血統フェスティバルGOLDplus【重賞レース+勝負レース】

こちらの血統フェスティバルGOLDplusでは、各馬の能力・適性・解説を追加した濃い内容の「重賞予想記事」に加えて、ここでしか読めない「勝負レース」の予想を毎週6レース以上配信しています。

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
¥0 初月無料

初月無料について

・初月無料は2ヶ月以上の継続講読の場合に適用されます。


・初月の途中で講読解除を行った場合は、1ヶ月分の購読料をお支払いいただきます。


・ポイントでお支払いする場合は、1ヶ月分のポイントを所持している必要があります。


このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
スンイチロー
スンイチロー
10年以上続く人気ブログ
【血統フェスティバル】競馬予想ブログ
を運営しています。

その中で培った予想技術を
レジまぐで発揮したいと思います。
RSS
RSSフィード RSS
ニュージーランドT2016の予想
2016/04/08 20:00:00
テーマ: JRA重賞予想
?content_type=blog&content_id=624&type=i



★ニュージーランドT過去5年の傾向
☆昨年・一昨年とヴァイスリージェント系の血統を持つ馬が好走。
ヴァイスリージェント系ストームバード系ダンチヒ系ノーザンテーストなどスピードのあるノーザンダンサー系(大系統)を持つ馬に注目したい。
☆一昨年はショウナンカンプ産駒(プリンスリーギフト系)のワンツー。
サンデーサイレンス系の重要度は低めだが、サンデーサイレンス系×パワー型血統の持続力タイプは良い。
☆持続力が必要なレースで、スピード血統を持ちながら溜めの利く競馬が出来ている馬が良い。
☆ファルコンSで上がり上位の脚を使っていた馬が連勝。



?content_type=blog&content_id=624&type=i



★中山芝1600mの傾向
グレイソヴリン系がよく走っている。
ダービー卿CT勝ち馬の父ハーツクライ(サンデーサイレンス系)の母父もグレイソヴリン系
ロベルト系も好調。
ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)クロフネ産駒(ヴァイスリージェント系)キングカメハメハ産駒(ミスプロ系)が2勝ずつ。
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)は1勝。
フジキセキ(サンデーサイレンス系)の系統にも注意したい。



  • 04/09(土)
    中山11R
    第34回 ニュージーランドトロフィー(GII)(NHKマイルカップトライアル)
    予想内容を表示
    単勝
    的中
  • 単勝 馬単 3連複 3連単 馬連
単勝 馬単 3連複 3連単 馬連
種牡馬別コース成績は2013年~先週までのものです。(種牡馬表記のないものは期間中の該当データがないということです。)
能力:A(1着になれる能力あり)、B(馬券圏内に入れる能力あり)、C(他の面で恵まれる必要あり)、D(厳しい)
適性:A(ピッタリ。能力を最大限発揮できるはず)、B(適性内で、力は発揮できる)、C(適性からは少しずれている)、D(適性外)
適性前走比:↑(前走と比べて適性面での上積みが期待できる)、→(適性面では前走と同じくらい)、↓(前走よりは向かない条件になる)



1枠1番
マディディ
Scat Daddy産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:↓
前走のファルコンSはペース、馬場ともに向いたこともあったが、外から良い伸びを見せた。
ただ、後半のスピードはないので、前半スローから後半ゴールまで11秒台が続くと苦戦。
ニュージーランドTはそこまで後半が速くならないので、ギリギリこの馬の好走範囲。
スタミナ型血統がないのは少し心細い。


1枠2番
レインボーライン
ステイゴールド産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
8- 12- 3- 84/107 7.5% 18.7% 21.5% 41 68
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:B
適性前走比:→
しっかりした脚を使う馬なので、坂のあるコースは良い。
ステイゴールド産駒だし、これまでのレースを見ても、中山向きの機動力もそれなりにあるはず。
前走のアーリントンCはペースが上がる前にスーと上がって行ったが、内からダンツプリウスに来られたし、レースが加速した4コーナーで外を回ったのは厳しかった。
そこから最後は無理やり差し切った感じで、勝負強さを見せた。
しっかりしたペースで流れたシンザン記念は平坦京都でこの馬向きのコースではなかったといえ、最後の伸びもいまいちだったので、ペースへの対応がカギになる。


