血統フェスティバルGOLDplus【重賞レース+勝負レース】

こちらの血統フェスティバルGOLDplusでは、各馬の能力・適性・解説を追加した濃い内容の「重賞予想記事」に加えて、ここでしか読めない「勝負レース」の予想を毎週6レース以上配信しています。

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
¥0 初月無料

初月無料について

・初月無料は2ヶ月以上の継続講読の場合に適用されます。


・初月の途中で講読解除を行った場合は、1ヶ月分の購読料をお支払いいただきます。


・ポイントでお支払いする場合は、1ヶ月分のポイントを所持している必要があります。


このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
スンイチロー
スンイチロー
10年以上続く人気ブログ
【血統フェスティバル】競馬予想ブログ
を運営しています。

その中で培った予想技術を
レジまぐで発揮したいと思います。
RSS
RSSフィード RSS
秋華賞の予想
2016/10/15 19:00:00
テーマ: JRA重賞予想
★【秋華賞】過去5年の傾向
?content_type=blog&content_id=624&type=i

ノーザンテーストダンチヒ系ヴァイスリージェント系ヌレイエフ系など、スピードのあるノーザンダンサー系(大系統)を持つ馬が活躍しています。
☆こういったノーザンダンサー系(大系統)と、サンデーサイレンス系をあわせ持つ馬が中心になっています。
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)は過去4年で3勝2着2回と活躍しています。
キングマンボ系(ミスプロ系)も良いですね。
☆持続力に優れたグレイソヴリンの血統にも注目です。
母母父や、父の母父辺りまでチェックしたいですね。



★京都芝2000mの傾向
?content_type=blog&content_id=624&type=i

☆土曜日のレースはハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)が1・2着でした。
ミスプロ系率が高く、その中でもキングマンボ系(ミスプロ系)がよく走っています。
☆また、サンデーサイレンス系×ミスプロ系配合も良いです。


  • 10/16(日)
    京都11R
    秋華賞
    レース結果・払戻金を表示
    馬連
    的中
  • 単勝 馬単 3連複 3連単 馬連
    レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 4 7 ヴィブロス 1:58.6
    2 2 3 パールコード 1/2
    3 7 15 カイザーバル 1/2
    払戻金
    単勝 7 630円 3番人気
    複勝 7
    3
    15
    220円
    380円
    480円
    3番人気
    4番人気
    5番人気
    枠連 2-4 1,870円 7番人気
    馬単 7-3 6,170円 19番人気
    馬連 3-7 3,550円 12番人気
    ワイド 3-7
    7-15
    3-15
    1,110円
    1,790円
    2,950円
    8番人気
    20番人気
    34番人気
    WIN5 70,240円 3番人気
    3連複 3-7-15 20,940円 66番人気
    3連単 7-3-15 95,520円 288番人気

    該当記事での印・予想買い目・資金配分
    着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
    4着 1 2 ジュエラー 3.9 2 55.0 牝3 M.デムーロ 栗東藤岡健一 502.0
    2着 2 3 パールコード 13.7 4 55.0 牝3 川田将雅 栗東中内田充正 508.0
    7着 2 4 パーシーズベスト 22.9 9 55.0 牝3 C.ルメール 栗東石坂正 458.0
    1着 4 7 ヴィブロス 6.3 3 55.0 牝3 福永祐一 栗東友道康夫 414.0
    10着 5 10 ビッシュ 2.5 1 55.0 牝3 戸崎圭太 美浦鹿戸雄一 418.0
    8着 7 14 ミエノサクシード 20.3 6 55.0 牝3 川島信二 栗東高橋亮 448.0

