血統フェスティバルGOLDplus【重賞レース+勝負レース】

こちらの血統フェスティバルGOLDplusでは、各馬の能力・適性・解説を追加した濃い内容の「重賞予想記事」に加えて、ここでしか読めない「勝負レース」の予想を毎週6レース以上配信しています。

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
¥0 初月無料

初月無料について

・初月無料は2ヶ月以上の継続講読の場合に適用されます。


・初月の途中で講読解除を行った場合は、1ヶ月分の購読料をお支払いいただきます。


・ポイントでお支払いする場合は、1ヶ月分のポイントを所持している必要があります。


このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
スンイチロー
スンイチロー
10年以上続く人気ブログ
【血統フェスティバル】競馬予想ブログ
を運営しています。

その中で培った予想技術を
レジまぐで発揮したいと思います。
RSS
RSSフィード RSS
血統フェスティバルGOLDplus「中日新聞杯2016の予想」
2016/03/11 21:00:00
テーマ: JRA重賞予想
中日新聞杯2016の予想です。

?content_type=blog&content_id=624&type=i


★中日新聞杯の傾向
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)が連勝中。
☆基本的には総合力が問われることが多く、流れによってスピード寄りだったりスタミナ寄りになったりする感じ。
ダンチヒの血統を持つ馬がよく走っている。その他のスピードタイプのノーザンダンサー系(大系統)にも注意したい。
ロベルト系、スタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)、スタミナ型ナスルーラ系(大系統)といったしぶとさのある血統を持つ馬にも注目。
☆パワー型血統とスタミナ型血統どちらも重要。



?content_type=blog&content_id=624&type=i


★昨年同開催の中京芝2000mの傾向
ゼンノロブロイ産駒(サンデーサイレンス系)マンハッタンカフェ産駒(サンデーサイレンス系)が2勝ずつ。
☆中日新聞杯も含めて、サンデーサイレンス系×ミスプロ系という配合が3勝。
ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)サドラーズウェルズ系など、スタミナのあるノーザンダンサー系(大系統)がよく走っていた。



  • 03/12(土)
    中京11R
    第52回 中日新聞杯(GIII)
    予想内容を表示
    単勝
    的中
  • 単勝 馬単 3連複 3連単 馬連
単勝 馬単 3連複 3連単 馬連
種牡馬別コース成績は2013年~先週までのものです。
能力:A(1着になれる能力あり)、B(馬券圏内に入れる能力あり)、C(他の面で恵まれる必要あり)、D(厳しい)
適性:A(ピッタリ。能力を最大限発揮できるはず)、B(適性内で、力は発揮できる)、C(適性からは少しずれている)、D(適性外)
適性前走比:↑(前走と比べて適性面での上積みが期待できる)、→(適性面では前走と同じくらい)、↓(前走よりは向かない条件になる)


1枠1番
ライズトゥフェイム
ゼンノロブロイ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
7- 4- 3- 51/ 65 10.8% 16.9% 21.5% 79 152
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:↑
道中スローだった中山金杯で健闘、道中もしっかり流れたAJCCでは大敗ということからも、道中はゆったり進んで後半一気に脚を使う競馬があっているはず。
今回はこれといって行く馬もいないので、この馬向きの流れになる可能性はある。


1枠2番
サトノアポロ
シンボリクリスエス産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
3- 2- 3- 47/ 55 5.5% 9.1% 14.5% 36 36
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:B
適性前走比:→
3年前の勝ち馬。
もともとタフなコース向きの持続力は高いものを持っている。
3年前の中日新聞杯は近2年よりもスタミナが要求された印象もあり、今年の想定ではスピード不足か。


2枠3番
メドウラーク
タニノギムレット産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
3- 1- 4- 34/ 42 7.1% 9.5% 19.0% 62 80
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:↑
前走の小倉大賞典ほどは全体的なスピードが要求されないにしても、ここでもまだスピード不足の印象。


2枠4番
バウンスシャッセ
ゼンノロブロイ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
7- 4- 3- 51/ 65 10.8% 16.9% 21.5% 79 152
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:B
適性前走比:↓
スタミナ持続レースに強く、まったく追えなかったマーメイドS以外では崩れていない。
ただ、今回は好走してきたレースよりも後半のスピードが要求されると想定しているので、そうなると位置取りや仕掛けを工夫しないと辛いかも。


3枠5番
サトノノブレス
ディープインパクト産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
17- 20- 15- 86/138 12.3% 26.8% 37.7% 75 92
--------------------------------------------------------
能力:A
適性:B
適性前走比:→
スタミナタイプだと思うが、スピードにも対応できている。
同じコースで行われた金鯱賞では、今回のレースで要求されるものと似た適性を持っているミトラ・ディサイファ相手に好走できており、評価が必要。


