血統フェスティバルGOLDplus【重賞レース+勝負レース】

こちらの血統フェスティバルGOLDplusでは、各馬の能力・適性・解説を追加した濃い内容の「重賞予想記事」に加えて、ここでしか読めない「勝負レース」の予想を毎週6レース以上配信しています。

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
¥0 初月無料
初月無料について

※初月無料は2ヶ月以上の継続講読の場合に適用されます。

※初月の途中で講読解除を行った場合は、1ヶ月分の購読料をお支払いいただきます。

※ポイントでお支払いする場合は、1ヶ月分のポイントを所持している必要があります。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね9 コメント1
カレンダー
<  2019年8月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
スンイチロー
スンイチロー
10年以上続く人気ブログ
【血統フェスティバル】競馬予想ブログ
を運営しています。

その中で培った予想技術を
レジまぐで発揮したいと思います。
RSS
RSSフィード RSS

こちらの血統フェスティバルGOLDplusでは、各馬の能力・適性・解説を追加した濃い内容の「重賞予想記事」に加えて、ここでしか読めない「勝負レース」の予想を毎週6レース以上配信しています。

札幌2歳S全頭解説付き予想
2019-08-30 20:00:00
テーマ: JRA重賞予想

★【札幌2歳S】過去5年の傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i

☆昨年はハービンジャー産駒(大系統)が勝ちました。
これで父か母父がダンチヒ系という馬が4年連続好走となりました。

 

 

ノーザンダンサー系(大系統)全般に注意が必要なレースで、特にスタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)には注目したいですね。

 

 

サンデーサイレンス系ではステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統や、ハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)などスタミナ型が良いですね。

 

 

☆スタミナ的な持続力に優れたトニービン(グレイソヴリン系)の血統にも注目です。

 

 

☆基本的には「前走4コーナー4番手以内から上がり上位の脚を使って好走していた馬」が中心になっています。

 

 

★札幌芝1800mの傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i


☆先週はディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)が2勝と活躍していました。

 

 

ステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統も良いですね。
やはり頼りになる血統です。

 

 

ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)サドラーズウェルズ系といったスタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)も良くなってきている印象があります。

 

 

キングマンボ系(ミスプロ系)は1回開催の方が勝っていましたが、2回開催でも安定している感じで悪くはないですね。


8月31日午前中の勝負レース予想
2019-08-30 19:00:00
テーマ: 勝負レース予想
8月31日午前中の勝負レース予想です。


札幌1R
札幌3R

新潟3R

以上の予想となります。


9月1日分の予想の配信は
9月1日0時過ぎになります。
何卒よろしくお願いいたします。


札幌2歳S全頭分析
2019-08-26 20:00:00
テーマ: 分析記事
札幌2歳S全頭分析です。


先週は新潟2歳Sの3連単や3連複を的中。


今週の2歳Sも2つとも的中できるよう
がんばります。



新潟2歳S全頭解説付き予想
2019-08-24 20:30:00
テーマ: JRA重賞予想

★新潟2歳S過去5年の傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i

ノーザンテーストの血統を持つ馬が大活躍しています。
ノーザンテーストの血統を持つ馬は2018年は1着3着、2017年は1着2着、2016年は2着3着、2015年は1~4着を占めました。
※今年の出走馬ではウインカーネリアン・エレナアヴァンティ・カイアワセ・グランチェイサー・トロワマルス・ビッククインバイオ・ペールエール・モーベットがノーザンテーストの血統を持っています。

 

 

フレンチデピュティ(ヴァイスリージェント系)ローエングリン(サドラーズウェルズ系)など、スピードのあるノーザンダンサー系(大系統)も良いですね。
良馬場では特に注目したいです。

 

 

トニービン(グレイソヴリン系)などグレイソヴリン系の活躍も目立っています。
昨年の勝ち馬ケイデンスコールは母父の母父がグレイソヴリン系でした。

 

 

☆スピードのあるナスルーラ系(大系統)も良馬場で要注意。

 

 

☆基本的には前走上がり上位の脚を使って勝っていた馬が中心です。
過去5年の勝ち馬の前走は「左回りコース、1400m~1600m、上がり2位以内、1着」となっています。

 

 

★新潟芝1600mの傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i


ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)は3勝。
やはり中心になる血統ですね。

 

ハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)は2勝。
母父としても1勝と、やはりこちらも良いですね。

 

ロベルト系は勝ちきれませんがよく馬券圏内に来ており要注意です。

 

ノーザンダンサー系(大系統)のなかではダンチヒ系ストームバード系が特に良さそうです。

 

ミスプロ系ではロードカナロア産駒(ミスプロ系)が2勝しています。



キーンランドカップ全頭解説付き予想
2019-08-24 20:00:00
テーマ: JRA重賞予想

★キーンランドC過去5年の傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i

ダイワメジャー産駒(サンデーサイレンス系)や、キンシャサノキセキ産駒(サンデーサイレンス系)フジキセキ産駒(サンデーサイレンス系)などスピード型サンデーサイレンス系が毎年のように好走しています。

 

 

☆昨年はダンチヒの血統を持つ馬が1~5着を独占しました。
やはり短距離では有効な血統で、母系までチェックしたいですね。
※今年の登録馬で3代以内にダンチヒ系の血統を持っているのはカイザーメランジェ・ダイメイフジ・ダノンスマッシュ・ナックビーナス・ハッピーアワー・ペイシャフェリシタ・リナーテ

 

 

ノーザンテーストの血統を持つ馬もよく走っています。
ダイワメジャー(サンデーサイレンス系)サクラバクシンオー(プリンスリーギフト系)は自身の母父がノーザンテーストです。



★札幌芝1200mの傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i


ストームバード系が父・母父どちらでも好調です。
※キーンランドCの出走馬で父か母父がストームバード系なのはアスターペガサス・ライトオンキュー

 

ダンチヒ系にも要注意です。
※キーンランドCの出走馬で父か母父がダンチヒ系なのはダノンスマッシュ・ハッピーアワー・ペイシャフェリシタ・リナーテ

 

☆土曜日はスピード型サンデーサイレンス系がよく走っていました。





血統フェスティバル

Powered By レジまぐ
TOP