    予想買い目の収支
    単勝
    買い方 :通常
    指定方式:
    組合わせ:1点
    購入金額:100円
    払戻金 :0円
    収支  :-100円
    回収率 :0.0%
    馬/組番:
    馬単
    買い方 :1着ながし(マルチ)
    指定方式:
    組合わせ:10点
    購入金額:1,000円
    払戻金 :0円
    収支  :-1,000円
    回収率 :0.0%
    馬/組番:◎ー**
    3連複
    買い方 :軸1頭ながし
    指定方式:
    組合わせ:10点
    購入金額:1,000円
    払戻金 :0円
    収支  :-1,000円
    回収率 :0.0%
    馬/組番:◯ー**ー**
    3連単
    買い方 :1着ながし(マルチ)
    指定方式:
    組合わせ:60点
    購入金額:6,000円
    払戻金 :0円
    収支  :-6,000円
    回収率 :0.0%
    馬/組番:◎ー**ー**
    馬連
    買い方 :ながし
    指定方式:
    組合わせ:5点
    購入金額:500円
    払戻金 :3,550円
    収支  :+3,050円
    回収率 :710.0%
    馬/組番:◯ー**
    合計購入金額:8,600円   払戻金:3,550円  
    収支:-5,050円   回収率:41.3%
単勝 馬単 3連複 3連単 馬連
種牡馬別コース成績は2013年~先週までのものです。(種牡馬表記のないものは期間中の該当データがないということです。)
能力:A(1着になれる能力あり)、B(馬券圏内に入れる能力あり)、C(他の面で恵まれる必要あり)、D(厳しい)
適性:A(ピッタリ。能力を最大限発揮できるはず)、B(適性内で、力は発揮できる)、C(適性からは少しずれている)、D(適性外)
適性前走比:↑(前走と比べて適性面での上積みが期待できる)、→(適性面では前走と同じくらい)、↓(前走よりは向かない条件になる)



1枠1番
エンジェルフェイス
キングカメハメハ産駒
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
15- 10- 12- 88/125 12.0% 20.0% 29.6% 62 75
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:B
適性前走比:→
先行力と持続力に優れた馬だが、まだ完成度は低そう。
春のフラワーCはペース・相手ともに恵まれたことは否定できない。
前走の紫苑Sは先行馬には厳しい流れではあったし、途中まで外を回ったこともあったが、直線手前ですでに手応えが怪しくなっていたのは物足りなかった。
+10kgだったし、G1で仕上げてくる藤原厩舎ということで、ステップレースは度外視できるかもしれないし、ここでの上積みもあるかもしれない。
それでも、厳しい流れになりやすい秋華賞で踏ん張れるというイメージは湧かない。


1枠2番
ジュエラー
ヴィクトワールピサ産駒
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
1- 3- 1- 10/ 15 6.7% 26.7% 33.3% 9 64
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:B
適性前走比:↓
前走のローズSはこれまでとは違って、先団からの競馬。
直線を向いた時点ではそれなりに手応えもありそうだったが、レッドアヴァンセとあわせる形になってもあまり伸びず、最後は無理せずに流していた感じ。
骨折明けでもあったし、目標はここだろうから、ローズSで無理する必要はなかった。
ただ、長く良い脚を使えるタイプではあるが、前半から出して行ってしまうと良くないタイプなんだろうなということは分かったレース。
持続力はあるので仕掛けのタイミング次第では問題ないが、前半は溜めていく必要がありそう。
それほど器用なタイプでもなさそうなので、ロズが少なくなるように、縦長、前の馬たちが止まるような展開が良さそう。


2枠3番
パールコード
ヴィクトワールピサ産駒
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
1- 3- 1- 10/ 15 6.7% 26.7% 33.3% 9 64
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
持続力はある馬なので、前走の紫苑Sも適性はあった。
ただ、勝負所で前が壁になってしまい、その間に後ろの馬たちにまくられてしまう。
瞬間的に動けないこの馬に原因もあるが、そういう馬だからこそ後手に回るともろい。
ただ、それでも後ろが有利な展開を先行、そして後手に回ったのに直線ではひと脚使って5着とまとめてきたように能力は高い。
秋華賞でも脚を出し切れれば好走は出来る。
どちらかといえば前半はゆったり行きたい。
前半からスピードレースになった場合、それにまともに付き合うとバタバタになるかも。


2枠4番
パーシーズベスト
ディープインパクト産駒
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
30- 20- 24- 98/172 17.4% 29.1% 43.0% 60 72
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
悪く言えば推進力がまだまだだが、ワンペースの脚は使える馬なので、内回りコースの持続力レースは悪くない。
ただ、前走の紫苑Sから判断しても、能力的には少し足りないか。
ここで外を回ってグイグイ伸びてこれるほど上位ではないので、ロスのない競馬がしたいし、そういう機動力もあると思います。
また、スピードに不安のない血統ではあるが、上位馬との差を考えるとそれほど速くないワンペースで走った方が良さそうで、軽く雨が降ってくれた方が良いはず。


