血統フェスティバルGOLDplus【重賞レース+勝負レース】

こちらの血統フェスティバルGOLDplusでは、各馬の能力・適性・解説を追加した濃い内容の「重賞予想記事」に加えて、ここでしか読めない「勝負レース」の予想を毎週6レース以上配信しています。

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
¥0 初月無料
初月無料について

※初月無料は2ヶ月以上の継続講読の場合に適用されます。

※初月の途中で講読解除を行った場合は、1ヶ月分の購読料をお支払いいただきます。

※ポイントでお支払いする場合は、1ヶ月分のポイントを所持している必要があります。

このブログをフォロー
いいね11 コメント1
カレンダー
<  2021年3月  >
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
スンイチロー
スンイチロー
10年以上続く人気ブログ
【血統フェスティバル】競馬予想ブログ
を運営しています。

その中で培った予想技術を
レジまぐで発揮したいと思います。
RSS
RSSフィード RSS

こちらの血統フェスティバルGOLDplusでは、各馬の能力・適性・解説を追加した濃い内容の「重賞予想記事」に加えて、ここでしか読めない「勝負レース」の予想を毎週6レース以上配信しています。

弥生賞全頭解説付き予想
この記事は2021/03/06 20:00に公開予定です。
チューリップ賞予想
2021-03-05 20:00:00
テーマ: JRA重賞予想

★チューリップ賞2021出走馬と過去5年の傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i

☆前走上がり上位の脚を使って好走していた馬が中心です。

 

 

ディープインパクト(サンデーサイレンス系)の系統がこのレースでも中心的な存在です。
昨年はキズナ産駒(サンデーサイレンス系)のマルターズディオサが勝ちました。
※今年の出走馬ではシャーレイポピー・タガノディアーナ・マリーナ・メイケイエールがディープインパクト(サンデーサイレンス系)の血統を持っています。

 

 

ヴァイスリージェント系ストームバード系ダンチヒ系といったスピードのあるノーザンダンサー系(大系統)がポイントになっています。
昨年の1~3着馬もこれらの血統を持っていました。

 

 

サドラーズウェルズ系にも要注意です。



 

★阪神芝1600mの傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i

ロベルト系が好調です。
※チューリップ賞の出走馬で父または母父がロベルト系なのはエイシンピクセル・ストゥーティ・テンハッピーローズ・レアシャンパーニュ

 

 

ディープインパクト(サンデーサイレンス系)の系統があまり好走出来ていないことは気になりますね。

 

POST FOR MEMBERS ONLY

購読する
中山記念全頭解説付き予想
2021-02-27 21:00:00
テーマ: JRA重賞予想

★中山記念2021出走馬と過去5年の傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i

ステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統が3年連続で好走しています。
※今年の出走馬ではバビット・ブラックバゴがステイゴールド(サンデーサイレンス系)の血統を持っています。

 

 

父ノーザンダンサー系(大系統)もチャンあり。
特に先行力のあるタイプが良いですね。
昨年も先行したソウルスターリングが好走しました。
※今年の登録馬ではトーセンスーリヤが該当します。

 

 

☆パワーとスピードのあるキングマンボ(ミスプロ系)も毎年掲示板以上の成績を残しており、要注目です。

 

 

☆基本的にはスピードの持続力が要求されやすいレースです。

 

★土曜中山芝コースの傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i

☆1800mでは2レースともディープインパクト(サンデーサイレンス系)ヴァイスリージェント系の血統をあわせ持つ馬が勝ちました。

 

阪急杯全頭解説付き予想
2021-02-27 20:00:00
テーマ: JRA重賞予想

★阪急杯2021出走馬と過去5年の傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i

☆前走から距離短縮となる差し追い込み馬に注目。
※今年の出走馬ではブラックムーン・ミッキーブリランテ・メイケイダイハードなどが当てはまります。

 

 

☆2018年は父ノーザンダンサー系(大系統)が1着2着でした。

 

 

☆パワーと持続力が重要なレースです。

 

★阪神芝1400mの傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i

キングマンボ系(ミスプロ系)が中心で、特にロードカナロア産駒(ミスプロ系)は京都牝馬Sで1着3着、土曜日のレースでも勝つなど活躍が目立っています。
※阪急杯の出走馬ではメイショウチタン・ロードアクアがロードカナロア産駒(ミスプロ系)です。

 

 

☆スピードタイプのナスルーラ系(大系統)にも注目したいですね。

 




フェブラリーS全頭解説付き予想
2021-02-20 20:30:00
テーマ: JRA重賞予想

★フェブラリーS2021出走馬と過去5年の傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i

ストームバードの血統を持っている馬が過去5年で3勝しています。
2020年は1着、3着、4着馬がこの血統を持っていました。
その他にもヴァイスリージェント系などのパワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)は活躍しており要注目の血統です。
※今年の出走馬で3代以内にストームバード系の血統を持っているのはインティ・レッドルゼル・ワイドファラオ・ワンダーリーデル

 

 

ミスプロ系率も高めです。
この系統が活躍していることからも、スピードとパワーが重要なレースだと考えられます。

 

 

☆ダートの王道・万能血統ゴールドアリュール産駒(サンデーサイレンス系)は4年連続好走中。

 

 

☆基本的には「前走の上がり3ハロン順位が上位かつ好成績」という馬が中心になっています。

 

★東京D1600mの傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i


☆父または母父がロベルト系という馬が活躍しています。
※フェブラリーSの出走馬で父または母父がロベルト系なのはアルクトス・オーヴェルニュ・ミューチャリー・ワンダーリーデル

 

 

ストームバード系ダンチヒ系などのスピードのあるノーザンダンサー系(大系統)が好調です。

 

 

ボールドルーラー系にも注意したいですね。

 


 

 


血統フェスティバル

Powered By レジまぐ
TOP