競馬データぶろぐ。

09年にメルマガ創刊、今年2月で11年目。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね309 コメント26
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガ創刊、今年2月で11年目に突入。
(レジまぐではダントツの老舗メルマガ)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガ認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、印(無印)説明の4部構成。

1レースあたりの量は1万文字以上が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2019年9月  >
10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
RSS
RSSフィード RSS
9/24現在の的中率&回収率
2019-09-24 18:00:00
テーマ: 未設定
いいねする
牝系分析は馬券検討に相当有効、
例えば「格上げ初戦」や「重賞初挑戦」の馬が通用するかどうかの指標になる。

さらにコースの適性などはもちろんだが、
一族の勢いというのも見逃せないポイント。

来月も牝系データが数多く登場するのでお楽しみに。
(当該レースに限らず、他レースにも使えるデータが満載)

シンプルなものからマニアックなものまで、
他ではお目にかかれない代物ばかり。

牝系は本当に奥が深く、
競馬知識としても覚えておいて損はないだろう。


先週の神戸新聞杯は印3頭のみの3連単2点勝負で回収率443%。
(ワールドプレミア3着固定)

的中に貢献してくれたのはドイツ牝系の2頭、
やはり格式が高いレースでは頼りになる血統。

ヴェロックスの母はドイツオークストライアルの勝ち馬、
欧州で多くの大物が出ているドイツの名門「Sライン」出身。

Sラインと言えば日本ではブエナビスタを筆頭としたビワハイジ一族、
そしてマンハッタンカフェが代表例、最近ではソウルスターリング。

ワールドプレミアの母はドイツオークス3着、全兄にワールドエース、
叔父に仏英でG1を3勝したドイツの名馬マンデュロ。


というわけで本日のランキング内では、
牝系の観点からのスプリンターズSの大穴候補を紹介中。
ズバリこの馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで1位付近)

では本日の本題に入る。
(月間の回収率、年間の的中率&回収率を公開)


TOP