3枠5番
レッドアヴァンセ
ディープインパクト産駒
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
30- 20- 24- 98/172 17.4% 29.1% 43.0% 60 72
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:↑
パワーがないので、阪神→京都替わりは良い。
前走のローズSは中団からややまくり気味に上がって行き、直線入り口では良い手応えに見えたが追ってからは反応なし。
まだ坂を登る前だったので、馬場プラス休み明けが原因か。
それと、リディル・クラレント・レッドアリオン・サトノルパンといった兄たちの実績から考えると、距離の問題もあるのかもしれない。
京都は加速をつけてしまえば止まらないので、現状では追って味のないこの馬には良いし、内回りも問題はない。
常識的にはロスを少なくできるハイペース縦長の方が良いのかもしれないが、まくり切ってしまう方がチャンスはありそうで、そうなると多少外を回ることになってもスローの方が良いのかも。
どちらにしても注文は多い。


3枠6番
ゲッカコウ
ロージズインメイ産駒
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
0- 0- 1- 8/ 9 0.0% 0.0% 11.1% 0 18
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:↓
前走の紫苑Sは内枠から逃げる競馬。
前の馬に厳しいペースではあったが、4コーナー手前から手応え怪しく15着。
その前のオークスでは先行して17着。
春はパワーとスタミナの持続力を活かし、中山でまくる競馬をして実績を残してきたので、前に行くここ2走はこの馬の競馬ではないのかもしれない。
ただ、まくる競馬を京都でやれるほどのスピードもない。


4枠7番
ヴィブロス
ディープインパクト産駒
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
30- 20- 24- 98/172 17.4% 29.1% 43.0% 60 72
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:A
適性前走比:↑
春は非力な印象だったが、一息入れた後の中京の走りから、かなりしっかりしてきた。
全姉にヴィルシーナがいる良血で、さすがの成長力という感じ。
その中京では、その日のヴィクトリーロードである外差しでの勝利ではあったが、まずまず流れた2000mをラスト2ハロン11.7-11.7という減速しないラップで楽勝したことは評価できる。
前走の紫苑Sでは中団から。後ろにいたビッシュが外から上がってこの馬を交わすタイミングと、前の馬が下がってきて不利を受けるタイミングが重なってしまい、4~5馬身くらいの大きなロスがあった。
そこからまた上がってきて、最後はビッシュから2馬身半差の2着だから、単純に計算すれば不利がなければ勝っていたかもしれない。
ただ、ビッシュにも余裕はあったし、最後は脚色も同じくらいになっていたので、そこに関しては何とも言えないところ。
ただ、馬はだいぶしっかりしてきたし、一線級と同等の能力はもうある。
全姉もそうだったように、ヘイローのクロスを持っていることもあり、機動力も高いものを持っているはず。
スタートが少し下手なのが課題か。


4枠8番
デンコウアンジュ
メイショウサムソン産駒
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
4- 1- 2- 32/ 39 10.3% 12.8% 17.9% 56 42
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:C
適性前走比:↓
前走のローズSは中団から。
スッと動けないこともあり、4コーナーでレッドアヴァンセに前に入られて、直線では外に持ち出すロスがあった。
ただ、あの日の馬場は前有利だったし、あれがなくても3着には届かなかったかと思うが、そういう馬場でも伸びてきたのはシンハライトのこの馬だけだったし、ロスがあっても伸びて来たことから競争意欲はあることが確認できた。
ただ、ローズSは阪神かつ重馬場という条件で、スピードのない血統のこの馬には向いていたはず。
今回はスピードも必要になる京都なので、良馬場であれば適性は落ちる。
道悪ならまたチャンスは出てくるはず。


5枠9番
クロコスミア
ステイゴールド産駒
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
9- 4- 6- 81/100 9.0% 13.0% 19.0% 58 48
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
前走のローズSは逃げて惜しくも2着。
ただ、あの日の阪神芝コースは逃げ馬が大活躍していた馬場で、6レース中5レースで逃げた馬が馬券圏内に残っていた。
もともとしぶとさのある馬だったが、2歳時にレースに使われすぎた影響か、少し行きたがる面が出てしまい、しぶとさがなくなっていた。
前走はそれを積極的に行かせて良い結果を残すことが出来たし、あれだけの走りが出来る能力は持っている馬だが、行かせてしまったことでまた我慢が利かなくなっているかもしれないという不安はある。
本質的に持続力はあるし、スピードにも対応は出来る。


