血統フェスティバルGOLDplus【重賞レース+勝負レース】

こちらの血統フェスティバルGOLDplusでは、各馬の能力・適性・解説を追加した濃い内容の「重賞予想記事」に加えて、ここでしか読めない「勝負レース」の予想を毎週6レース以上配信しています。

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
¥0 初月無料

初月無料について

・初月無料は2ヶ月以上の継続講読の場合に適用されます。


・初月の途中で講読解除を行った場合は、1ヶ月分の購読料をお支払いいただきます。


・ポイントでお支払いする場合は、1ヶ月分のポイントを所持している必要があります。


このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
スンイチロー
スンイチロー
10年以上続く人気ブログ
【血統フェスティバル】競馬予想ブログ
を運営しています。

その中で培った予想技術を
レジまぐで発揮したいと思います。
RSS
RSSフィード RSS
「アンタレスS2016予想」血統フェスティバルGOLDplus
2016/04/15 20:00:00
テーマ: JRA重賞予想
?content_type=blog&content_id=624&type=i



★アンタレスSの傾向
キングマンボ系(ミスプロ系)が活躍。昨年も馬券圏内には入れなかったが、9番人気4着と健闘していた。
☆阪神コースで行われるようになってからも、父か母父がミスプロ系という馬の連勝が続いている。
ゼンノロブロイ産駒(サンデーサイレンス系)が3年連続で好走中。
☆スタミナ型のサンデーサイレンス系ノーザンダンサー系(大系統)ナスルーラ系(大系統)を持つ馬もよく走っている。




?content_type=blog&content_id=624&type=i



★阪神D1800mの傾向
☆先週はエンパイアメーカー産駒(ミスプロ系)が2勝。
ボールドルーラー系系も好調だった。
☆2回開催になってゼンノロブロイ産駒(サンデーサイレンス系)は4勝をあげる活躍。ゴールドアリュール産駒(サンデーサイレンス系)も良い。
ヴァイスリージェント系などのパワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)は安定して走っている。



  • 04/16(土)
    阪神11R
    第21回 アンタレスステークス(GIII)
    予想内容を表示
    単勝 馬連
    的中
  • 単勝 馬単 3連複 3連単 馬連
単勝 馬単 3連複 3連単 馬連
種牡馬別コース成績は2013年~先週までのものです。(種牡馬表記のないものは期間中の該当データがないということです。)
能力:A(1着になれる能力あり)、B(馬券圏内に入れる能力あり)、C(他の面で恵まれる必要あり)、D(厳しい)
適性:A(ピッタリ。能力を最大限発揮できるはず)、B(適性内で、力は発揮できる)、C(適性からは少しずれている)、D(適性外)
適性前走比:↑(前走と比べて適性面での上積みが期待できる)、→(適性面では前走と同じくらい)、↓(前走よりは向かない条件になる)



1枠1番
クリソライト
ゴールドアリュール産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
25- 14- 19-138/196 12.8% 19.9% 29.6% 146 75
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:↓
前向きなタイプで、血統的にはスタミナはある。
長距離でその前向きさを活かした時に好走しているので、中央の中距離ではスピード不足の不安は出てくる。


1枠2番
サージェントバッジ
ステイゴールド産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
4- 2- 7- 56/ 69 5.8% 8.7% 18.8% 73 78
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:→
京都に実績があり、阪神と中山ではいまいちということからも、平坦でキレを活かすタイプか。
スタートも上手ではなく、位置取りが悪くなってしまうのもマイナス。


2枠3番
ロワジャルダン
キングカメハメハ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
23- 19- 31-197/270 8.5% 15.6% 27.0% 49 84
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:B
適性前走比:↑
本質は総合力で勝負する中距離馬。
1600mのスピードレースだった前走から、中距離で総合力を活かしやすい条件に替わることはプラス。
2戦続けて先着を許しているアスカノロマンにもスタミナでは勝っているはずで、逆転も可能。


