血統フェスティバルGOLDplus【重賞レース+勝負レース】

こちらの血統フェスティバルGOLDplusでは、各馬の能力・適性・解説を追加した濃い内容の「重賞予想記事」に加えて、ここでしか読めない「勝負レース」の予想を毎週6レース以上配信しています。

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
¥0 初月無料
初月無料について

※初月無料は2ヶ月以上の継続講読の場合に適用されます。

※初月の途中で講読解除を行った場合は、1ヶ月分の購読料をお支払いいただきます。

※ポイントでお支払いする場合は、1ヶ月分のポイントを所持している必要があります。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね11 コメント1
カレンダー
<  2019年11月  >
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
スンイチロー
スンイチロー
10年以上続く人気ブログ
【血統フェスティバル】競馬予想ブログ
を運営しています。

その中で培った予想技術を
レジまぐで発揮したいと思います。
RSS
RSSフィード RSS

こちらの血統フェスティバルGOLDplusでは、各馬の能力・適性・解説を追加した濃い内容の「重賞予想記事」に加えて、ここでしか読めない「勝負レース」の予想を毎週6レース以上配信しています。

ステイヤーズS全頭解説付き予想
2019-11-29 20:30:00
テーマ: JRA重賞予想

★ステイヤーズS過去5年の傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i

☆特殊な距離で行われるレースということもあり、過去に好走したことのある馬が繰り返し好走することの多いレースです。

 

☆2013~2017年はトニービン(グレイソヴリン系)の血統を持つ馬が5連勝中していました。
連勝は止まりましたが、昨年もこの血統を持つアドマイヤエイカンが2着に好走しています。
父の母父や、母母父辺りまでチェックしたいですね。
※今年の出走馬ではアルバート・エイシンクリック・チェスナットコート・ヴァントシルムがトニービン(グレイソヴリン系)の血統を持っています。

 

☆スタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)ロベルト系にも注目です。

 

父ミスプロ系のスタミナタイプが連勝していることにも注意した方が良いかもしれません。


チャレンジC予想
2019-11-29 20:00:00
テーマ: JRA重賞予想

★チャレンジカップ過去5年の傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i

☆2016年までは1800mで行われていましたが、2017年から阪神芝2000mで行われるようになりました。

 

☆2年続けてキングカメハメハ(ミスプロ系)の血統を持つ馬が好走しています。
パワーとスピードの持続力が要求されているからだと考えられます。
※今年の出走馬ではステイフーリッシュがキングカメハメハ(ミスプロ系)の血統を持っています。

 

☆2017年はロベルト系の血統を持つ馬が1着3着4着。
阪神の内回りコースということでこの血統のパワーが有効なのだと思います。
※今年の出走馬ではノーブルマーズの母父がロベルト系です。


☆昨年はステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)が2着3着。
特にスピード負けしないタイプが良さそうですね。
※今年の出走馬ではステイフーリッシュがステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)です。




11月30日午前中の勝負レース予想
2019-11-29 19:00:00
テーマ: 勝負レース予想
11月30日午前中の勝負レース予想です。


中山1R
中山2R

中京1R

以上の予想となります。

今週もよろしくお願いいたします。


チャンピオンズカップ全頭分析
2019-11-26 20:00:00
テーマ: 分析記事
いつもお世話になっております。
血統フェスティバルのスンイチローです。

先週のジャパンカップは
◎スワーヴリチャードが勝ち、単勝・ワイド・3連単的中。

11月のG1レースは
エリザベス女王杯◎ラッキーライラック1着
マイルチャンピオンシップ◎インディチャンプ1着
ジャパンカップ◎スワーヴリチャード1着
本命馬が3連勝。

マイルチャンピオンシップとジャパンカップは3連単も的中出来ました。

12月も頑張ります。

それではチャンピオンズカップ全頭分析にお付き合い下さい。




ジャパンカップ全頭解説付き予想
2019-11-23 20:30:00
テーマ: JRA重賞予想

★ジャパンC過去5年の傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i

☆近年はサンデーサイレンス系×ミスプロ系配合馬が中心になっています。
昨年はこの組み合わせの馬が1~5着まで独占しました。
スタミナはもちろんですが、レース後半のスピードも重要になってきていることから、溜めが利きながらスピードもあるこの配合が活躍し出したのだと思います。
※今年の出走馬ではシュヴァルグラン・ジナンボー・スワーヴリチャード・ダイワキャグニー・ダンビュライト・ムイトオブリガード・ユーキャンスマイル・ワグネリアンが該当しています。

 

☆レースがスピード化していることも関係してか、ロスなくレース運びが出来る1番枠の馬が3連勝しています。

 

ハーツクライ(サンデーサイレンス系)ルーラーシップ(ミスプロ系)などトニービン(グレイソヴリン系)を内包する血統も良いですね。

 

ディープインパクト(サンデーサイレンス系)関連の血統もやはりよく走っています。
昨年は母父がディープインパクト(サンデーサイレンス系)のキセキが2着に好走しました。

 

 

★東京芝2400mの傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i



ステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統が大活躍しています。
※ジャパンカップの出走馬ではエタリオウ・ルックトゥワイスがステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)です。

 

ネオユニヴァース(サンデーサイレンス系)の系統も良いことから、軽いキレ味とは違った適性が求められているのかもしれません。





血統フェスティバル

Powered By レジまぐ
TOP