5枠10番
ビッシュ
ディープインパクト産駒
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
30- 20- 24- 98/172 17.4% 29.1% 43.0% 60 72
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:A
適性前走比:→
上がって行くスピード、それを最後までもたせる持続力ともに上位。
前走の紫苑Sを見る限りでは、機動力の面でも問題はなさそう。
オークスでも早め先頭であわやの3着だったように、この世代のG1級の能力はある。
後ろから行きすぎたフローラS以外は安定感もあるし、毎回強さを見せている。
前走のような競馬をした後で、内を突くようなことはないだろうから、もしかしたらそういう内を突く伏兵にやられる可能性もあるかもしれないが、総合力の高さから信頼度は高い1頭。


6枠11番
フロンテアクイーン
メイショウサムソン産駒
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
4- 1- 2- 32/ 39 10.3% 12.8% 17.9% 56 42
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:↓
前走の紫苑Sは3着。
オークスでも6着に好走したように、スタミナが要求される流れやコースでは堅実に走ってくる。
中山→京都替わりは血統的にはスピード面でやや不安、ある程度パワーもあるので、それを活かしにくくなるということでもマイナス。
前走はちゃんと出たが、スタートにも若干不安はある。
ただ、競走意欲は高いので、少しくらい向かない条件でも力を出し切る可能性は高い。
道悪になってくれれば、他馬と比べて力を出しやすくなる。


6枠12番
ウインファビラス
ステイゴールド産駒
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
9- 4- 6- 81/100 9.0% 13.0% 19.0% 58 48
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:B
適性前走比:→
スタミナ的な持続力に優れている馬。
前走の紫苑Sは先団を進んでいたが、前にいた馬が下がってきた不利をまともに受けてしまった。
そこからはさすがに挽回不可能。
春も適性外でキレ負けするレース続き。
ただ、前の馬を交わそうとする雰囲気は感じられなくなっており、気持ちが大事なステイゴールド牝馬ということからも気になる。


7枠13番
ワンダーピルエット
エンパイアメーカー産駒
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
0- 2- 0- 11/ 13 0.0% 15.4% 15.4% 0 29
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:D
適性前走比:↓
近親にダートで活躍したワンダーアキュートなどがいる血統。
それでこの馬の父もダート色の強いエンパイアメーカーだから、やはりダート馬か。
芝の経験もなく、この大舞台でいきなり好走できるほどの素質も感じない。


7枠14番
ミエノサクシード
ステイゴールド産駒
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
9- 4- 6- 81/100 9.0% 13.0% 19.0% 58 48
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
近2走の勝ちっぷりがすごい。
どちらも阪神1800mだったが、もっとも評価できるのはかなり速くなっているラスト2ハロン目で馬なりのまま差を詰めたり、前を交わして先頭に立っているところ。
それまでのレースぶりからは別馬のような強さだし、斤量52kgも良かったのだろうが、ステイゴールド産駒は充実していることが何よりなので、素直に今は強さを評価した方が良さそう。
母父がボールドルーラー系なのでスピードはあるが、追ってからもう一伸びしたリ踏ん張ったりということは、たぶんできないタイプ。
それでも今は気力も充実しているので、気持ちで脚を持続できている。
中京での上がって行き方から、機動力も問題ない。


7枠15番
カイザーバル
エンパイアメーカー産駒
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
0- 2- 0- 11/ 13 0.0% 15.4% 15.4% 0 29
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:↓
パワーとスタミナがあるので、パワーを活かすことが出来る阪神は得意。
そのため、パワーを活かしにくい京都に替わるのはマイナスか。
先行力はあるのだが、溜めが利かない面もあり、そういう時はあっさり負けてしまう。
ただ、ローズSで上位に来たということだけでも、注意は必要。


