血統フェスティバルGOLDplus【重賞レース+勝負レース】

こちらの血統フェスティバルGOLDplusでは、各馬の能力・適性・解説を追加した濃い内容の「重賞予想記事」に加えて、ここでしか読めない「勝負レース」の予想を毎週6レース以上配信しています。

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
¥0 初月無料
初月無料について

※初月無料は2ヶ月以上の継続講読の場合に適用されます。

※初月の途中で講読解除を行った場合は、1ヶ月分の購読料をお支払いいただきます。

※ポイントでお支払いする場合は、1ヶ月分のポイントを所持している必要があります。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね11 コメント1
カレンダー
<  2020年2月  >
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
スンイチロー
スンイチロー
10年以上続く人気ブログ
【血統フェスティバル】競馬予想ブログ
を運営しています。

その中で培った予想技術を
レジまぐで発揮したいと思います。
RSS
RSSフィード RSS
根岸ステークスの予想
2017-01-28 21:00:00
テーマ: JRA重賞予想
  • 01/29(日)
    東京11R
    根岸ステークス(G3)
    印・買い目を比較する レース結果・払戻金を表示
    単勝 複勝 ワイド
    的中
  • 単勝 複勝 馬単 ワイド 3連複
    レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 2 3 カフジテイク 1:23.0
    2 3 5 ベストウォーリア
    3 7 13 エイシンバッケン 2 1/2
    払戻金
    単勝 3 300円 1番人気
    複勝 3
    5
    13
    130円
    170円
    220円
    1番人気
    2番人気
    5番人気
    枠連 2-3 720円 3番人気
    馬連 3-5 860円 1番人気
    ワイド 3-5
    3-13
    5-13
    360円
    470円
    790円
    1番人気
    3番人気
    7番人気
    馬単 3-5 1,590円 1番人気
    3連複 3-5-13 2,390円 3番人気
    3連単 3-5-13 9,330円 6番人気
    WIN5 54,830円 1番人気

    該当記事での印・予想買い目・資金配分
    着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
    1着 2 3 カフジテイク 3.0 1 56.0 牡5 福永祐一 栗東湯窪幸雄 484.0
    14着 6 11 タールタン 32.7 10 56.0 牡9 北村宏司 栗東吉村圭司 504.0
    3着 7 13 エイシンバッケン 7.6 4 56.0 牡5 岩田康誠 栗東中尾秀正 526.0
    4着 7 14 キングズガード 9.0 5 56.0 牡6 藤岡佑介 栗東寺島良 458.0
    12着 8 15 ベストマッチョ 5.2 2 55.0 牡4 C.ルメール 美浦手塚貴久 490.0

    予想買い目の収支
    単勝
    通常
    1点
    100円
    300円
    +200円
    300.0%
    馬/組番:
    複勝
    通常
    1点
    100円
    130円
    +30円
    130.0%
    馬/組番:
    馬単
    1着ながし(マルチ)
    8点
    800円
    0円
    -800円
    0.0%
    馬/組番:◎ー**
    ワイド
    ながし
    4点
    400円
    470円
    +70円
    117.5%
    馬/組番:◎ー**
    3連複
    フォーメーション
    5点
    500円
    0円
    -500円
    0.0%
    馬/組番:5組
    合計購入金額:1,900円   払戻金:900円  
    収支:-1,000円   回収率:47.4%
単勝 複勝 馬単 ワイド 3連複
★【根岸S】過去5年の傾向
?content_type=blog&content_id=624&type=i
☆道悪で行われたここ2年は父ストームバード系の馬が連勝しています。
その他にもヴァイスリージェント系ヌレイエフ系といったスピードのあるノーザンダンサー系(大系統)が活躍しています。