3枠6番
アングライフェン
ステイゴールド産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
8- 1- 8- 84/101 7.9% 8.9% 16.8% 70 54
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
スピードの持続力は十分に高いレベルにあるし、スタミナ面でも不安は少ないので、総合力は高い。
前走は重馬場の東京で、今回のちょっとタフな中京コースの良い予行演習にもなったと思う。
スタートがあまり上手くないので、重賞ではそこは痛いところ。
血統的にスピードとパワー、そして母母父がトニービンということでスタミナと、バランスも取れている。


4枠7番
デウスウルト
キングカメハメハ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
11- 8- 7- 49/ 75 14.7% 25.3% 34.7% 166 147
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:B
適性前走比:↑
総合力が高いが、ややスタミナ寄りの持続タイプなのでベストではない。
昨年は充実していたので好走できたが、大阪杯以降の低迷からは狙いにくい。
全体的にスピード寄りだった前走の小倉大賞典よりは条件が良くなる。


4枠8番
ブライトエンブレム
ネオユニヴァース産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
2- 10- 2- 47/ 61 3.3% 19.7% 23.0% 17 72
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:↑
スタミナ持続力はあるが、だんだんスピード負けをするようになってきている。
前走の中山金杯ほど極端に後半のスピードを要求されることはないだろうから、適性前走比は↑としているが、あれだけ道中スローなのにみんなが消極的という展開にもなりにくいだろうから、今度は位置取りが後ろになってしまう可能性も高い。


5枠9番
ショウナンバッハ
ステイゴールド産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
8- 1- 8- 84/101 7.9% 8.9% 16.8% 70 54
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:↑
後半のスピードはあるタイプで、馬群も割れる。
前走は京都で元々良さが出しにくいコースだったし、道悪でややスタミナ寄りになったこと、内目を通ってしまったことなど、悪いことが重なった。それにしてもちょっと負けすぎの感はあるが。
スタートがあまり上手くなく、使える脚も案外長くないので、直線入り口までに前を射程圏内に入れておきたい。
そのためにはペースがスローだったり、内を通るなど工夫が必要になる。


5枠10番
アルバートドック
ディープインパクト産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
17- 20- 15- 86/138 12.3% 26.8% 37.7% 75 92
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:↓
長めの距離のレースとと、中距離で軽い馬場のレースとでは走りの質が違う印象で、軽いレースの方が合っているのかなと感じる。
ディープインパクト産駒は中日新聞杯を連勝中で、やはりコース成績も悪くない。
母父がスピードのあるヌレイエフ系というのも良い。
前走の小倉大賞典は総合力の中でもスピードが要求されたので、今回の中日新聞杯にもつながる可能性はあるが、コース的には今回の方がタフになるし、内をロスなく回って抜けてきた前走ほど恵まれることも考えにくいので、前走比では↓とした。


6枠11番
ケツァルテナンゴ
チチカステナンゴ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
4- 1- 1- 19/ 25 16.0% 20.0% 24.0% 224 90
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
スタミナ的な持続力があって、スピードにもタイプできるタイプ。
逆の、スピードがあってスタミナにも対応できるタイプならもっと良いが、これでももちろん悪くはない。
前走の白富士Sはスタミナタイプが上位に来たので中日新聞杯とのつながりはあまりないと思うが、この馬の場合は以前からスピードへの対応も見せているので問題はない。


6枠12番
メイショウカンパク
グラスワンダー産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
0- 0- 0- 17/ 17 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:B
適性前走比:↑
着差だけを見ると、それなりには走れている感じもするが、位置取りが後ろということもあって勝ち負けには加われてはいない。


7枠13番
レコンダイト
ハーツクライ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
10- 10- 7- 86/113 8.8% 17.7% 23.9% 78 52
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:↓
長距離でのスタミナの持続力なら一流だが、今回はやはりスピード面で苦しいか。


7枠14番
ヒストリカル
ディープインパクト産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
17- 20- 15- 86/138 12.3% 26.8% 37.7% 75 92
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
このレースを連勝中のディープインパクト産駒というのは良い。
タフな馬場でしっかりした脚を使えるタイプで、道悪の前走、阪神のチャレンジカップは合っていた。
中京も合っていると思うが、このレースは後方一気が決まるレースでもないので、直線入り口までにロスなく位置を上げることが出来るかどうか。


7枠15番
ファントムライト
オペラハウス産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0% 63 19
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
スタミナを活かせるレースなら、持続でも瞬発でもどちらもいけるタイプ。
ただ、今回はある程度後半のスピードも必要になってくるとみているので、ケツァルテナンゴやヒストリカルとの比較からも厳しいか。


