血統フェスティバルGOLDplus【重賞レース+勝負レース】

こちらの血統フェスティバルGOLDplusでは、各馬の能力・適性・解説を追加した濃い内容の「重賞予想記事」に加えて、ここでしか読めない「勝負レース」の予想を毎週6レース以上配信しています。

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
¥0 初月無料
初月無料について

※初月無料は2ヶ月以上の継続講読の場合に適用されます。

※初月の途中で講読解除を行った場合は、1ヶ月分の購読料をお支払いいただきます。

※ポイントでお支払いする場合は、1ヶ月分のポイントを所持している必要があります。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね11 コメント1
カレンダー
<  2020年2月  >
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
スンイチロー
スンイチロー
10年以上続く人気ブログ
【血統フェスティバル】競馬予想ブログ
を運営しています。

その中で培った予想技術を
レジまぐで発揮したいと思います。
RSS
RSSフィード RSS
シルクロードステークスの予想
2017-01-28 20:00:00
テーマ: JRA重賞予想
  • 01/29(日)
    京都11R
    シルクロードS(G3)
    印・買い目を比較する レース結果・払戻金を表示
    複勝 馬単 3連複
    的中
  • 単勝 複勝 馬単 ワイド 3連複
    レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 5 7 ダンスディレクター 1:07.8
    2 7 11 セイウンコウセイ クビ
    3 6 9 セカンドテーブル 1 1/2
    払戻金
    単勝 7 670円 3番人気
    複勝 7
    11
    9
    230円
    250円
    400円
    3番人気
    4番人気
    7番人気
    枠連 5-7 600円 2番人気
    馬連 7-11 2,270円 10番人気
    ワイド 7-11
    7-9
    9-11
    890円
    1,440円
    1,260円
    11番人気
    19番人気
    18番人気
    馬単 7-11 4,710円 19番人気
    3連複 7-9-11 7,860円 30番人気
    3連単 7-11-9 40,820円 148番人気
    WIN5 54,830円 3番人気

    該当記事での印・予想買い目・資金配分
    着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
    5着 1 1 ラインスピリット 11.4 6 56.0 牡6 森一馬 栗東松永昌博 446.0
    6着 4 5 ソルヴェイグ 3.8 2 54.0 牝4 M.デムーロ 栗東鮫島一歩 478.0
    1着 5 7 ダンスディレクター 6.7 3 57.5 牡7 武豊 栗東笹田和秀 442.0
    3着 6 9 セカンドテーブル 18.6 7 56.0 牡5 水口優也 栗東崎山博樹 486.0
    11着 7 10 ネロ 3.0 1 57.5 牡6 浜中俊 栗東森秀行 482.0
    2着 7 11 セイウンコウセイ 7.0 4 55.0 牡4 松田大作 美浦上原博之 500.0

    予想買い目の収支
    単勝
    通常
    1点
    100円
    0円
    -100円
    0.0%
    馬/組番:
    複勝
    通常
    1点
    100円
    250円
    +150円
    250.0%
    馬/組番:
    馬単
    1着ながし(マルチ)
    10点
    1,000円
    4,710円
    +3,710円
    471.0%
    馬/組番:◎ー**
    ワイド
    通常
    1点
    500円
    0円
    -500円
    0.0%
    馬/組番:◎ー◯
    3連複
    軸1頭ながし
    10点
    1,000円
    0円
    -1,000円
    0.0%
    馬/組番:◯ー**ー**
    軸1頭ながし
    10点
    1,000円
    7,860円
    +6,860円
    786.0%
    馬/組番:◎ー**ー**
    合計購入金額:3,700円   払戻金:12,820円  
    収支:+9,120円   回収率:346.5%
単勝 複勝 馬単 ワイド 3連複
★【シルクロードS】過去5年の傾向
?content_type=blog&content_id=624&type=i