☆スピードの持続力に優れたボールドルーラー系も良さそうですね。

☆良馬場では芝・ダートどちらでも走れるパワー型ターントゥ系(大系統)がよく走っています。

☆前走の上がり順位が上位だった馬がよく走っていて、良馬場ではさらに重要度が高くなります。


★東京ダートコースの傾向
?content_type=blog&content_id=624&type=i

☆父か母父がミスプロ系という馬がよく勝っています。

☆パワー型ターントゥ系(大系統)も良いですね。



種牡馬別コース成績は2014年~先週までのものです。(種牡馬表記のないものは期間中の該当データがないということです。)
能力:A(1着になれる能力あり)、B(馬券圏内に入れる能力あり)、C(他の面で恵まれる必要あり)、D(厳しい)
適性:A(ピッタリ。能力を最大限発揮できるはず)、B(適性内で、力は発揮できる)、C(適性からは少しずれている)、D(適性外)
適性前走比:↑(前走と比べて適性面での上積みが期待できる)、→(適性面では前走と同じくらい)、↓(前走よりは向かない条件になる)



1枠1番
ブルミラコロ
キンシャサノキセキ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
7- 9- 6- 50/ 72 9.7% 22.2% 30.6% 46 74
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:↓
先行して直線でもしっかり反応するタイプ。
こう書くと欠点がないように感じるが、連勝しているここ2走はどちらもスローの割に上がりも速くならず、それを先行して前の馬を楽に交しただけのレース。
この馬より先行力のあるスピード馬、決め手に優れている馬が何頭もいるこのレースでは厳しくなりそう。


1枠2番
ラストダンサー
キングカメハメハ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
11- 10- 12- 85/118 9.3% 17.8% 28.0% 72 85
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
ここ2戦は先行しての早め先頭押し切りで連勝。
キングカメハメハ×母父サンデーサイレンスという血統からは溜めても問題なさそうな感じはするのだが、実際のレースからは追い出してからの反応はイマイチ。
逆に、先行して手応え抜群のまま馬なりで先頭に立つスタイルは合っていて、田辺騎手との相性も良い。
スローの方が良いのだが、良馬場でスローだと決め脚のある馬にやられてしまいそうで、できればスピードの出る馬場になってほしい。


2枠3番
カフジテイク
プリサイスエンド産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
6- 14- 11- 75/106 5.7% 18.9% 29.2% 41 74
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:A
適性前走比:↑
1400mではハイペースでも、スロー気味のペースでも凄い末脚で確実に伸びてくる。
1600mの武蔵野Sでは少し末脚が鈍った感じもあったが、前走のチャンピオンズカップでは1800mでも良い脚を使ってあわやというところまで来た。
これは地力をつけている証拠だし、それでも血統的には1400mの方が良いはずなので、ここは重賞勝利のチャンス。
どういう馬場でも大丈夫だとは思うが、前残りの馬場はやはり怖いので、ある程度乾いた馬場の方が可能性は上がるはず。


2枠4番
ニシケンモノノフ
メイショウボーラー産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
2- 5- 3- 68/ 78 2.6% 9.0% 12.8% 5 33
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
前走は地方交流重賞の兵庫ゴールドTを早めの競馬で勝利。
その前のカペラSでは好位からジワッと伸びて2着。
1200・1400mでの安定感はある。
流れに乗ることができるので、もちろんここでもチャンスはあるのだが、やはり決め手ではこの馬以上のものを持っている馬が多いので、後続馬場かつスローペースという方が良い。
血統的にも決め手よりもスピードで押すタイプ。


3枠5番
ベストウォーリア
Majestic Warrior産駒
能力:B
適性:B
適性前走比:↑
スピードの持続力がある馬で、1400mなら流れによって先行もできるし差す競馬もできる実力馬。
ただ、ここ4走の地方交流重賞で最後に勝ち馬に突き放されているのが良くない。
ぬるい交流重賞から中央の1400mになって前半~道中のスピードに対応できるかが心配だし、さらに最後に脚色が鈍っていたとなると、今回は前を捕らえきれないだけでなく後ろの馬にも差されてしまいそう。


3枠6番
グレープブランデー
マンハッタンカフェ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
2- 1- 6- 47/ 56 3.6% 5.4% 16.1% 23 43
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:B
適性前走比:→
昨年は前残りの馬場に上手く乗って3着に好走した。
2着に来た東京スプリントも脚向きの良い馬場で先行できた。
今回も前有利の馬場を上手く先行できれば好走の可能性は出てくるが、少しずつ能力の衰えもみられるので条件が向いても厳しいかもしれない。


