血統フェスティバルGOLDplus【重賞レース+勝負レース】

こちらの血統フェスティバルGOLDplusでは、各馬の能力・適性・解説を追加した濃い内容の「重賞予想記事」に加えて、ここでしか読めない「勝負レース」の予想を毎週6レース以上配信しています。

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
¥0 初月無料
初月無料について

※初月無料は2ヶ月以上の継続講読の場合に適用されます。

※初月の途中で講読解除を行った場合は、1ヶ月分の購読料をお支払いいただきます。

※ポイントでお支払いする場合は、1ヶ月分のポイントを所持している必要があります。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね11 コメント1
カレンダー
<  2020年7月  >
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
スンイチロー
スンイチロー
10年以上続く人気ブログ
【血統フェスティバル】競馬予想ブログ
を運営しています。

その中で培った予想技術を
レジまぐで発揮したいと思います。
RSS
RSSフィード RSS

こちらの血統フェスティバルGOLDplusでは、各馬の能力・適性・解説を追加した濃い内容の「重賞予想記事」に加えて、ここでしか読めない「勝負レース」の予想を毎週6レース以上配信しています。

七夕賞全頭解説付き予想
2020-07-11 20:30:00
テーマ: JRA重賞予想

★七夕賞過去5年の傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i

☆差しや追い込みが決まりやすくなっており、トニービン(グレイソヴリン系)、スタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)ロベルト系といったしぶとさのある血統を持つ馬が上位に来ています。

 

 

クロフネ(ヴァイスリージェント系)の血統を持つ馬の人気薄での激走が目立っています。
2018年は母父クロフネ(ヴァイスリージェント系)のメドウラークが11番人気で1着。
2015・2016年にはクロフネ産駒(ヴァイスリージェント系)が人気薄で好走しました。
※今年の出走馬ではバレリオ・パッシングスルーの母父がクロフネ(ヴァイスリージェント系)です。

 

 

ニジンスキーの血統を持つ馬にも要注意。
2018年の2着馬3着馬もこの血統を持っていましたし、以前から七夕賞では活躍している血統です。

 

 

ディープインパクト(サンデーサイレンス系)の系統は2016年、2017年、2019年と勝利。
ここでも軽視は出来ません。

 

 

 

 


★福島芝コースの傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i

ディープインパクト(サンデーサイレンス系)ステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統が中心になっています。

 

 

☆土曜日はキングマンボ系(ミスプロ系)グレイソヴリン系が好調でした。



POST FOR MEMBERS ONLY

購読する
プロキオンS予想
2020-07-11 20:00:00
テーマ: JRA重賞予想

★プロキオンS過去5年の傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i

※例年は中京で行われていますが、今年は阪神で行われます。
そのため過去の血統はあくまで参考程度にした方が良さそうです。

ボールドルーラー系が6年連続で好走しています。
2014・2015年はベストウォーリアが連勝。
キングズガードが2016年3着、2017年1着。
2018年はインカンテーションが2着。
2019年はヴェンジェンスが3着でした。
※今年の出走馬で父または母父がボールドルーラー系なのはヤマニンアンプリメ・ラプタス

 

 

☆ダートの短距離重賞ということでミスプロ系も多くなっています。

 

 

☆アルクトス、ノボバカラと2勝をあげているアドマイヤオーラ産駒(サンデーサイレンス系)も注目の血統です。

 

 

 

 

★阪神D1400mの傾向

  ?content_type=blog&content_id=624&type=i


ストームバード系を中心にパワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)が活躍しています。
※プロキオンSの出走馬で父または母父がストームバード系なのはサトノファンタシー・ワンダーリーデル

 

 

フォーティナイナー(ミスプロ系)の系統も2回開催~3回開催と続けてよく走っています。
※プロキオンSの出走馬ではカフジテイク・スマートアヴァロンがフォーティナイナー(ミスプロ系)の系統です。


POST FOR MEMBERS ONLY

購読する
ラジオNIKKEI賞全頭解説付き予想
2020-07-04 20:30:00
テーマ: JRA重賞予想

★ラジオNIKKEI賞過去5年の傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i

☆前走で上がり上位かつ好走というディープインパクト系(サンデーサイレンス系)の馬が5年連続で好走しています。
昨年は唯一の該当馬ゴータイミングが3着に好走しました。
※今年の出走馬ではディープキング・ルリアンが該当します。

 

