血統フェスティバルGOLDplus【重賞レース+勝負レース】

こちらの血統フェスティバルGOLDplusでは、各馬の能力・適性・解説を追加した濃い内容の「重賞予想記事」に加えて、ここでしか読めない「勝負レース」の予想を毎週6レース以上配信しています。

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
¥0 初月無料

初月無料について

・初月無料は2ヶ月以上の継続講読の場合に適用されます。


・初月の途中で講読解除を行った場合は、1ヶ月分の購読料をお支払いいただきます。


・ポイントでお支払いする場合は、1ヶ月分のポイントを所持している必要があります。


このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
スンイチロー
スンイチロー
10年以上続く人気ブログ
【血統フェスティバル】競馬予想ブログ
を運営しています。

その中で培った予想技術を
レジまぐで発揮したいと思います。
RSS
RSSフィード RSS
血統フェスティバルGOLDplus「中山牝馬S2016の予想」
2016/03/12 20:00:00
テーマ: JRA重賞予想
中山牝馬ステークス2016の予想です。


?content_type=blog&content_id=624&type=i

★中山牝馬Sの傾向
グレイソヴリン系やスタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)など、スタミナ的な持続力に優れた血統を持つ馬が中心。
ニジンスキーの血統を持つ馬が4連勝中。
☆上記のような血統と、サンデーサイレンスをあわせ持つ馬が中心。
☆道悪だった2012・2009年はキングマンボ系(ミスプロ系)が活躍。
キングカメハメハ産駒(ミスプロ系)で、ボールドルーラー系の血をあわせ持つエオリアンハープ・ケイアイエレガントが人気薄で好走した。


?content_type=blog&content_id=625&type=i

★中山芝1800mの傾向

☆先週はアドマイヤムーン産駒(ミスプロ系)が連勝。
キングマンボ(ミスプロ系)もまずまず。
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)は1勝だが、悪くはなさそう。
ロベルト系ロージズインメイ産駒(ヘイロー系)などパワーのあるターントゥ系(大系統)が良さそう。

  • 03/13(日)
    中山11R
    第34回 ローレル競馬場賞 中山牝馬ステークス(GIII)
    予想内容を表示
    馬連
    的中
  • 単勝 馬単 3連複 3連単 馬連
単勝 馬単 3連複 3連単 馬連
種牡馬別コース成績は2013年~先週までのものです。(種牡馬表記のないものは期間中の該当データがないということです。)
能力:A(1着になれる能力あり)、B(馬券圏内に入れる能力あり)、C(他の面で恵まれる必要あり)、D(厳しい)
適性:A(ピッタリ。能力を最大限発揮できるはず)、B(適性内で、力は発揮できる)、C(適性からは少しずれている)、D(適性外)
適性前走比:↑(前走と比べて適性面での上積みが期待できる)、→(適性面では前走と同じくらい)、↓(前走よりは向かない条件になる)



1枠1番
クインズミラーグロ
マンハッタンカフェ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
4- 9- 4- 34/ 51 7.8% 25.5% 33.3% 88 153
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:A
適性前走比:→
本来スタミナ持続力が要求さレースでの確実性は高いのだが、秋華賞と愛知杯は2戦続けて不利があり、もったいないことをしている。
中山の内回りコースも得意。
馬体重は少し軽い。


1枠2番
レイヌドネージュ
フジキセキ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
2- 2- 0- 10/ 14 14.3% 28.6% 28.6% 228 97
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:A
適性前走比:→
母父トニービンということもあり、末脚はなかなか強烈で、これまでの好走実績からもスタミナ持続レースへの適性は高いはず。
愛知杯は4コーナーから直線で距離ロス。それでも伸びた。
コース実績もあるし、ハンデも手ごろ。
スタートは悪いので、どうしてもロスの可能性はついてくる。


2枠3番
ウインリバティ
ダンスインザダーク産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
0- 3- 2- 8/ 13 0.0% 23.1% 38.5% 0 96
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:→
スピードの持続力はあるが、このレース的にはもっと溜めが利いた方が良い。
前走は少しオーバーペースで相手も強すぎた。
今回はそれと比べれば相手は楽になるが、コースのタフさを考えると厳しさは同じくらいになりそう。