2枠3番
アストラエンブレム
ダイワメジャー産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
15- 14- 16-111/156 9.6% 18.6% 28.8% 111 98
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
ダイワメジャー産駒で差し脚質だと限界が来ると感じていたので、前走で逃げたことは良かったと思う。
ただ、ペース・展開ともに恵まれすぎで、さすがに重賞で同じことは望めない。
比較的タフさが求められたシンザン記念を見る限り、もうひと押し足りない印象はある。


2枠4番
エクラミレネール
マツリダゴッホ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
1- 2- 2- 44/ 49 2.0% 6.1% 10.2% 24 34
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:B
適性前走比:→
能力はそれなりにあるし、中山は合う。
菜の花賞くらい走れば馬券圏内にくらいには来る可能性もあるが、もうひと伸びが足りない印象はあり、スローでロスなく先行するなど注文はつく。


3枠5番
ダンツプリウス
ブライアンズタイム産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
1- 0- 0- 8/ 9 11.1% 11.1% 11.1% 115 27
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:B
適性前走比:→
昨年は母父ロベルト系のワンツーだったことは、父ロベルト系のこの馬には心強い。
スタミナ的な持続力はもちろん、後半のスピードにも対応できている。
充実しているので、挟まれても怯まずに伸びて来れている。


3枠6番
モンスターキング
アサクサキングス産駒
能力:C
適性:C
適性前走比:→
前走は初芝で不良馬場、しかも直線で内を突くと狭くなって下げる不利ありと、芝での能力や適性を見極めるのは困難なレースだった。
それでもスピードは不足している印象で、普通の馬場であれば厳しそう。


4枠7番
キャプテンペリー
クロフネ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
5- 1- 6- 45/ 57 8.8% 10.5% 21.1% 169 81
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:B
適性前走比:→
同じ中山1600mだった前走は外目を先行してしぶとく伸びるという、まずまずのレース内容。
ただ、ここまでのレースからは溜めが利いていないし、スロー専門という感じもあり、重賞では少し厳しくなるか。


4枠8番
ストーミーシー
アドマイヤムーン産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
5- 6- 2- 56/ 69 7.2% 15.9% 18.8% 70 70
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:→
1200mしか経験はないが、追ってしっかりしているし、1600mでも侮れないところはある。
母系はスタミナもある。


5枠9番
サーブルオール
ハービンジャー産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
2- 6- 4- 19/ 31 6.5% 25.8% 38.7% 11 66
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:B
適性前走比:→
速いペースの経験はないが、これまでは行きたがりながらも脚を溜める競馬が出来ているので、ペースが上がってこれまでよりもスムーズな競馬が出来るという可能性もある。
前走は直線で割って伸びて来たが、瞬発力タイプではなく長く良い脚を使うタイプなので外を回しても大丈夫。
充実している。


5枠10番
ショウナンライズ
ダイワメジャー産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
15- 14- 16-111/156 9.6% 18.6% 28.8% 111 98
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:↓
久々、不良馬場の前走ファルコンSは崩れたが、1400mではスピードレースも瞬発力レースもどちらでも強い競馬をしていたことから、能力は高いものを持っていると思う。
状態面で信用できない馬だし、前走の反動も怖いが、一発の可能性は秘めている。


6枠11番
ハレルヤボーイ
トーセンファントム産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 112 37
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:A
適性前走比:↑
同じ中山1600mの未勝利戦ではハイペースを後方から進み5馬身突き抜けた。
ペースや展開、馬場が向いたとはいえ強い内容。
前走のスプリングSは相手が強かったし、直線入り口でロスがあったとはいえ、そこからの伸びは物足りなかった。
距離も1600mがベストで、持続力タイプということから中山も良い。
あてにできないタイプではあるが、条件はベストで要警戒。


6枠12番
カープストリーマー
ダイワメジャー産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
15- 14- 16-111/156 9.6% 18.6% 28.8% 111 98
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
ダイワメジャー産駒で先行力あり。
前走は逃げずに3番手からの競馬で結果を出したことは良かった。
レース内容も評価できるものだったし、馬格があるのも良い。
スピードが要求され過ぎると厳しい気もするので、雨が降ってくれれば。


