血統フェスティバルGOLDplus【重賞レース+勝負レース】

こちらの血統フェスティバルGOLDplusでは、各馬の能力・適性・解説を追加した濃い内容の「重賞予想記事」に加えて、ここでしか読めない「勝負レース」の予想を毎週6レース以上配信しています。

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
¥0 初月無料
初月無料について

※初月無料は2ヶ月以上の継続講読の場合に適用されます。

※初月の途中で講読解除を行った場合は、1ヶ月分の購読料をお支払いいただきます。

※ポイントでお支払いする場合は、1ヶ月分のポイントを所持している必要があります。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね5 コメント1
カレンダー
<  2018年3月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
スンイチロー
スンイチロー
10年以上続く人気ブログ
【血統フェスティバル】競馬予想ブログ
を運営しています。

その中で培った予想技術を
レジまぐで発揮したいと思います。
RSS
RSSフィード RSS

こちらの血統フェスティバルGOLDplusでは、各馬の能力・適性・解説を追加した濃い内容の「重賞予想記事」に加えて、ここでしか読めない「勝負レース」の予想を毎週6レース以上配信しています。

ドバイワールドカップデー予想
2018-03-31 11:50:00
テーマ: 未設定
ドバイワールドカップデーの予想です。
ダービー卿CT予想
2018-03-30 20:00:00
テーマ: JRA重賞予想
大阪杯など、4月1日分の予想は
ドバイとの絡みや、4月からの新規読者様への対応等のため
4月1日0時~0時30分頃の配信となります。
ご迷惑をおかして申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。



★【ダービー卿CT】過去5年の傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i

サドラーズウェルズ系の血統が活躍しています。
2016年の勝ち馬マジックタイムは母母父がサドラーズウェルズ、昨年2着のキャンベルジュニアの祖父フェアリーキングサドラーズウェルズの全弟という血統です。
※今年の出走馬では、キャンベルジュニアが該当します。


サドラーズウェルズ系以外のノーザンダンサー系(大系統)にも注意したいですね。


ロベルト系も3年連続で馬券圏内に来ており要注目です。
今年の出走馬では、ゴールドサーベラス・ミュゼエイリアンが父ロベルト系です。


★中山芝1600mの傾向
?content_type=blog&content_id=624&type=i

スクリーンヒーロー産駒(ロベルト系)が2勝。
この2頭はダービー卿CT出走馬のゴールドサーベラスとミュゼエイリアンで、単勝28.5倍に単勝26.6倍とどちらも人気薄での勝利でした。


クロフネ(ヴァイスリージェント系)などのヴァイスリージェント系が母父としてよく走っています。
※ダービー卿CTの出走馬で父か母父がヴァイスリージェント系なのは、クラリティスカイ・サンライズメジャー・テオドール。


サンデーサイレンス系は悪くはないですが、特に目立った活躍をしている種牡馬はしていません。
どちらかと言えば機動力タイプの方が優勢に感じます。


☆他ではノヴェリスト産駒が好調ですが、ダービー卿CTにはあまり影響はなさそう。

3月31日午前中の勝負レース予想
2018-03-30 19:00:00
テーマ: 勝負レース予想
3月31日午前中の勝負レース予想です。


阪神1R
阪神2R
阪神3R



以上の予想となります。


先週は土曜中山3Rで単勝63.6倍的中!


今週もよろしくお願いいたします。



大阪杯全頭分析
2018-03-26 20:00:00
テーマ: 分析記事
大阪杯の全頭分析です。
高松宮記念予想
2018-03-24 21:00:00
テーマ: JRA重賞予想
★【高松宮記念】過去5年の傾向
?content_type=blog&content_id=624&type=i

☆道悪だった昨年は父ミスプロ系という馬が1~4着まで独占しました。
※今年の出走馬ではセイウンコウセイ・ダンスディレクター・ファインニードル・ラインスピリット・リエノテソーロ・レッツゴードンキ・レッドファルクスが父ミスプロ系です。


ノーザンテーストダンチヒ系ストームバード系ヴァイスリージェント系といった、パワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)を持つ馬がよく走っています。
※今年の出走馬では、シャイニングレイ・ジューヌエコール・ダイアナヘイロー・ネロ・ノボバカラ・ブリザード・リエノテソーロなどが該当します。


サクラバクシンオー(プリンスリーギフト系)アドマイヤコジーン(グレイソヴリン系)タイキシャトル(ヘイロー系)マイネルラヴ(ミスプロ系)など、日本の短距離G1で活躍した血統にも要注目です。
※今年の出走馬では、キングハート・スノードラゴン・ダイアナヘイロー・レーヌミノルなどが該当します。


☆馬券圏内に来た馬の多くは、前走で掲示板以内の成績を残しているか、上がり上位の脚を使っており、好調なことも重要です。



★中京芝1200mの傾向
?content_type=blog&content_id=624&type=i

ダンチヒ系が大活躍しています。
3レースすべて父か母父がダンチヒ系という馬が勝利。
2着も2回と絶好調です。
※高松宮記念の出走馬では、ブリザードとリエノテソーロの母父がダンチヒ系です。







血統フェスティバル

Powered By レジまぐ
ページの先頭へ