2枠4番
イッシンドウタイ
スズカマンボ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
2- 12- 7- 65/ 86 2.3% 16.3% 24.4% 92 80
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
前走のマーチSは前半スローで後半のスピードが要求されてしまったが、前目の位置取りが出来たので何とかまとめてきた。
基本的にはスタミナで突っ込んで来るタイプなのでここへの適性はあるが、勝ち負けに加わるには一押し足りないか。


3枠5番
サンマルデューク
ロージズインメイ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
3- 7- 3- 59/ 72 4.2% 13.9% 18.1% 103 85
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
スタートが遅く、後方から。
それでも突っ込んで来ていたが、前走のマーチSでは伸びてはいたものの不発。
好走していたレースの上がり3ハロンは38秒台だったのに対して、マーチSは道中スローだったこともあって上がりは速くなり37.3だった。
アンタレスSの上がり3ハロンは過去2年とも37秒台なので、ここも届くまではいかないか。


3枠6番
ヴァンヌーヴォー
Cherokee Run産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 230
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:→
道中の捲りという一発芸があるので怖さはあるのだが、坂のあるコースでは最後まで押し切るのは難しい。


4枠7番
トップディーヴォ
キングカメハメハ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
23- 19- 31-197/270 8.5% 15.6% 27.0% 49 84
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:↑
前走は京都でスピードが要求され、勝ったダブルスターにピッタリの展開にもなってしまい捕らえきれず。
それでも末脚は確実だし、阪神替わりも良い。
さらにこのレースの好走血統キングマンボ系で期待は持てる。


4枠8番
キングヒーロー
ブラックタキシード産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
1- 1- 0- 5/ 7 14.3% 28.6% 28.6% 192 81
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:→
スタミナが問われたシリウスSで4着に好走しているので、方向性としてはズレは少ないと思うが、ローカルが活躍の場所となっていることからも、能力的には厳しい。


5枠9番
アウォーディー
ジャングルポケット産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
5- 2- 8- 53/ 68 7.3% 10.3% 22.1% 35 112
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:A
適性前走比:↓
ダートで3戦3勝。
阪神1800m、阪神2000m、名古屋1900mとスタミナが要求されるレースでのものなので、やはりスタミナが重要になるアンタレスSも有力。
ただ、1800mということでそれなりにスピードも必要。
もちろん不安は少ないが、3勝の中でもっとも着差が少なかったのが1800mだったということは気になる。


5枠10番
マイネルクロップ
クロフネ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
19- 15- 10-147/191 9.9% 17.8% 23.0% 98 62
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:C
適性前走比:→
昨年のマーチSは充実していたことや、レース運びなども上手くいって勝つことが出来たが、スタミナ寄りのカテゴリに入るとパフォーマンスが落ちているし、本質的にはスピードタイプだと思う。
近走の調子も考えると、ここで巻き返してくる可能性は低いか。


6枠11番
ローマンレジェンド
スペシャルウィーク産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
4- 0- 1- 43/ 48 8.3% 8.3% 10.4% 82 28
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:B
適性前走比:↑
昨年のアンタレスSは道中下がってきた馬の影響を大きく受けてしまった。
前走のフェブラリーSはスピードレースになってしまったので、それと比べると適性面では今回の方が良い。
ただ、東海Sなどを見る限り、力はだいぶ落ちている印象。


6枠12番
ソロル
シンボリクリスエス産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
12- 12- 14-171/209 5.7% 11.5% 18.2% 38 67
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:B
適性前走比:→
マーチSなど総合力とスタミナが要求されるレースに実績があるが、近走の内容からも力勝負で重賞を勝ち負けするような雰囲気はなくなっている。


7枠13番
トウショウフリーク
キングカメハメハ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
23- 19- 31-197/270 8.5% 15.6% 27.0% 49 84
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:B
適性前走比:→
2014年の2着馬。
この時はかなり上手に乗ったという印象だが、適性も合っていた。
久々となった前走は前半かなり行きたがっていて、抑えたものの最後は失速。
あてにはできないタイプだが、しっかり走った時は重賞でも通用するので、警戒は必要。


