血統フェスティバルGOLDplus【重賞レース+勝負レース】

こちらの血統フェスティバルGOLDplusでは、各馬の能力・適性・解説を追加した濃い内容の「重賞予想記事」に加えて、ここでしか読めない「勝負レース」の予想を毎週6レース以上配信しています。

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
¥0 初月無料

初月無料について

・初月無料は2ヶ月以上の継続講読の場合に適用されます。


・初月の途中で講読解除を行った場合は、1ヶ月分の購読料をお支払いいただきます。


・ポイントでお支払いする場合は、1ヶ月分のポイントを所持している必要があります。


このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
スンイチロー
スンイチロー
10年以上続く人気ブログ
【血統フェスティバル】競馬予想ブログ
を運営しています。

その中で培った予想技術を
レジまぐで発揮したいと思います。
RSS
RSSフィード RSS
NHKマイルC予想
2016/05/07 20:00:00
テーマ: JRA重賞予想
★NHKマイルCの傾向

?content_type=blog&content_id=624&type=i




ヴァイスリージェント系が大活躍。
ストームバード系も良い。
サンデーサイレンス系とパワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)をあわせ持つ馬が良い。
直線の長い東京なので溜めが利きつつ、1600mに対応できるパワーとスピードをあわせ持っているということが良いのかも。
ボールドルーラーなどにも注意したい。
☆朝日杯FSや皐月賞、そのトライアルレースなどの王道路線で好走したことのある馬は軽視しない方が良い。



★東京芝1600mの傾向
?content_type=blog&content_id=624&type=i

☆土曜日は母父オペラハウス(サドラーズウェルズ系)という馬が勝った。
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)は2勝と悪くないが、ロベルト系が活躍しているように、パワー寄りの印象。



  • 05/08(日)
    東京11R
    第21回 NHKマイルカップ(GI)
    予想内容を表示
    単勝 馬単 3連単
    的中
  • 単勝 馬単 3連複 3連単 馬連
単勝 馬単 3連複 3連単 馬連
種牡馬別コース成績は2013年~先週までのものです。(種牡馬表記のないものは期間中の該当データがないということです。)
能力:A(1着になれる能力あり)、B(馬券圏内に入れる能力あり)、C(他の面で恵まれる必要あり)、D(厳しい)
適性:A(ピッタリ。能力を最大限発揮できるはず)、B(適性内で、力は発揮できる)、C(適性からは少しずれている)、D(適性外)
適性前走比:↑(前走と比べて適性面での上積みが期待できる)、→(適性面では前走と同じくらい)、↓(前走よりは向かない条件になる)


1枠1番
シュウジ
<span style="color:White"><span style="background-color:#0080FF">キンシャサノキセキ産駒</span></span>のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
 着別度数             勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
  1-  2-  1- 17/ 21    4.8%  14.3%  19.0%     86     63
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:C
適性前走比:→
スローで抑えて、超ハイペースで馬任せで前に行くという、ペースに対してチグハグな競馬が続いている。
1600mで抑えても良さは出ないタイプだし、先行出来たとしてもスローになってしまってはキレ負けするので、ある程度のペースで流れてくれてそれを2番手辺りで進めるのが理想か。
今回はメジャーエンブレムが引っ張ってくれて理想通りになる可能性もあるが、スプリンターとしての個性が出始めている雰囲気もあり、それでも我慢がきかないということも考えられる。


1枠2番
エクラミレネール
<span style="color:White"><span style="background-color:#0080FF">マツリダゴッホ産駒</span></span>のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
 着別度数             勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
  3-  4-  4- 33/ 44    6.8%  15.9%  25.0%     92    106
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:↓
前走中山のニュージーランドトロフィーは内から上手く立ち回って好走。
東京の1600mはスピードレースになったクイーンCで良いところが出せなかったことからも、中山→東京替わりはマイナス。


2枠3番
アーバンキッド
<span style="color:White"><span style="background-color:#0080FF">ハーツクライ産駒</span></span>のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
 着別度数             勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
 19- 11-  6-111/147   12.9%  20.4%  24.5%     94     72
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:C
適性前走比:↓
スピード型血統は母母父にヌレイエフがあるが、少し物足りない。
力はつけてきているし、ハーツクライ産駒ということで大舞台での一発に警戒は必要だが、これまでのような前目からの優等生的なレースでは一押し足りないし、怖さも半減。


