血統フェスティバルGOLDplus【重賞レース+勝負レース】

こちらの血統フェスティバルGOLDplusでは、各馬の能力・適性・解説を追加した濃い内容の「重賞予想記事」に加えて、ここでしか読めない「勝負レース」の予想を毎週6レース以上配信しています。

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
¥0 初月無料

初月無料について

・初月無料は2ヶ月以上の継続講読の場合に適用されます。


・初月の途中で講読解除を行った場合は、1ヶ月分の購読料をお支払いいただきます。


・ポイントでお支払いする場合は、1ヶ月分のポイントを所持している必要があります。


このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
スンイチロー
スンイチロー
10年以上続く人気ブログ
【血統フェスティバル】競馬予想ブログ
を運営しています。

その中で培った予想技術を
レジまぐで発揮したいと思います。
RSS
RSSフィード RSS
函館2歳Sの予想
2016/07/23 19:00:00
テーマ: JRA重賞予想
★【函館2歳S】過去5年の傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i

ノーザンテーストストームバード系ヴァイスリージェント系といったパワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)の血統を持つ馬が活躍しています。
☆昨年はノーザンテーストの血統を持つ馬が1~3着を独占しました。
☆その昨年は父サンデーサイレンス系が1~3着でしたが、それまでは父ノーザンダンサー系(大系統)ミスプロ系が中心で、父サンデーサイレンス系はそれほど活躍していませんでした。
☆前走4コーナー3番手以内かつ上がり最速、という馬が中心です。



★函館芝1200mの傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i

ストームバード系ヴァイスリージェント系といった、パワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)が活躍しています。


  • 07/24(日)
    函館11R
    函館2歳ステークス
    レース結果・払戻金を表示
    複勝 馬連
    的中
  • 単勝 複勝 3連複 馬連
    レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 6 12 レヴァンテライオン レコード
    2 3 6 モンドキャンノ 1/2
    3 3 5 タイムトリップ 1 1/4
    払戻金
    単勝 12 720円 2番人気
    複勝 12
    6
    5
    190円
    110円
    1,040円
    2番人気
    1番人気
    13番人気
    枠連 3-6 620円 2番人気
    馬単 12-6 1,670円 4番人気
    馬連 6-12 660円 1番人気
    ワイド 6-12
    5-12
    5-6
    340円
    7,720円
    2,090円
    2番人気
    64番人気
    18番人気
    WIN5 3,070,100円 2番人気
    3連複 5-6-12 13,330円 44番人気
    3連単 12-6-5 64,380円 193番人気
単勝 複勝 3連複 馬連
種牡馬別コース成績は2013年~先週までのものです。(種牡馬表記のないものは期間中の該当データがないということです。)
能力:A(1着になれる能力あり)、B(馬券圏内に入れる能力あり)、C(他の面で恵まれる必要あり)、D(厳しい)
適性:A(ピッタリ。能力を最大限発揮できるはず)、B(適性内で、力は発揮できる)、C(適性からは少しずれている)、D(適性外)
適性前走比:↑(前走と比べて適性面での上積みが期待できる)、→(適性面では前走と同じくらい)、↓(前走よりは向かない条件になる)



1枠1番
ネコワールド
ノボジャック産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:↓
スタートの速さは魅力も、レース自体はそれほど速いペースでもなく、ダートとはいえ最後のラップの落ち方からここで押し切れるほどのスピードはなさそう。


1枠2番
フクノクオリア
キンシャサノキセキ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
3- 3- 2- 18/ 26 11.5% 23.1% 30.8% 25 47
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
スタートはいまいち。
新馬戦ではモンドキャンノ・ドゥモワゼルの3着。
少し反応が悪い面もあった。
2戦目はハイペースを差し切り。
ただ、それほどインパクトは感じなかったし、4コーナー6番手で上がり2位はデータ的には不合格。


2枠3番
ザベストエバー
キンシャサノキセキ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
3- 3- 2- 18/ 26 11.5% 23.1% 30.8% 25 47
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:B
適性前走比:→
新馬戦は逃げて上がりは6位。
2着につけた着差0.2は、データ的には物足りない。
まだ余裕はありそうだが、データ的には厳しいという難しい馬。