7枠14番
センチュリオン
キングカメハメハ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
23- 19- 31-197/270 8.5% 15.6% 27.0% 49 84
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:B
適性前走比:→
スタミナ的な持続力もあるし、しっかり流れに乗れることも良い。
ただ、勝負所での反応がここに入ると劣るので、そこで遅れをとると厳しい。


8枠15番
ショウナンアポロン
アドマイヤマックス産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
1- 2- 1- 15/ 19 5.3% 15.8% 21.1% 14 106
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:C
適性前走比:↓
前走のマーチSも例年であればスタミナ寄りのレースになりやすいので軽視して失敗。
マーチSは前半が超スローで、中盤から12秒台前半のラップが続くスピードレースになり、この馬向きの流れだった。
レースの上がり自体は今回も同じくらいの37秒台になるだろうが、道中のペースが上がっても同じ脚を使えるかは微妙なところ。


8枠16番
アスカノロマン
アグネスデジタル産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
6- 7- 6- 64/ 83 7.2% 15.7% 22.9% 121 70
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:B
適性前走比:↓
本質的にはスピードタイプ。
そのため、フェブラリーSからアンタレスSでは適性面では落ちる。
それでも1800mなので、そこまでずぶずぶのスタミナレースにはならないし、充実している今なら大きく崩れることはなさそう。



◎はキングカメハメハ産駒(ミスプロ系)のロワジャルダン
キングマンボ系(ミスプロ系)はアンタレスSの好走血統。
アスカノロマンには2戦続けて先着を許しているものの、前走のフェブラリーSは1600mのスピードレース、前々走の東海Sは動けずに仕掛け遅れ。
今回は中距離でややスタミナ寄りのレース。
ロワジャルダンは総合力で勝負するタイプで、この条件なら逆転も可能なはず。

○アウォーディー。
ダートのスタミナ寄りのカテゴリではまだ底を見せていない。
ここもあっさりという可能性はあるが、今回の阪神D1800mは、阪神D2000mのシリウスS、名古屋D1900mの名古屋大賞典ほどはスタミナ色は強 くないし、その阪神D1800mで勝ったオークランドレーシングクラブTの着差が最も少ないという点も気になると言えば気になる。

▲アスカノロマン。
充実。
スピード寄りではあるが、キングマンボ系が活躍していることを、芝も走れるミスプロ系が良いとすれば、アグネスデジタル産駒(ミスプロ系)のこの馬も悪くないはず。

△トップディーヴォ。
キングカメハメハ産駒
末脚は確実だし、スタミナを活かしたいタイプなので京都→阪神替わりも良い。

△クリソライト。
母父がキングマンボ系
血統的にスタミナは十分で、長めの距離でそのスタミナを武器に先行して好走しているタイプなので、中央場所でどうかという疑問もある。
自分のリズムで進めることが出来れば。

△イッシンドウタイ。
父の母父がキングマンボ
スタミナを活かして差し来れる馬なので、展開待ちではあるがハマる可能性もある。


【予想印】
◎3.ロワジャルダン
○9.アウォーディー
▲16.アスカノロマン
△7.トップディーヴォ
△1.クリソライト
△4.イッシンドウタイ


3から印を打っている馬たちへ馬単・3連単マルチ
9から印を打っている馬たちへ馬連・3連複
16から印を打っている馬たちへ馬連・3連複


※私はほとんどの重賞レースで、あえて同じ買い方をしていますが、
まったく同じ買い目にする必要はございませんので、
ご自身の判断で買っていただければ幸いです。

レース番号、馬名、枠、馬番については万全を期していますが、
主催者発表のものと照らし合わせてご確認ください。

買い目に入っている馬が、出走取り消しや競走除外になった場合は
その馬を除いた買い目となります。

馬券の購入は自己責任でお願いいたします。

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。

血統フェスティバル

Powered By レジまぐ
ページの先頭へ