ミスプロ系率が高くなっており、ここ4年は父か母父がミスプロ系という馬が2頭以上馬券圏内に来ています。

ダンチヒ系ストームバード系といったスピードのあるノーザンダンサー系(大系統)もよいですね。

☆内枠有利。

☆4コーナー先頭の馬が3年連続連対中です。


★京都芝1200mの傾向
?content_type=blog&content_id=624&type=i

☆まだ2レースしか行われていませんが、どちらもアドマイヤムーン産駒(ミスプロ系)が勝っています。

アドマイヤムーンの他にも、トワイニング(ミスプロ系)スウェプトオーヴァーボード(ミスプロ系)フォーティナイナー(ミスプロ系)の系統が活躍しています。

☆スピードのあるノーザンダンサー系(大系統)も良さそうですね。

種牡馬別コース成績は2014年~先週までのものです。(種牡馬表記のないものは期間中の該当データがないということです。)
能力:A(1着になれる能力あり)、B(馬券圏内に入れる能力あり)、C(他の面で恵まれる必要あり)、D(厳しい)
適性:A(ピッタリ。能力を最大限発揮できるはず)、B(適性内で、力は発揮できる)、C(適性からは少しずれている)、D(適性外)
適性前走比:↑(前走と比べて適性面での上積みが期待できる)、→(適性面では前走と同じくらい)、↓(前走よりは向かない条件になる)



1枠1番
ラインスピリット
スウェプトオーヴァーボード産駒のコース成績は以下の通り
---------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------
1- 3- 2-20/26 3.8% 15.4% 23.1% 273 160
---------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
前走の淀短距離Sは58kgを背負っていたこともあるが、あまり行きっぷりは良くなく中団から。
それでも内をロスなく上手な競馬ができて、3着まで来たが、今回も同じようなレースができるかはわからないし、決め手ならこの馬以上の馬も何頭かいる。
血統的には前に行った方が良いが、逃げたオパールSにしても前半3ハロンは34.3とスローだし、確実に前に行けるとは限らない。


2枠2番
テイエムタイホー
ニューイングランド産駒のコース成績は以下の通り
---------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------
0- 1- 1- 1/ 3 0.0% 33.3% 66.7% 0 183
---------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:↓
前走の京都金杯では中団後ろから内を突いたがそれほど伸びず。
もともとは先行していた馬だが血統的にはここではスピード不足だし、後ろからの競馬で差してくるほどの脚も今のところ見せていない。


3枠3番
アースソニック
クロフネ産駒のコース成績は以下の通り
---------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------
2- 4- 5-28/39 5.1% 15.4% 28.2% 153 142
---------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:↑
京都は昨年の京阪杯でも3着に来るなど得意。
能力的には落ちているし、勝ち負けに加わることは難しいかもしれないが、それでも馬券圏内に来てしまえるくらい高い適性を持っている。
どの馬にも言えることだが、このコースでは距離ロスの少ない競馬をしたい。


4枠4番
ヒルノデイバロー
マンハッタンカフェ産駒のコース成績は以下の通り
---------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------
1- 0- 1-18/20 5.0% 5.0% 10.0% 17 28
---------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
京都芝1200mは2回走ってどちらも上がり最速。
ただ、後方からの競馬になってしまうのでロスも多くなるし、直線を向いた時には物理的に届かないということになっている。
それでも今回も上がり最速の脚を使う可能性は高いし、先行馬に有力馬が多いこと、フルゲートに満たない頭数などから、馬群がばらければロスは少なくできるしチャンスは出てくるかもしれない。


4枠5番
ソルヴェイグ
ダイワメジャー産駒のコース成績は以下の通り
---------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------
6- 6- 8-49/69 8.7% 17.4% 29.0% 55 68
---------------------------------------------------
能力:A
適性:B
適性前走比:→
昨年は函館スプリントS1着、キーンランドC4着、スプリンターズS3着と1200mで活躍。
基本的にはスタートが上手く、出が悪かったキーンランドCにしてもすぐにダッシュがついてので、ここでも前に行けるはず。
スプリンターズSは内で窮屈ではあったがロスのない競馬ができたし、それはシルクロードSでも大事な要素なので心強い。
ただ、北海道と中山というある程度タフなコースで好走してきて、今回軽めの京都になるのは少し不安。
また、先行できるとは書いたがデムーロ騎手ということで出遅れの心配は出てくる。