2枠4番
アースライズ
マンハッタンカフェ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
4- 9- 4- 34/ 51 7.8% 25.5% 33.3% 88 153
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:A
適性前走比:→
スタミナ持続力が問われるレースは合う。
馬体重がやや軽いことと、もう少しスタミナ型血統が欲しいこと、少し溜めが利きづらく前走でも早めに先頭に立ってしまったことなどには注文が付くが、有力馬の1頭。


3枠5番
リーサルウェポン
ディープインパクト産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
13- 10- 8- 88/119 10.9% 19.3% 26.1% 44 45
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:B
適性前走比:↑
血統的にはスタミナは少し物足りなく、パワー寄り。
ただ、しっかり走れるので京都よりは中山の方が合いそう。
前走はさすがに1400mは短かったので、条件は良くなるが、1走余計だったかなとは思う。


3枠6番
メイショウスザンナ
アグネスデジタル産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
1- 1- 0- 6/ 8 12.5% 25.0% 25.0% 56 42
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:→
基本的にスピードタイプなので、例年通りの流れになれば適性面では苦戦することになる。
好走するなら、他馬と比べて余程ロスなく直線を向いて、さrないばらけてくれた場合か


4枠7番
フレイムコード
タヤスツヨシ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:B
適性前走比:↑
前の馬が残れるスタミナレースが得意。
今回はスタミナレースではあるが、前が残れるかは疑問のコース。
道悪なら可能性は出てくる。


4枠8番
ノボリディアーナ
フレンチデピュティ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:↑
瞬間的なスピード、道中のスピード、スタミナすべての面でそれなりに高いものを持っているので、大崩れはないとは思うが、ベストはタフな馬場と長い直線からの瞬発力レースなので、今回はベスト条件ではない。
前走はまったく加速をつけることが出来なかったので、そこはさすがに前走以上にはなると思うが、外を回してグイグイ伸びてくるスタミナはない。


5枠9番
ハピネスダンサー
メイショウサムソン産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
4- 2- 7- 23/ 36 11.1% 16.7% 36.1% 56 85
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:A
適性前走比:→
愛知杯は内でまったく追えない消化不良のレース。
この血統で速い上がりに対応しているのは充実している証拠だし、能力の証明にもなる。
前走は牡馬相手によくやっていたし、タフなコースで一発に期待が出来る。


5枠10番
アルマディヴァン
メジロベイリー産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
1- 0- 0- 6/ 7 14.3% 14.3% 14.3% 75 30
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:↑
スタミナ的な持続力が問われるレースの質は合っている。
2走前は直線で追えなかったし、前走でも直線で狭くなり不利な内の方に行くことになってしまったが伸びた。
ただ、距離は微妙だし、充実していた昨年夏と比べるとパフォーマンスは落ちている。
一発の可能性は秘めている。


6枠11番
リメインサイレント
ホワイトマズル産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
0- 1- 2- 7/ 10 0.0% 10.0% 30.0% 0 74
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:↑
この馬も1400mの前走よりはさすがに良い条件になる。
似たような適性が問われるであろう愛知杯はまずまずだったが、基本的には広いコースにタフな馬場がベストか。


6枠12番
シングウィズジョイ
マンハッタンカフェ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
4- 9- 4- 34/ 51 7.8% 25.5% 33.3% 88 153
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:↓
スピードはそれほどなく、それでいて瞬発力寄りのタイプでもあるので、阪神外回りコースや、スローでの先行など、注文はつくタイプ。
前走は中山ではあったが、ペース的に好走パターンが叶った形ではあった。
前走の外回りコースがある程度勢いをつけることが出来るのに対して、今回は内回りコースに替わるのもマイナスか。
マンハッタンカフェ産駒のコース成績はまずまず良い。


7枠13番
ヴィルジニア
能力:B
適性:B
適性前走比:→
活気はあるし、前走の愛知杯も馬群を割り、あまり良くない内の方で伸びていた。
ただ、距離への不安は若干あるので、外枠はマイナスか。


