血統フェスティバルGOLDplus【重賞レース+勝負レース】

こちらの血統フェスティバルGOLDplusでは、各馬の能力・適性・解説を追加した濃い内容の「重賞予想記事」に加えて、ここでしか読めない「勝負レース」の予想を毎週6レース以上配信しています。

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
¥0 初月無料

初月無料について

・初月無料は2ヶ月以上の継続講読の場合に適用されます。


・初月の途中で講読解除を行った場合は、1ヶ月分の購読料をお支払いいただきます。


・ポイントでお支払いする場合は、1ヶ月分のポイントを所持している必要があります。


このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
スンイチロー
スンイチロー
10年以上続く人気ブログ
【血統フェスティバル】競馬予想ブログ
を運営しています。

その中で培った予想技術を
レジまぐで発揮したいと思います。
RSS
RSSフィード RSS
血統フェスティバルGOLDplus「ファルコンS2016の予想」
2016/03/18 20:00:00
テーマ: JRA重賞予想
?content_type=blog&content_id=624&type=i


ファルコンSの傾向
☆ダービー馬の血統を持つ馬が連勝中。
キングカメハメハ産駒(ミスプロ系)が2年連続で馬券圏内に来ている。
☆2013・2015年とスタチューオブリバティ産駒(ストームバード系)が好走。
☆しっかりした末脚が使えることが重要。
前走の上がり順位が上位の馬に注目。
☆2012・2013年はフジキセキ産駒(サンデーサイレンス系)が2年連続で好走した。



?content_type=blog&content_id=624&type=i


中京芝コースの傾向
サドラーズウェルズ系が活躍。
☆ファルコンSが行われる1400mでは父ダンチヒ系が2着2回。
☆1600m万下のレースでは父ミスプロ系が1・2着だった。
☆2000・2200mでハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)が活躍
  • 03/19(土)
    中京11R
    第30回 中日スポーツ賞 ファルコンステークス(GIII)
    予想内容を表示
    単勝
    的中
  • 単勝 馬単 3連複 3連単 馬連
単勝 馬単 3連複 3連単 馬連
種牡馬別コース成績は2013年~先週までのものです。(種牡馬表記のないものは期間中の該当データがないということです。)
能力:A(1着になれる能力あり)、B(馬券圏内に入れる能力あり)、C(他の面で恵まれる必要あり)、D(厳しい)
適性:A(ピッタリ。能力を最大限発揮できるはず)、B(適性内で、力は発揮できる)、C(適性からは少しずれている)、D(適性外)
適性前走比:↑(前走と比べて適性面での上積みが期待できる)、→(適性面では前走と同じくらい)、↓(前走よりは向かない条件になる)


1枠1番
シゲルノコギリザメ
スーパーホーネット産駒のコース成績は以下の通り
---------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------
0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
---------------------------------------------------
能力:B
適性:A
適性前走比:↑
この馬の良さは、スピードを活かして先行し、最後も踏ん張れるところ。
前走アーリントンCは阪神外回り1600mの瞬発力レースという、適性とは真逆のレースだったので大敗もしょうがない。
クロッカスSはスピードを活かしきれない乗り方と馬場だったということもあるが、少し粘りが足りなかったのは不満。
それでも前走からは適性は大幅アップで注目の1頭。


1枠2番
メイショウシャチ
メイショウボーラー産駒のコース成績は以下の通り
---------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------
1- 2- 2-14/19 5.3% 15.8% 26.3% 55 307
---------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:↓
前走でソルヴェイグに勝ったくらいなので、能力はまずまず高いものを持っていると思うが、阪神では最後に伸びを欠き先着されたことからも、坂のあるコースが良いイメージはなく、中京ではパフォーマンスを落としそう。


2枠3番
メイスンスパート
メイショウボーラー産駒のコース成績は以下の通り
---------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------
1- 2- 2-14/19 5.3% 15.8% 26.3% 55 307
---------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:↓
芝での末脚の威力はここでは劣るし、先行力があれば面白い血統だがそれもない。


2枠4番
ミスキララ
ファスリエフ産駒のコース成績は以下の通り
------------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
------------------------------------------------------------
0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
------------------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:↓
ダートで逃げて2連勝。
どちらも圧勝だったが、レベルもそれほど高くなかったし、追って踏ん張れるタイプでもなさそうで、芝の1400mは適性は落ちる。
ファスリエフ産駒の芝全体の成績も悪い。
道悪など極端な条件で可能性が少し生まれるしれないが。