2枠4番
メローブリーズ
スクリーンヒーロー産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0% 39 45
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:B
適性前走比:→
スタートはいまいち。
重馬場とはいえ、前半3ハロン35.9はスロー。
楽に追いつき、外を回して楽勝。
4コーナー2番手、上がり最速、2着馬につけた差0.4、すべて合格。
ただ、そこまでの迫力は感じなかった。
スクリーンヒーロー×エルコンドルパサーという本格的な血統で、間違いなく短距離をスピードで押し切るようなタイプではないし、新馬戦の内容からも長く良い脚を使えそうな印象だったので、ハイペースで差す競馬になった方が良いかも。
だからこそ、展開に左右されそうでもある。


3枠5番
タイムトリップ
ロードアルティマ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0% 0 36
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:A
適性前走比:→
福島でハイペースを逃げて勝利。
ただ、上がりは5位と物足りない。


3枠6番
モンドキャンノ
キンシャサノキセキ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
3- 3- 2- 18/ 26 11.5% 23.1% 30.8% 25 47
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:A
適性前走比:→
母父サクラバクシンオー(プリンスリーギフト系)は良い。
スタートはそれほど速くなさそうだが、道中の行きっぷりは良く、もっとペースが速くなった方がレースはしやすそうな印象。
追ってからの反応も良かったが、本質は溜めてグイグイ伸びるタイプではなく、そういう点からもペースは速くなってくれた方が良いはず。
2着馬につけた差が0.2というのは一見物足りないが、2着馬は次走で0.7差の圧勝。
これは昨年の勝ち馬ブランボヌールが新馬戦はタイム差なしで勝利、そこで2着だったメジェルダが次走0.5差圧勝で勝ち上がったのと似ており、この新馬戦はレベルが高かったと考えてよさそうだし、函館2歳Sのデータ的にも問題ない。


4枠7番
ラッシュアウト
ケイムホーム産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
1- 1- 0- 13/ 15 6.7% 13.3% 13.3% 12 21
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
先行力があり、踏ん張りも利くが、能力的には勝ち負けには少し足りない感じか。
そのため、雨など何か他の馬にとってマイナスになる要素が欲しい。


4枠8番
バリンジャー
ステイゴールド産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
5- 2- 3- 33/ 43 11.6% 16.3% 23.3% 66 74
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
母父ストームバード系、狭いところを割ってきた根性と機動力は魅力。
2着馬との差0.4というのも良い。
ただ、上がり順位は2位、4コーナーでの位置取りもちょっとだけ後ろ、そして追ってからの実際の伸びは少し物足りない。


5枠9番
バンドオンザラン
スズカコーズウェイ産駒
能力:C
適性:C
適性前走比:↓
父ストームバード系は良い。
完成度は高いかもしれないが、そこまでの高い能力は感じない。
スッと動けるタイプでもなさそうだし、初芝も不安。


5枠10番
ロイヤルメジャー
ダイワメジャー産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
10- 8- 16- 77/111 9.0% 16.2% 30.6% 108 80
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
ヤヤ重の馬場で前半34.0を楽に逃げることが出来るスピードはなかなかのもの。
一応、少しの反応も見せていたので悪くはないが、上がり目や奥の深さはあまり感じなかった。


6枠11番
ピンクドッグウッド
サウスヴィグラス産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
0- 0- 0- 15/ 15 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:↓
血統的にもスピードで押し切るダート短距離馬。
芝の重賞でやるには少し単調。


6枠12番
レヴァンテライオン
Pioneerof the Nile産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 240 120
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
新馬戦は上がり5位、クビ差の勝利。
このだけなら物足りなく見えるが、実際は直線入り口で進路がなく、外に持ち出した時には抜け出した馬との差は絶望的、そこから素晴らしい脚を使っての差し切り。
母父がヴァイスリージェント系というのも良いし、侮れない存在。


7枠13番
ポッドジーニー
ストリートセンス産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 115 55
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
前半3ハロン36.1という超スローペースを逃げて楽勝。
上がりは2位だがまったく追っていなかったので、まだまだ余裕は感じた。
ただ、この手のタイプは追っていなくてもすでに全力で走っていて、いざ追ってもあまり変わらないということも多い。


