・・・猫はいるけどニョーボが飼いたいと言い出しただけで・・・実家では犬飼ってたケド、別に犬も好きじゃなかったし・・・(汗)・・・続く






3.龍女に付いて






ん~、昔っから良く言われる、龍神が人間に生まれ付いた場合の特徴に付いて・・・。





ほほほ、極端に分かれるのう・・・「龍」じゃからとて「万能」でも「善人」でも無いわ、おしとやかな「姫」タイプと派手好きの「けばけばしい女」の二種に分かれるかも知らぬな・・・。タレントには多いのではないか?売れっ子は「龍女」が多いわ・・・元々の「念」の強さもあるしのう・・・。基本、そんなに下界には降りぬよ・・・許可が色々と面倒じゃからのう・・・多いのは天女じゃわ・・・あまり、規則に縛られぬ分、気の向くままに人に生まれる傾向がある。





ん~、まあ、あの「メンドクサイ」神界の面々?・・・(汗)







あれこれと説教かますのは神界でもごく一部の者たちであるのう・・・前にも説明したと思うが、人間嫌いも多々おる・・・よって誰でも彼でも人間に干渉するわけではない。神話で有名な者が、ある程度「人間好き」と思えば良かろう・・・





ん~、天ちゃんとか・・・(爆)







天照めは外様じゃからの・・・人間に対する考え方が異なるのよ・・・我らとはな・・・よって爺様達と良くぶつかるんじゃ・・・まあ、爺様達も古いからのう・・・確かに時代の波には付いていけないのではないか?





ん~、話が反れたので元に戻します・・・「龍女」の話なので・・・するってえと「龍女」は殆ど居なくて、天女が降りてるのが殆どって事ですかい?





「龍女」もそれほど少ないわけではない・・・但し、下手な霊能者なぞにはならぬという事よ、増して精神世界なぞとは別に普通に生きておるのが多いのではないか?自身の出自に付いても無関心な者が多いわ、つまり、気付かぬままに生きておるという事よ・・・。それでも不自由も何も無いからの・・・。ただ、人間とは何ぞや?を学びに来ておるわけじゃからして、ごく普通の人生を歩む事が多いと思うぞ?タレントになった場合は、歳を取らぬ「バケモノ」やも知れぬな・・・お~、ほっほっほっほつ







ん~、なら、アタシって「龍」?なんて事で悩む事はほぼ「無い」と?






ケースバイケースじゃわ・・・大抵「龍女」には親がいるからのう・・・その親が心配性で「夢」に出て干渉するのよ・・・つまり、溺愛じゃな・・・そういった者は「なにこれ?」「どーいう事」と悩む場合がある。そういった時は、わらわが出て行って手助けをする事はあるぞ?まず、その親に対して「手出しはすな!」と叱る事も多いのう・・・。そんなに心配じゃったら降ろすなかれ!と説教するわけじゃ。・・・続く



コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
TOP