ネオユニヴァース(サンデーサイレンス系)の系統、ステイゴールド(サンデーサイレンス系)マンハッタンカフェ(サンデーサイレンス系)といった持続力のあるサンデーサイレンス系が中心になっています。

 

ロベルト系が活躍しています。
人気薄での好走もあり要注目の血統です。

 

 

☆スタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)やスタミナ型ナスルーラ系(大系統)もよく走っています。

 

 

☆重賞レースなのでスピードは必要ですが、その上でパワーやスタミナが重要になってくるレースです。

 

 

★福島芝コースの傾向

  ?content_type=blog&content_id=624&type=i


オルフェーヴル産駒(サンデーサイレンス系)などステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統が絶好調です。
※ラジオNIKKEI賞の出走馬ではバビットがステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統です。



POST FOR MEMBERS ONLY

購読する
CBC賞全頭解説付き予想
2020-07-04 20:00:00
テーマ: JRA重賞予想

★CBC賞過去5年の傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i

※例年は中京で行われていますが、今年は阪神で行われます。
そのため過去の血統はあくまで参考程度にした方が良さそうです。

☆2015年、2017年、2018年とディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)が3勝しています。
昨年もアレスバローズが2着に好走しました。

 

 

☆1200mですがサンデーサイレンス系がよく勝っているレースです。

 

 

☆それでもやはり1200mの重賞ということもあり、ミスプロ系やパワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)といったスピードのある血統もよく走っています。
特にフォーティナイナー(ミスプロ系)の系統には要注目です。

 

 

★阪神芝1200mの傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i


メイショウボーラー産駒(ヘイロー系)が3勝。
ヘイロー系は母父としても2勝をあげており絶好調です。
※CBC賞の出走馬ではクリノガウディーの母父がヘイロー系です。

 

 

ロードカナロア産駒(ミスプロ系)も安定して走れています。
※CBC賞の出走馬ではエイシンデネブ・アンヴァルがロードカナロア産駒(ミスプロ系)です。





POST FOR MEMBERS ONLY

購読する
宝塚記念全頭解説付き予想
2020-06-27 20:00:00
テーマ: JRA重賞予想

★宝塚記念過去5年の傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i

☆昨年はスタミナ的な持続力に優れたトニービン(グレイソヴリン系)の血統を持つ馬が1~3着を独占しました。
※今年の出走馬ではアドマイヤアルバ・キセキ・ダンビュライトがトニービン(グレイソヴリン系)の血統を持っています。

 

キングマンボ(ミスプロ系)の血統を持つ馬が活躍しています。
2019年2着、2018年1着、2015・2016年は1着2着でした。
パワーがあって溜めも利くのでこのコースが合っているのだと思われます。
※今年の出走馬ではキセキ・サートゥルナーリア・ダンビュライト・ブラストワンピース・レッドジェニアル・ワグネリアンがキングマンボ(ミスプロ系)の血統を持っています。

 

 

☆やはりパワーがあるということでロベルト系も良いですね。

 

 

☆2017年は父ノーザンダンサー系(大系統)のサトノクラウンが1着、
2018年は父ノーザンダンサー系(大系統)の外国馬ワーザーが2着に好走。
このように、日本の主流からズレた血統にもチャンスのあるG1です。
※今年の出走馬ではトーセンスーリヤ・ブラストワンピース・ペルシアンナイトが父ノーザンダンサー系(大系統)です。

 

 

☆スタミナ寄りの総合力が要求されることの多いレースです。

 

 

★阪神芝コースの傾向

  ?content_type=blog&content_id=624&type=i

ディープインパクト(サンデーサイレンス系)の血統を持つ馬の好走が多く、ほとんどのレースで馬券圏内に来ています。
※宝塚記念の出走馬でディープインパクト(サンデーサイレンス系)の血統を持っているのはカデナ・キセキ・グローリーヴェイズ・トーセンカンビーナ・メイショウテンゲン・モズベッロ・ワグネリアン

 

 

キングマンボ(ミスプロ系)の系統もほとんどのレースで好走しています。
※宝塚記念の出走馬で父または母父がキングマンボ系(ミスプロ系)なのはキセキ・サートゥルナーリア・ダンビュライト・ブラストワンピース・レッドジェニアル・ワグネリアン

 

 

ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)などダンチヒ系も好調です。
※宝塚記念の出走馬ではブラストワンピース・ペルシアンナイトがハービンジャー産駒(ダンチヒ系)です。





血統フェスティバル

Powered By レジまぐ
TOP