2枠4番
メジャーエンブレム
<span style="color:White"><span style="background-color:#0080FF">ダイワメジャー産駒</span></span>のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
 着別度数             勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
 23- 14- 19-123/179   12.8%  20.7%  31.3%     76     91
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:A
適性前走比:→
前走は内枠からの消極策になってしまったことが敗因。
ダイワメジャー産駒なのでどうしてもキレ味勝負になると脆い。
ただ、それでも狭いところを割って来るだけの脚があるのがこの馬の強さ。
東京ではクイーンCをハイペースで逃げて圧勝。
シュウジ辺りの気性的に抑えの利かない馬に絡まれる心配もあるが、上手くやり過ごしてそれを見ながらの2番手から運べれば。


3枠5番
ロードクエスト
<span style="color:White"><span style="background-color:#0080FF">マツリダゴッホ産駒</span></span>のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
 着別度数             勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
  3-  4-  4- 33/ 44    6.8%  15.9%  25.0%     92    106
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:B
適性前走比:↑
クラシック路線からの参戦馬は単純に力上位ということがあり、侮れない。
デビューから2戦は東京、新潟外回りという広いコースで連勝。
ゆったりペースの方が良いだろうが、新潟2歳Sは馬場も考えればそれなりのペースだったので、広いコースであればある程度のペースにも対応可能か。
ただ、その新潟2歳Sは道悪でタフな馬場、さらに各馬が外を回したことで内からショートカットできたことも良かったが、東京では摩擦の少ない高速馬場という可能性の方が高いし、ショートカットもなかなか望めない。
道悪になれば突き抜ける可能性もあるが、良馬場だと外から追い込んでも馬券圏内が精一杯かも。


3枠6番
ティソーナ
<span style="color:White"><span style="background-color:#0080FF">ダイワメジャー産駒</span></span>のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
 着別度数             勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
 23- 14- 19-123/179   12.8%  20.7%  31.3%     76     91
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
道中のスピードもあるし、追っての反応もある。
ここもしっかりまとめてきそうだが、勝つまでとなるともうひとつ武器が足りないという印象もある。


4枠7番
トウショウドラフタ
<span style="color:White"><span style="background-color:#0080FF">アンライバルド産駒</span></span>のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
 着別度数             勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
  0-  0-  0-  6/  6    0.0%   0.0%   0.0%      0      0
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:C
適性前走比:↓
前走のファルコンSは展開も向いたが、外から突き抜ける強い勝ち方。
1400mでは瞬間的な脚も使えるし、長く良い脚も使える。
ただ、窮屈なところがあるので1600mになると最後までもたない印象。
1600mだと馬なりで上がって行くことは出来ても、そこからの追っての反応はあまりない、ということも考えられる。
クロッカスSのように馬なりのまま前を交わすだけという展開にしたいので、前に壁を作って競馬をしたい。


4枠8番
イモータル
<span style="color:White"><span style="background-color:#0080FF">マンハッタンカフェ産駒</span></span>のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
 着別度数             勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
  1-  7- 11- 59/ 78    1.3%  10.3%  24.4%     12     67
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:C
適性前走比:↓
能力は高いが、スピード面での裏付けはない。
1600mのしっかりしたペースになった時に対応できるは未知数だし、前走のように位置を取りにいった場合はバタバタになる可能性もある。
ゆったり脚を溜めながらレース出来るかがポイントになりそう。


5枠9番
シャドウアプローチ
<span style="color:White"><span style="background-color:#800040">ジャングルポケット産駒</span></span>のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
 着別度数             勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
  5-  3-  8- 71/ 87    5.7%   9.2%  18.4%     54     78
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:C
適性前走比:↓
母父のフレンチデピュティは良い。
ただ、パワーを活かる阪神から東京替わりはマイナスか。
朝日杯以来のぶっつけは大きな不安点。


5枠10番
ダンツプリウス
<span style="color:White"><span style="background-color:#0080FF">ブライアンズタイム産駒</span></span>のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
 着別度数             勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
  1-  0-  0- 14/ 15    6.7%   6.7%   6.7%    100     18
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:C
適性前走比:↓
好調期の<span style="color:White"><span style="background-color:#0080FF">ロベルト系</span></span>なので軽視は禁物かもしれないが、タフな部類に入る阪神と中山で好走しての東京替わりは気になる。
まだ完全に高速化はしていない東京だが、阪神や中山よりはスピードレースになる可能性は高いし、昨年のヴィクトリアマイルで同じ<span style="color:White"><span style="background-color:#0080FF">ブライアンズタイム産駒</span></span>のカフェブリリアントがスピードレースにいまいち対応できなかったことも思い出される。