3枠5番
トウショウドラフタ
アンライバルド産駒のコース成績は以下の通り
---------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------
0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
---------------------------------------------------
能力:A
適性:A
適性前走比:→
1400m適性は高い。
脚力があるので瞬間的に速い脚を使えるが、窮屈な走りということもあってあまり長くは使えない。
そういうことからも、前走のようにロスなく自然に前との差を縮め、壁を作りつつ馬なりのままついていって一気に抜け出すという形はベスト。


3枠6番
キングハート
オレハマッテルゼ産駒のコース成績は以下の通り
---------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------
0- 3- 0-21/24 0.0% 12.5% 12.5% 0 24
---------------------------------------------------
能力:C
適性:B
適性前走比:→
2勝とも道悪の1200m。
スピード、キレともに中途半端な感じはあるが、道悪でのしぶとさや先行力はまずまずのものがあり、2週目で基本的にはまだ前が有利な馬場、1400mという距離は合いそうな予感。
道悪ならさらに要注意か。


4枠7番
モンスターキング
能力:C
適性:D
適性前走比:↓
アサクサキングス産駒はまだこの馬しか勝ち上がっていないということもあり、芝では未勝利。
リファール系特有の怖さはあるが、1400mではさすがにスピード不足か。


4枠8番
ルグランフリソン
能力:B
適性:B
適性前走比:→
能力的にはショウナンライズやトウショウドラフタには劣るが、前目からでも追って反応があるのは良いし、パワーがあるのでタフなコース、雨も良いはず。


5枠9番
シュウジ
キンシャサノキセキ産駒のコース成績は以下の通り
---------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------
2- 2- 1-22/27 7.4% 14.8% 18.5% 96 49
---------------------------------------------------
能力:A
適性:A
適性前走比:↑
先行力があって追ってしっかり反応できる馬。
1600mを使われたここ2走はこの馬のスピードを活かせなかった。
1400mで前傾またはワンペースになるのは歓迎で、変に抑える競馬などをしようとせず、普通に勝ちにいけば勝てると思う。
スタートは一歩目が遅れることがあるので、外枠の方が良いかも。


5枠10番
レッドラウダ
ダイワメジャー産駒のコース成績は以下の通り
------------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
------------------------------------------------------------
7- 8- 9-62/86 8.1% 17.4% 27.9% 43 79 77.1
------------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:↑
総合力は高いが、溜めてそれほど良いタイプではない。
1400mまでは適性内のタイプだと思うのだが、スローでキレ負けの京王杯2歳Sはしょうがないにしても、前走のクロッカスSは瞬発力が要求されたわけでもなく、もう少し伸びてほしかった。


6枠11番
ペイシャフェリシタ
ハーツクライ産駒のコース成績は以下の通り
---------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------
4- 3- 0-35/42 9.5% 16.7% 16.7% 96 79
---------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
内で脚を溜める型があるのは良い。
さすがにこのメンバー相手では一度後ろに下げて内に入れることも、外を回して追い込んで来ることも厳しいので、自然に馬群で脚を溜めることのできる真ん中から内目の枠が欲しい。


6枠12番
サイモンゼーレ
キンシャサノキセキ産駒のコース成績は以下の通り
---------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------
2- 2- 1-22/27 7.4% 14.8% 18.5% 96 49
---------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:↑
小倉2歳Sはシュウジの2着。
2歳夏の走りは良かった。
京王杯は1400mでもスローからの瞬発力レース、朝日杯は1600mの瞬発力レースと、どちらもこの馬の長所であるスピードがありながら末も反応できるというところを発揮できなかったので、中京1400mは良いと思う。
ただ、小倉2歳Sもデビューからの2戦に比べるとパフォーマンスは落ちていた印象があり、その時の+10kgは影響していたのかも。
その後も馬体重は増えているので、仕上がりには注意したい。


7枠13番
バシレウスライオン
キンシャサノキセキ産駒のコース成績は以下の通り
---------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------
2- 2- 1-22/27 7.4% 14.8% 18.5% 96 49
---------------------------------------------------
能力:C
適性:B
適性前走比:↑
スタートはあまり速くなく、かからなければ中団くらいからか。
ハイペースに巻き込まれると脚をなくすので、じっくり進めることが出来れば1400mはプラスになる可能性ありも、末脚の威力はここでは物足りない。


7枠14番
オーシャンビュー
マヤノトップガン産駒のコース成績は以下の通り
------------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
------------------------------------------------------------
0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0
------------------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:→
母父のフジキセキは好走馬を出している血統なので気にはなるが、ダートでも淡泊なところがあるし、新馬戦の内容からも芝となると厳しい印象。


