血統フェスティバルGOLDplus【重賞レース+勝負レース】

こちらの血統フェスティバルGOLDplusでは、各馬の能力・適性・解説を追加した濃い内容の「重賞予想記事」に加えて、ここでしか読めない「勝負レース」の予想を毎週6レース以上配信しています。

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
¥0 初月無料
初月無料について

※初月無料は2ヶ月以上の継続講読の場合に適用されます。

※初月の途中で講読解除を行った場合は、1ヶ月分の購読料をお支払いいただきます。

※ポイントでお支払いする場合は、1ヶ月分のポイントを所持している必要があります。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね9 コメント1
カレンダー
<  2018年12月  >
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
スンイチロー
スンイチロー
10年以上続く人気ブログ
【血統フェスティバル】競馬予想ブログ
を運営しています。

その中で培った予想技術を
レジまぐで発揮したいと思います。
RSS
RSSフィード RSS

こちらの血統フェスティバルGOLDplusでは、各馬の能力・適性・解説を追加した濃い内容の「重賞予想記事」に加えて、ここでしか読めない「勝負レース」の予想を毎週6レース以上配信しています。

阪神JF全頭解説付き予想
2018-12-08 20:30:00
テーマ: JRA重賞予想
★【阪神JF】過去5年の傾向
?content_type=blog&content_id=624&type=i

ステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統が活躍しています。
ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)が2013~2015年に3年連続で好走、昨年はこの系統のオルフェーヴル(サンデーサイレンス系)の産駒が勝ちました。
ただ、残念ながら今年の出走馬にこの系統の馬はいません。


ステイゴールドの系統だけでなく、ダイワメジャー産駒(サンデーサイレンス系)も好走していることから、サンデーサイレンスノーザンテーストの血統をあわせ持つ馬には注目したいですね。
昨年2着のリリーノーブルもこの2つの血統を持っていました。
※今年の出走馬でサンデーサイレンスノーザンテーストの血統をあわせ持っているのはウインゼノビア・グレイシア・サヴォワールエメ・ジョディー・トロシュナ・メイショウケイメイ・メイショウショウブ・レッドアネモス。


☆基本的に末脚が重要になりやすいこともあり、ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)も活躍しています。
2016年は出走馬がいませんでした。
※今年の出走馬ではシェーングランツ・ダノンファンタジーがディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)です。


☆1600m以上の実績があった方が安心です。



★阪神芝コースの傾向
?content_type=blog&content_id=624&type=i

キングマンボ(ミスプロ系)の系統がよく走っています。
※阪神JFの出走馬でキングマンボ(ミスプロ系)の血統を持っているのはメイショウケイメイ・メイショウショウブ。


☆土曜日の1600mではパワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)が1着2着でした。






POST FOR MEMBERS ONLY

購読する
カペラS予想
2018-12-08 20:00:00
テーマ: JRA重賞予想
★【カペラS】過去5年の傾向
?content_type=blog&content_id=624&type=i

☆一昨年・昨年とヴァイスリージェント系の血統を持つ馬が連勝しています。
※今年の出走馬で3代以内にヴァイスリージェント系の血統を持っているのはオールドベイリー・オウケンビリーヴ・キングズガード・コパノキッキング・サイタスリーレッド・ナンチンノン・ノボバカラ・ブラゾンドゥリス・ヴェンジェンス。


☆その他にもストームバード系などパワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)の活躍が目立っています。


☆差し追い込み馬も良く、スタミナ型ターントゥ系(大系統)の血統を持つこのタイプには要注目です。


☆昨年で途切れましたが、2016年までは前走から距離短縮となる馬が9連勝していました。



★中山D1200mの傾向
?content_type=blog&content_id=624&type=i

キンシャサノキセキ産駒(サンデーサイレンス系)などのフジキセキ(サンデーサイレンス系)の系統と、ストームバード系などのパワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)が中心です。


☆他ではサドラーズウェルズ系の活躍が目立っています。







POST FOR MEMBERS ONLY

購読する
中日新聞杯全頭解説付き予想
2018-12-07 20:00:00
テーマ: JRA重賞予想
★【中日新聞杯】過去5年の傾向
?content_type=blog&content_id=624&type=i

※2016年までは春に行われていましたが、
昨年からこの時期に行われるようになりました。


☆昨年はメートルダール、ミッキーロケットという血統的にパワーがあってタフな重賞レースでの好走実績がある馬が1着2着。


☆3着のロードヴァンドールは中日新聞杯と同じコースの金鯱賞で2着という実績がありました。


★中京芝コースの傾向
?content_type=blog&content_id=624&type=i

☆中日新聞杯が行われる2000mでは2レースが行われ、ハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)が2レースとも連対しています。
※中日新聞杯の出走馬ではグレイル・マイスタイルがハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)です。


☆どちらのレースもキングマンボ(ミスプロ系)の血統を持つ馬が勝っていますが、中日新聞杯の登録馬でこの血統を持つ馬はいません。


☆他の距離ではディープインパクト(サンデーサイレンス系)の系統が活躍しています。
※中日新聞杯の出走馬ではギベオン・サイモンラムセス・スズカディープがディープインパクト(サンデーサイレンス系)関連の血統です。


ダンチヒ系ヴァイスリージェント系ストームバード系といったノーザンダンサー系(大系統)も好調です。

POST FOR MEMBERS ONLY

購読する
チャンピオンズカップ全頭解説付き予想
2018-12-01 20:00:00
テーマ: JRA重賞予想
★【チャンピオンズC】過去5年の傾向
?content_type=blog&content_id=624&type=i

ヴァイスリージェント系の血統が活躍。
この血統を持つ馬が3連勝中、3年連続で2頭が馬券圏内に来ています。
2015年の勝ち馬サンビスタは母母父がヴァイスリージェント系でした。
※今年の出走馬で3代以内にヴァイスリージェント系の血統を持っているのはアスカノロマン・アポロケンタッキー・アンジュデジール・インカンテーション・クインズサターン・ミツバ


☆昨年はゴールドアリュール産駒(サンデーサイレンス系)が1着3着でした。
※今年の出走馬ではサンライズノヴァ・メイショウスミトモがゴールドアリュール産駒(サンデーサイレンス系)、オメガパフュームは母父がゴールドアリュール(サンデーサイレンス系)です。


☆溜めが利くことが重要なポイントになることが多いのでサンデーサイレンス系の血統を持つ馬の好走が多くなっています。


キングマンボ系(ミスプロ系)も良いですね。


★中京ダートの傾向
?content_type=blog&content_id=624&type=i


☆土曜日の中京ダートコースではキングマンボ系(ミスプロ系)の活躍が目立っていました。
※チャンピオンズCの出走馬ではセンチュリオンの父がキングマンボ系(ミスプロ系)です。




POST FOR MEMBERS ONLY

購読する
チャレンジカップ予想
2018-12-01 00:10:00
テーマ: JRA重賞予想
★【チャレンジC】過去5年の傾向
?content_type=blog&content_id=624&type=i

☆2016年までは1800mで行われていましたが、昨年から阪神芝2000mで行われるようになりました。


☆その昨年はロベルト系の血統を持つ馬が1着3着4着。
阪神の内回りコースということでパワーとスタミナに優れたこの血統が有効なのだと思います。
※今年の出走馬ではサイモンラムセス・マイネルフロスト・レイエンダの母父がロベルト系です。


☆中距離タイプのミスプロ系も悪くなさそう。



☆スピードとスタミナ、そしてパワーのバランスが取れているタイプが良さそうですね。




POST FOR MEMBERS ONLY

購読する

血統フェスティバル

Powered By レジまぐ
ページの先頭へ