8枠16番
ダイワドレッサー
ネオユニヴァース産駒
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
4- 8- 5- 49/ 66 6.1% 18.2% 25.8% 19 63
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
前走のラジオNIKKEI賞では先行して2着。
もともとしぶとい脚を使える馬だが、これまでは位置取りが後ろすぎたり、前が詰まったりして結果に結びつかないことが多かった。
先行策も悪くはないが、どちらかと言えばスタミナタイプだし、しっかり伸びることも出来る馬なので、先行策で結果が出たからといってそれにこだわらずに、ペースに合わせた競馬が出来ればここでも好走できそう。
ステップレースを使わなかったことは不安。


8枠17番
ネオヴェルザンディ
Temple City産駒
能力:C
適性:C
適性前走比:↓
前走の中山では前半スローで逃げていたが、後ろから動いた馬がいたので、ラスト4ハロン目にいきなり11.2と速くなり、そのあとは11.4-11.7-12.0という減速していく流れで押し切った感じ。
ペースを乱されたことはきつかったかもしれないが、キレのあるタイプではないので、後ろの馬たちに脚を使わせたという意味では、この流れになったことは悪くなかった。
ロベルト系の一発という怖さはあるが、今のところそこまでの底力は感じないし、単純に中山→京都もマイナスか。


8枠18番
キンショーユキヒメ
メイショウサムソン産駒
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
4- 1- 2- 32/ 39 10.3% 12.8% 17.9% 56 42
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
持続力はある。
ただ、スタミナ的な持続力の方で、スピードは血統的にもそこまでレベルは高くないはず。
秋華賞は持続力が要求され、それがスタミナ寄りの流れになることが多いが、それでも好走しているタイプはスピードに不安のない馬が大半なので、スタミナだけで好走するのは難しいかも。



◎はディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)のビッシュ。
ディープインパクト産駒は秋華賞でも3勝2着2回と活躍。
この5頭は前走で連対しており、好調なタイプを狙いたい。
本命馬の前走は、持続力の要求された流れをまくって圧勝。
これまでも位置取りが後ろすぎたレース以外はしっかり走っていますし、オークスで好走したことからもこの世代上位の能力を持っていることがわかります。
ディープインパクト産駒なのでスピード面の不安はないですから、秋華賞向きの持続力を示しているというのは心強いですね。

○ヴィブロス。
こちらもディープインパクト産駒で、全姉は秋華賞2着のヴィルシーナ。
春はまだ馬の完成度が低かった印象ですが、だいぶしっかりしてきたようで、前走の紫苑Sでは大きな不利を受けながらも2着まで追い上げてきました。
それだけ気持ちも充実しているのでしょうし、体もそれについてくるようになったのでしょう。

▲ミエノサクシード。
連勝中のステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)
楽に前を捕らえているのが素晴らしいですね。
他の馬も伸びているのに、馬なりのまま追いついて交わすというのは能力はもちろん、走る気持ちがあるということでしょう。
ステイゴールド産駒は気持ちが一番大事ですから、そこがしっかりしている今なら格上の馬たち相手でも通用するかもしれません。

△パールコード。
ヴィクトワールピサ産駒(サンデーサイレンス系)
前走の紫苑Sは後手に回ってしまい、この馬の良さである持続力を活かせず。
スムーズに持続力を発揮できれば、能力的には足りるはず。

△ジュエラー
桜花賞馬。
こちらもヴィクトワールピサ産駒
実力は上位ですし、長く良い脚を使うタイプだとは思うのですが、ペースが流れた時に位置を取りにいって脚が残るかは微妙。
前走のローズSも怪我明け、最後は無理をしなかったとは言え、いつもより前に行って脚が残っていなかったのは事実。
前半じわっと入ることが出来れば。

△パーシーズベスト。
内枠のディープインパクト産駒
スピードと機動力はあるので、上手くいけば馬券圏内なら。

【予想印】
◎10.ビッシュ
○7.ヴィブロス
▲14.ミエノサクシード
△3.パールコード
△2.ジュエラー
△4.パーシーズベスト


買い目
◎の単勝
◎から馬単マルチ
○から馬連
◎から3連単マルチ
○から3連複



※レース番号、馬名、枠、馬番については万全を期していますが、
主催者発表のものと照らし合わせてご確認ください。

買い目に入っている馬が、出走取り消しや競走除外になった場合は
その馬を除いた買い目となります。

馬券の購入は自己責任でお願いいたします。


コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。

血統フェスティバル

Powered By レジまぐ
ページの先頭へ