7枠15番
ブレイブスマッシュ
能力:B
適性:C
適性前走比:→
2000mは少し長い印象もあったが、1400mが合うタイプかというと、これもまた違う感じ。
1400mだとこの馬の自在性は活かしにくい印象があるし、まともに流れに乗った時に脚が残っているか不安。
後ろからスタミナ的な持続力を活かすという感じになれば、2014年のような前が止まる展開なら。
中山の1600mは合いそうだが。


8枠16番
ショウナンライズ
ダイワメジャー産駒のコース成績は以下の通り
------------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値
------------------------------------------------------------
7- 8- 9-62/86 8.1% 17.4% 27.9% 43 79 77.1
------------------------------------------------------------
能力:A
適性:A
適性前走比:↑
適性前走比は朝日杯との比較で。
1400mは前半スピードから最後の踏ん張り、スローからの瞬発と、違う流れの2つのレースを快勝したように適性は高い。見た感じからは、スローからの瞬発力レースとなったくるみ賞の方がインパクトがあった。
朝日杯はスピードを活かせなかったし、1400mにしか実績のないダイワメジャー産駒がG1で初めて1600mを走るという時点で厳しかったと思うが、今回は実績のある1400mに戻って適性面では大幅アップ。
ただ、朝日杯は+12kg、前走は感冒で出走取り消しと、状態面には注意が必要。


8枠17番
マディディ
Scat Daddy産駒のコース成績は以下の通り
---------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------
0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 110
---------------------------------------------------
能力:C
適性:B
適性前走比:↑
前走アーリントンCは阪神の馬場は合っていたと思うが、1600mで後方からでは良さは出せない。
1400mへの距離短縮は好材料。
タフな部類の中京も合う。
ただ、血統的にはこれといったスタミナはないし、そこが影響しているのかもうひと伸びも足りない印象。


8枠18番
ラズールリッキー
スタチューオブリバティ産駒のコース成績は以下の通り
---------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------
0- 5- 1- 7/13 0.0% 38.5% 46.2% 0 366
---------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:↓
スタチューオブリバティ産駒の連対率・複勝率は高い。
スタート速く、1200mでスピードを活かす競馬の方が合っていそう。
1400mで溜めを利かせて伸びる感じではなく、坂のある中京だとさらに厳しそう。




◎はフジキセキ(サンデーサイレンス系)の系統、距離短縮も好材料のシュウジ。
先行力があり、そこから追ってしっかりした脚を使えるように、能力は高い。
折り合いにも気を使い、溜めての瞬発力レースも向かなかった1600mでの2戦から、不安のない1400mへ距離短縮となることは良い。
小細工せずに乗ってくれれば勝てるはず。

○トウショウドラフタ。
1400mで強烈な脚を使える馬だが、実はそれほど持続力はないと感じるので内枠を引けたのは良い。
あとは直線で前が開くか。

▲シゲルノコギリザメ。
先行力があり最後に踏ん張ることも出来る。
1600mの瞬発力レースから1400mの持続力レースは条件好転。

△ショウナンライズ。
ここでも能力は上位。
突き抜ける脚を持っているが、外枠と仕上がりが不安。

△ルグランフリソン。
能力的には上位の馬からは少し落ちるが、しっかりした脚を使えるし、パワーがあるので雨はプラスになるはず。

△サイモンゼーレ。
本命馬と同じキンシャサノキセキ産駒(サンデーサイレンス系)
瞬発力はないので1400mへの距離短縮は良い。

△ペイシャフェリシタ。
脚を溜める形は出来ているし、一発のあるハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)というのも怖い。
出来れば内枠を引きたかったが、雨なら外でも可能性はある。

△レッドラウダ。
総合力は高いが瞬発力はあまりないので、東京→中京は良いはず。


【予想印】
◎9.シュウジ
○5.トウショウドラフタ
▲1.シゲルノコギリザメ
△16.ショウナンライズ
△8.ルグランフリソン
△12.サイモンゼーレ
△11.ペイシャフェリシタ
△8.レッドラウダ


スンイチローの買い目
9.5.1の単勝
9から馬単・3連単マルチ
5から馬連・3連複
1から馬連・3連複


※私はほとんどのレースで、あえて同じ買い方をしていますが、
まったく同じ買い目にする必要はございませんので、
ご自身の判断で買っていただければ幸いです。

馬名、枠、馬番については万全を期していますが
間違いがある可能性もございますので、十分にご確認ください。

買い目に入っている馬が、出走取り消しや競走除外になった場合は
その馬を除いた買い目となります。

馬券の購入は自己責任でお願いいたします。

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。

血統フェスティバル

Powered By レジまぐ
ページの先頭へ