7枠14番
ドゥモワゼル
ショウナンカンプ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
2- 5- 2- 12/ 21 9.5% 33.3% 42.9% 15 145
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:A
適性前走比:→
新馬戦はスローを逃げて2着。
2戦目は平均ペースを楽に差し切り勝ち。
スローと平均ペースの経験があるのは良いし、能力は間違いなく高いが、データ的には4コーナーで3番手以内から上がり最速というのが望ましく、この馬は前走4コーナー5番手で少し後ろすぎる。
それもスタートの遅さが原因としてあるので、そこは不安点。


8枠15番
ガーシュウィン
アドマイヤマックス産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
1- 1- 2- 12/ 16 6.3% 12.5% 25.0% 18 100
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:B
適性前走比:→
新馬戦は逃げて上がり最速圧勝と、ローテとしては最高のパターン。
母父サクラバクシンオーは2年連続で好走している。
粗削りで窮屈な面もあり、それが1000m→1200mのたった200mでも影響が出る可能性はある。
ただ、まだ全力は出していないので、さらに良いパフォーマンスが出来る可能性も。


8枠16番
ラーナアズーラ
パイロ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
1- 1- 0- 5/ 7 14.3% 28.6% 28.6% 62 87
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:B
適性前走比:→
新馬戦は内で窮屈な競馬。
そこから直線外に持ち出して、加速ラップのレースを差し切ったことは評価できる。
スタートはあまり速くないので、また同じように窮屈な競馬を強いられる可能性もある。




◎は昨年の勝ち馬と同じく、父サンデーサイレンス系×母父サクラバクシンオー(プリンスリーギフト系)という配合のモンドキャンノ。
函館スプリントSも父サンデーサイレンス系が1・2着だったように、1200mでもサンデーサイレンス系が中心になってきています。
短距離タイプの種牡馬が増えたことも大きな理由の1つだと思いますが、本命馬の父もその代表格のキンシャサノキセキ(サンデーサイレンス系)
新馬戦は4コーナー3番手から上がり最速の脚を使い、2着馬に0.2差をつけての勝利。
道中は抑えているくらいで、もっとペースが速くなった方が競馬はしやすそうでしたし、2着馬が次走で楽勝したことも良いですね。


○ガーシュウィン。
この馬も父サンデーサイレンス系×母父サクラバクシンオーという配合。
粗削りで窮屈な面があるのも気にはなりますが、逃げて上がり最速0.7差圧勝というのは100点満点。


▲ドゥモワゼル。
こちらは父サクラバクシンオー系×母父サンデーサイレンス系
デビュー戦は本命馬が一枚上手でしたが、2戦目では差す競馬で突き抜けました。
スローペースと平均ペース2つのペースを経験できたのは良いですね。
ただ、スタートがいまいちなのは不安点。


△レヴァンテライオン。
母父ヴァイスリージェント系
新馬戦では4コーナー~直線で進路を無くしている間に外から抜け出され万事休すも、外に持ち出されると一気に伸びて驚きの差し切り勝ち。
負かした相手も次走で勝ち上がっており、その価値はますます上がった感じ。


△ラーナアズーラ。
4コーナー3番手から上がり最速で勝利。
窮屈な競馬だったにもかかわらず、加速ラップを楽に差し切ったというのは凄かったですね。


×ザベストエバー。
まだ余裕は感じましたが、上がり順位6位というのは物足りない。


×ロイヤルメジャー。
ヤヤ重で前半3ハロン34.0というペースを楽に逃げ切ったスピードは魅力。
上がり順位は物足りない。


×メローブリーズ。
位置取り・上がり順位とも文句なしも、スタートはいまいちだったし、血統的にもまだ先の馬かも。



【予想印】
◎6.モンドキャンノ
○15.ガーシュウィン
▲14.ドゥモワゼル
△12.レヴァンテライオン
△16.ラーナアズーラ
×3.ザベストエバー
×10.ロイヤルメジャー
×4.メローブリーズ


買い目
◎の単勝(1点)
◎の複勝(1点)
馬連◎-○▲△△(4点)
3連複◎-○▲△△-▲△△×××(18点)



※レース番号、馬名、枠、馬番については万全を期していますが、
主催者発表のものと照らし合わせてご確認ください。

買い目に入っている馬が、出走取り消しや競走除外になった場合は
その馬を除いた買い目となります。

馬券の購入は自己責任でお願いいたします。


コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。

血統フェスティバル

Powered By レジまぐ
ページの先頭へ