6枠11番
ペルソナリテ
<span style="color:White"><span style="background-color:#0080FF">ステイゴールド産駒</span></span>のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
 着別度数             勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
  9-  6- 14- 85/114    7.9%  13.2%  25.4%     83     84
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:→
2歳時はなかなかの走りを見せていたが、今年の2戦は良いところがない。
ステイゴールド牝馬の不調期に入ってしまったかも。
クイーンCではメジャーエンブレムのペースについていって伸びなかったし、今回パフォーマンスを上げてくる可能性は少ない。
母父のアドマイヤコジーンは気になるが。


6枠12番
ハクサンルドルフ
<span style="color:White"><span style="background-color:#a3be50">アドマイヤムーン産駒</span></span>のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
 着別度数             勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
  2-  7-  5- 58/ 72    2.8%  12.5%  19.4%     21     63
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:C
適性前走比:↓
阪神1600mでみせている末脚は強烈。
持っている能力は高そうだが、まずスタートが下手なことはマイナス。
アドマイヤムーン産駒のコース成績も阪神芝1600mが勝率10%近くあるのに対して、東京は上記の通りかなり低いものになっている。


7枠13番
シゲルノコギリザメ
<span style="color:White"><span style="background-color:#ff8000">スーパーホーネット産駒</span></span>のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
 着別度数             勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
  0-  0-  0-  1/  1    0.0%   0.0%   0.0%      0      0
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:→
この馬の良さは先行力と、最後の踏ん張り。
重賞ではシンザン記念とファルコンSで3着に好走したことがあるが、これらのレースの上がり3ハロンはシンザン記念が36.0、ファルコンSが39.7とかなりかかっていた。
NHKマイルCは例年35.0を切ってくるので、この馬がこれまで好走してきたレースとは違うか。


7枠14番
ブレイブスマッシュ
<span style="color:White"><span style="background-color:#0080FF">トーセンファントム産駒</span></span>のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
 着別度数             勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
  3-  1-  0-  8/ 12   25.0%  33.3%  33.3%    205     85
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
総合力が高く、操縦性も高い馬。
瞬発力レースより、しっかり流れて持続力が要求される流れになれば。
ただ、もうひと伸び足りないところはあるので、ハマっても突き抜けるまでは?


7枠15番
ストーミーシー
<span style="color:White"><span style="background-color:#a3be50">アドマイヤムーン産駒</span></span>のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
 着別度数             勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
  2-  7-  5- 58/ 72    2.8%  12.5%  19.4%     21     63
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:C
適性前走比:↓
血統的にスピード面での不安はないし、母系はスタミナもある。
追ってしっかりした末脚がなかなか強烈。
ただ、タイプとしては中山向きという印象。
それでもしっかりしたペースになれば、東京でも伸びて来れるはず。


8枠16番
カネノイロ
<span style="color:White"><span style="background-color:#800040">パイロ産駒</span></span>のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
 着別度数             勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
  0-  1-  1- 12/ 14    0.0%   7.1%  14.3%      0     70
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:D
適性前走比:↓
芝では道中のスピード、追ってからの脚ともに特筆するものはなく、このレベルに入ると厳しい。


8枠17番
ブランボヌール
<span style="color:White"><span style="background-color:#0080FF">ディープインパクト産駒</span></span>のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
 着別度数             勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
 39- 36- 20-194/289   13.5%  26.0%  32.9%     55     79
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:↑
母系の影響もあって、1600mに入ると追っての反応はあまりない。
ただ、スピードの持続力はあるので、スピードの持続力を活かせる流れになる可能性もある東京替わりは良い。
メジャーエンブレムが引っ張ってくれて、スムーズに流れに乗ることが出来れば面白い。


8枠18番
レインボーライン
<span style="color:White"><span style="background-color:#0080FF">ステイゴールド産駒</span></span>のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
 着別度数             勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
  9-  6- 14- 85/114    7.9%  13.2%  25.4%     83     84
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:C
適性前走比:↓
前走のNZTは位置を下げ、内を回ったが脚を余す形。
ステイゴールド産駒、母父フレンチデピュティでパワーがありピッチ走法なので東京替わりはマイナスか。
ただ、スピード負けはしないし、充実しているので、ペースがしっかり流れた中でロスなく追走できれば可能性はある。




