競馬データぶろぐ。

09年にメルマガ創刊、今年2月で10年目。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね281 コメント24
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガ創刊、今年2月で10年目に突入。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガ認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、印(無印)説明の4部構成。

1レースあたりの量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2018年4月  >
10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
RSS
RSSフィード RSS
アドマイヤムーンイヤー
2018-04-06 19:00:00
テーマ: 未設定
いいねする
今週は豪華3本立て、
その内の2つは土曜に組まれた2重賞。

阪神牝馬S、NZトロフィー共に、
惚れ惚れする精度を誇る有効データが存在。

ここで言ってしまいたくなるほどだが、
メルマガ配信まで我慢(当たり前か)。

特にNZトロフィーで使用するデータは必見、
あれだけ人気薄が当たり前のように馬券に絡むデータも珍しい。

過去5年で(3-3-1-5)

勝率25%、連対率50%、3着内率58%
単勝回収率599%、複勝回収率473%

該当馬の半数以上が馬券に絡んでいる上に、
(ほとんどが連対まで来ている)

人気薄が激走を連発しているので、
回収率がとんでもないことになっている。

ちなみに「馬券圏外」に敗れた5頭も全馬「人気以上の着順」
つまり該当馬12頭は全馬「人気以上の着順」


現在2年連続でワンツー。
(しかも昨年は該当馬3頭、一昨年は該当馬2頭のみで)

17年1着ジョーストリクトリ(12番人気)
17年2着メイソンジュニア(8番人気)

16年1着ダンツプリウス
16年2着ストーミーシー(14番人気)

つまり昨年は馬連3点(該当馬3頭のBOX)で293倍、
一昨年は馬連1点(該当馬2頭)で221倍をゲットできたということ。

さらに3年前は7番人気ヤマカツエースが優勝、
5年前に至っては単勝万馬券ストーミングスターが激走。

該当馬は過去5年で12頭と非常に少ないが、
毎年のように大穴連発。

ものすごい破壊力、このゾーンを狙うだけで大きく勝てるレース、
そして今年も人気薄が該当している。

高配当の使者となる可能性は十分、
楽しみに予想(1万文字以上の分析)をお待ちいただければと思う。

もちろん今年も機能する保障はないが、
ここまで傾向がはっきりしているのであれば、

今年も上記データの該当馬を買うのが得策、
この期待値の高さは決して偶然ではない。


というわけで本日のランキング内では、
例によって土曜の注目馬を紹介中。
ズバリこの馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで2位付近)

では本日の本題に入る。


ページの先頭へ