7枠14番
キャットコイン
ステイゴールド産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
5- 8- 2- 56/ 71 7.0% 18.3% 21.1% 37 56
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:B
適性前走比:↑
桜花賞以降は不振だが、決め手のあるタイプでもなく、これが能力ということかも。
馬体重はレース傾向に対して軽すぎる。
前走は直線の入り方にロスがあったが、巻き返しは厳しいか。


8枠15番
ルージュバック
マンハッタンカフェ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
4- 9- 4- 34/ 51 7.8% 25.5% 33.3% 88 153
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:B
適性前走比:→
オークスで高いスタミナ持続力を示しているが、馬体重の軽さと、パワースピード寄りの母系から、このレースで要求されるスタミナ適性があるかどうかは半信半疑。
有馬記念もレベルが高かったとはいえ、もうひと伸び欲しかった。


8枠16番
シュンドルボン
ハーツクライ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
7- 5- 9- 61/ 82 8.5% 14.6% 25.6% 33 55
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
スタミナ持続力に優れた血統で、実際にはなかなかのものを持っている。
前走も直線で早めに先頭に立ってしまった割には粘ったことは評価できる一方、溜めが利かないとも言えるので、しっかり溜めが利くかどうかがカギになる。




◎はスタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)のハピネスダンサー。
スタミナのある血統はこのレースのポイントのひとつ。
さすがにスタミナだけでは厳しいが、本命馬はこの血統で速い上がりにも対応しているところが良い。
2走前の愛知杯では内でまったく追えずノーカウント。
前走は牡馬に交じってのスピード寄りのレースという、この馬にとってはかなり厳しい条件だったが5着に健闘。
今回は前走よりもタフなコースになって、さらに良いレースが出来るはず。

○アースライズ。
総合力が高く、スタミナ寄りのレースでは安定している。
もう少し溜めが利けばさらに良いかも。

▲ルージュバック。
もちろん能力は上位。
アースライズと同じマンハッタンカフェ産駒(サンデーサイレンス系)
スタミナ的な持続力の高さはオークスで証明済みだが、有馬記念は相手や展開を考慮しても最後の伸びが少し物足りなかったので、中山の坂にはいくらか不安が残る。

△クインズミラーグロ。
またまたマンハッタンカフェ産駒
スタミナ的な持続力は高いものを持っているのだが、秋華賞・愛知杯と2戦続けて不利を受けて能力を出し切れなかった。
中山内回りコースも得意。

△レイヌドネージュ。
母父トニービン(グレイソヴリン系)で強烈な脚を使える。
ただ、スタートは下手で後ろからになってしまうので、どうしてもコースロスは覚悟しないといけない。

△リーサルウェポン。
さすがに前走は距離が短かったし、パワーがある血統なので京都も向いていなかったかも。
血統面のスタミナは万全ではないが、軽ハンデだったとはいえ愛知杯で好走できたことは評価。
今回も軽ハンデで良い。

△シュンドルボン。
ハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)でスタミナ的な持続力あり。
前走も直線早め先頭から崩れなかったという強さはあるが、若干溜めが利かないということでもあるので、そこを上手く運べるか。

△ヴィルジニア。
父はサドラーズウェルズ系
距離への不安を感じるので外枠はマイナスも、充実しており侮れない。


【予想印】
◎9.ハピネスダンサー
○4.アースライズ
▲15.ルージュバック
△1.クインズミラーグロ
△2.レイヌドネージュ
△5.リーサルウェポン
△16シュンドルボン
△13.ヴィルジニア
買い目:9.4.15の単勝、9から印をつけている馬へ馬単・3連単マルチ
4から印をつけている馬へ馬連・3連複、15から印をつけている馬へ馬連・3連複


※私はほとんどのレースで、あえて同じ買い方をしていますが、
まったく同じ買い目にする必要はございませんので、
ご自身の判断で買っていただければ幸いです。

馬名、枠、馬番については万全を期していますが
間違いがある可能性もございますので、十分にご確認ください。

買い目に入っている馬が、出走取り消しや競走除外になった場合は
その馬を除いた買い目となります。


コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。

血統フェスティバル

Powered By レジまぐ
ページの先頭へ