5枠6番
ブラヴィッシモ
Fastnet Rock産駒のコース成績は以下の通り
---------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------
0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
---------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:→
前走の京阪杯は先行できていればまた違っていたのだろうが、中団から。
この馬なりに伸びてはいたが、勝負圏内には来ることができなかった。
1400mだと先行できるのだが、1200mになるとスタート直後の先行争いから分が悪くなる。
さらに良馬場だとパワーを活かしにくく、スピード・キレ負けの可能性が高くなる。


5枠7番
ダンスディレクター
アルデバラン2産駒のコース成績は以下の通り
---------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------
2- 3- 0-12/17 11.8% 29.4% 29.4% 39 45
---------------------------------------------------
能力:A
適性:B
適性前走比:→
昨年の勝ち馬。
その昨年は先団内からロスなく進出してスパッと差しきった。
母父がサンデーサイレンスということもあり、短距離でもスパッとした脚を使うことができる。
そのため流れ的には1400mの方が合うことが多いのだが、京都の1200mはスローになりやすいのでキレ味を活かしやすい。
向く舞台ではあるのだが、昨年は枠も展開もピッタリはまったし、今年は先行馬が昨年よりも強力だしスピードもあるので、キレる脚を引き出せるかは微妙かもしれない。


6枠8番
ダイシンサンダー
アドマイヤムーン産駒のコース成績は以下の通り
---------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------
9- 6- 8-37/60 15.0% 25.0% 38.3% 85 96
---------------------------------------------------
能力:B
適性:C
適性前走比:↓
京都金杯でも書いたが、1400mでは脚が溜まらないし中距離だと長い。
そのため京都1600mの金杯ならキレ味を活かせるかと思ったが、前の方に行ったら直線で全く伸びなかった。
アドマイヤムーン産駒のコース成績は優秀だし、1200mでの可能性はあるかもしれないが、レースぶりからは1200mでも最後に良い脚が使えるとは考えにくい。


6枠9番
セカンドテーブル
トワイニング産駒のコース成績は以下の通り
---------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------
1- 2- 1- 3/ 7 14.3% 42.9% 57.1% 180 161
---------------------------------------------------
能力:B
適性:A
適性前走比:→
同じコースで行われた京阪杯はチャンスだったが、大幅馬体重増で最後に脚が上がってしまった。
その後の2戦も馬体重は減っていないが、慣れも出たのか能力分は走れている。
基本的にはスタートも良く先行力があり、スピードのある血統でここに合っているとは思うのだが、逃げ馬にしたくないのかスタートダッシュを決めても控えて2・3番手という競馬になってしまう。
そのため、コーナーで外目を回ることになったりと逆にロスが生まれることも多い。
シルクロードSは逃げ馬が活躍しているレースなので、行ききった方がチャンスはあるのだが、それはやってくれそうにもないか。


7枠10番
ネロ
ヨハネスブルグ産駒のコース成績は以下の通り
---------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------
3- 2- 2-22/29 10.3% 17.2% 24.1% 90 131
---------------------------------------------------
能力:A
適性:A
適性前走比:↓
前走の京阪杯は雨の降る重馬場を逃げて圧勝。
やはり京都芝1200m雨の重馬場だった京洛Sも先行早めの仕掛けで圧勝。
ピッチ走法なので重馬場は苦にならないのだろうし、さらに溜めても意味がないので早めに仕掛けようという意識が働くことからも道悪はプラスになるのかもしれない。
今回は前走ほど馬場を味方につけるということはできないかもしれないが、それでも先行馬が強いレースだし当然有力馬であることに変わりはない、