8枠16番
ヤマニンボワラクテ
キングカメハメハ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
11- 8- 7- 49/ 75 14.7% 25.3% 34.7% 166 147
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:↑
AJCCは序盤で後手に回ってしまったこととが響いたが、能力を示した。
スッと動けるタイプではないので、外から来られない内に自分のタイミングで加速をつけることが出来るかどうかがカギ。
ゆったり行って後半のスピードを活かすレースで結果が出ているのは良いが、それもやはり自分からスムーズに動けてこそ。


8枠17番
ロンギングダンサー
シンボリクリスエス産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
3- 2- 3- 47/ 55 5.5% 9.1% 14.5% 36 36
--------------------------------------------------------
能力:C
適性:C
適性前走比:→
血統的にはスピードは少し足りない。
近2走は直線でのびのび走ることが出来ないスペースに入ってしまった割には頑張っているとも考えられるが、それほどグッと伸びる雰囲気もなかったし、コーナリングの貯金でダラッとゴールしているだけとも映る。


8枠18番
クルーガー
キングカメハメハ産駒のコース成績は以下の通り
--------------------------------------------------------
着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------
11- 8- 7- 49/ 75 14.7% 25.3% 34.7% 166 147
--------------------------------------------------------
能力:B
適性:B
適性前走比:→
スタミナ的な持続力はあるので中京コースは良いと思うが、まだ完成しきっていない感じでもたつくところがあり、スピード面での不安がある。
そのため、あきらめないでガシガシ追ってくれるタイプの騎手があっている印象で、今回の福永騎手との相性はあまり良いとは思えない。
キングカメハメハ産駒のコース成績は優秀で、中日新聞杯でも2年連続で馬券圏内に来ている。


◎はディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)のヒストリカル。
ディープインパクト産駒は中日新聞杯を2連勝中。
この馬はスピードのある母系ですし、さすがカンパニーの半弟という感じで、ここにきて充実。
スローになる可能性が高いので、最初から位置取りを決めないで、位置取りはペース次第という乗り方をしてくれれば。

○サトノノブレス。
こちらもディープインパクト産駒
同じコースで行われている金鯱賞では2年続けて好走。
相手もなかなかのレベルでしたから、そこでの好走はやはり評価したいですね。

▲ヤマニンボワラクテ。
キングカメハメハ産駒(ミスプロ系)も2年連続で好走している血統。
前走はいきなりの強敵相手、そしてスタートで後手を踏んだ割にはかなり頑張った。
今回は道中ゆったり運べるこの馬得意のペースになる可能性があるので、そこから後半早めに加速をつけることが出来ればチャンス。

△アルバートドック。
ディープインパクト産駒
長めのところを使われてもきましたが、中距離のスピードレースの方が合っているのかも。
ただ、さすがに前走ほど何もかも上手くいくことはなさそう。

△ショウナンバッハ。
△アングライフェン。
ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)の2頭。
ショウナンバッハは後半のスピードがありますし、京都→中京替わりもプラス。それほど長く脚を使えるわけでもないので、程度の位置を取れるかもという意味でスローになれば。
アングライフェンはまだ完成度は少し低い印象も、後半のスピード、パワーともにあり。

△ケツァルテナンゴ。
チチカステナンゴ産駒(グレイソヴリン系)のコース成績は優秀。
基本的にはスタミナ寄りだと思うのでベスト条件ではないが、ある程度スピードにもタイプできるタイプなので、展開と位置取り次第では好走可能。

△ライズトゥフェイム。
金杯は良かったがAJCCはダメだったことからも、前半ゆったり進めて後半に脚を使うレースがあっているはず。
今回は合う可能性の方が高そう。

【予想印】
◎14.ヒストリカル
○5.サトノノブレス
▲16.ヤマニンボワラクテ
△10.アルバートドック
△9.ショウナンバッハ
△6.アングライフェン
△11.ケツァルテナンゴ
△1.ライズトゥフェイム

スンイチローの買い目:14.5.16の単勝、14から印を打った馬へ馬単・3連単マルチ
5から印を打った馬へ馬連・3連複、
6から印を打った馬へ馬連・3連複


※私はほとんどのレースで、あえて同じ買い方をしていますが、
まったく同じ買い目にする必要はございませんので、
ご自身の判断で買っていただければ幸いです。

馬名、枠、馬番については万全を期していますが
間違いがある可能性もございますので、十分にご確認ください。

買い目に入っている馬が、出走取り消しや競走除外になった場合は
その馬を除いた買い目となります。



コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。

血統フェスティバル

Powered By レジまぐ
ページの先頭へ