7枠13番
ジュンザワールド
ゼンノロブロイ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
2- 4- 7- 42/ 55 3.6% 10.9% 23.6% 54 100
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:→
初芝となった前走は前半がスローということもあり、流れにも乗れたし、それなりの形にもなった。
ただ、最後はやはりスピード負けしており、重賞ではやはり辛いだろうという感じはある。


7枠14番
ボールライトニング
ダイワメジャー産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
15- 14- 16-111/156 9.6% 18.6% 28.8% 111 98
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
ダイワメジャー産駒で差す競馬になってきているのは、個人的にはあまり好感は持てない。
追ってグイッと来るタイプではないが、前走のアーリントンCでは直線もう手応えがなさそうなところから、ゴール前で差を詰めてきたようにも見えた。ただ、外の馬が狭くなって引っ張ったため、そう見えるだけかも。
母父が好走血統のヴァイスリージェント系。


8枠15番
マテラアリオン
マンハッタンカフェ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
10- 5- 6- 55/ 76 13.2% 19.7% 27.6% 160 78
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:↓
追いだしてからフワフワしたところがあり、スピード面での不安はある。


8枠16番
ダノンスパーク
ヴィクトワールピサ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
2- 1- 0- 14/ 17 11.8% 17.6% 17.6% 45 31
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
初芝となった前走で2着に健闘。
レースの初めがかなり遅かったので先行出来たという面はあるかもしれないので、今回も前に行けるとは限らない。
ただ、4コーナーで外から来られても沈ます、反応は少し鈍かったもののしっかり加速して振り切ったことから、それなりの評価はした方が良さそう。



◎は父ダンチヒ系で、母父の母父がトニービン(グレイソヴリン系)のサーブルオール。
ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)は前開催で2勝。
ダンチヒ系もニュージーランドTではよく走っている血統。
また、この連続開催を通じて好調なのがグレイソヴリン系で、先週同じコースで行われたダービー卿CTを勝ったマジックタイムも父の母父がグレイソヴリン系
本命馬は母父の母父がグレイソヴリン系で、その点でも心強い。

○レインボーライン。
ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)で、フレンチデピュティ(ヴァイスリージェント系)の血統をあわせ持つのは、昨年2着のグランシルクといっしょ。
しっかりした脚を使えるタイプで、中山も悪くないはず。

▲ダンツプリウス。
父のロベルト系は、昨年母父として1・2着。
さらにこの中山開催でも好調。

△アストラエンブレム。
△カープストリーマー。
ダイワメジャー産駒(サンデーサイレンス系)の2頭。
ダイワメジャー産駒は2012年にカレンブラックヒルが1着。

△ダノンスパーク。
△ハレルヤボーイ。
この2頭はネオユニヴァース(サンデーサイレンス系)の系統。
ダノンスパークは初芝となった前走で2着に健闘、ハレルヤボーイは未勝利戦を圧勝と、コース実績あり。

△マディディ。
父はパワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)
末脚は確実。スタミナ面での不安はあるが、内を突けば解消できる。


【予想印】
◎9.サーブルオール
○2.レインボーライン
▲5.ダンツプリウス
△3.アストラエンブレム
△12.カープストリーマー
△16.ダノンスパーク
△11.ハレルヤボーイ
△1.マディディ


スンイチローの買い目
9から印を打っている馬たちへ馬単・3連単マルチ
2から印を打っている馬たちへ馬連・3連複
5から印を打っている馬たちへ馬連・3連複


※私はほとんどの重賞レースで、あえて同じ買い方をしていますが、
まったく同じ買い目にする必要はございませんので、
ご自身の判断で買っていただければ幸いです。

レース番号、馬名、枠、馬番については万全を期していますが、
主催者発表のものと照らし合わせてご確認ください。

買い目に入っている馬が、出走取り消しや競走除外になった場合は
その馬を除いた買い目となります。

馬券の購入は自己責任でお願いいたします。


コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。

血統フェスティバル

Powered By レジまぐ
ページの先頭へ