血統フェスティバルGOLDplus【重賞レース+勝負レース】

こちらの血統フェスティバルGOLDplusでは、各馬の能力・適性・解説を追加した濃い内容の「重賞予想記事」に加えて、ここでしか読めない「勝負レース」の予想を毎週6レース以上配信しています。

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
¥0 初月無料
初月無料について

※初月無料は2ヶ月以上の継続講読の場合に適用されます。

※初月の途中で講読解除を行った場合は、1ヶ月分の購読料をお支払いいただきます。

※ポイントでお支払いする場合は、1ヶ月分のポイントを所持している必要があります。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね9 コメント1
カレンダー
<  2019年3月  >
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
スンイチロー
スンイチロー
10年以上続く人気ブログ
【血統フェスティバル】競馬予想ブログ
を運営しています。

その中で培った予想技術を
レジまぐで発揮したいと思います。
RSS
RSSフィード RSS

こちらの血統フェスティバルGOLDplusでは、各馬の能力・適性・解説を追加した濃い内容の「重賞予想記事」に加えて、ここでしか読めない「勝負レース」の予想を毎週6レース以上配信しています。

【レース番号訂正】3月31日午前中の勝負レース予想
2019-03-30 23:49:00
テーマ: 勝負レース予想
いつもお世話になっております。
血統フェスティバルのスンイチローです。

3月31日午前中の勝負レース予想ですが
レース番号に誤りがありました。

こちらが訂正したものとなります。

大変申し訳ございませんでした。


大阪杯全頭解説付き予想
2019-03-30 20:00:00
テーマ: JRA重賞予想
★【大阪杯】過去5年の傾向
?content_type=blog&content_id=624&type=i

ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)は2014~2016年に3連勝、2018年は3着。
2017年はディープインパクトの全兄ブラックタイド(サンデーサイレンス系)の産駒が勝ちました。
ディープインパクト(サンデーサイレンス系)に関係する血統には要注目です。
※今年の出走馬で父か母父がディープインパクト(サンデーサイレンス系)なのはアルアイン・キセキ・サングレーザー・マカヒキ・ワグネリアン


☆スピードの持続力が重要になりやすいレースで、ボールドルーラー系やパワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)を持つ馬がよく走っています。
母系までチェックしたいですね。
今年の出走馬ではアルアインが母父ボールドルーラー系、サングレーザー・マカヒキの母父がパワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)です。


☆パワーとスピードがあって中距離向きの溜めも利くキングマンボ系(ミスプロ系)にも注意したいですね。
昨年もヤマカツエースが10番人気ながら4着と健闘していました。
※今年の出走馬で父か母父がキングマンボ系(ミスプロ系)なのはエアウィンザー・キセキ・ステイフーリッシュ・ステルヴィオ・ダンビュライト・ブラストワンピース・ムイトオブリガード・ワグネリアン


★阪神芝2000mの傾向
?content_type=blog&content_id=624&type=i

ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)が2勝2着1回3着1回と好調です。
その他のダンチヒ系にも注目したいですね。
※大阪杯の出走馬ではブラストワンピース・ペルシアンナイトがハービンジャー産駒(ダンチヒ系)です。


サンデーサイレンス系ではやはり機動力のあるステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統がよく走っています。
※大阪杯の出走馬ではエポカドーロ・スティッフェリオ・ステイフーリッシュがステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統です。


ハーツクライ(サンデーサイレンス系)の系統も好調です。


☆パワーのあるロベルト系もよく走っています。








3月31日午前中の勝負レース予想
2019-03-30 19:00:00
テーマ: 勝負レース予想
3月31日午前中の勝負レース予想です。


中山1R

阪神1R
阪神3R

以上の予想となります。


日曜日もよろしくお願いいたします。

ドバイワールドカップデーの予想
2019-03-29 20:30:00
テーマ: 未設定
ドバイワールドカップデーの予想です。

ダービー卿CT全頭解説付き予想
2019-03-29 20:00:00
テーマ: JRA重賞予想
★【ダービー卿CT】過去5年の傾向
?content_type=blog&content_id=624&type=i

ノーザンダンサー系(大系統)の活躍が目立っています。
キレ味よりも持続力が重要なコースということで、この系統の良さが出しやすいのだと思います。
特にダンチヒ系サドラーズウェルズ系に注目です。
※今年の出走馬で父か母父がダンチヒ系なのはヒーズインラブ・フィアーノロマーノ・プリモシーン・ヤングマンパワー・ロードクエスト


☆パワーのあるロベルト系もよく走っています。
急坂のある中山でパワーが活きてくるのだと思います。


☆毎年のように「前走で上がり上位の脚を使って好走していた馬」が馬券圏内に来ています。
好調な馬は素直に評価したいですね。


★中山芝1600mの傾向
?content_type=blog&content_id=624&type=i

サンデーサイレンス系が中心となっていて、古馬の上級クラスでもサンデーサイレンス系がよく勝っています。


ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)も悪くないですが、ダイワメジャー産駒(サンデーサイレンス系)のようなスピードタイプや、機動力に優れたタイプの活躍が目立っています。


キングマンボ系(ミスプロ系)もまずまず。
ヴァーミリアン産駒(ミスプロ系)ワークフォース産駒(ミスプロ系)などそれほどスピードのないタイプでも走れていることには注目したいですね。


ノーザンダンサー系(大系統)ではダンチヒ系が良さそうです。

血統フェスティバル

Powered By レジまぐ
TOP