◎はサンデーサイレンスとスピードのあるノーザンダンサー系(大系統)をあわせ持つ馬の中からメジャーエンブレム
前走は位置取りと、仕掛けが遅れてしまったことが敗因。
ローテーションもクラシックを勝つには適したものではなかったかも。
スピードを活かす競馬が出来ればこの世代ナンバーワンマイラーといっても過言ではないし、敗れた前走にしても狭いところを割ってきたように瞬発力にもある程度のものはある。
ダイワメジャー産駒(サンデーサイレンス系)は2012年カレンブラックヒル1着、2013年フラムドグロワール3着がある。
ダイワメジャー産駒の牝馬の芝1600m競馬場別の成績(2013年~先週まで)は以下の通りで、前走阪神から今回東京に替わることはこの数字からもプラスになると考えられる。
-----------------------------------------------------------------
場所 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-----------------------------------------------------------------
新潟 1- 0- 2- 27/ 30 3.3% 3.3% 10.0% 5 15
東京 11- 8- 9- 52/ 80 13.8% 23.8% 35.0% 78 80
中山 7- 8- 8- 43/ 66 10.6% 22.7% 34.8% 177 145
中京 1- 5- 4- 14/ 24 4.2% 25.0% 41.7% 15 103
京都 5- 6- 10- 61/ 82 6.1% 13.4% 25.6% 34 90
阪神 2- 4- 6- 39/ 51 3.9% 11.8% 23.5% 60 140
-----------------------------------------------------------------
逃げ切り勝ちもあるレースなので逃げても良いが、絡まれるくらいなら道中は2.3番手からの方が良いかも。
ただし、直線入り口では先頭に並ぶか交わすくらい、中盤~後半にかけての積極性は欲しい。

○エクラミレネール。
土曜日の東京芝コースではサンデーサイレンスボールドルーラーの血統をあわせ持つ馬が活躍。
父のマツリダゴッホ父サンデーサイレンス×母父ボールドルーラー系という血統。

▲アーバンキッド。
一発が狙えるハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)
ただ、それにしてはまとまってしまっているというか、もうひと伸びが足りない印象。
流れ次第で先行することも出来るタイプで、その点が悪いとは言えないが、その分だけ溜めが利かず爆発力につながっていないのかという雰囲気もあるので、ハイペースになって自然に差す競馬になることで覚醒する可能性はある。
母母父にヌレイエフ

△ロードクエスト。
クラシック路線から参戦してきた馬はやはり侮れない。
マツリダゴッホ産駒

△ティソーナ。
こちらもダイワメジャー産駒
母父がロベルト系なのは、2013年3着だったフラムドグロワールといっしょ。
ディープインパクトと同じ牝系で格負けはしない。

△トウショウドラフタ。
末脚は強烈だが、ベストはやはり1400m。
前に壁を作れば馬なりのままついてくることが出来るので、ギリギリまで我慢できれば抜けてこれるかも。

△ダンツプリウス。
連勝中のブライアンズタイム産駒(ロベルト系)で、勢いに乗っている時のこの系統は驚異。
ただ、スピード面での不安はある。母母父のStorm Cat(ストームバード系)が救いか。

△レインボーライン。
阪神・中山から東京替わりはマイナスの印象。
それでも内枠ならチャンスはあるかと思っていたら、大外・・・。
でもやっぱりNHKマイルC最大の好走血統ヴァイスリージェント系は無視できませんでした。

【予想印】
◎4.メジャーエンブレム
○2.エクラミレネール
▲3.アーバンキッド
△6.ティソーナ
△7.トウショウドラフタ
△5.ロードクエスト
△10.ダンツプリウス
△18.レインボーライン


4.メジャーエンブレムから印を打っている馬たちへ馬単・3連単マルチ
2.エクラミレネールから印を打っている馬たちへ馬連・3連複
3.アーバンキッドから印を打っている馬たちへ馬連・3連複


※私はほとんどの重賞レースで、あえて同じ買い方をしていますが、
まったく同じ買い目にする必要はございませんので、
ご自身の判断で買っていただければ幸いです。

便宜上、◎○▲と印を分けていますが、
均等買いをした方が成績は安定すると思います。

レース番号、馬名、枠、馬番については万全を期していますが、
主催者発表のものと照らし合わせてご確認ください。

買い目に入っている馬が、出走取り消しや競走除外になった場合は
その馬を除いた買い目となります。

馬券の購入は自己責任でお願いいたします。


コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。

血統フェスティバル

Powered By レジまぐ
ページの先頭へ