4枠7番
モンドクラッセ
アグネスデジタル産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
4- 2- 1- 42/ 49 8.2% 12.2% 14.3% 126 57
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:C
適性前走比:↓
中距離でスピードを活かすタイプ。
今回は1400mで、もしかしたらこの馬自身には合っている距離かもしれないので、今後この距離で活躍する可能性は否定できないが、今回このメンバーに入っていきなりいつもと同じレースができるかは疑問。
控えて良いタイプでもなく、今回は静観したい。


4枠8番
ラブバレット
ノボジャック産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
1- 2- 0- 13/ 16 6.3% 18.8% 18.8% 46 131
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:↓
クラスターカップ3着や兵庫ゴールドT4着など交流重賞で健闘。
ただ、どちらも勝ち負けには加われていないし、スピードタイプではあるがここに入って押し切れるほどのスピードもない。
さらに今回は斤量も増えるので条件は厳しくなる。


5枠9番
コーリンベリー
サウスヴィグラス産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
6- 13- 12-145/176 3.4% 10.8% 17.6% 82 63
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:C
適性前走比:↓
現状は1200mの方が良さそう。
前走のカペラSは外目を先行。
この馬なりに伸びてはいたが、逃げたノボバカラを捕らえることはできなかったし、ニシケンモノノフにも交された。
あとはほとんどが地方交流レースだが、春からは力は若干落ちている感じがある。
スタートは良いので、馬場に恵まれればチャンスは広がるだろうが、レース傾向として上がりの重要性は高いので、ここまでは手を広げることはできない。


5枠10番
グレイスフルリープ
ゴールドアリュール産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
16- 10- 8-117/151 10.6% 17.2% 22.5% 88 80
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:C
適性前走比:→
1400m適性は高いが、ハイペースを押し切れるほどここで能力上位というわけではない。
平均からスロー、さらに道悪が重なればこの馬には良い条件になるが、そのうちの1つでも欠けると東京では厳しいか。
東京D1400mは2015年グリーンチャンネルカップを勝っているが、このレースは平均ペースだったが後続との差があったレース。
その次走、同じコースの霜月Sはハイペースでマルカフリートに差しきられた。
今回はもっと良い脚を使う馬たちがいる。


6枠11番
タールタン
Tapit産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
3- 3- 2- 6/ 14 21.4% 42.9% 57.1% 75 110
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:↑
前走は中山D1200mのカペラSで5着。
後ろから追い込んできた。
1200mでもそれなりの走りはできたが、ボールドルーラー系ということもあり、ワンペースで走ることができる東京D1400mはもっと得意。
どういうペースでもまとめてくる適性はあるが、このメンバーとクラスになるとスロー気味の方が良いかもしれない。
前走上がり最速というのも良い。


6枠12番
ブライトライン
フジキセキ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
1- 2- 3- 57/ 63 1.6% 4.8% 9.5% 8 25
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:↑
ここ3走は中距離で惨敗。
今回は1400mに距離を戻してきたことで、近3走よりは条件は良くなる。
ただ、流れに乗って総合力で勝負する馬で、決め手が活きたり、高速ダートならスピード押し切ったりと、一芸に秀でている馬が強いこのレースでは悪く言うとどっちつかずのタイプになってしまう。


7枠13番
エイシンバッケン
ヨハネスブルグ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
1- 2- 2- 19/ 24 4.2% 12.5% 20.8% 31 102
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:A
適性前走比:↑
パワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)で、近走の上がり順位もいつも上位。
上がりの脚を使えることは根岸Sの基本だし、スピード馬場になっても血統から対応できるし。
大型馬で、体を上手く使えていない感じはあるが、反応良くは動けるし、脚も長いので広い東京コースは悪くない。
余程の前残りにならない限りは出番がありそう。


7枠14番
キングズガード
シニスターミニスター産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
6- 6- 6- 36/ 54 11.1% 22.2% 33.3% 196 212
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:A
適性前走比:↑
良い末脚を持っているし、ボールドルーラー系なのでワンペースで走ることのできる1400mはベスト。
前走は1600mの武蔵野Sだったので、それよりは良い条件になる。
ただ、ボールドルーラー系で差し追い込みというのは少し無理が出てくるし、カフジテイクなどとの比較でも勝つまではどうか?


