血統フェスティバルGOLDplus【重賞レース+勝負レース】

こちらの血統フェスティバルGOLDplusでは、各馬の能力・適性・解説を追加した濃い内容の「重賞予想記事」に加えて、ここでしか読めない「勝負レース」の予想を毎週6レース以上配信しています。

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
¥0 初月無料
初月無料について

※初月無料は2ヶ月以上の継続講読の場合に適用されます。

※初月の途中で講読解除を行った場合は、1ヶ月分の購読料をお支払いいただきます。

※ポイントでお支払いする場合は、1ヶ月分のポイントを所持している必要があります。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね9 コメント1
カレンダー
<  2018年12月  >
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
スンイチロー
スンイチロー
10年以上続く人気ブログ
【血統フェスティバル】競馬予想ブログ
を運営しています。

その中で培った予想技術を
レジまぐで発揮したいと思います。
RSS
RSSフィード RSS
桜花賞予想
2018-04-07 20:00:00
テーマ: JRA重賞予想
★【桜花賞】過去5年の傾向
?content_type=blog&content_id=624&type=i

ダイワメジャー(サンデーサイレンス系)ヴィクトワールピサ(サンデーサイレンス系)キングカメハメハ(ミスプロ系)ディープインパクト(サンデーサイレンス系)と、勝ち馬の父は現役時代に3歳春のG1を勝っている血統となっています。
やはり早熟性の高さは重要だということですね。
※今年の桜花賞の出走馬では、アマルフィコースト・コーディエライト・スカーレットカラー・トーセンブレス・フィニフティ・プリモシーン・マウレア・ラッキーライラック・リバティハイツ・レッドサクヤが該当します。


ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)は2014年までは4連勝していたものの、近年は少し陰りが見える印象。
ただ、王道路線を歩んできた重賞実績のある馬は軽視しない方がよいと思います。
※今年の桜花賞の出走馬では、アンコールプリュ・トーセンブレス・フィニフティ・プリモシーン・マウレア・レッドサクヤがディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)です。


☆昨年は父ノーザンダンサー系(大系統)の出走馬が多かったこともありますが、道悪も重なって人気以上に健闘していました。
今年も同じような馬場になるなら注意が必要かもしれません。


☆基本的には前走で上がり上位かつ好走していた馬が中心になっています。
阪神実績もあった方が良さそうですね。


☆他で一応気にしたいのはヘイローのクロスを持っている馬。




★阪神芝1600mの傾向


?content_type=blog&content_id=624&type=i

☆土曜日はハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)が2勝3着2回と好調でしたが、桜花賞への出走はありません。


ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)は2勝2着5回3着4回とまずまず。土曜日も2着2回でした。
※今年の桜花賞の出走馬では、アンコールプリュ・トーセンブレス・フィニフティ・プリモシーン・マウレア・レッドサクヤがディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)です。


ロベルト系にも要注目ですね。
※今年の桜花賞の出走馬では、ツヅミモンが父ロベルト系です。




コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。

血統フェスティバル

Powered By レジまぐ
ページの先頭へ