競馬データぶろぐ。

09年にメルマガ創刊、今年2月で12年目。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね326 コメント27
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガ創刊、今年2月で12年目に突入。
(レジまぐではダントツの老舗メルマガ)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガ認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、印(無印)説明の4部構成。

1レースあたりの量は1万文字以上が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2020年5月  >
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
RSS
RSSフィード RSS
事前検証で紹介した「大穴の宝庫」
2020-05-13 17:00:00
テーマ: 未設定
いいねする
母ゼフィランサスは全3勝が1200~1800Mと幅広い距離で活躍、
いとこのローレルゲレイロはスプリントG1を2勝。

日本に古くから伝わる牝系、
5代母クリヒデは秋の天皇賞馬、その全兄クリペロは春の天皇賞馬。

ダイタクヤマトも同じ一族。
(シンガリ16番人気でスプリンターズS優勝)

今年の中山牝馬Sで14番人気ながら2着に激走したリュヌルージュも同牝系、
悪天候でもへこたれないタフな日本古来の血統が炸裂。

ディープボンドも条件が揃った時に大穴一発がありそうなタイプ、
前走皐月賞はシンガリ18番人気で10着なら頑張った方。

今回は2走前(アザレア賞2着)と同じ延長ローテ、
延長得意血統なので今回も能力全開が期待できる。

母ゼフィランサス、半兄ダンケシェーン(現5歳)は共に500万勝ちが最高だが、
その500万勝ちは「延長ローテ」で挙げたもの。

半姉タイセイアヴァンセも「延長ローテ」で激走実績あり。
(単勝241倍で3着)



これは先週に配信したメルマガの内容、
京都新聞杯に出走したディープボンドについて記述したもの。

そしてレース上がり36秒以上のタフなレース質になり、
(上がり最速馬でも35秒台)

軽い競馬を好むアドマイヤビルゴは音を上げたが、
典型的な馬力血統のディープボンドには能力全開の流れとなった。


今後も牝系データが数多く登場するのでお楽しみに。
(当該レースに限らず、他レースにも使えるデータが満載)

シンプルなものからマニアックなものまで他ではお目にかかれない代物ばかり、
牝系分析は馬券検討に相当有効。

1レース1万文字以上を誇るメルマガの使い方は様々、
牝系は本当に奥が深く競馬知識としても覚えておいて損はないだろう。


というわけで本日のランキング内では、
牝系の観点からのVマイルの大穴候補を紹介中。

母は米国のG1ホース、ワグネリアンとも同牝系のこの馬。
(↓ここをクリック)
banner_br_ume.gif
人気ブログランキング
(競馬・データ理論のカテゴリーで1位付近)

では本日の本題に入る。


TOP