8枠15番
ベストマッチョ
Macho Uno産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
4- 0- 0- 1/ 5 80.0% 80.0% 80.0% 192 106
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:A
適性前走比:→
5戦4勝。
東京D1400mは3戦3勝とパーフェクト。
そのうち上がり最速が1回、上がり2位が1回と、やはり1600mよりも1400mが良く適性が高い。
先行して上がりもまとめているのだから強いのだが、瞬間的な速い脚はそれほどでもなく、手応えに余裕がある割には仕掛けられてから前の馬を交すのに手間取っている印象すらある。
メンバーレベルはこれまでとは比べものにならないくらい上がり、そこでももたつくようだと前の馬はセーフティリードを作られ、後ろの馬には一気に差を詰められるという事になってしまう。
瞬間的な速さへの不安を解消するには、パサパサのダートの方が良いのかもしれない。


8枠16番
ノボバカラ
アドマイヤオーラ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
1- 0- 2- 11/ 14 7.1% 7.1% 21.4% 272 102
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:B
適性前走比:→
カペラSでは内枠から積極的に逃げて押し切った。
前走の兵庫ゴールドTでは少し深追いして最後は止まってしまった。
先行してしっかり反応できる馬ではあるので1400mでの安定感もあるが、その分だけここに入ると爆発力では劣るかなという印象がある。
カペラSもそうだが、プロキオンSでも積極的に行っての勝利だったので、そういう姿勢でいけばチャンスは出てくるかもしれないが、東京で押し切れるか?



◎はここ6走続けて、上がり上位の脚を使っているカフジテイク。
根岸Sは直線の長い東京で行われるレースということもあり、直線でのしっかりした末脚が要求されやすいレース。
そのため、近走で上がり上位の脚を使っていた馬がよく走っています。
その傾向は良馬場でより強くなり、良馬場で行われそうな今年は重視したいポイント。
カフジテイクは充実期で1600m、1800mを距離が延びても、相手が強くなっても良い脚を使えていますが、やはりベストは1400mで、この距離であればハイペースでもスローペースでもしっかりと伸びてきて結果に結びつけることができています、

○エイシンバッケン。
父ストームバード系は根岸Sを2連勝中の血統。
スピードのある血統なので道悪のダートでも良いのですが、良馬場の東京D1400m鎌倉Sで4馬身差の圧勝をしているように、この条件も合っていると思います。

▲キングズガード。
父ボールドルーラー系
前走武蔵野Sというのはこのレースと相性の良いローテ。
そこで4着ということも評価できますし、末脚の威力が増す1400mに戻るのも良いと思います。

△タールタン。
この馬も父ボールドルーラー系で、昨年の2着馬。
前走のカペラSで上がり最速、今回得意の1400mに戻るのも良いですね。

△ベストマッチョ。
前走同じコースで上がり2位の脚を使って1着。
末脚だけならここに入るとそこまで上位というわけではないかもしれませんが、総合力の高さに適性・外枠を加えれば良い勝負が出来そう。

【予想印】
◎3.カフジテイク
○13.エイシンバッケン
▲14.キングズガード
△11.タールタン
△15.ベストマッチョ

買い目
◎の単勝と複勝
◎から馬単マルチ
◎からワイド
3連複◎-○▲-▲△△



※レース番号、馬名、枠、馬番については万全を期していますが、
主催者発表のものと照らし合わせてご確認ください。

買い目に入っている馬が、出走取り消しや競走除外になった場合は
その馬を除いた買い目となります。

馬券の購入は自己責任でお願いいたします。


コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。

血統フェスティバル

Powered By レジまぐ
TOP