7枠11番
セイウンコウセイ
アドマイヤムーン産駒のコース成績は以下の通り
---------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------
9- 6- 8-37/60 15.0% 25.0% 38.3% 85 96
---------------------------------------------------
能力:A
適性:A
適性前走比:→
前走は同じ京都芝1200mの淀短距離Sを2番手から楽に抜け出して快勝。
淀短距離Sで連対した馬は毎年ここで馬券になっている。
時計的には少し不安はあるが、同じようなレースができれば今回も期待できる。
アドマイヤムーン産駒のコース成績も良いし、同産駒は今開催この馬以外にも勝っているのが心強い。


8枠12番
ブランボヌール
ディープインパクト産駒のコース成績は以下の通り
---------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------
2- 1- 1-29/33 6.1% 9.1% 12.1% 62 24
---------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:↑
前走のスプリンターズSは内でごちゃついて脚を出し切れず。
スムーズでも勝負圏内に入ることができたかは微妙だったので、その辺はまだ力不足かもしれない。
軽めの馬で、ディープインパクト産駒なのでキレ味を活かすことのできる京都は合っているはず。
できればスローペースの方が良いが、今回は前に行く馬も多くペースは速くなるかもしれない。
それを外から追いかけるのはきついので、ロスなく運びたい。


8枠13番
カオスモス
マイネルラヴ産駒のコース成績は以下の通り
---------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------
2- 1- 3-22/28 7.1% 10.7% 21.4% 73 123
---------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:→
マイネルラヴ産駒で、ここで好走するにはやはり先行してスピードを活かしたい。
ただ、2015年のシルクロードSでもスタートで遅れたし、1400m以上の距離を中心に走っているので、確実に先行できるとは言いがたい。




◎はアドマイヤムーン産駒(ミスプロ系)のセイウンコウセイ。
パワーとスピードのあるミスプロ系はシルクロードSの中心血統ですし、今の京都芝1200mは2戦ともアドマイヤムーン産駒が勝利。
そのうちの1勝はこの馬自身のもので、その淀短距離SはシルクロードSと相性の良いレース。
内枠有利のこのレースで11番枠は一見マイナスかと思ってしまいますが、淀短距離Sでも11番枠から内の馬を行かせての2番手という競馬が出来ていますし、今回すぐ内にネロがいるので同じような競馬が出来るのではないかと思います。

○ネロ。
前走の京阪杯は雨の降る重馬場がピタリとはまって圧勝。
前走の特殊な条件から今回は普通の条件になるので、前走のようなプラスアルファは期待できませんが、シルクロードSはとにかく逃げ馬が強いレースですから、優れた先行力を持つ実力馬ということだけでも評価できる存在。

▲ソルヴェイグ。
基本的にはスタートは上手な馬。
内で上手く立ち回ることの出来るタイプですから、そういう能力が求められるシルクロードSで内枠に入ったことはプラス。

△セカンドテーブル。
父はフォーティナイナー(ミスプロ系)の系統。
先行力は高いものを持っているのですが、あまり逃げたくないという雰囲気があり、その点は残念。
逃げなくても良いレースは出来ていますが、勝ちを狙うなら好スタートを決めた場合は逃げた方が良いと思います。

△ラインスピリット。
この馬もフォーティナイナー(ミスプロ系)の系統。
先行力もあるのですが、逃げることが出来るかは微妙。
それでも好位からの競馬も出来るタイプ。

△ダンスディレクター。
昨年は内から完璧な競馬が出来て勝利。
今年は先行勢も強力で、どこまで。

【予想印】
◎11.セイウンコウセイ
○10.ネロ
▲5.ソルヴェイグ
△9.セカンドテーブル
△1.ラインスピリット
△7.ダンスディレクター

買い目
◎の単勝と複勝
◎-○ワイド
◎から馬単マルチ
◎から3連複
○から3連複



※レース番号、馬名、枠、馬番については万全を期していますが、
主催者発表のものと照らし合わせてご確認ください。

買い目に入っている馬が、出走取り消しや競走除外になった場合は
その馬を除いた買い目となります。

馬券の購入は自己責任でお願いいたします。


コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。

血統フェスティバル

Powered By レジまぐ
TOP